AXIS Case Insight System Integrator Guide

システムインテグレーターガイド

このガイドでは、顧客のAXIS Case insightを設定するための基本的な手順を説明します。 この説明には、アカウントの有効化、参加に向けた顧客の招待、Body worn systemとの統合が含まれます。

はじめに

システムインテグレーターとして電子メールで招待を受け取ってAXIS Case Insightに参加する場合は、次の手順に従って、顧客にソリューションを準備します。

  1. 電子メール内の [Activate account (アカウントのアクティブ化)] をクリックします。

  2. 電子メールに記載されている認証情報を使用して、AXIS Case Insightにログインします。

  3. [Configurations (構成)] > [Account information (アカウント情報)] に移動します。

  4. 連絡先情報が顧客から提供された情報と一致していることを確認します。

  5. Axis body worn systemとの統合.

  6. 必要に応じて、AXIS Body Worn Managerのユーザーの追加カメラを追加カメラの割り当て

  7. 顧客のシステム管理者向けに管理者ユーザーアカウントを作成します。

    1. [Configurations (構成)] > [Users (ユーザー)] に移動します。

    2. [Create user (ユーザーを作成)] をクリックします。

    3. ユーザー情報を入力します。

    4. [+] をクリックして、新しいグループを追加します。

    5. [Account administrators (アカウント管理者)] を選択します。

    6. [Add (追加)] をクリックします。 新しい管理者は、電子メールでAXIS Case Insightへの参加招待を受け取ります。

  8. 顧客に合わせて、部門、ユーザーグループ、その他のユーザーアカウント、カテゴリなどの設定を必要に応じて行います。 詳細については、アカウントの設定を参照してください。

  9. システムインテグレーターアカウントを非アクティブ化します。 これにより、顧客のシステム管理者がシステムインテグレーターのアカウントをもう一度アクティブ化しない限り、システムインテグレーターはAXIS Case Insightにアクセスできなくなります。

    1. [Configurations (構成)] > [Users (ユーザー)] に移動します。

    2. システムインテグレーターアカウントを見つけます。

    3. ステータスを [Inactive (非アクティブ)] に設定します。

  10. AXIS Case Insightからログアウトします。

Axis body worn systemとの統合

Axis body worn systemと統合することで、組織はAxis body worn systemから安全にビデオ録画を転送できます。

AXIS Case Insightに接続するには:

  • Axis装着式システムファームウェア10.2.0.3以降が必要です。
  • Axis装着式システムは、次のエンドポイントにアクセスする必要があります。
    • *.clearance.network

    • *.geneteclcoud.com

    • *.blob.core.windows.net

    • *.blob.core.usgovcloudapi.net

AXIS Case InsightをAxis body worn systemに統合
  1. AXIS Case Insightで、[Configurations (構成)] > [Integrations (統合)] に移動します。

  2. [Create an integration (統合の作成)] で、[Axis body worn system (Axisボディ装着式システム)] をクリックします。

  3. Body worn systemの名前を入力し、[Create (作成)] をクリックします。

  4. [Download configuration (構成のダウンロード)] をクリックして、Axis body worn systemの接続ファイル (*.json) をダウンロードします。

  5. Axis body worn systemをインストールします。

  6. AXIS Body Worn Manager設定ウィザードの [コンテンツ送信先] のステップで、接続ファイルをアップロードします。

  7. 装着式システムの設定を完了します。

ユーザーの追加

AXIS Case Insightで装着式カメラユーザーを作成するには、AXIS Body Worn Managerで新しいユーザーを作成し、カメラユーザーの有効な電子メールアドレスを [AXIS Case Insight username (AXIS Case Insightユーザー名)] に入力します。

これにより、AXIS Case Insightにゲストユーザーが作成され、カメラユーザーが作成した録画は、AXIS Case Insightのゲストユーザーに関連付けられます。

AXIS Case Insightでの装着式カメラユーザーと録画の関係を把握する
  • 同じメールアドレスをAXIS Case Insightですでに使用している場合は、再度使用することはできません。
  • ゲストユーザーは、AXIS Case Insightの証拠資料にはアクセスできません。 ユーザーアクセスの変更については、ユーザーアクセスの変更を参照してください。

装着式システムにユーザーを追加する方法の詳細については、ユーザーの作成を参照してください。

ユーザーアクセスの変更

AXIS Case Insightへの個人アクセス権をカメラユーザーに付与するには、次の手順に従います。

  1. 管理者ユーザーアカウントでAXIS Case Insightログインします。

  2. [Configurations (構成)] > [Users (ユーザー)] に移動します。

  3. メールアドレスで検索して、カメラのユーザーを特定します。

  4. ユーザータイプを [Guest (ゲスト)] から [Regular (標準)] に変更します。

カメラユーザーが作成した証拠へのカメラユーザーのアクセスを制限するには、次の手順に従います。

  1. [Configurations (設定)] > [Security Policies (セキュリティポリシー)] の順に移動します。

  2. [Access evidence uploaded from devices (デバイスからアップロードされた証拠へのアクセス)] で、[Allow officers to access evidence uploaded from devices assigned to them (割り当てられたデバイスからアップロードされた証拠への警察関係者のアクセスを許可する)] ポリシーに必要な [Permission level on evidences (証拠に対する権限レベル)] を選択します。

カメラを追加

新しい装着式カメラをドッキングし、AXIS Body Worn Managerに追加します。 これにより、AXIS Case Insightで対応するカメラが作成され、ライセンスがアクティブになります。

装着式システムにカメラを追加する方法の詳細については、カメラの追加を参照してください。

カメラの割り当て

AXIS Body Worn Managerで、手動または自己割り当てによりカメラをカメラユーザーに割り当てます。

カメラから録画をアップロードすると、対応するカメラがAXIS Case Insightの対応するゲストユーザーに割り当てられます。

装着式システムでのカメラの割り当ての詳細については、カメラの割り当てを参照してください。

メンテナンス

重要

AXIS Body Worn Managerから、システムのリセットやカメラの取り外しなど、すべての装着式システムメンテナンスを必ず起動してください。

AXIS Case Insightユーザーマニュアル

AXIS Case Insightの使用方法については、AXIS Case Insightヘルプを参照してください。