AXIS W101 Body Worn Camera

これはAxis装着式ソリューションです。

Axis装着式ソリューション
  1. 装着式ソリューション
  2. 装着式システム
  3. コンテンツ送信先
  4. RFIDリーダー (オプション)
  5. 装着式カメラ
  6. ドッキングステーション
  7. システムコントローラー
  8. ネットワーク
  9. AXIS Body Worn Manager
Axis装着式ソリューション (1) –
は、コンテンツ送信先 (3) に接続された1台以上のAxis装着式システム (2) です。 この装着式システムは、コンテンツ送信先に接続されているときにのみ機能します。
Axis装着式システム (2) –
は、Axis装着式カメラ (5)、Axisドッキングステーション (6)、Axisシステムコントローラー (7)、AXIS Body Worn Manager (9) で構成されます。
AXIS Body Worn Manager (9) –
は、装着式システムを設定して管理できるWebアプリケーションです。
AXIS Body Worn Assistant –
は、装着式カメラに直接接続されたモバイル装置のためのアプリケーションで、録画したビデオを見ることなどができます。
オプションのRFIDリーダー (4) –
は、システムコントローラーに接続できません。 このオプションを使用すると、カメラのユーザーは自己割り当てタグを使用して、利用可能な任意の装着式カメラの自己割り当てを行うことができます。

カメラをドッキングステーションに設置すると、ドッキングステーションはカメラのバッテリーを充電し、カメラをシステムに接続します。 その後、システムコントローラーは、カメラから選択したコンテンツの保存先まですべてのデータをシームレスに転送します。 また、最新のファームウェアと設定を使用してカメラを最新状態に維持し、Axis装着式ソリューションの健全性を監視します。

このシステムは、証拠管理システム (EMS)、ビデオ管理システム (VMS)、メディアサーバーなど、さまざまなタイプのコンテンツ送信先によってサポートされています。 装着式統合APIを使用して、サードパーティのVMSまたはEMSとの統合を行うことができます。www.axis.com/developer-community-introに移動して、Axis開発者コミュニティに参加し、装着式統合APIのドキュメントにアクセスしてください。

最新のリリースの最新情報

録画中にブックマークを作成する –
録画中にブックマークを作成することができます。 これにより、録画内で最も関連性の高い情報を見つけやすくなります。 ブックマークを作成するには、録画中に装着式カメラの録画ボタンを1回だけ押します。 この機能は、使用しているコンテンツ送信先がサポートしている場合に使用できます。

はじめに

システムをインストールして構成するための推奨ワークフローは次のとおりです。

  1. システムの設置

  2. AXIS Body Worn Managerを開き、システム設定を行います。初めてAccess AXIS Body Worn Managerにアクセスするを参照してください

  3. カメラプロファイルの編集

  4. ユーザーの作成

  5. カメラを追加

  6. 固定カメラの割り当てを使用している場合は、カメラへのユーザーの割り当てを参照してください。 または、自己割り当てによるカメラの割り当てを使用している場合は、自己割り当てによるカメラの割り当てを設定するを参照してください。

Axis装着式ソリューションを開始する

システムコントローラーを追加して、40台以上のカメラをシステムに追加することができます。 拡張システムコントローラーは、既存のシステムのインスタンスになります。 すべての設定は、システムから拡張システムコントローラーに継承されます。 拡張システムコントローラーに追加されたユーザーとカメラは、AXIS Body Worn Managerを通して管理されます。 システムコントローラーを追加してシステムを拡張する方法については、システムの拡張を参照してください。

システムの設置

このようなハードウェアコンポーネントが必要な場合、装着式システムをインストールします。

  • システムコントローラー
  • ドッキングステーション
  • 装着式カメラ
  • コンピューター
  • 自己割り当てによるカメラの割り当てで使用するオプションのRFIDリーダー。
  • ネットワークケーブル
  • また、UPS (無停電電源装置) を使用して、予期しないシステムシャットダウンを回避することもお勧めします。
  1. システムコントローラーをお使いのネットワークに接続します。

  2. ドッキングステーションをシステムコントローラーの [Docking stations (ドッキングステーション)] ポートに接続します。

  3. 必要に応じて、RFIDリーダーをシステムコントローラーのUSBコネクターに接続します。

  4. システムコントローラーと同じネットワークにコンピューターを接続します。

  5. 装置の電源を入れます。

  6. カメラをドッキングします。

  7. 初めてAccess AXIS Body Worn Managerにアクセスするに続きます。

システムの設定

初めてAccess AXIS Body Worn Managerにアクセスする

  • AXIS IP Utilityバージョン4.14以降を使用してください。 AXIS IPユーティリティは、ネットワーク上のAxis装置を見つけるのに便利です。 装置は名前、IPアドレス、シリアル番号によって識別されます。
  • 始める前に、以下のものがあることを確認してください。
    • 最新の利用可能なファームウェア。 パッケージはaxis.comからダウンロードできます。 ファームウェアにアクセスするには、My Axisアカウントが必要です。

    • 利用可能なコンテンツ送信先の接続ファイル。コンテンツ送信先を参照してください。

  1. お使いのネットワークのシステムコントローラーを検索します。

    1. axis.com/support/downloadsに移動し、AXIS IP Utilityをダウンロードします。

    2. AXIS IP Utilityを起動します。

    3. シリアル番号を使用して、リスト内でシステムコントローラーを見つけます。 シリアル番号は、システムコントローラーの底部、またはシステムコントローラーボックスのラベルに記載されています。

    4. 検索結果の一覧で、システムコントローラーをダブルクリックします。 ブラウザーでAXIS Body Worn Managerが開きます。

  2. ウィザードの指示に従って、システムを設定します。

    • 単一のシステムコントローラー設定を構成している場合、またはマルチシステムコントローラーの設定で最初のシステムコントローラーを設定している場合は、[Create a new system (新しいシステムの作成)] を選択します。 既存のシステムに複数のシステムコントローラーを追加する場合は、[Extend an existing system (既存のシステムを拡張する)] を選択します。 このステップでは、装着式システムで使用する言語を選択することもできます。

    • 管理者アカウントを作成します。 管理者ユーザー名はrootです。

    • 最新のファームウェアをインストールします。 ファームウェアはaxis.comからダウンロードできます。 装着式システム用にさまざまなファームウェアトラックがサポートされています。 これにより、Latest (active) (最新の (アクティブな)) ファームウェアトラックからのすべての最新機能を必要とする場合でも、Long-term support (LTS) (長期サポート (LTS)) ファームウェアトラックからの安定性を優先させる場合でも、システムに最適なファームウェアを選択できます。 詳細については、システムファームウェアを参照してください。

    • 装着式システムに名前を付けます。 これにより、コンテンツ送信先や異なるクラウドサービス内での識別が容易になり、重要なシステムイベントに関する電子メール通知を受け取る際にも簡単に識別できます。 システム名はAXIS Body Worn Managerの [Settings (設定)] で変更できます。

    • ネットワークを設定します。

    • 日付と時刻。 時刻を正しく設定することは、いくつかの理由から重要です。 詳細については、日付と時刻を調整を参照してください。

    • クラウド拡張機能。 装着式システムには、すぐに使用可能な標準機能がセットされています。 クラウド拡張機能は、たとえば位置情報データのパフォーマンスを向上させるなど、クラウドを利用した追加機能のセットです。 AXIS Body Worn Managerのクラウド拡張機能はいつでも有効にすることができます。 ただし、一度有効にすると、システムをリセットせずにCloud extensionsをオフにすることはできません。 詳細については、クラウド拡張機能(Cloud extensions)を参照してください。

    • 接続ファイルは、本体の装着システムをコンテンツの保存先に接続します。 コンテンツの保存先には、録画とメタデータが保存され、管理されています。 装着式システムは、接続されるとコンテンツの保存先にロックされます。 コンテンツの保存先を変更するには、まず装着式システムをリセットする必要があります。 詳細については、コンテンツ送信先を参照してください。

    • スーパーアドミンパスフレーズは、装着式システムのセキュリティを強化します。 システムの復元など、システムの重要な操作には、スーパーアドミンパスフレーズによる認証が必要です。 これは、装着式システムとセーフモード中のカメラの間の接続を再確立するときにも必要です。 このパスフレーズは変更できません。

    • システム復元キーは重要なセキュリティ機能です。 装着式システムでは、特定の操作のためにシステム復元キーが必要です。 これらの操作には、故障したシステムコントローラーの交換後に、装着式システムと既存のカメラ間の接続を再確立することなどが含まれます。システム復元キーをコンピューターにダウンロードし、安全な場所に保存します。

    • お客様の地域で使用されている電源周波数を選択します。 正しい周波数が使用されていると、画像のちらつきが少なくなります。 アメリカ地域では、通常60 Hzが使用されています。 世界の他の部分では、ほとんどの場合50 Hzで使用されています。 お客様の地域の電源周波数がわからない場合は、地方自治体に確認してください。

    • カメラは2つの方法でユーザーに割り当てることができます。 [Fixed (固定)] カメラの割り当ての場合、各ユーザーは1台の特定のカメラに手動で割り当てられます。 [Self-assign (自己割り当て)] の場合、カメラユーザーはシステムに接続されたRFIDリーダーの自己割り当てタグをタップして、利用可能な任意のカメラを選択します。 システムをリセットせずに [Fixed (固定)] と [Self-assign (自己割り当て)] を切り替えることはできません。 [Self-assign (自己割り当て)] では、システムでユーザーをローカルにまたはグローバルにカメラに割り当てることができます。 この設定を完了すると、[Settings (設定)] でこのオプションを使用できます。 詳細については、カメラの割り当てを参照してください。

AXIS Body Worn Managerを開きます

  1. ブラウザーを開き、システムコントローラーのIPアドレスまたはホスト名を入力します。

    IPアドレスが不明な場合は、初めてAccess AXIS Body Worn Managerにアクセスするを参照してください。

  2. ユーザー名と管理者パスワードを入力します。

    ブラウザーでAXIS Body Worn Managerが開きます。

デフォルトの管理者アカウントのユーザー名はrootです。

コンテンツ送信先

コンテンツ送信先は、録画とメタデータを保存および管理します。 コンテンツの保存先は、インスタンス、EMS (証拠管理システム)、VMS (映像管理システム)、メディアサーバーです。 Axis装着式ソリューションは複数の異なるコンテンツの保存先をサポートします。

これらのコンテンツの保存先はすべて、Axis装着式システムと統合するための接続ファイルを必要とします。 接続ファイルは、コンテンツの保存先に生成されます。 接続ファイルを生成する方法については、コンテンツ送信先のユーザーヘルプを参照してください。

コンテンツ送信先との接続にも、ネットワーク通信が正しく動作している必要があります。 これには、プロキシ、ファイアウォール、ウイルス対策の設定が含まれる場合があります。

AXIS Camera Stationに接続する

AXIS Camera StationをAxis装着式システムに組み合わせる方法については、AXIS Camera Station Integrator Guideを参照してください。

AXIS Case Insightに接続

AXIS Case InsightをAxis装着式システムに組み合わせる方法については、AXIS Case Insight System Integrator Guideを参照してください。

AXIS Case Insightに接続するには、ファームウェア10.2.0.3以降が必要です。

サードパーティ製アプリケーションとの統合

Genetec Security Centerとの統合方法については、Body worn integration Genetecをご覧ください。また、Milestone XProtect®との統合方法については、AXIS Optimizer Body Worn Extensionをご覧ください。

  • 装着式システムは、ユーザーを追加、削除、変更した場合や、カメラ名を変更した場合にコンテンツ送信先に変更をプッシュします。このタイプの通信は単方向です。つまり、コンテンツの送信先は対応する変更を装着式システムにプッシュしません。
  • 装着式システムを使用するには、事前にコンテンツの保存先に接続する必要があります。
  • 接続ファイルは、コンテンツの保存先に接続した後でご使用のコンピューターから削除することをお勧めします。
  • 装着式システムは、接続されるとコンテンツの保存先にロックされます。 コンテンツの保存先を変更するには、まず装着式システムをリセットする必要があります。
  • 装着式システムをリセットする前に、コンテンツの保存先を絶対に削除またはリセットしないでください。 必ず装着式システムを最初にリセットしてください。 最初にコンテンツの保存先を削除またはリセットすると、録画がカメラまたはシステムコントローラーに残り、装着式システムをリセットできなくなります。 これは、すべての証拠がコンテンツの保存先にアップロードされるようにするセキュリティ機能です。

AXIS Case Insightで録画をユーザーに関連付け

AXIS Case Insightに転送された録画が、ユーザーに関連付けられるようになりました。 AXIS Case Insightユーザーは、カメラを装着している人物に対応しています。

これにより、ケース作成時などに、特定の人が行った録画を検索して収集することが容易になります。

AXIS Case Insightで録画をユーザーに関連付ける方法については、ユーザーの作成を参照してください。

システムバックアップ

システムバックアップでは、すべての設定が保存されます。 まれな状況として、システムを最初に作成したシステムコントローラーが故障した場合でも、装着式システムを復元することができます。 バックアップには、すべてのユーザー、カメラプロファイル、カメラの割り当て、およびシステム設定が含まれます。 バックアップは24時間ごとに自動的に更新されます。 システムバックアップは、複数のシステムコントローラーを備えたシステムで利用できます。

Axisの装着式システムのバックアップとリストア

システムバックアップを設定するには:

  1. [Settings (設定)] > [System backup (システムバックアップ)] に移動します。

  2. [Configure (設定)] をクリックします。

  3. [System controller backup (システムコントローラーのバックアップ)] を選択します。

  4. バックアップを保存する拡張システムコントローラーを選択します。

  5. [Save (保存)] をクリックします。

スケジュールされたバックアップを待たなくても、いつでもシステムを手動でバックアップできます。 これにより、すべてのデータと設定を必要に応じて保存できます。 手動でバックアップを開始するには、[Settings (設定)] > [System backup (システムバックアップ)] に移動し、[Backup now (今すぐバックアップ)] をクリックします。

  • バックアップには録画された証拠は含まれません。
  • バックアップシステムコントローラーに物理的にラベルを付けることをお勧めします。 これは、まれな状況としてシステムが最初に作成されたシステムコントローラーが故障した場合に、それを識別する方法になります。
  • バックアップを行うには、複数のシステムコントローラーを備えた装着式システムが必要です。

システムを復元する場合は、複数のシステムコントローラーを使用したシステムをリストアするを参照してください。

システムバックアップの同期に失敗した場合、システム通知を受け取ることができます。電子メール通知を参照してください。

カメラプロファイルについて

Camera profiles (カメラプロファイル)を使用して、1つのユーザーグループに同じカメラの設定を適用します。 たとえば、昼と夜のシフトに異なるプロファイルを作成できます。 新しいユーザーには、デフォルトのカメラプロファイルが割り当てられます。

カメラプロファイルの編集

  1. [Camera profiles (カメラプロファイル)] に移動し、設定済みのカメラプロファイルの1つをドロップダウンメニューから選択します。

  2. をクリックして、選択したカメラプロファイルを編集します。

  3. カメラプロファイルの [Name (名前)] を編集します。

  4. カメラプロファイルのDescription (説明)を入力します。

  5. このカメラプロファイルを持つユーザーのカメラ割り当てに利用できるようにするカメラを選択します。

  6. [Done (完了)] をクリックします。

  7. リスト内の装置を展開して カメラプロファイルの設定 を編集します。

カメラプロファイルの設定

AXIS W100およびAXIS W101 Body Worn Camera

Video (ビデオ)Image quality (画質)
  • 720p

  • 720p high (720p 高) (AXIS W101のみ)

  • 1080p。 プリバッファは最大90秒に制限されます。

  • 1080p high (1080p 高) (AXIS W101のみ)。 プリバッファは最大60秒に制限されます。

high (高)設定では圧縮率が低く、シャープネスが向上し、ビットレートがより高くなります。 これらの設定は、インシデントベースの録画に適しています。

Barrel distortion correction (たる型歪曲の補正) (AXIS W101のみ)

バレル歪曲 (たる型歪曲) とは、映像が外側に向かって曲がったように見えるレンズ効果のことです。 [Barrel distortion correction (たる型歪曲の補正)] をオンにすると、映像の歪曲を少なくできます。

Audio (音声)

音声を録音する場合はオンにします。

Optimization (最適化)
  • None (なし) – デフォルトの音声録音。

  • Post-processing (後処理) - 圧縮率を下げたデュアル音声チャンネルで音声を録音します。フォレンジック音声分析に適しています。 これによりビットレートが高くなります。

  • Voice (音声) (AXIS W101のみ) – 単調な環境音をフィルタリングすることで、録音中の声を分離することができます。

Pre-buffer (プリバッファ)

録画を開始する前に録画時間を追加することで、イベント全体を確実に撮影することができます。

プリバッファには、カメラストレージに専用のスペースがあります。 動きの多い非常に複雑な撮影シーンや低光量時に最大解像度1080pを使用した場合、プリバッファメモリーがいっぱいになり、プリバッファの時間が設定よりも若干短くなる可能性があります。

Length (長さ)

プリバッファ長 (秒): 15、30、60、90、または120秒。 120秒のプリバッファは、720pの画質でのみ使用できます。

Audio (音声)

オンに設定すると、プリバッファに音声が含まれます。

Overlay (オーバーレイ)

ビデオ画像のオーバーレイに含める情報を選択します。

Name (名前)

名前は、ユーザーの作成時に入力した名前です。

User ID (ユーザーID)

ユーザーIDは、ユーザーの作成時に入力します。

Position (位置)

AXIS W100: 録画の開始位置です。

AXIS W101: 現在のカメラの位置情報。 このためには、[Power saving mode (省電力モード)] がオフであることが必要です。

Location (位置情報)

アシストGNSS (エフェメリス) が有効

オンに設定すると、カメラの位置情報が記録されます。

屋内で使用する場合は、位置情報データをオフにします。

位置情報を使用すると消費電力が増加します。

省電力モード

省電力モードでは、位置情報モードが [Start and end (開始と終了)] に制限されます。 オーバーレイで継続的に位置情報を更新できるようにするには、省電力モードをオフにします。

Mode (モード)
  • None (なし) - 位置情報がオフです。

  • Start and end (開始と終了) - 録画が開始および終了した時間と場所でのカメラの地理的位置情報を記録します。

  • Track (トラック) (AXIS W101のみ) - 録画全体でカメラの地理的位置情報を継続的に録画します。 追跡モードは、コンテンツ送信先でサポートされている場合にのみ利用できます。

Recording activation (録画の有効化)Front button (フロントボタン)

録画を開始するには、以下のいずれかの方法を選択します。

  • Single press (1回押す)

  • Double press (2回押す)。 この設定は、AXIS W101に接続されている場合にAXIS TW1201にも適用されます。

Fall detection (落下検知)

オンに設定した場合、カメラが落下を検知すると録画が開始されます。

フィードバックFront recording indicator (フロント録画インジケーター)

フロント録画インジケーターの録画中の表示を

  • Steady (点灯)

  • なし

  • 点滅

に選択できます。

AXIS TW1201 Mini Cube Sensorを接続した場合、この動作はミニキューブセンサーのフロント録画インジケーターに適用されます。

Alert (アラート)

録画の開始時および停止時のカメラのフィードバックを選択します。

  • Vibration (振動)

  • Sound (音声)

  • Sound and vibration (音と振動)

録画オン時の定期的なリマインダー

録画中はカメラが定期的に振動します。 これは、リマインダーとしてだけでなく、カメラが録画中であることの確認としても機能します。 これは主に、インシデントベースの録画に適しています。 定期的なリマインダーの間隔を選択したり、オフにしたりできます。 [Escalating (エスカレーティング)] をオンにし、アラーム間の時間を段階的に短縮します。

Periodic reminder when recording is off (録画オフ時の定期的なリマインダー)

録画がオフになっていると、カメラは定期的に振動してビープ音が鳴ります。 これは特に、連続録画する場合に適しています。休憩後などに再び録画を開始するようユーザーに促すことができるためです。 定期的なリマインダーの間隔を選択したり、オフにしたりできます。 [Escalating (エスカレーティング)] をオンにし、アラーム間の時間を段階的に短縮します。

Camera feature access (カメラ機能へのアクセス)Allow silent mode (サイレントモードを有効にする)

カメラユーザーがディスプレイ、フロント録画インジケーター、アラートをオフにできるようにします。

Allow microphone mute (マイクのミュートを許可する)

カメラユーザーが音声録画をオフにできるようにします。

AXIS TW1201 Mini Cube Sensor

Disable main camera front button (メインカメラのフロントボタンを無効にする)

ミニキューブセンサーが接続されている場合、メインの装着式カメラのフロントボタン (録画の開始と停止に使用) を無効にします。 ミニキューブセンサーの録画ボタンのみを使用する場合は、このオプションを選択します。

Rotate image 180 degrees (映像を180度回転)

映像を回転できることで、ミニキューブセンサーの取り付けの柔軟性が向上します。

AXIS Body Worn Assistant

Allow access to recordings (録画へのアクセスを許可する)

カメラユーザーがAXIS Body Worn Assistantで録画を表示できるかを選択します。

ユーザーの作成

システム内の装着式ユーザーは、録画と装着式カメラを使用している人の間のリンクです。

ユーザーを作成するには:

  1. [Users (ユーザー)] に移動します。

  2. をクリックして、新規ユーザーを追加します。

  3. 次のユーザー情報を入力します。

    1. ユーザーの名前 (オーバーレイに表示できます)。

    2. 組織内でのユーザー固有のID (オーバーレイに表示できます)。

    3. 必要に応じて、AXIS Case Insightユーザー名を入力します。

      • このオプションは、AXIS Case Insightを使用している場合にのみ表示されます。
      • ユーザーの電子メールアドレスをユーザー名として入力すると、対応するゲストユーザーがAXIS Case Insight内に作成されます。 このゲストユーザーは、システムに記録された証拠にアクセスできません。 ユーザーのアクセス権は、AXIS Case Insightで管理されます。
      • 既存のユーザーのユーザー名を入力または変更することはできません。 これを行うには、ユーザーを削除して再度追加する必要があります。
    4. [Camera profile (カメラプロファイル)] を選択します。

  4. [Add user (ユーザーの追加)] をクリックします。

ユーザーのインポート

装着式システムでは、装着式カメラユーザーのデータをCSV UTF-8 (カンマ区切り) ファイルからインポートすることができます。 これは、新しいユーザーを追加したり、ユーザーIDを使用して既存の装着式カメラユーザーのユーザー名とカメラプロファイルを更新したりするための最も効率的な方法です。

ユーザーごとにRFIDを含めることもできます。 つまり、自己割り当てのカメラ割り当てを使用している場合に、自己割り当てタグを個別にペアリングするのではなく、一度にすべてのユーザーにRFIDタグを関連付けることができます。

インポートする前に、すでに更新するユーザーがシステムに存在する場合は、ユーザーのエクスポートを参照してください。

装着式カメラユーザーをインポートする方法:

  1. [Users (ユーザー)] に移動します。

  2. コンテキストメニューを開き、[Import users (ユーザーのインポート)] をクリックします。

  3. ユーザー、ユーザーID、RFIDの正しい形式を示す [CSV template (CSVテンプレート)] をダウンロードします。

  4. CSVファイルにユーザーとユーザーIDを入力します。

  5. [Select CSV file (CSVファイルの選択)] をクリックし、作成したファイルを選択します。

  6. ステータスウィンドウに表示されている競合をすべて解決し、[インポート] をクリック します。

カメラを追加

  1. システムに追加するカメラをドッキングします。 すべてのカメラのLEDがオレンジ色で点滅します。

  2. [Devices (装置)] に移動します。

  3. カメラのリストで、[New (新規)] をクリックします。

  4. [Add cameras (カメラを追加)] リストで、追加するカメラを選択し、[Add (追加)] をクリックします。 カメラが正常に追加されると、すべてのLEDが点滅を停止します。これには数分かかることがあります。

カメラの割り当て

カメラへのユーザーの割り当てには次の2つの方法があります。

  • ユーザーが割り当てられていない場合、カメラは機能しません。 ドッキングを解除すると、すべてのLEDが赤く点滅します。これは、使用前にユーザーをカメラに割り当てる必要があることを示しています。
  • ユーザーは、ユーザーのカメラプロファイルのすべての機能をサポートしているカメラにのみ割り当てることができます。

固定カメラの割り当て

装着式システムの管理者がカメラユーザーを1台の特定のカメラに割り当てます。 そのカメラユーザーは常に同じ装着式カメラを使用します。カメラへのユーザーの割り当てを参照してください。

カメラへのユーザーの割り当て

  1. [Devices (装置)] に移動します。

  2. ユーザーを割り当てるカメラを開きます。

  3. [Assigned user (割り当てられたユーザー)] リストで、ユーザーを選択します。

自己割り当てによるカメラの割り当て

カメラユーザーがシステムに接続されたRFIDリーダーの自己割り当てタグをタップします。 その後、システムはユーザーを使用可能なカメラに割り当てます。 自己割り当て済みカメラのすべてのLEDが緑色に点滅します。これは、ユーザーがカメラのドッキングを解除できる状態であることを示します。

装着式システムの場合、ハードウェアの設置場所が異なる場合や、システム全体が同じ部屋にある場合もあります。 装着システムで利用可能な任意のカメラをグローバルに自己割り当てするか、カードリーダーと同じ位置にあるカメラをローカルに自己割り当てするかを選択できます:

グローバル自己割り当て –
ユーザーがRFIDタグにより、使用可能なカメラを自己割り当てします。 すべてのカメラとシステムコントローラーが同じ部屋にある場合は、グローバル自己割り当てを使用します。
ローカル自己割り当て –
ユーザーがRFIDタグにより、カードリーダーのあるカメラを自己割り当てします。 ローカル自己割り当て機能を使用すると、ユーザーはシステム内の任意の場所にカメラを接続できます。 カメラとシステムコントローラーが異なる場所に拡散している場合は、ローカル自己割り当てを使用します。

自己割り当てによるカメラの割り当ての設定については、自己割り当てによるカメラの割り当てを設定するを参照してください。

自己割り当てによるカメラの割り当てを設定する

自己割り当てによるカメラの割り当てを設定する
  • システム設定ウィザードで、自己割り当てによるカメラの割り当てが選択されています。 固定カメラの割り当てに変更するには、システムをリセットする必要があります。
  • この設定には、RFIDリーダーExternal RFID Card Reader 125kHz + 13.56MHz with NFC (USB) が必要です。 このリーダーには2つのモデルがあります。 モデル名は製品ラベルに印刷されています。
    • TWN4 Multitechは、すべてのファームウェアバージョンでサポートされています。

    • TWN4 Multitech 2 LF HFには、ファームウェアバージョン10.12以降が必要です。

  • RFIDリーダーは、必ずドッキングステーションと同じ場所に設置してください。

自己割り当てによるカメラの割り当てを設定するには:

  1. [Settings (設定)] > [Camera assignment (カメラの割り当て)] に移動し、ローカルまたはグローバル自己割り当てを選択します。 詳細については、自己割り当てによるカメラの割り当てを参照してください。

  2. RFIDリーダーをシステムコントローラーに接続します。 リーダーのLEDが緑色に点灯するのを待ちます (約15秒かかります)。 これで、リーダーのファームウェアが正しくなり、使用できるようになりました。

  3. 残りの手順に進み、各RFIDタグを個別にペアリングします。 既存のRFIDをすべてのユーザーに一度に関連付ける方法については、ユーザーのインポートを参照してください。

  4. RFIDリーダーの接続をシステムコントローラーから外します。

  5. AXIS Body Worn Managerへのアクセスに使用するコンピューターに同じRFIDリーダーを接続します。

  6. リモートデスクトップソリューションを介したセットアップには対応していません。 RFIDリーダーは、AXIS Body Worn Managerへのアクセスに使用するコンピューターに直接接続する必要があります。

  7. AXIS Body Worn Managerで [Users (ユーザー)] に移動します。

  8. 自己割り当てタグとペアリングするユーザーを選択します。

  9. をクリックして新しい機器をペアリングします。

  10. [Pair (ペアリング)] (自己割り当てタグ) をクリックします。

  11. RFIDリーダーの自己割り当てタグをタップして登録します。 すべてのドットが青色になるまでタップし続けます。

  12. 複数のペアリングを行う場合は、手順4〜8を繰り返します。

  13. RFIDリーダーの接続をコンピューターから外します。

  14. 同じRFIDリーダーをシステムコントローラーに接続します。

これで、カメラユーザーはタグを使用して、装着式カメラの自己割り当てを行えるようになります。

システムの拡張

  1. 新しいシステムコントローラーを既存のボディの磨耗したシステムと同じネットワークに接続します。

  2. 新しいシステムコントローラーにアクセスします。初めてAccess AXIS Body Worn Managerにアクセスするを参照してください。

  3. [Extend an existing system (既存のシステムを拡張する)] を選択します。

  4. 管理者パスワードを作成し、[Okay (OK)] をクリックします。

  5. 最初に作成した装着式システムコントローラーのIPアドレスを入力し、[Connect (接続)] をクリックします。

  6. 拡張システムコントローラーのファームウェアバージョンが既存のシステムよりも新しい場合は、既存のシステムをアップグレードするか、拡張システムコントローラーをダウングレードするように求められます。

  7. 新しいシステムコントローラーを装着式システムに追加します (システムコントローラーを追加するを参照)。

  • 分散システムでは安定したネットワーク接続が必要です。 接続が悪いと、たとえば、ユーザーがカメラを自己割り当てできないことがあります。
  • 装着式システムは、1つのタイムゾーンをサポートします。 録画の日付と時刻は、拡張システムコントローラーとカメラがある場所のタイムゾーンに関係なく同じです。

システムコントローラーを追加する

  1. 新しいシステムコントローラーをインストールします。システムの拡張を参照してください。

  2. [Devices (装置)] に移動します。

  3. [システムコントローラー] リストで、[New (新規)] をクリックします。

  4. [Add system controllers (システムコントローラーの追加)] リストで、追加するシステムコントローラーを選択し、[Add (追加)] をクリックします。

新しいシステムコントローラーにアクセスするには:

  1. [Devices (装置)] に移動します。

  2. アクセスする拡張システムコントローラーを開きます。

  3. コンテキストメニューを開きます。

  4. [Open] (開く) をクリックします。

署名付きビデオ

署名付きビデオでは、暗号化チェックサムが各ビデオフレームに追加され、その後、Axis装置IDによって署名されます。 これにより、ビデオを元のカメラまで追跡することができます。そのため、ビデオファイルの管理過程を検証することなく、カメラを離れた後に録画が不正に改変されていないか確認できます。 AXIS File Playerを使用してビデオファイルを確認できます (録画の信頼性を確認するを参照)。

axis.comに移動して、カメラが署名付きビデオに対応しているかどうかを確認します。

署名付きビデオをオンにする方法:

  1. [Settings > Signed video (設定 > 署名付きビデオ)] に移動します。

  2. [Signed video (署名付きビデオ)] をオンにします。

録画の信頼性を確認する

録画の信頼性を確認するには、ビデオの録画時に署名付きビデオがオンになっている必要があります。署名付きビデオを参照してください。

  1. 確認する録画をエクスポートします。

  2. AXIS File Player (クリックしてダウンロード) を使用して録画を再生します。

    は、録画が不正に改変されていないかどうかを示します。

メタデータを表示するには、ビデオを右クリックして [Show digital signature (デジタル署名を表示)] を選択します。

証明書

証明書は、ネットワーク上の装置の認証に使用可能で、HTTPSを使用して暗号化されたWebブラウジングを有効にします。 装着式システムに安全に接続するには、HTTPSの使用をお勧めします (HTTPSのみを許可を参照)。

装着式システムに安全に接続するには、以下のようにします。

  1. 証明書の署名要求を作成する

  2. CA (認証局) を使用して、CSR (証明書署名要求) に署名します。

  3. 証明書のインストール

証明書の署名要求を作成する

  1. [Settings (設定)] > [Certificates and IEEE 802.1x (証明書とIEEE 802.1x)] に移動します。

  2. [Show certificate settings (証明書の設定の表示)] をクリックします。

  3. をクリックします。

  4. [Create self-signed certificate (自己署名証明書の作成)] を選択し、[Next (次へ)] をクリックします。

  5. [Create self-signed certificate (自己署名証明書の作成)] で、値を入力し、[Create (作成)] をクリックします。

  6. 新しい証明書の横にあるコンテキストメニューを開きます。

  7. [Create signing request (署名要求の作成)] をクリックします。

  8. [Create certificate signing request (証明書署名要求の作成)] で、[Create (作成)] をクリックします。

  9. [Signing request (署名要求)] ダイアログで、テキスト全体をコピーし、ファイル名が <filename>csr のファイルに貼り付けます。

また、既存の [Default (self-signed) (デフォルト (自己署名))] 証明書に対する署名要求を作成することもでき ます。

証明書のインストール

インストールされた証明書は、アップロードされた.crtファイルから接尾辞を除いた名前を取得します。 この名前は一意である必要があります。

  1. [Settings (設定)] > [Certificates and IEEE 802.1x (証明書とIEEE 802.1x)] に移動します。

  2. [Show certificate settings (証明書の設定の表示)] をクリックします。

  3. をクリックします。

  4. [Upload a CA certificate (CA証明書をアップロードする)] を選択します。

  5. [Select file (ファイルの選択)] をクリックし、<filename>.crtというファイルネームで署名された証明書を参照します。

  6. [Install (インストール)] をクリックします。

  7. 証明書の横にあるコンテキストメニューを開きます。

  8. [Activate (有効化)] をクリックします。

802.1xの設定

  1. 装着式システムを、802.1xを使用せずにネットワークに接続します。

  2. [Settings (設定)] > [Certificates and IEEE 802.1x (証明書とIEEE 802.1x)] に移動します。

  3. [Show certificate settings (証明書の設定の表示)] をクリックします。

  4. をクリックして新規証明書を作成するか、既存の証明書をインストールします。

  5. [802.1x] で、インストールした証明書を選択します。

  6. EAP identity (EAP ID)を入力します。

  7. [Use IEEE 802.1x (IEEE 802.1xを使用)] を選択します。

  8. [Save (保存)] をクリックします。

  9. ページに [Connecting… (接続中...)] と表示されます。

  10. 802.1xを有効にしたネットワークに装着式システムを接続します。

HTTPSのみを許可

装着式システムに安全に接続するには、HTTPSのみを使用することをお勧めします。

  1. [Settings > HTTP and HTTPS (設定 > HTTPとHTTPS)] に移動します。

  2. [Allow access through (次によるアクセスを許可)] ドロップダウンメニューで、[HTTPS only (HTTPSのみ)] を選択します。

自動録画のアクティブ化

事前バッファと組み合わせて、自動録画のアクティブ化により、カメラユーザーが手動で記録を開始しなくても、インシデント全体がキャプチャーされます。 録画は次の方法で自動的に開始できます:

落下検知

落下検知は、カメラを装着している人が倒れたとき、自動的にビデオ録画をトリガーします。 この機能は、事前バッファと組み合わせて、手動での起動なしでインシデント全体をキャプチャーすることを保証します。

落下検知をオンにするには:

  1. [Camera profiles (カメラプロファイル)] に移動します。

  2. 編集するカメラのプロファイルを開きます。

  3. 落下検知をオンにします。

アンホルスター検知

ホルスターセンサーは、アンホルスターを検出して、自動的にビデオ録画をトリガーします。 この機能は、事前バッファと組み合わせて、手動での起動なしでインシデント全体をキャプチャーすることを保証します。 この機能では、ユーザーとYardarmホルスターセンサーをペアリングする必要があります。

装着式カメラ用ホルスターセンサーの設定

アンホルスター検知を有効にするには、次の手順に従います。

  1. ホルスターセンサーが電源から切断されていることを確認します。

  2. [Users (ユーザー)] に移動 し、ホルスターセンサーをペアリングするユーザーを選択します。

  3. をクリックして新しい機器をペアリングします。

  4. [Pair (ペアリング)] (ホルスターセンサー) をクリックします。

  5. カメラをドッキングします (カメラの割り当て方法に応じて、以下のいずれかの操作を行います)。

    • 固定カメラの割り当て: ホルスターセンサーとペアリングする装着式カメラユーザーに割り当てられたカメラをドッキングします。

    • 自己割り当てによるカメラの割り当て: カメラがドッキングされているのを確認します。

  6. ホルスターセンサーに記載されている6桁のシリアル番号を入力します。

  7. カメラのドッキングを解除します (カメラの割り当て方法に応じて、以下のいずれかの操作を行います)。

    • 固定カメラの割り当て: カメラのドッキングを解除し、カメラが起動するのを待ちます。 操作ステータスLEDが緑色に点灯します。

    • 自己割り当てによるカメラの割り当て: カメラを自己割り当てし、カメラのドッキングを解除してカメラの起動を待ちます。 操作ステータスLEDが緑色に点灯します。

  8. ホルスターセンサーに電源を接続します。

  9. カメラのワイヤレス接続ステータスLEDが黄色でパルスされ、ペアリングが開始されたことを示します。 カメラのワイヤレス接続ステータスLEDが緑色に点灯するのを待ちます、点灯はペアリングが成功したことを示します(最大で20秒かかることがあります)。 ペアリングに失敗すると、ワイヤレス接続ステータスLEDが赤色に点灯します。

  10. ホルスターセンサーから電源を外します。

  11. ホルスターセンサーを取り付け、ホルスターを外して、ペアリングが成功したことを確認します。 カメラの録画LEDが赤色に点灯します。

  12. カメラをドッキングしてください。

ペアリングが完了したら、ペアリングされた機器で、ホルスターセンサーのペアリング状況を確認してください。 緑色の状態は、ペアリングが装着式システムに登録されていることを示しています。

カメラを日常的にホルスターセンサーに接続するには、カメラのドッキングを解除し、ドッキング解除後10分以内はカメラがホルスターセンサーの範囲内にあることを確認します。 通常の状況で、範囲は5 ~ 10 m (16 ~33フィート) です。

位置情報の記録

カメラの地理的位置を録画できます。 録画された位置情報データを使用すると、コンテンツの送信先がカメラの動きをトラックとして、またはマップ上の単一の位置として表示できます。 その後、この情報を使用して、インシデントが発生した場所を特定し、イベントの全過程を鮮明に確認できます。 この機能には、次の2つのモードがあります。

開始と終了 –
録画が開始および終了する時間と場所でのカメラの地理的位置情報を記録します。
トラック (AXIS W101のみ) –
録画全体でカメラの地理的位置情報を継続的に記録します (プリバッファを含む)。 追跡モードは、コンテンツ送信先でサポートされている場合にのみ利用できます。

位置情報をオンにする方法:

  1. [Camera profiles (カメラプロファイル)] に移動します。

  2. [Location (位置情報)] をオンにするカメラプロファイルを開きます。

  3. [Location (位置情報)] をオンにする装置を展開します。

  4. [Location (位置情報)] をオンにします。

  5. 位置情報の [Mode (モード)] を選択します。

  • 屋外で使用する場合、位置情報では、衛星 (GNSS) を使用してカメラの位置を取得します。 クラウド拡張機能をオンにすると、Assisted GNSS (ephemeris) により測位性能が向上し、最初の衛星フィックスを取得するまでの時間が短縮されます。
  • コンテンツの送信先によっては、位置情報データの表示や使用方法が異なる場合があります。 たとえば、録画の検索に使用したり、録画用のマップやブックマークに表示ができます。
  • 位置情報は屋外専用です。 屋内で使用する場合は、位置情報をオフにすることをお勧めします。:
  • 位置情報によってバッテリーの消費量が増加します。

録画の継続的に更新される位置情報をオーバーレイとしてビデオの含めることもできます。 この機能をオンにするには、カメラプロファイルに移動した後、オーバーレイの [Position (位置情報)] をオンにし、[Power saving mode (省電力モード)] をオフにします。

録画へのアクセスを制限する

[Allow access to recordings (録画へのアクセスを許可する)] 設定では、カメラユーザーがAXIS Body Worn Assistant内の録画を表示できるかどうかを指定できます。 カメラプロファイルでオン/オフを切り取ることができます。 録画へのアクセスをオフにするには:

  1. [Camera profiles (カメラプロファイル)] に移動します。

  2. 編集するプロファイルを開きます。

  3. [録画へのアクセスを許可する] をオフに します。

クラウド拡張機能(Cloud extensions)

装着式システムには標準的な装備がセットされています。 Cloud extensionsは、クラウドベースの追加機能のセットです。

使用可能なクラウド拡張機能は次のとおりです。

アシストGNSS (エフェメリス) –
位置情報データのパフォーマンスが向上し、最初の修正を取得するのにかかる時間を短縮できます。
電子メール通知 –
この通知により、システムの健全性を監視する時間を短縮することができます。 詳細については、電子メール通知を参照してください。
ファームウェアのアップグレード支援 –
最新のシステムファームウェアを、最初にコンピューターにダウンロードせずに、インストールできます。 また、インストール前に、AXIS Body Worn Managerで直接、ファームウェアのアップグレードで追加される新機能が表示されます。 新しいファームウェアバージョンが利用可能になったときに電子メール通知を受信するように選択できます。

一度有効にすると、システムをリセットせずにクラウド拡張機能をオフにすることはできません。

クラウド拡張機能を有効にするには:

  1. [Cloud (クラウド)] に移動します。

  2. [Region (範囲)] を選択します。

  3. [Connect (接続)] をクリックします。

  4. [Connect (接続)] をクリックして確定します。

  • クラウド拡張機能を有効にするには、装着式システムが*.bodyworn.axis.cloudにアクセスできることが必要です。
  • [Region (範囲)] は、データが保存されている地理的な場所です。 範囲を変更するには、装着式システムをリセットする必要があります。

これらは、bodyworn.axis.cloudによって使用されるホスト名で、設定時やクラウドの拡張機能を使用する際にシステムがアクセスする必要があります。

グローバル、*.bodyworn.axis.cloud
地域ドメインポート目的

グローバル

logs.bodyworn.axis.cloud

443 (HTTPS)

システムコントローラーからzip形式のログをアップロードするためのエンドポイント。 (Azure Front Door)

グローバル

flags.bodyworn.axis.cloud

443 (HTTPS)

機能フラグのAPI。 api.flagsmith.comのプロキシ。 (Azure Front Door)

グローバル

agnss.bodyworn.axis.cloud

443 (HTTPS)

アシストGNSS (GPS) データファイルを取得するためのAPI。 (Azure Front Door)

グローバル

api.bodyworn.axis.cloud

443 (HTTPS)

グローバルエンドポイント用のAPI (例:地域の取得)。 (Azure Front Door)

グローバル

dispatchse1-st.axis.com:443

dispatchse1-st.axis.com:80

dispatchse2-st.axis.com:443

dispatchse2-st.axis.com:80

dispatcher-st.axis.com:443

dispatcher-st.axis.com:80

dispatchus1-st.axis.com:443

dispatchus1-st.axis.com:80

dispatchjp1-st.axis.com:443

dispatchjp1-st.axis.com:80

195.60.68.120:443

195.60.68.120:80

195.60.68.121:443

195.60.68.121:80

443 (TLS)

80 (TLS)

システムコントローラーの地域別オンボーディング。 信頼を確立し、システムコントローラーを地域のオンボーディングサービスに登録するために使用します。 システムコントローラーは、これらのアドレスのいずれかへの接続を確立しようとする場合があります。 システムコントローラーが接続を確立できない場合、システムコントローラーはリスト内の別のエントリーを試行します。 これは、「dispatchse1-st.axis.com:443」や「dispatchus1-st.axis.com:443」などのサブセットのみへの接続を許可しても問題がないことを意味します。 サービスの可用性の観点から、複数の接続を許可することをお勧めします。

グローバル

oakcgi.o3c.axis.com

443 (HTTPS)

システムコントローラーの地域別オンボーディング。 地域オンボーディングサービスにシステムコントローラーを登録する際に必要となる所有者認証キーを取得するために使用します。

ヨーロッパ (ドイツ)、*.de.bodyworn.axis.cloud
地域ドメインポート目的

EUドイツ

logs.de.bodyworn.axis.cloud

443 (HTTPS)

システムコントローラーからzip形式のログをアップロードするためのエンドポイント。 (Azure Front Door)

EUドイツ

flags.de.bodyworn.axis.cloud

443 (HTTPS)

機能フラグのAPI。 api.flagsmith.comのフロント。 (Azure Front Door)

EUドイツ

agnss.de.bodyworn.axis.cloud

443 (HTTPS)

アシストGNSS (GPS) データファイルを取得するためのAPI。 (Azure Front Door)

EUドイツ

device.de.bodyworn.axis.cloud

443 (HTTPS)

APIエンドポイントオンボードシステムコントローラー。 オンボードシーケンスの開始に使用。

EUドイツ

axisbws-de.azure-devices.net

443 (HTTPS、WSS)

システムコントローラーとクラウド間のアプリケーション通信に使用されるエンドポイント。 (Azure IoT Hub)

EUドイツ

o3c-01.de.bodyworn.axis.cloud

o3c-02.de.bodyworn.axis.cloud

443 (HTTPS)

システムコントローラーの地域別オンボーディング。 システムコントローラーは信頼できる証明書で自己を示し、代わりにAzure IoT Hubの認証情報を取得します。

EUドイツ

noreply@de.mail.bodyworn.axis.com

該当なし

電子メール通知は、この電子メールアドレスから送信されます。

北米 (米国)、*.useast.bodyworn.axis.cloud
地域ドメインポート目的

北米 (米国)

logs.useast.bodyworn.axis.cloud

443 (HTTPS)

システムコントローラーからzip形式のログをアップロードするためのエンドポイント。 (Azure Front Door)

北米 (米国)

flags.useast.bodyworn.axis.cloud

443 (HTTPS)

機能フラグのAPI。 api.flagsmith.comのフロント。 (Azure Front Door)

北米 (米国)

agnss.useast.bodyworn.axis.cloud

443 (HTTPS)

アシストGNSS (GPS) データファイルを取得するためのAPI。 (Azure Front Door)

北米 (米国)

device.useast.bodyworn.axis.cloud

443 (HTTPS)

APIエンドポイントオンボードシステムコントローラー。 オンボードシーケンスの開始に使用。

北米 (米国)

axisbws-useast.azure-devices.net

443 (HTTPS、WSS)

システムコントローラーとクラウド間のアプリケーション通信に使用されるエンドポイント。 (Azure IoT Hub)

北米 (米国)

o3c-01.useast.bodyworn.axis.cloud

o3c-02.useast.bodyworn.axis.cloud

443 (HTTPS)

システムコントローラーの地域別オンボーディング。 システムコントローラーは信頼できる証明書で自己を示し、代わりにAzure IoT Hubの認証情報を取得します。

北米 (米国)

noreply@useast.mail.bodyworn.axis.com

該当なし

電子メール通知は、この電子メールアドレスから送信されます。

アジア太平洋 (オーストラリア)、*.au.bodyworn.axis.cloud
地域ドメインポート目的

アジア太平洋 (オーストラリア)

logs.au.bodyworn.axis.cloud

443 (HTTPS)

システムコントローラーからzip形式のログをアップロードするためのエンドポイント。 (Azure Front Door)

アジア太平洋 (オーストラリア)

flags.au.bodyworn.axis.cloud

443 (HTTPS)

機能フラグのAPI。 api.flagsmith.comのフロント。 (Azure Front Door)

アジア太平洋 (オーストラリア)

agnss.au.bodyworn.axis.cloud

443 (HTTPS)

アシストGNSS (GPS) データファイルを取得するためのAPI。 (Azure Front Door)

アジア太平洋 (オーストラリア)

device.au.bodyworn.axis.cloud

443 (HTTPS)

APIエンドポイントオンボードシステムコントローラー。 オンボードシーケンスの開始に使用。

アジア太平洋 (オーストラリア)

axisbws-au.azure-devices.net

443 (HTTPS、WSS)

システムコントローラーとクラウド間のアプリケーション通信に使用されるエンドポイント。 (Azure IoT Hub)

アジア太平洋 (オーストラリア)

o3c-01.au.bodyworn.axis.cloud

o3c-02.au.bodyworn.axis.cloud

443 (HTTPS)

システムコントローラーの地域別オンボーディング。 システムコントローラーは信頼できる証明書で自己を示し、代わりにAzure IoT Hubの認証情報を取得します。

アジア太平洋 (オーストラリア)

noreply@de.mail.bodyworn.axis.com

該当なし

電子メール通知は、この電子メールアドレスから送信されます。

ユーザーの管理

ユーザーを削除

  1. [Users (ユーザー)] に移動します。

  2. 削除するユーザーをクリックします。

  3. コンテキストメニューを開きます。

  4. [Remove (削除)] をクリックします。

重要

装着ユーザーをコンテンツの宛先から削除しないでください。 ユーザーの削除には、必ずAXIS Body Worn Managerを使用します。

ユーザーのエクスポート

すべての装着カメラユーザーの入力データをCSVファイルにエクスポートできます。 これは、システムのリセットが必要な変更をシステムに加える必要があるが、すべてのユーザーデータを保持したい場合に便利です。 システムをリセットし、すべての変更を行った後、ユーザーのデータを再びシステムにインポートするだけで済みます。ユーザーのインポートを参照してください。

装着式カメラユーザーをエクスポートする方法:

  • [Users (ユーザー)] に移動します。

  • コンテキストメニューを開きます。

  • [Export users (ユーザーのエクスポート)] をクリックします。

システム監視

ダッシュボード

Dashboard (ダッシュボード) には、装置とシステムの健全性の概要が表示されます。 また、注意が必要な問題も強調表示します。 何か問題がある場合は、このページから簡単にアクセスして問題を解決することができます。

装置は同時に複数のステータスになることがあります。 ステータスアイコンにカーソルを合わせると、詳細が表示されます。

カメラ使用状況レポートのダウンロード

カメラ使用状況レポートには、割り当てられたカメラが過去7日間にどのように使用されたかがユーザーごとに表示されます。 このレポートには、たとえば、録画の開始と停止、ドッキング、電源のオンとオフ、音声のミュートが含まれます。

カメラ使用状況レポートをダウンロードするには:

  1. [Users (ユーザー)] に移動します。

  2. コンテキストメニューを開きます。

  3. [Camera usage report (カメラ使用状況レポート)] をクリックします。

  4. [Download (ダウンロード)] をクリックします。

ダウンロードしたzipファイルには、各ユーザーのフォルダーが含まれています。

レポートには、最大7日間のカメラの使用状況が含まれています。 以前のレポートが7日以内にダウンロードされた場合、レポートには、前回のレポートの時点から新しいレポートの時点までのカメラの使用状況が含まれています。

システムコントローラーストレージを監視する

システムコントローラーストレージの監視は、発生する可能性のあるファイル転送エラーを特定するのに役立ちます。

AXIS Body Worn Managerには、各システムコントローラーの [Storage used (使用済みストレージ)] と [Storage reserved (予約済みストレージ)] が表示されます。

使用済みストレージ –
システムコントローラーのストレージは、録画がカメラからコンテンツ送信先に転送されるときにバッファとして使用されます。 継続的に大量のストレージが使用されている場合は、転送エラーが発生している可能性があります。
予約済みストレージ –
カメラがドッキングされると、コンテンツをシステムコントローラーにオフロードするために必要なメモリが予約されます。 すべてのファイルがコンテンツ送信先に転送されると、予約は削除されます。 予約済みストレージが残っている場合は、転送エラーが発生している可能性があります。

ストレージ情報を表示するには、[Devices (装置)] に移動し、目的のシステムコントローラーを開きます。

カメラの使用を監視する

AXIS Body Worn Managerには、カメラのこれまでの使用時間が表示されます。 これにより、たとえば、カメラが紛失したことやファームウェアのアップグレードが必要であることがわかります。

カメラの使用に関する情報を表示するには、[Devices (装置)] に移動し、目的のカメラを開きます。

電子メール通知

装着式システムから、次のイベントについて通知する電子メールを受信できます。

  • コンテンツ保存先との接続が失われました

  • 拡張システムコントローラーとの接続が失われました

  • システムコントローラーストレージの空き容量が少なくなりました

  • システムバックアップの同期に失敗しました

  • 新しいシステムファームウェアが利用できます

システム通知をオンにするには:

  1. [Settings (設定)] > [Email notifications (電子メール通知)] に移動します。

  2. 電子メールアドレスを入力します。

  3. 必要に応じて、[Send a test email to verify the address (アドレスを確認するためにテストメールを送信)] を選択します。

  4. [Set (設定)] をクリックします。

通知の受信を停止するには、電子メールアドレスを削除して、[Set (設定)] をクリックします。

  • 電子メール通知機能には、クラウド拡張機能へのアクセスが必要です。
  • 複数の人に電子メール通知を送信するには、メーリングリストを使用します。

メンテナンス

重要

AXIS Body Worn Managerから、システムのリセットやカメラの取り外しなど、すべての装着式システムメンテナンスを必ず起動してください。

パスワードの変更

  1. [Settings (設定)] > [Admin accounts (管理者アカウント)] に移動します。

  2. 変更するアカウントのコンテキストメニュー を開きます。

  3. [Edit (編集)] をクリックします。

  4. 現在のパスワードと新しいパスワードを入力します。 現在のパスワードは、rootアカウントを変更する場合にのみ必要です。

  5. [Save (保存)] をクリックします。

管理者アカウントの追加

追加の管理者アカウントを追加するには:

  1. [Settings (設定)] > [Admin accounts (管理者アカウント)] に移動します。

  2. [Add account (アカウントの追加)] をクリックします。

  3. ユーザー名とパスワードを入力します。

  4. [Save (保存)] をクリックします。

  • ここで、rootアカウント以外の管理者アカウントを削除することもできます。

システムレポートのダウンロード

装着式システムからシステムレポートをダウンロードすることができます。 Axisのサポートではトラブルシューティングにシステムレポートを使用しています。

  1. [Support (サポート)] > [System report (システムレポート)] に移動します。

  2. [Download system report (システムレポートのダウンロード)] をクリックします。

  3. ファイルをAxisサポートに送信します。

  • システムレポートには、システムにある、またはシステムにドッキングされている、すべてのシステムコントローラーとカメラが含まれます。 ドッキングすると、カメラの最新のログが含まれます。
  • システムレポートは、ダウンロードした瞬間に生成されるだけでなく、毎日1回自動で生成されます。 これは、7日間システムに保存され、その後、新しいものに置き換わります。

カメラを別の装着式システムに移動

別のシステムで、装着式カメラを使用するには、まず、現在のシステムからカメラを削除する必要があります。 その後、新しいシステムにカメラを追加することができます。

カメラを別の装着式システムに移動するには:

  1. 現在のシステムからカメラを削除します。カメラを削除するを参照してください。

  2. 新しいシステムにカメラを追加するには、カメラを追加の手順に従ってください。

接続ファイルを変更する

コンテンツ送信先への接続が失われた場合は、現在の接続ファイルを新しい接続ファイルに置き換えることで、この問題を解決できる可能性があります。 この問題は通常、コンテンツ送信先が新しいIPアドレスを取得したとき、またはコンテンツ送信先で特定の設定が変更されたときに発生します。

  1. [Settings (設定)] に移動します。

  2. コンテンツ送信先の [Configuration (設定)] で をクリックします。

  3. 新しい接続ファイルをアップロードします。

  4. [Save (保存)] をクリックします。

別のコンテンツ送信先に切り替える場合は、システムをリセットする必要があります (システムのリセットを参照)。

システムハードウェアの削除

カメラを削除する

ドッキングされているカメラと使用中のカメラの両方を削除できます。 使用中のカメラを削除するように選択すると、すべてのコンテンツが転送され、ドッキング後にカメラが削除されます。 コンテンツの転送が完了すると、カメラは最新のアップロードされたファームウェアを使用して工場出荷時の設定にリセットされます。

装着式システムからカメラを削除するには、以下のようにします。

  1. [Devices (装置)] に移動します。

  2. 削除するカメラを開きます。

  3. コンテキストメニューを開き、[Remove (削除)] をクリックします。

  4. [Remove (削除)] をクリックします。

重要

装着式カメラをコンテンツの宛先から削除しないでください。 カメラの削除には、必ずAXIS Body Worn Managerを使用します。

カメラが紛失したか修理できないほど損傷した場合は、カメラの強制削除を参照してください。

カメラの強制削除

カメラが紛失したか修理できないほど損傷した場合は、装着式システムからカメラを強制削除できます。 このオプションは、カメラが [In use (使用中)] 状態のときにのみ使用できます。 カメラを強制削除するには、スーパーアドミンパスフレーズを使用して許可される、装着式システムで最高のセキュリティレベルにアクセスできる必要があります。 カメラを強制削除するには:

  • [Devices (装置)] に移動します。

  • 削除するカメラを開きます。

  • コンテキストメニューを開き、[Remove (削除)] をクリックします。

  • [Remove (削除)] をクリックします。

  • スーパーアドミンパスフレーズを入力します。

  • [Force remove (強制削除)] をクリックします。

拡張システムコントローラーを削除

  • 拡張システムコントローラーを物理的に取り外す前に、AXIS Body Worn Managerのシステムで必ず削除してください。
  • 装着式システムからシステムコントローラーを削除すると、すべてのコンテンツが保存先に転送され、システムコントローラーが工場出荷時の設定にリセットされます。

拡張システムコントローラーを装着式システムから削除するには:

  1. [Devices (装置)] に移動します。

  2. 削除するシステムコントローラーをクリックします。

  3. コンテキストメニューを開きます。

  4. [Remove (削除)] をクリックします。

システムコントローラーが紛失したか修理できないほど損傷した場合は、拡張システムコントローラーの強制削除を参照してください。

拡張システムコントローラーの強制削除
重要

強制削除された拡張システムコントローラーを再び使用することはできません。

拡張システムコントローラーが紛失したか修理できないほど損傷した場合は、装着式システムから拡張システムコントローラーを強制削除できます。 このオプションは、拡張システムコントローラーが [Unavailable (使用不可)] 状態の場合にのみ使用できます。 拡張システムコントローラーを強制削除するには、スーパーアドミンパスフレーズを使用して許可される、装着式システムで最高のセキュリティレベルにアクセスできる必要があります。 拡張システムコントローラーを強制削除するには:

  • 強制削除する拡張システムコントローラーを削除します (拡張システムコントローラーを削除を参照)。 拡張システムコントローラーが [Unavailable (使用不可)] 状態の場合、そのコントローラーは装置リストに残りますが、グレー表示されます。

  • 強制削除する拡張システムコントローラーを再度開きます。

  • コンテキストメニューを開き、[Remove (削除)] をクリックします。

  • スーパーアドミンパスフレーズを入力します。

  • [Force remove (強制削除)] をクリックします。

システムハードウェアの交換

装着式システム中でカメラとシステムコントローラーを交換することができます。

カメラを交換する

  1. 交換するカメラをドッキングします。

  2. カメラのストレージLEDが緑色になるまで待ちます。緑は、すべての録画が転送されたということです。

  3. AXIS Body Worn Managerを開きます交換するカメラを削除します。カメラを削除するを参照してください。

  4. 古いカメラをドッキングから解除します。

  5. 新しいカメラをシステムに追加します。カメラを追加を参照してください。

拡張機能システムコントローラーの交換

システムコントローラーを交換するには、以下の手順で、装着式システムの一部であるシステムコントローラーを交換します。

  1. 古いシステムコントローラーを取り外します。拡張システムコントローラーを削除を参照してください。

  2. 新しいシステムコントローラーを追加します。システムコントローラーを追加するを参照してください。

システムコントローラーの交換

システムを作成したシステムコントローラーが故障した場合は、システムコントローラーを交換してシステムを復元する必要があります。単一のシステムコントローラーを使用したシステムを復元する

システムまたはハードウェアをリセットする

カメラ、システムコントローラー、または装着式システムをリセットし、工場出荷時の設定に戻すことができます。

カメラのリセット

カメラを工場出荷時の設定にリセットするには、装着式システムから取り外します。カメラを削除するを参照してください。

拡張システムコントローラーのリセット

拡張システムコントローラーを装着式システムから削除することで、工場出荷時の設定にリセットできます。拡張システムコントローラーを削除を参照してください。

AXIS Body Worn Managerから装着式システムにアクセスできない場合は、各拡張システムコントローラーに個別にアクセスしてリセットすることができます。

  1. 拡張システムコントローラーにアクセスします。

  2. コンテキストメニューを開きます。

  3. [Reset system controller (システムコントローラーをリセット)] をクリックします。

バックアップ拡張システムコントローラーを工場出荷時の設定にリセットすることはできません。

システムのリセット

重要
  • 装着式システムをリセットする前に、コンテンツの保存先を絶対に削除またはリセットしないでください。 必ず装着式システムを最初にリセットしてください。 最初にコンテンツの保存先を削除またはリセットすると、録画がカメラまたはシステムコントローラーに残り、装着式システムをリセットできなくなります。 これは、すべての証拠がコンテンツの保存先にアップロードされるようにするセキュリティ機能です。
  • AXIS Body Worn Managerでカメラやユーザーを削除する前に、コンテンツの保存先からカメラやユーザーを削除しないでください。

装着式システムすべてを工場出荷時のデフォルト設定にリセットするには:

  1. すべてのカメラを取り外します。カメラを削除するを参照してください。

  2. 可能な場合は、コンテンツのアップロード先の対応するカメラを無効化してください。

  3. すべての拡張システムコントローラーを取り外します。拡張システムコントローラーを削除を参照してください。

  4. [Support > System reset (サポート>システムのリセット)] を選択します。

  5. [System reset (システムのリセット)] をクリックします。

ペアリングされた機器を削除する

  1. [Users (ユーザー)] に移動します。

  2. ペアリングを削除するユーザーをクリックします。

  3. 削除する装置を特定してコンテキストメニューを開きます。

  4. [Remove (削除)] をクリックします。

装着式カメラユーザーとAXIS Body Worn Assistant間のペアリングを装着式システムから削除した場合でも、そのペアリングは引き続きAXIS Body Worn Assistantに残ります。 AXIS Body Worn Assistantに既存のペアリングと置換する方法については、既存のペアリングの置換をご覧ください。

システムの復元

まれな状況として、システムを最初に作成したシステムコントローラーが故障した場合は、システムを復元することができます。 複数のシステムコントローラーを使用したシステムの復元は、単一のシステムコントローラーを使用したシステムを復元する場合とは異なります。

複数のシステムコントローラー –
すべてのユーザー、カメラプロファイル、カメラの割り当て、システム設定を含めて、システムを復元できます。 拡張システムコントローラーに保存されたバックアップからシステムを復元すると、そのシステムコントローラーがAXIS Body Worn Managerにアクセスするシステムコントローラーになります。 システムの復元には、システムを再起動するのと同じくらいの時間がかかります。 システムを復元する方法については、複数のシステムコントローラーを使用したシステムをリストアするを参照してください。
単一のシステムコントローラー –
システムコントローラーを交換して、装着式システムと既存のカメラとの間の接続を再確立することができます。 システムを復元する方法については、単一のシステムコントローラーを使用したシステムを復元するを参照してください。 システムを復元するには、最新のシステム復元キーが必要です。システム復元キーをダウンロードするを参照してください。

複数のシステムコントローラーを使用したシステムをリストアする

Axisの装着式システムのバックアップとリストア

装着式システムをリストアするには、システムバックアップが必要です。

装着式システムをリストアするには:

  1. システムバックアップを含む拡張システムコントローラーにアクセスします (WebブラウザーにシステムコントローラーのIPアドレスを入力します)。

  2. コンテキストメニューを開きます。

  3. [Restore system (システムの復元)] をクリックします。

  4. スーパーアドミンパスフレーズを入力します。

  5. [Restore (復元)] をクリックします。

  6. 復元されたシステムと既存の拡張システムコントローラー間の接続を再確立します。

    1. すべての拡張システムコントローラーをリセットします。拡張システムコントローラーのリセットを参照してください。

    2. すべての拡張システムコントローラーを設定します。システムの拡張を参照してください。

  7. 装着式システムと既存のカメラの間の接続を再確立します。カメラを許可を参照してください。

重要

システムの復元が完了したら、バックアップを再設定してください。 以前のバックアップシステムコントローラーが、AXIS Body Worn Managerにアクセスする場所になりました。 また、故障したシステムコントローラーを新しいものと交換する必要があります。

単一のシステムコントローラーを使用したシステムを復元する

  1. 新しいシステムコントローラーをインストールします。

  2. 新しいシステムコントローラーにアクセスします。初めてAccess AXIS Body Worn Managerにアクセスするを参照してください。

  3. [Restore (復元)] をクリックします。

  4. 管理者アカウントを作成し、[Next (次へ)] をクリックします。

  5. 管理者アカウントの認証情報を使用してログインします。 ユーザー名はrootです。

  6. 最新のファームウェアをインストールし、[Next (次へ)] をクリックします。

  7. [Select System restore key (システム復元キーの選択)] をクリックし、以前にダウンロードしたシステムの復元キーを見つけて開きます。

  8. スーパーアドミンパスフレーズを入力し、[Next (次へ)] をクリックします。

  9. システム設定を完了します。

  10. カメラを許可.

重要
  • システムコントローラーが1つしかないシステムを復元するということは、装着式システムと既存のカメラとの間の接続を再確立することを意味します。 ユーザー、カメラプロファイル、コンテンツの保存先などのシステム設定は復元されません。
  • システム復元キーを持っている場合にのみシステムを復元できます。 システムに障害が発生した場合、システム復元キーをダウンロードできないことがあります。 最初のシステム設定時にシステム復元キーをダウンロードして、安全な場所に保管することをお勧めします。

システム復元キーをダウンロードする

システム復元キーをダウンロードするには、以下の2つの方法があります。

  • システム復元キーは、システム設定の際に生成され、ダウンロードされます。

  • AXIS Body Worn Managerでシステム復元キーをいつでもダウンロードすることができます。

AXIS Body Worn Managerからシステム復元キーをダウンロードするには:

  1. [Support (サポート)] > [System restore key (システム復元キー)] に移動します。

  2. [Download System restore key (システム復元キーをダウンロード)] をクリックします。

  3. システム設定時に作成したスーパーアドミンパスフレーズを入力します。

  4. [Download (ダウンロード)] をクリックして、システム復元キーを安全な場所に保存します。

重要
  • システム復元キーはパスフレーズで保護されています。
  • システム復元キーとスーパーアドミンパスフレーズは、常に安全な方法で保管してください。

カメラを許可

カメラが8週間、ドッキング解除されている場合、セキュリティ上の理由からカメラはセーフモードになります。

セーフモード中のカメラがシステムに戻るのを許可できます。 これを行うには、スーパーアドミンパスフレーズを使用して許可される、装着式システムで最高のセキュリティレベルにアクセスできる必要があります。

カメラの装着式システムへの接続の再確立を許可する方法:

  1. [Dashboard (ダッシュボード)] に移動します。

  2. ステータスが [In safe mode (セーフモード中)] のカメラを開きます。

  3. セーフモード中のカメラが複数ある場合は、許可するカメラを選択します。

  4. [Next (次へ)] をクリックします。

  5. スーパーアドミンパスフレーズを入力します。

  6. [Allow cameras (カメラを許可)] をクリックします。

システムコントローラーから録画を取得

通常、コンテンツ送信先は、コンテンツ送信先から削除された装着式カメラユーザーとカメラからの録画を受け入れます。 しかし、これがサポートされていない場合、AXIS Body Worn Managerではなく、コンテンツ送信先でユーザーやカメラを削除すると、システムコントローラーから録画が転送されない場合があります。 その場合は、USBストレージ装置に転送されなかった録画をダウンロードできます。

録画をダウンロードする方法:

  1. [Devices (装置)] に移動します。

  2. 影響を受けたシステムコントローラーを開きます。

  3. [Download recordings (録画をダウンロード)] をクリックします。

  4. exFATファイルシステムのUSBストレージ装置を、影響を受けたシステムコントローラーに挿入します。

  5. スーパーアドミンパスフレーズを入力します。

  6. 録画の暗号化パスフレーズを入力します。

  7. [Download (ダウンロード)] をクリックします。

  • 他のトラブルシューティング手順を試す前に、必ず上記の手順に従って録画を取得してください。
  • 録画をUSBストレージ装置にダウンロードするには、スーパーアドミンパスフレーズを使用して許可される、装着式システムで最高のセキュリティレベルにアクセスできる必要があります。
  • ダウンロードした録画を抽出するには、AES-256暗号化アーカイブに対応した7-Zipを使用することをお勧めします。 デフォルトのzipアプリケーションは、装着式システムのアーカイブに対応していない可能性があります。

日付と時刻を調整

装着式システムに含まれているすべての装着式カメラは、システムと同じ日付と時刻を受け取ります。

重要
  • Manual time (手動時刻設定) ではなくNTP server (DHCP) (NTPサーバー、DHCP) またはNTP static and fallback server (NTP静的およびフォールバックサーバー) を使用することをお勧めします。これらは正確なシステム時刻を保証します。
  • 装着式システムの時刻とタイムゾーンは、コンテンツ送信先の時刻とタイムゾーンと常に一致している必要があります。
  • 装着式システムに設定されている時刻が正しくない場合、時間差によってGPSが録画に位置情報データを提供できない場合があります。
  • 録画を証拠資料として使用する場合、正しいシステム時刻が重要になります。

日付と時刻を設定するには:

  1. AXIS Body Worn Managerを開きます

  2. [Settings > Date and time (設定 > 日付と時刻)] に移動します。

カメラがドッキングされている場所を確認する

  1. [Devices (装置)] に移動します。

  2. 探しているカメラを開きます。

  3. カメラのドッキング場所が現在の状態と共に表示されます。 たとえば、システムコントローラー1 (シリアル番号) で [Standing by (待機中)] 状態であることがわかります。

システムファームウェア

装着式システム用にさまざまなファームウェアトラックがサポートされています。 これにより、Latest (active) (最新の (アクティブな)) ファームウェアトラックからのすべての最新機能を必要とする場合でも、Long-term support (LTS) (長期サポート (LTS)) ファームウェアトラックからの安定性を優先させる場合でも、システムに最適なファームウェアを選択できます。 ファームウェアアップグレードの支援を通じて、選択したトラックに新しいバージョンが追加されるたびに通知を受け取ることができます。

この機能を使用するには、まずクラウド拡張機能をオンにする必要があります (クラウド拡張機能(Cloud extensions)を参照)。

ファームウェアトラックを選択するには、[Maintenance (メンテナンス)] > [Firmware (ファームウェア)] に移動し、[Change track (トラックを変更)] をクリックします。

システムに最も適したファームウェアトラックの推奨事項については、AXIS OSのトラックを参照してください。

システムファームウェアのアップグレード

装着式システムは、リリースされた新しいシステムファームウェアのバージョンを検知します。 通知がAXIS Body Worn Managerに表示されます。

システムファームウェアの自動検出にはクラウド拡張機能が必要であり、システムに*.bodyworn.axis.cloudへのアクセス権が必要です。

最新のシステムファームウェアをインストールするには:

  1. [Maintenance (メンテナンス)] > [Firmware (ファームウェア)] に移動します。

  2. [Upgrade (アップグレード)] をクリックします。

クラウド拡張機能がない場合、または最新のファームウェアバージョンではなく別のファームウェアバージョンを指定する場合:

  1. [Maintenance (メンテナンス)] > [Firmware (ファームウェア)] に移動します。

  2. [Choose file (ファイルの選択)] をクリックして、コンピューター上のシステムファームウェアファイルを選択します。

  3. [Upload and install (アップロードとインストール)] をクリックします。

システムファームウェアのアップグレードはすぐに反映されます。 システム内のすべてのシステムコントローラーがアップグレードされます。 アップグレードが完了すると、システムは再起動します。 使用中のカメラはドッキング時にアップグレードされます。

ファームウェアはaxis.comからダウンロードできます。

システムファームウェアのダウングレード

装着式システムに現在インストールされているファームウェアを以前のバージョンにダウングレードするには、システムをリセットする必要があります。

装着式システムのファームウェアを以前のバージョンにダウングレードするには、次の手順に従います。

  1. システムのリセット.

  2. 新しい装着式システムを作成し、使用するファームウェアバージョンをインストールします。

ファームウェアバージョンレポート

ファームウェアバージョンレポートには、特定の日時における、装着式システム内のすべてのカメラとシステムコントローラーのファームウェアバージョンが表示されます。 また、システムのトレーサビリティと履歴概要が示され、システム管理者は装置のライフタイム全体にわたって装置のステータスを追跡できます。

ファームウェアバージョンレポートは、[Maintenance (メンテナンス)] > [Firmware (ファームウェア)] からダウンロードできます。

システムコントローラー

システムコントローラーは装着式ソリューションの中心的な統合および管理ポイントです。 これは、装着式カメラからコンテンツの保存先への証拠の転送を安全な方法で制御します。

システムコントローラーはストレージ装置ではありません。 システムコントローラーのストレージは、コンテンツがカメラからコンテンツ送信先に転送されるときにバッファとして使用されます。 装着式システムは、録画が保存されているコンテンツの保存先に接続されて初めて機能します。

番号

名前

説明

1

ステータスLED

緑: システムコントローラーを使用する準備ができました。

オレンジ: ストレージ警告。 ストレージ容量の残りが8% 未満。

赤: 一般的な警告。 コンテンツ送信先との接続に失敗しました。またはストレージエラーが発生しました。

2

電源ボタン

以下の表を参照してください。

3

ストレージLED

緑: スタンバイ

緑の点滅: ストレージへアクセス中

赤: ストレージエラー

4

USBコネクター
  1. 電源コネクター
  2. ドッキングステーションコネクター
  3. ネットワークコネクター

目的のアクション

必要なアクション

情報

システムコントローラーの電源を入れます

電源ボタンを押します。

ステータスLEDが黄色に変わります。 システムコントローラーが使用可能な状態になると、ステータスLEDが緑色に変わります。

システムコントローラーの電源をオフにします

ステータスLEDが黄色に変わるまで電源ボタンを押し続けます。

シャットダウンは、ステータスLEDが黄色に変わると開始します。 ステータスLEDがオフになると、システムコントローラーがオフになります。

拡張システムコントローラーをリモートで再起動する

  1. Webブラウザーで拡張システムコントローラーにアクセスします。

  2. コンテキストメニューを開きます。

  3. [Restart system controller (システムコントローラーを再起動)] をクリックします。

システムコントローラーを再起動すると、進行中のすべてのプロセスが停止し、コントローラーには一時的にアクセスできなくなります。

カメラユーザーガイド

製品の概要

  1. 電源ボタン
  2. フロント録画インジケーター
  3. ディスプレイ
  4. トップボタン
  5. 機能ボタン
  6. カメラレンズ
  7. フロントボタン

番号

名前

フィードバックの表示

1

ドッキングステータス

緑: カメラは使用可能になっています (バッテリーの充電、転送されたファイル、ソフトウェアの最新状態)。

黄色の点滅: バッテリーの充電、ファイル転送、ソフトウェアの更新 (任意の組み合わせ) が実行中です。

2

録画ステータス

赤: 録画中

3

動作ステータス

緑: スタンバイ、準備完了

緑の点滅: バッテリー持続時間が0.5時間以下 (赤色のバッテリーステータス) またはストレージ (赤色のストレージステータス) に残りがあります

オレンジ: 録画が不可能 (ストレージエラー、ソフトウェアエラー、またはその他の動作エラー)

4

バッテリーステータス

緑: >残り1時間

オレンジ: 残り0.5 ~ 1時間

赤: 残り0 ~ 0.5時間

5

ストレージのステータス

緑: > 録画残り1時間

オレンジ: 録画残り0.5 ~ 1時間

赤: 録画残り0 ~ 0.5時間

6

マイクロフォン

マイクをオフにすると点灯します。

7

ワイヤレス接続ステータス

緑色に点灯: ペアリング済み

黄色に点滅: ペアリング中

赤色に点灯: ペアリング失敗

8

カメラの拡張機能

緑: カメラの拡張機能接続済み

黄色に点滅: カメラエクステンションを装着型カメラに接続する際のカメラソースの切り替え中。 録画が無効です。

赤: カメラエクステンションのエラー

日常的な使用

目的のアクション

必要なアクション

情報

カメラを有効にする

電源ボタンを押します。

ステータスLEDは、カメラが使用できるようになるまで黄色でパルスされます。 その後、動作ステータスLEDが緑色に変わります。 これには約15秒かかります。

カメラをオフにする

電源ボタンを5秒間押し続けます。

カメラが振動し、ビープ音が鳴ります。

録画の開始

フロントボタンを1回押します。

(1)

録画が開始されると、カメラの高速振動、ビープ音、前面録画インジケーターがオンになります。

(1)

録画停止

フロントボタンを4秒以上押し続けます。

録画を停止すると、カメラが振動し、ビープ音が鳴ります。

ブックマークの作成

録画中にフロントボタンを1回押します。

この機能は、使用しているコンテンツ送信先がサポートしている場合に使用できます。 詳細については、ブックマークを参照してください。

マイクロフォンをオフにする (デフォルトでは音声がオン)

機能ボタンを少なくとも3秒間押し続けます。

マイクのLEDがオンです。

マイクをオンにする

機能ボタンを少なくとも3秒間押し続けます。

マイクのLEDがオフ

サイレントモードをオンにする

トップボタンを少なくとも3秒間押し続けます。

ディスプレイ、前面の録画インジケーター、ビープ音、振動がオフになります。

サイレントモードをオフにする

トップボタンを少なくとも3秒間押し続けます。

ディスプレイ、前面の録画インジケーター、ビープ音、振動がオンになります。

バッテリー残量を確認します。

トップボタンを押し、ディスプレイのバッテリーステータスを確認します。

緑: >残り1時間

オレンジ: 残り0.5 ~ 1時間

赤: 残り0 ~ 0.5時間

ストレージの残りの容量を確認します

トップボタンを押し、ディスプレイのストレージステータスを確認します。

緑: > 録画残り1時間

オレンジ: 録画残り0.5 ~ 1時間

赤: 録画残り0 ~ 0.5時間

  1. AXIS Body Worn Managerで設定可能です。

『使用ガイド』をダウンロードして印刷して、カメラユーザーの日々の作業に役立てます。

使用ガイド

使用ガイド

シフトの開始

シフトを開始する前に、いくつかの項目を確認することをお勧めします。

  • カメラのドッキングを解除する前に、ドッキングステータスが緑色であり、バッテリーが充電され、すべてのファイルが転送されていること、ソフトウェアが最新であることを確認してください。

  • 自己割り当てによるカメラの割り当てを使用している場合は、RFIDリーダーで自己割り当てタグをタップします。 自己割り当て済みカメラのすべてのLEDが緑色に点滅します。これは、ドッキング解除の準備ができていることを示します。 カメラのドッキング解除は自己割り当てタグをタップしてから15秒以内に行う必要があります。 カメラの自己割り当てを行えるのは、1度につき1人のユーザーのみです。

  • カメラをホルスターセンサーに接続する場合は、カメラを装着解除してから10分以内に、ホルスターセンサーがカメラの範囲内にある必要があります。 通常の状況で、範囲は5~10 m (16~33フィート) です。

  • カメラのドッキングを解除すると、カメラが再起動します。 これには約20秒かかります。その後、カメラが使用できるようになります。

  • 乾いた研磨剤のない布を使用して、ウィンドウを拭きます。 その他のクリーニングの推奨については、清掃を参照してください。

  • 必要に応じてAXIS Body Worn Assistantのライブビューを使用してカメラの画像を確認し、カメラが正しく動作しているか、カメラの向きに問題がないかを確認します。

シフトの終了

重要

シフト後は常に装着式カメラをドッキングします。 これにより以下が保証されます:

  • カメラのバッテリーは次のシフトの前に充電されている
  • すべてのコンテンツがシステムコントローラーにアップロードされる
  • カメラのソフトウェアが最新である
  • カメラの設定とユーザーの設定がシステムと同期されている
  • カメラをドッキングすると、カメラが再起動します。 約10秒後に、ステータスLEDが黄色く点滅し始めます。 その後10秒後に、カメラはコンテンツのアップロードを開始します。 ドッキングステータスLEDは黄色です。

  • 消耗したッテリーを完全に充電するには、3 ~ 6.5時間かかります。

  • 録画されたビデオをアップロードする時間は条件で異なります。 たとえば、録画されたビデオの12時間は、ビデオ録画のビットレートによっては、システムコントローラーへのアップロードに約30分間かかることがあります。

カメラが8週間、ドッキング解除されている場合、セキュリティ上の理由からカメラはセーフモードになります。カメラを許可を参照してください。

バッテリーの状態

製品の寿命を通して最適なバッテリー容量を確保するため、通常の使用に従って以下の推奨事項に従ってください。

注意
  • -20°C ~ 55°Cの動作温度範囲内で常にカメラを使用する。 指定された温度範囲外でカメラを使用すると、バッテリーが破損します。
  • 常に0°C ~ 40°Cの充電温度範囲内でカメラを充電します。 指定された温度範囲外でカメラを充電すると、バッテリーが破損します。
  • カメラを車の中に放置しないでください。 駐車中の自動車の温度は、指定された温度範囲を超える場合があります。
  • バッテリー残量が少ない状態でオフになっているカメラは、できるだけ早く充電してください。 バッテリーは時間の経過とともに放電するため、予想されるバッテリー寿命が短くなります。
  • フル充電したカメラをドッキングステーションに置いたままにしたり、USB充電に長時間接続したままにしたりしないでください。 バッテリーの予想寿命が短くなる可能性があります。

製品の耐用年数を通して最適なバッテリー容量を確保するには、保管に関する以下の推奨事項に従ってください。

注意
  • カメラを保管する前に、AXIS Body Worn Managerを使用して、常に装着式システムからカメラを取り外します。 システムからカメラを取り外すと、カメラは配送モードになり、バッテリーレベルが正常に保たれます。
  • カメラは常に推奨保管温度で保管してください。 カメラを3か月未満保管する場合、推奨される保管温度範囲は-20°C 〜 45°Cです。 3か月を超えてカメラを保存している場合、推奨されるストレージ温度は25°Cです。 指定された温度範囲外でカメラを保存すると、バッテリーが破損します。
  • カメラは、完全に充電されたバッテリーでは保存しないでください。 これにより、予想されるバッテリー寿命が短くなります。
  • カメラは、バッテリーが使い果たされている状態では保存しないようにします。 これにより、予想されるバッテリー寿命が短くなります。
  • 3か月以上保管する場合は、3か月ごとに充電してください。
  • カメラを湿った環境に保管しないでください。 これにより、バッテリーの放電率が上がる場合があります。
  • バッテリーを放電させて再度充電するには、少なくとも年に1回はカメラを使用してください。 これにより、バッテリーを活性化させ、エネルギーを回復させることができます。
バッテリーを交換する

AXIS TW1906 Battery Kit 5Pを使用して、装着式カメラのバッテリーを交換できます。 バッテリーを交換する前に、AXIS TW1906 Battery Kit 5Pサポートページで利用可能なインストールガイドをお読みください。

Axisハードウェア製品がAxis 3年限定ハードウェア保証の対象期間中は、3.7 V ID1058バッテリーを交換しないでください。 保証期間中にAxis以外がバッテリーを交換した場合、本体保証は無効です。 バッテリーまたはその他のサービス関連の問題については、Axisサポートまたは販売代理店にお問い合わせください。

清掃

装着式カメラを清掃するには:

  • 研磨剤のない、溶剤を含まない中性石鹸または洗剤を水と共に使用します。

  • 柔らかいマイクロファイバーの布、または湿った非研磨スポンジを使用してください。

  • ウォータースポットを防ぐため、柔らかい布でふき、乾かしてください。

注意
  • 素材の劣化を防ぐために、ガソリン、ベンジン、アセトンなどの刺激の強い洗浄剤は絶対に使用しないでください。
  • カメラのクリーニングに研磨剤を使用しないでください。

カメラを除菌するには:

  • カメラの外側の表面には、最大50%のイソプロピルアルコールを含む除菌製品を使用してください。

  • 柔らかいマイクロファイバーの布、または非研磨スポンジで塗布します。

カメラの充電

装着式カメラを充電するには、常に以下のいずれかのオプションを使用します。

  • ​AXIS W700 Docking Station 1-bay

  • ​AXIS W701 Docking Station 8-bay

  • 5 V DC出力の携帯電話チャージャー。

  • 5 V DC出力バッテリー。

動作時間

動作時間は、装着式カメラの使用方法によって異なります。 動作時間の制限要因としては、バッテリー容量とストレージ容量があります。 これらはそれぞれ消費電力と録画ビットレートの影響を受けます。

消費電力を増加させる要因は次のとおりです:

屋外での使用 –
カメラを屋外で使用すると、LEDディスプレイの強度が高くなり、消費電力が増加します。
場所のデータ –
カメラのポジショニングシステムがオンになっている場合。
温度 –
+25°Cが最適な動作温度です。 カメラをこれによってより上または下の温度で使用すると、消費電力が増加します。
動作 –
シーン内での動きの増加、またはカメラの動き。 カメラプロセッサは、シーン内での動きに応じて電力を使用します。

録画のビットレートを増加させる要因は次のとおりです:

動作 –
シーン内での動きの増加、またはカメラの動き。
画像解像度 –
高い録画解像度。
ライト –
低光量は、画像のノイズを増大します。
撮影シーンの複雑さ –
一般的なオフィスなど、被写体と色がほとんどないシーンでは、より複雑なシーンよりもビットレートが低くなります。

プリバッファには、カメラストレージに専用のスペースがあります。 非常に複雑なシーンで最大解像度1080pを使用している場合、または低光量時には、プリバッファメモリーが不足しているため、AXIS Body Worn Managerで設定されたプリバッファ時間がやや短くなってしまいます。

装着式カメラエラーフィードバック

装着式カメラのフィードバックを使用して、さまざまなエラーを特定します。 以下の表に、カメラのさまざまな動作、その意味、問題の対処方法を示します。

動作その意味対処方法
カメラがドッキングされている場合、すべてのLEDがオフになりますユーザーがカメラに割り当てられていません。
  • 固定カメラの割り当てを使用している場合は、カメラにユーザーを割り当てる、カメラへのユーザーの割り当てを参照してください。

  • カメラ割り当てで、カメラの自己割り当てを使用している場合、カメラが自己割り当て可能であることを意味します。

  • フィードバックがありません

  • カメラが開始されません

このカメラは配送モードとなっています(1)カメラを装着式システムに追加するには、カメラを追加を参照してください。
カメラの電池が消耗しています。カメラを充電してください。

  • LED: 動作ステータスが黄色で表示

  • ビープ音: 短い音2回、長い音1回

  • ブザー音: 短い音2回、長い音1回

録画できない、SWエラー、またはその他の動作エラー。以下を実行します。一般的なトラブルシューティングの手順 問題が解決しない場合は、axis.com/supportを参照してください。

  • LED: カメラの拡張機能が赤色、動作ステータスが緑色

  • ビープ音: 短い音1回

  • ブザー音: 短い音1回

センサーカメラの故障、または装着式カメラ。センサーカメラの接続を外して、装着式カメラのエラーを解消します。 トップボタンを押します。 カメラの拡張LEDがまだ赤色の場合は、装着式カメラに問題があります。 カメラの拡張LEDがオフになっている場合、センサーカメラに何らかの問題が発生しています。 センサーカメラを交換してみてください。

LED: すべて点滅 (黄)
カメラが装着式システムに追加されていません。カメラを装着式システムに追加するには、カメラを追加を参照してください。

  • LED: すべて点滅 (赤)

  • ビープ音: 断続的

  • ブザー音: 断続的

ユーザーがカメラに割り当てられていません。カメラをドッキングし、そのカメラにユーザーを割り当てます。以下カメラへのユーザーの割り当てを参照してください。

LED: ドッキングステータスが黄色で点滅
一般的なエラー以下を実行します。一般的なトラブルシューティングの手順 問題が解決しない場合は、axis.com/supportを参照してください。

LED: ドッキングステータスが黄色で点滅、ストレージ容量が赤
システムコントローラーにコンテンツをアップロード中にエラーが発生しました装着式カメラとドッキングステーションの間の接続を確認してください。 ドッキングステーションとシステムコントローラー間の接続を確認してください。 システムコントローラーが正常に設定されていることを確認します。ダッシュボードを参照してください。

LED: ドッキングステータス黄色で点滅、バッテリーが赤
バッテリーが充電されていません以下を実行します。一般的なトラブルシューティングの手順 問題が解決しない場合は、axis.com/supportを参照してください。
  1. 。装着式カメラは、ドッキングして装着式システムに追加するまで、配送モードです。 配送モードは、輸送や保管に使用される省電力モードです。

AXIS TW1201 Mini Cube Sensor

AXIS TW1201 Body Worn Mini Cube Sensorは、USBケーブルを介してAxisの装着式カメラに接続します。 メインの装着式カメラの装着方法をより柔軟に選択できます。

番号

名前

説明

1

録画ボタン

録画ボタンを使用して、録画を開始および停止します。

(1)

2

フロント録画インジケーター

録画時に赤色に点灯

3

USBコネクター

メインの装着式カメラに接続
  1. メインの装着式カメラのフロントボタン (録画の開始と停止に使用) を無効にし、AXIS TW1201 Body Worn Mini Cube Sensorの録画ボタンのみを使用することもできます。 これを行うには、AXIS Body Worn Managerのカメラプロファイルに移動します。

AXIS TW1201 Body Worn Mini Cube Sensorにはマイクが内蔵されていません。 音声の録音が重要な場合は、メインの装着式カメラのマイクに障害物がないことを確認してください。

AXIS Body Worn Assistant

AXIS Body Worn Assistantは、以下を実行できるモバイルアプリケーションです。

  • 録画されたビデオを見る

  • ライブビデオを見る

  • 録画の位置情報データを表示する

  • コンテンツの保存先でサポートされている場合、録画ビデオにカテゴリや説明を追加する

  • Daily Use Guideなどのユーザーヘルプにアクセスする

Android and iOS用のAXIS Body Worn Assistantは、Google PlayおよびApp Storeでダウンロードできます。

  • 録画ビデオをモバイル装置に保存することはできません。
  • 画像のビジュアルウォーターマークは、AXIS Body Worn Assistantでビデオを再生したときのみ表示されます。 ビジュアルウォーターマークの目的は、作成元を参照しないで第三者がビデオを拡散することを防止することです。
  • 録画は、カメラを接続するまでAXIS Body Worn Assistantで再生することができます。 カメラを接続すると、システムコントローラーがコンテンツの配信先に録画を転送し、カメラは空になります。

AXIS Body Worn Assistantを装着式カメラに接続します。

AXIS Body Worn Assistantを装着式カメラに初めて接続する場合は、装着式カメラシステム管理者が、装着式カメラのユーザーをモバイル装置上のAXIS Body Worn Assistantとペアリングする必要があります。

  1. モバイル装置上のAXIS Body Worn Assistantを開きます。

  2. [Connect (接続)] をタップします。

  3. AXIS Body Worn Assistantの画面に表示される指示に従います。

AXIS Body Worn Assistantと装着式カメラユーザーをペアリングします。

AXIS Body Worn Assistantと装着式カメラを接続するには、装着式カメラのユーザーとAXIS Body Worn Assistantをペアリングする必要があります。 ペアリングにはAXIS Body Worn AssistantAXIS Body Worn Manager、装着式カメラが必要です。AXIS Body Worn Managerによって生成されたQR Code®とPINコードがスキャンされ、AXIS Body Worn Assistantに入力されて、セキュアなペアリングが完了します。

AXIS Body Worn Assistantをペアリングして接続します。

AXIS Body Worn Managerでは、モバイル装置と装着式カメラのユーザーを2つの方法でペアリングできます。

ローカルペアリング –
装着式カメラユーザーとモバイル装置にアクセスできます。
リモートペアリング –
装着式カメラユーザーとモバイル装置にアクセスできません。 装着式カメラユーザーに電子メールでペアリングリクエストが送信されます。

ペアリングを完了するには、ペアリングするカメラを装着式カメラのユーザーに割り当てる必要があります。

  1. [Users (ユーザー)] に移動します。

  2. モバイル装置とペアリングするユーザーをクリックします。

  3. をクリックしてペアリングを開始します。

  4. AXIS Body Worn Assistantオプションで [Pair (ペアリング)] をクリックします。

  5. [Local pairing (ローカルペアリング)] または [Remote pairing (リモートペアリング)] を選択して [Next (次へ)] をクリックします。

  6. AXIS Body Worn ManagerAXIS Body Worn Assistantの画面に表示される指示に従います。

  • QR Code®とPINコードの有効期限は24時間です。
  • 装着式カメラの接続を切断した後5分以内にAXIS Body Worn AssistantにPINコードを入力する必要があります。
  • モバイル装置は装着式カメラユーザー1人のみにペアリングできます。
  • AXIS Body Worn Assistantは装着式カメラユーザーとペアリングされます。 つまり、ペアリングしたユーザーにカメラを割り当てると、任意のカメラをAXIS Body Worn Assistantに接続できます。
  • AXIS Body Worn Assistantが8週間カメラに接続されていない場合は、ペアリングの有効期限が切れます。 再接続するには、古いペアリングを削除してから、このセクションの手順に従って新しいペアリングを作成します。

既存のペアリングの置換

  1. 既存のペアリングを削除する方法については、ペアリングされた機器を削除するを参照してください。

  2. AXIS Body Worn Assistantを開き、 をクリックします。

  3. [Remove pairing (ペアリングの削除)] をクリックします。

  4. AXIS Body Worn Assistantで、既存のペアリングを削除することを確認します。

  5. ペアリングを開始する方法については、AXIS Body Worn Assistantと装着式カメラユーザーをペアリングします。を参照してください。

AXIS Body Worn Assistantユーザーガイド

目的のアクション

必要なアクション

1フレーム早送りまたは巻戻し

1フレーム早送りするには、ビデオ右側をダブルタップします。 1フレーム巻き戻すには、ビデオ左側をダブルタップします。

録画されたビデオをスローモーションで見る

ビデオの任意の場所を長押しします。

録画されたビデオを見る

[Recordings (録画)] を開きます。 新しい録画を見るには、下方向にスワイプして画面を更新する必要がある場合があります。

カメラからライブビデオを見る

[Live view (ライブビュー)] を開きます。

録画されたビデオにカテゴリを追加する

カテゴリを追加するビデオを開きます。 定義済みのカテゴリから1つ選択します。 詳細については、カテゴリと注記を参照してください。

録画されたビデオに注記を追加する

注記を追加するビデオを開きます。 注記を加えます。 [Information (情報)] ビューを閉じると、注記が保存されます。 詳細については、カテゴリと注記を参照してください。

カテゴリと注記

カテゴリと注記には、録画に関する追加情報が含まれています。 たとえば、調査員または証拠管理システムが案件の作成やファイルの管理を行う際などにこの情報を役立てることができます。AXIS Body Worn Assistantを使用すると、カメラ上にある録画にカテゴリと注記を追加できます。

これらの機能は、コンテンツの保存先でサポートされている場合に利用できます。

ブックマーク

録画でブックマークを作成すると、後で最も関連性の高い情報を見つけやすくなります。 ブックマークは、AXIS Body Worn Assistantビデオプレーヤーのタイムラインに表示され、その間をスキップできます。 ブックマークは録画のメタデータの一部です。つまり、コンテンツの送信先でも同様の方法でブックマークを使用できます。

ブックマークを作成するには、録画中に装着式カメラの録画ボタンを1回だけ押します。

この機能は、コンテンツ送信先でサポートされている場合に利用できます。

トラブルシューティング

基本的なトラブルシューティング

問題原因対処法
装着式カメラカメラがオンにならない。カメラが配送モードになっています。カメラを装着式システムに追加するには、カメラを追加を参照してください。
カメラのバッテリーが不足しています。カメラを充電します (カメラの充電を参照)。 カメラを充電しても問題が解決しない場合は、次の手順に従ってください。
  1. カメラの電源ボタンを4秒間長押しします。

  2. カメラをドッキングし、充電が完了するまで待ちます。

  3. カメラのドッキングを解除し、カメラが再起動するのを待ちます。

または、ドッキングステーションにアクセスできない場合は、次の手順に従ってください。

  1. カメラの電源ボタンを4秒間長押しします。

  2. USBチャージャーを使用してカメラを充電します。カメラの充電を参照してください。

カメラが録画しません。カメラのストレージ容量がいっぱいです (ストレージのステータスは赤色)。カメラをドッキングしてください。
プリバッファビデオが完了していません。 プリバッファ時間が、AXIS Body Worn Managerで設定された時間より短くなっています。カメラがオンになった直後、または前回の録画が終了した直後に録画を開始します。-
前回の録画が終了した直後に録画を開始しました。-
動きが激しい、または低光量の非常に複雑なシーンで最大解像度1080pを使用すると、プリバッファメモリーが満杯になる可能性があります。-
画像がかすんで見えます。レンズが汚れています。レンズのクリーニングについては、清掃を参照してください。
保護フィルムがレンズウィンドウに残っています。保護フィルムをはがしてください。
LEDの表示が動作しません。カメラはサイレントモードで、ディスプレイがオフになります。上部ボタンを2秒間押し続けます。日常的な使用を参照してください。
録画に音声がありません。カメラプロファイルで音声がオフになっています。 AXIS Body Worn Managerのカメラプロファイルで音声がオンになっていることを確認してください。
録音のオフロードが遅い。同時負荷オフロードは、多くの場合、転送速度に影響します。AXIS Body Worn Managerのカメラステータスを確認します。 録画が転送されるまで待ちます。
カメラはシステムによって検出されず、AXIS Body Worn Managerでは表示されませんドッキングステーションは、ルーター経由でシステムコントローラーに接続されています。ネットワークでIPv6を有効にします。
ユーザーがリーダーのRFIDタグをタップした場合 (自己割り当てを使用している場合)、そのユーザーにはカメラは割り当てられません。現在、使用する準備の整っているカメラはありません。 十分なストレージとバッテリーがあり、残りのシステムと同じファームウェアバージョンを搭載している場合、カメラは使用する準備ができています。カメラの使用準備が整うまで待ちます。
場所データを録画していません。カメラの起動後に最初のGPS位置を受信するのにかかる時間は屋外環境によって異なります。 たとえば、高い建物や大気の湿度などによって、最初のGPS位置を取得するのに要する時間が長くなる場合があります。-
カメラプロファイルで場所データがオフになっています。カメラプロファイルに移動し、場所データをオンにしてください。
装着式システムの時刻が間違っています。正しいシステム時刻を設定してください。Manual time (手動時刻設定) ではなくNTP server (DHCP) (NTPサーバー、DHCP) またはNTP static and fallback server (NTP静的およびフォールバックサーバー) を使用することをお勧めします。これらは正確なシステム時刻を保証します。
カメラを削除できません。AXIS Body Worn Managerで削除される前に、拡張システムコントローラーがシステムから物理的に取り外されています。 これにより、転送ステータスがシステムで確認されません。すべてのコンテンツがコンテンツ送信先に転送されたことを確認するには、拡張システムコントローラーをシステムから物理的に取り外す前に、AXIS Body Worn Managerでコントローラーを削除します。 その後、カメラを取り外すことができます。
カメラのステータスが [In safe mode (セーフモード中)] ですカメラが8週間、ドッキング解除されている場合、セキュリティ上の理由からカメラはセーフモードになります。カメラを許可を参照してください。
カメラが充電されません。ドックステーションのポゴピンが汚れているか動かなくなっていて、カメラとの適切な接触が妨げられています。電子部品向けのエアダスターを使用して、ドックステーションのポゴピンを清掃してください
カメラがファイルをオフロードしません。
ドッキングステーションドッキングステーションのLEDが点灯しません。ドッキングステーションに電力が供給されていません。電源をドッキングステーションに接続します。 ドッキングステーションにはPoEで給電することはできません。
システムコントローラーAXIS IP Utilityにシステムコントローラーが見つかりません。古いバージョンのAXIS IP Utilityを使用しています。AXIS IP Utilityバージョン4.14以降にアップグレードしてください。
システムコントローラーがオフになっています。電源をシステムコントローラーに接続します。
システムコントローラーがネットワークに正しく接続されていません。システムコントローラーをネットワークに接続します。
拡張システムコントローラーとの接続が完全に失われた。拡張システムコントローラーが8週間以上システムに接続されなかったため、証明書の有効期限が切れています。Axisサポートまでお問い合わせください。
コンテンツ送信先コンテンツ送信先に録画が表示されない。コンテンツ送信先が利用できません。AXIS Body Worn Managerのダッシュボードでコンテンツ送信先のステータスを確認します。
同時オフロードが多い場合、転送速度に影響します。AXIS Body Worn Managerで装置を開き、転送ステータスを確認します。 録画が転送されるまで待ちます。 転送ステータスの履歴は転送の完了後3日間表示されます。
録画の転送が完了する前に、カメラのドッキングが解除されました。AXIS Body Worn Managerで装置を開き、転送ステータスを確認します。 カメラをドッキングし、すべての録画が転送されるまで待ちます。 転送ステータスの履歴は転送の完了後3日間表示されます。
装着式システムの時間が、コンテンツ送信先の時刻と一致していません。装着式システムとコンテンツ送信先の時間が一致していることを確認してください。
ライセンスがありません。ライセンスを確認し、必要に応じて追加のライセンスを購入してください。
録画の解像度が正しくありません。AXIS Body Worn Managerの画像解像度の設定が間違っています。 AXIS Body Worn Managerカメラプロファイルに移動し、正しい画像解像度を設定します。
録画が削除されました。コンテンツ送信先のリテンション時間が短くなっています。 例: コンテンツの保存場所のリテンション時間が7日間で、カメラが接続された時点で8日前に録画されたビデオがある場合は、コンテンツの保存先に転送された時点で録画は削除されます。コンテンツが保存されている場所のリテンション時間を、より大きな値に変更します。
録画はカメラからシステムコントローラーに転送されますが、システムコントローラーからコンテンツへの保存は行われません。カメラがコンテンツの宛先から削除されています。カメラが割り当てられているユーザーの名前を変更し、システムコントローラーを再起動します。
通常、コンテンツ送信先は、コンテンツ送信先から削除された装着式カメラユーザーとカメラからの録画を受け入れます。 しかし、これがサポートされていない場合、AXIS Body Worn Managerではなく、コンテンツ送信先でユーザーやカメラを削除すると、システムコントローラーから録画が転送されない場合があります。システムコントローラーから録画を取得を参照してください。
装着式システムの時間が、コンテンツ送信先の時刻と一致していません。装着式システムとコンテンツ送信先の時間が一致していることを確認してください。
装着式システムとコンテンツ送信先との接続が失われています。コンテンツ送信先のIPアドレスなど特定の設定が変更されました。接続ファイルを変更する
AXIS Body Worn Assistantペアリングを完了できません装着式カメラとモバイル装置の間のワイヤレス範囲には制限があります。装着式カメラとモバイル装置の間の距離を短く取ってください。
装着式カメラに接続できません
[Live view (ライブビュー)] を使用できません
ビジュアルウォーターマークに完全なユーザーIDが表示されません。ビジュアルウォーターマークにはユーザーIDの最初の12文字のみが表示されます。ユーザーIDが12文字より長い場合は、識別しやすい部分を先頭に含めることをお勧めします。
装着式カメラに接続できません。ペアリングの有効期限が切れているか、カメラが装着式システムから削除されています。システム管理者に問い合わせて、新しくペアリングしてもらってください。 必要な情報を受け取ったら、アプリを開いて、既存のペアリングの置換の手順に従います。
RFIDリーダーシステムコントローラーに接続してもリーダーのLEDが緑色に変わりません。装着式システムでサポートされていないRFIDリーダーを使用しています。External RFID Card Reader 125kHz + 13.56MHz with NFC (USB)を使用してください。
ビデオテキストオーバーレイに位置データがありません位置情報データがオフになっていますカメラプロファイルで[Location data (場所データ)] をオンにしてください。
記録の開始時にGPS信号がありません-
テキストオーバーレイにユーザーIDがありません装着式ユーザーにユーザーIDがありません装着式ユーザーにユーザーIDを追加する
ホルスターセンサー録画は、非装着時に開始されませんホルスターセンサーがカメラに接続されていませんカメラをホルスターセンサーに接続する場合は、カメラを装着解除してから10分以内に、ホルスターセンサーがカメラの範囲内にある必要があります。 通常の状況で、範囲は5 ~ 10 m (16 ~33フィート) です。
ホルスターセンサーが校正されていませんホルスターセンサーをキャリブレーションします。 詳細についてはYardarm Product Documentationを参照してください。
ホルスターセンサーがカメラのペアリングまたは接続を行わない。Holster Aware Setupモバイルアプリケーションがホルスターセンサーに接続されています。Holster Aware Setupモバイルアプリケーションを閉じて、ペアリングプロセスを開始します。

一般的なトラブルシューティングの手順

装着式システムで問題が発生している原因がわからない場合は、以下のいずれかの対策を実行することができます。

カメラ

  1. 装着式カメラを再起動します。

    • カメラがドッキングされている場合は、カメラのドッキングを解除し、もう一度ドッキングします。

    • カメラのドッキングが解除されている場合は、電源ボタンを使用して電源を切り、再度電源を入れます。

  2. 最新のファームウェアを使用して、装着式カメラをアップグレードします。システムファームウェアのアップグレードを参照してください。

  3. カメラをドッキングし、 AXIS Body Worn Managerを通してシステムから削除します。 これでカメラは工場出荷時の設定に戻ります。 もう一度カメラをシステムに追加します。カメラのリセットを参照してください。

システムコントローラー

  1. システムコントローラーを再起動します。システムコントローラーを参照してください。 再起動中は、システムコントローラーストレージ上のログと録画はそのまま残ります。

  2. 最新のファームウェアを使用してシステムコントローラーをアップグレードします。システムファームウェアのアップグレードを参照してください。

  3. 以下の方法のいずれかを使用して、拡張システムコントローラーを工場出荷時の設定にリセットします (これは、装着式システムが最初に作成されたシステムコントローラーには適用されません)。

    • 拡張システムコントローラーのリセットは、AXIS Body Worn Managerから行うことをお勧めします。拡張システムコントローラーのリセットを参照してください。

    • 上記の方法が不可能な場合は、拡張システムコントローラーにアクセスし、[Reset system controller (システムコントローラーのリセット)] をクリックします。

  4. 装着式システムを工場出荷時の設定にリセットします (システムのリセットを参照)。

発生する可能性のある問題を特定する方法の詳細については、システムコントローラーストレージを監視するおよびカメラの使用を監視するも参照してください。

詳細情報

安全なパスワード

重要

Axis装置は、最初に設定されたパスワードをネットワーク上で平文で送信します。 最初のログイン後に装置を保護するために、安全で暗号化されたHTTPS接続を設定してからパスワードを変更してください。

装置のパスワードは主にデータおよびサービスを保護します。 Axis装置は、さまざまなタイプのインストールで使用される可能性があることから、パスワードポリシーを強制しません。

データを保護するために、次のことを強く推奨します。

  • 8文字以上のパスワードを使用する (できればパスワード生成プログラムで作成する)。

  • パスワードを公開しない。

  • 一定の期間ごとにパスワードを変更する (少なくとも年に1回)。

さらに支援が必要ですか?

サポートに問い合わせる

axis.com/supportでサポートに問い合わせます。

Axisとのデータの共有

当社では、製品がどのように使用され、動作しているかに関する匿名データを収集しています。 これにより、製品とユーザー体験の改善が可能になります。 お客様の個人情報は収集していません。

詳細については、Privacy Policy (プライバシーポリシー)をご覧ください。 AXIS Body Worn ManagerではGoogle Analyticsを使用しています。 GoogleがGoogleのサービスを使用するサイトやアプリから収集した情報をどのように使用するかについてはGoogleのプライバシーポリシーと利用規約を参照してください。

プライバシー設定を変更するには、 [Settings > Privacy (設定>プライバシー)] を選択してください。