AXIS Visitor Entry for Genetec

About AXIS Visitor Entry for Genetec

Genetec Security Center SynergisにAXIS Visitor Entryをインストールすることで、QR Code®を認証情報として使用してアクセス権を付与できるようになります。 QRコードは、電子メールなどによって、さまざまなカード所持者や訪問者に簡単に配布できます。 ドアを開くには、AXIS Barcode Readerアプリケーションを使用して、QRコードをAxisインターコムやカメラで読み取ります。

QR Code®は、日本およびその他の国々におけるデンソーウェイブ株式会社の登録商標です。

システムの概要

Visitor Entryソリューションのトポロジー

要件

  • Genetec Security Center 5.9

  • Genetec Security Center Synergis 10.9.1037.0以降

  • Axis CommunicationsのAXIS Visitor Entry for GenetecがGenetec Security Centerライセンスに追加されました。 次のキーでライセンスを更新するには、DAP@genetec.comにお問い合わせください。GSC-1SDK-AxisQRManager

  • AXIS Barcode Reader。 アプリケーションは、アプリケーションの製品ページからダウンロードできます。axis.com/products/axis-barcode-reader#download-block.

  • ドアコントローラー

    • Axisドアコントローラーを使用する場合、アプリケーションをドアコントローラーに接続するには、次の2つの方法があります。

      IPアドレスの使用. カメラの互換性とダウンロードするアプリケーションバージョンについては、アプリケーションの製品ページを参照してください。

      OSDP/Wiegandの使用. この接続タイプは、AXIS A8207-VE Mk II Network Video Door Stationでサポートされています。

    • サードパーティ製コントローラーを使用する場合、アプリケーションをドアコントローラーに接続するには次の1つの方法があります。

      OSDP/Wiegandの使用. サードパーティ製ドアコントローラーは、Genetec Security Center Synergisによってサポートされている必要があります。

インストールと設定

IPアドレスの使用

  1. Security Deskクライアントマシンで、次の操作を行います。

    1. AXIS Visitor Entry for Genetecをダウンロードしてインストールします。

    2. 次のキーを使用してライセンスを更新するには、DAP@genetec.comにお問い合わせください。GSC-1SDK-AxisQRManager

  2. Axisインターコムおよびカメラで、次の操作を行います。

    1. AXIS Barcode Readerをデバイスにインストールします。

    2. AXIS Barcode Readerを開き、OSDP/Wiegandスイッチをオフにします。

    3. 装置のIPアドレス、ユーザー名、パスワードを入力します。

    4. [Send credential type (認証情報タイプの送信)] を [Card raw (カード未加工)] に設定します。

    5. [Bit count (ビット数)] を32に設定します。

    6. [VAPIX Door Controller (VAPIXドアコントローラー)] の設定は、関係するドアコントローラーの設定に従って行います。

  3. Genetec Security Centerで、QRコードを自動的に送信する電子メールサーバーを設定します。

OSDP/Wiegandの使用

  1. Security Deskクライアントマシンで、次の操作を行います。

    1. AXIS Visitor Entry for Genetecをダウンロードしてインストールします。

    2. 次のキーを使用してライセンスを更新するには、DAP@genetec.comにお問い合わせください。GSC-1SDK-AxisQRManager

  2. OSDP/Wiegandを使用して、ドアコントローラーをAxisインターコムに接続します。

  3. Axisカメラで、次の操作を行います。

    1. リーダー/出力形式を [Raw] に設定します。

    2. AXIS Barcode Readerをデバイスにインストールします。

    3. AXIS Barcode Readerを開き、OSDP/Wiegandスイッチをオンにします。

  4. Genetec Security Centerで、QRコードを自動的に送信する電子メールサーバーを設定します。

日常的な使用

AXIS Visitor Entry for Genetecをインストールすると、Security Deskの [Cardholder/Visitor (カード所持者/訪問者)] ウィンドウに [Add QR Credential (QR認証情報の追加)] ボタンが表示されます。

QRコードの作成

  1. セキュリティデスクで、[Add QR Credential (QR認証情報の追加)] をクリックします。

    新しいQRコードが生成され、ポップアップウィンドウに表示されます。

  2. [OK] をクリックします。 これで、カード所持者/訪問者の登録電子メールアドレスに電子メールが送信されます。 QRコードをクリップボードにコピーして、他の方法で送信することもできます。

    • 作成された認証情報には、次の情報が含まれます。

      • 名前 "QR_[顧客名] の認証情報"

      • タイプ "Card"

      • 形式 "CSN32"

    • 各カード所持者/訪問者に対して作成できるQR認証情報は1つのみです。 すでにQR認証情報が存在するときに、新しいQR認証情報を追加しようとすると、既存のQR認証情報が表示されます。

新しいQRコードを作成した直後に認証情報を表示する

新しいQRコードを作成した直後に認証情報を表示するには、以下の手順に従ってください。

  1. [Cardholder/Visitor (カード所持者/訪問者)] ウィンドウを閉じます。

  2. [Cardholder/Visitor (カード所持者/訪問者)] ウィンドウを再度開いて、更新します。

認証情報がすでに存在する場合に新しいQRコードを生成する

認証情報がすでに存在する場合に新しいQRコードを生成するには、以下の手順に従ってください。

  1. 既存の認証情報を削除します。

  2. [Add QR Credential (QR認証情報の追加)] を再度クリックします。

オプションの設定

管理者権限を持つユーザーは、[Options > AXIS Visitor Entry (オプション > AXIS Visitor Entry)] で以下の項目を設定できます。

  • Subject (件名): 電子メールの件名

  • CC: 特定のアドレスへのコピーの送信

  • BCC: 有効にすると、コピーの受信者は電子メールの受信者から隠されます。

  • テキスト: 電子メールのデフォルトテキスト。 [Add (追加)] をクリックして、電子メールに特定のマクロ (Name (名前)など) を追加します。

  • Send e-mail when closed (閉じたときにメールを送信する): 有効にすると、QRコードポップアップウィンドウを閉じたときに電子メールが自動的に送信されます。

トラブルシューティング

  • QRコードを使用してもドアが開かない場合:

    Genetec Security CenterとGenetec Security Center Synergisでコントロールユニットとインターホンが正しく設定されていることを確認するには、キーパッドまたはカードでドアが開くことを確認します。

  • デバッグログは、C:\ProgramData\Axis Communications\Components\DebugLogs\QRManager.logにあります。

さらに支援が必要ですか?

サポートに問い合わせる

axis.com/supportでサポートに問い合わせます。