How to assign an IP address and access your device

はじめに

Windows®でネットワーク上のAxisデバイスを見つけて、それらにIPアドレスを割り当てるには、AXIS IP UtilityまたはAXIS Device Managerを使用します。 いずれのアプリケーションも無料で、axis.com/supportからダウンロードできます。

  • AXIS IP Utilityを使用すると、次のことができます。
  • ネットワークでデバイスを検索する

  • 静的IPアドレスを変更する

  • AXIS Device Managerを使用すると、次のことができます。
  • ネットワークでデバイスを検索する

  • IPアドレスを割り当てる

  • パスワードを設定する

  • 接続の状態を確認する

  • 複数のデバイスで同時に処理を実行する

  • ファームウェアのアップグレードを管理する

  • デバイスのパラメーターを設定する

他の方法については、他の方法を参照してください。

ブラウザーサポート

以下のブラウザーで装置を使用できます。

ChromeTM

Firefox®

EdgeTM

Safari®

Windows®

推奨

推奨

macOS®

推奨

推奨

Linux®

推奨

推奨

その他のオペレーティングシステム

✓*

* iOS 15またはiPadOS 15でAXIS OS webインターフェースを使用するには、[設定] > [Safari] > [詳細] > [Experimental Features] に移動し、[NSURLSession Websocket] を無効にします。

推奨ブラウザーの詳細については、AXIS OSポータルにアクセスしてください。

デフォルトのIPアドレスについて

Axisデバイスは、イーサネットネットワークで使用するように設計されています。 デバイスのWebページにアクセスするには、IPアドレスが必要です。 ほとんどのネットワークにはDHCPサーバーがあり、接続したデバイスに自動的にIPアドレスが割り当てられます。

ネットワーク上にDHCPサーバーがない場合、デフォルトのIPアドレスは192.168.0.90です。

AXIS IP Utility

AXIS IP Utilityが動作しているコンピューターが、Axisデバイスと同じネットワークセグメント (物理サブネット) 上にあることが必要です。

ネットワーク上のデバイスにアクセスする

  1. Axisデバイスに電源とネットワークを接続します。

  2. AXIS IP Utilityを起動します。 ネットワークで使用できるすべてのデバイスが、自動的にリストに表示されます。

  3. ブラウザーからデバイスにアクセスするには、リスト内で名前をダブルクリックします。

デバイスのIPアドレスを変更する

  1. AXIS IP Utilityを起動します。 ネットワークで使用できるすべてのデバイスが、自動的にリストに表示されます。

  2. リスト内のデバイスを右クリックし、[Assign new IP address to selected device (選択したデバイスに新しいIPアドレスを割り当てる)] を選択します。

  3. 使用可能なIPアドレスを入力し、[Assign (割り当てる)] をクリックします。

  4. ブラウザーからデバイスにアクセスするには、リスト内で名前をダブルクリックします。

AXIS Device Manager

ネットワーク上のデバイスにアクセスする

  1. Axisデバイスに電源とネットワークを接続します。

  2. AXIS Device Managerを起動します。

  3. サーバーに接続するには、Main menu > Servers > New connection (メインメニュー > サーバー > 新しい接続) の順に選択します。

    • サーバーがネットワーク上にある場合は、[Remote server (リモートサーバー)] を選択し、ドロップダウンリストからサーバーを選択するか、[Remote server (リモートサーバー)] フィールドにIPアドレスまたはDNSアドレスを入力します。

    • サーバーがコンピューターでローカルに実行されている場合は、[This computer (このコンピューター)] を選択します。

  4. 現在のWindowsユーザーとしてログインするには、[Log in (ログイン)] をクリックします。

    [Log on as current user (現在のユーザーとしてログオン)] をオフにする場合は、次のステップでユーザー名とパスワードを入力する必要があります。

  5. Add devices (デバイスを追加):

    • AXIS Device Managerが自動的にネットワーク上でAxisデバイスを検索し、それらをデバイスのリストに追加します。

    • デバイスを手動で追加するには、[Device manager (Device Manager)] > [Manage devices (デバイスの管理)] に移動し、[Add devices (デバイスの追加)] をクリックします。 追加するデバイスをリストから選択し、[Next (次へ)] をクリックして、[Finish (完了)] をクリックします。

    • IP範囲からデバイスを追加するには、[Device manager (Device Manager)] > [Manage devices (デバイスの管理)] に移動し、[Add devices from IP range (IP範囲からデバイスを追加)] をクリックします。

    • 特定のIPアドレスからデバイスを追加するには、[Device manager (Device Manager)] > [Manage devices (デバイスの管理)] に移動し、[Add device from address (アドレスからデバイスを追加)] をクリックします。

  6. 外部ブラウザーからデバイスにアクセスするには、リスト内でアドレスリンクをクリックします。

複数のデバイスのIPアドレスを変更する

IPアドレスの割り当て処理を迅速化するために、AXIS Device Managerは指定された範囲からIPアドレスを提示します。

  1. AXIS Device Managerで、[Device manager (Device Manager)] > [Manage devices (デバイスの管理)] に移動します。

  2. 設定するデバイスを選択し、[Assign IP address to selected devices (選択したデバイスにIPアドレスを割り当てる)] をクリックします。

  3. [Device maintenance (デバイスのメンテナンス)] ダイアログが表示された場合は、[Yes (はい)] をクリックします。

  4. [Assign the following IP address range (次のIPアドレス範囲を割り当てる)] を選択します。

  5. 提示されたIPアドレス範囲を変更するには、[IP range (IP範囲)] テキストフィールドにIPアドレス範囲を入力します。

  6. [Next (次へ)] をクリックします。

  7. いずれかのIPアドレスを変更するには、デバイスを選択し、[Edit IP (IPの編集)] をクリックします。

  8. [Finish (完了)] をクリックします。

デバイスのIPアドレスを変更する

  1. 設定するデバイスを選択し、[Assign IP address to selected devices (選択したデバイスにIPアドレスを割り当てる)] をクリックします。

  2. [Assign the following IP address (次のIPアドレスを割り当てる)] を選択します。

  3. IPアドレス、サブネットマスク、およびデフォルトルーターを入力します。

  4. [OK] をクリックします。

他の方法

IPアドレスを割り当てるまたは検出する

  • Windows®の場合
  • UPnP

    UPnPはAxisデバイスを自動的に検出し、それらを [Network (ネットワーク)] または [My Network Places (マイネットワーク)] に追加します。

  • すべてのオペレーティングシステム
  • DHCPサーバー

    ネットワークのDHCPサーバーの管理者ページを表示する方法については、サーバーのユーザーマニュアルを参照してください。

  • ホスト型ビデオサービス

    ホスト型ビデオサービスに接続する方法については、サービスプロバイダーのユーザードキュメントを参照してください。 お近くのサービスプロバイダーを見つける方法とヘルプについては、axis.com/hostingを参照してください。

ビデオストリームにアクセスする

  • 別の方法でも、Axisデバイスからビデオストリームや静止画像にアクセスできます。
  • 重要

    これらのコマンドが機能するには、デバイスにrootアカウントが必要です。

  • ブラウザーでの静止JPEG画像: パス (http://<ip-address>/axis-cgi/jpg/image.cgi) を入力します

  • ほとんどのメディアプレーヤー (VLCなど) によるRTSPストリーミング: パス (rtsp://<ip-address>/axis-media/media.amp) を入力します。

  • ONVIFストリーミング (ONVIFユーザーが設定されているデバイスの場合): パス (rtsp://<ip-address>/onvif-media/media.amp) を入力します。

ビデオストリームにアクセスするためのその他の方法については、VAPIX®ライブラリを参照してください。

デバイスのセキュリティの向上

安全なパスワード

重要

Axis装置は、最初に設定されたパスワードをネットワーク上で平文で送信します。 最初のログイン後に装置を保護するために、安全で暗号化されたHTTPS接続を設定してからパスワードを変更してください。

装置のパスワードは主にデータおよびサービスを保護します。 Axis装置は、さまざまなタイプのインストールで使用される可能性があることから、パスワードポリシーを強制しません。

データを保護するために、次のことを強く推奨します。

  • 8文字以上のパスワードを使用する (できればパスワード生成プログラムで作成する)。

  • パスワードを公開しない。

  • 一定の期間ごとにパスワードを変更する (少なくとも年に1回)。

rootアカウントの新しいパスワードを設定する

重要

デフォルトの管理者ユーザー名はrootです。 rootのパスワードを忘れた場合は、装置を工場出荷時の設定にリセットしてください。を参照してください。

サポートのヒント: パスワードセキュリティ確認チェック
  1. パスワードを入力します。 安全なパスワードを設定する手順に従います。安全なパスワードを参照してください。

  2. パスワードを再入力して、スペルを確認します。

  3. [Create login (ログインの作成)] をクリックします。 これでパスワードが設定されました。

ユーザーアカウントについて

デフォルトのrootアカウントはすべての権限を持ち、管理タスク用に予約されています。 日常的な使用のためのユーザーアカウントは、常に制限付きの権限で作成してください。 これにより管理アカウントが外部に流出しにくくなります。

関連情報

  • ユーザーズマニュアルは、axis.comで入手できます。

  • ご使用のデバイスの新しいファームウェアがリリースされていないかを確認するには、axis.com/supportにアクセスしてください。

  • 役に立つオンライントレーニングおよびWebセミナーをご用意しております。axis.com/academyをご覧ください。