AXIS Optimizer

AXIS Optimizerについて

AXIS Optimizerは、Milestone XProtectまたはSiemens Siveillance Videoでの、優れたユーザー体験とAxisの機能を直接利用できるようにします。 このアプリケーションは、これらのビデオ管理システムにおけるAxis装置のパフォーマンスを最適化し、システム構成時や日々の運用時の時間と労力の両方を節約することができます。 このアプリケーションは無料でご利用いただけますです。

システム要件

AXIS Optimizerは、以下のプラットフォームに完全に対応しています:

  • Milestone XProtect Express+

  • Milestone XProtect Professional+

  • Milestone XProtect Expert

  • Milestone XProtect Corporate

  • Milestone XProtect Essential+

  • Siemens Siveillance Video Pro

  • Siemens Siveillance Video Advanced

  • Siemens Siveillance Video Core Plus

  • Siemens Siveillance Video Core

Management ClientとSmart Clientの最新バージョンを使用することをお勧めします。 AXIS Optimizerの最新バージョンは、常にテストが実施されているため、VMSプラットフォームの最新バージョンと互換性があります。 詳細については、リリースノートをご覧ください。

ヘルプ内でSmart Clientと記載している箇所については、Siemensのシステムでは、Milestone XProtect Smart Clientとビデオクライアントの両方を指します。

対応製品

[Compatibility information (互換性情報)] ページでは、ご利用のVMSバージョンでサポートされているAXIS Optimizerの機能を確認できます。

Management Clientで

  1. Site Navigation > Basics > AXIS Optimizer (サイトナビゲーション > 基本 > AXIS Optimizer) に移動します。

  2. [Show compatibility info (互換性情報の表示)] をクリックします。

Smart Clientで

  1. [Settings > Axis general options (設定 > Axisの一般的なオプション)] に移動します。

  2. [Show compatibility info (互換性情報の表示)] をクリックします。

統合システムに対応

AXIS Optimizerは、統合システムで完全にサポートされています。

相互接続されたシステムのサポート

AXIS Optimizerは、相互接続されたシステムで完全にサポートされています。

相互接続された訪問者の管理には、XProtect 2022 R3が必要です

リリースノート

最新のリリースノートを確認するには、次のページにアクセスしてください: axis.com/ftp/pub_soft/cam_srv/optimizer_milestone/latest/relnote.txt

AXIS Optimizerのインストール、または更新

AXIS Optimizerのインストール

AXIS Optimizerを更新するには、管理者権限が必要です。

  1. Milestone XProtectの正しいクライアントバージョンを使用していることを確認してください。

  2. お使いのMyAxisアカウントにログインします。

  3. axis.com/products/axis-optimizer-for-milestone-xprotectから、Management ClientまたはSmart Clientを実行する各装置にAXIS Optimizerをダウンロードします。

  4. ダウンロードしたファイルを実行し、ウィザードの指示に従います。

システムにインストールされているバージョンは何ですか?

[System overview (システム概要)] では、システム内の異なるサーバーおよびクライアントにインストールされている、AXIS OptimizerとAXIS Optimizer Body Worn Extensionのバージョンを確認できます。

システムの概要にシステムのクライアントまたはサーバーを表示するには、AXIS Optimizerバージョン3.7.17.0、AXIS Optimizer Body Worn Extensionバージョン1.1.11.0以降が必要です。

アクティブなサーバーとクライアントを表示する方法:

  1. Management Clientで、[Site Navigation > AXIS Optimizer > System overview (サイトナビゲーション > AXIS Optimizer > システムの概要)] に移動します。

特定のサーバーまたはクライアントをアップグレードする方法:

  1. 特定のサーバーまたはクライアントに移動し、ローカルでアップグレードします。

サイレントインストール

AXIS Optimizerを複数の装置に同時にインストールし、これをユーザーの操作を介さずに行う場合は、サイレントインストールを実施できます。

  1. [Start (スタート)] メニューを右クリックします。

  2. [Run (実行)] をクリックします。

  3. ダウンロードしたインストールファイルを参照し、[Open (開く)] をクリックします。

  4. パスの末尾に /SILENTまたは /VERYSILENTを追加します。

    • サイレントインストールの実施時には、ウィザードと背景ウィンドウは表示されません。 代わりに、インストールの進行状況ウィンドウが表示されます。

    • 完全なサイレントインストールでは、ウィザードや背景ウィンドウ、インストールの進行状況ウィンドウは表示されません。

  5. Enterキーを押します。

通知の更新

AXIS Optimizerは、定期的に新しいバージョンをチェックし、新しいアップデートがある場合には通知します。 ネットワークに接続している場合は、Smart Clientで更新通知を受け取る必要があります。

AXIS Optimizerを更新するには、管理者権限が必要です。

受け取る通知のタイプを変更する方法:

  1. Smart Clientで、[Settings > Axis general options > Notification preference (設定 > Axisの一般的なオプション > 通知設定)] に移動します。

  2. [All (すべて)]、[Major (メジャー)]、または [None (なし)] を選択します。

手動更新

AXIS Optimizerは、Management ClientとSmart Clientの両方から手動で更新することができます。

AXIS Optimizerを更新するには、管理者権限が必要です。

Management Clientで

  1. [Site Navigation > Basics > AXIS Optimizer (サイトナビゲーション > 基本 > AXIS Optimizer)] に移動します。

  2. [Update (更新)] をクリックします。

Smart Clientで

  1. [Settings > Axis general options (設定 > Axisの一般的なオプション)] に移動します。

  2. [Update (更新)] をクリックします。

システムを自動的にアップグレードする

VMS管理サーバーから、ローカルのAXIS Optimizerバージョンをシステムに公開することができます。 公開すると、AXIS Optimizerはすべてのクライアントマシンで自動的にアップグレードされます。 自動アップグレードを行うと、オペレーターの作業が中断されません。 マシンまたはVMSクライアントの再起動中に、サイレントインストールが実行されます。 自動アップグレードは、クライアントがインターネットに接続されていなくてもサポートされます。

自動アップグレードは、AXIS Optimizer 4.4以降を実行するクライアントでサポートされます。

自動アップグレードをオンにする

要件

  • Management ClientがVMS管理サーバーと同じマシンで実行されているシステム。
  • VMS管理サーバーのPC管理者権限。

自動アップグレードをオンにするには、特定のAXIS Optimizerバージョンをシステムに公開する必要があります。

  1. VMS管理サーバーに、システム全体に公開するAXIS Optimizerのバージョンをインストールします。

  2. VMS管理サーバーマシンで、Management Clientを開きます。

  3. [Site Navigation > AXIS Optimizer > System Overview (サイトナビゲーション > AXIS Optimizer > システムオーバービュー)] に移動します。

  4. [System upgrade settings (システムアップグレードの設定)] をクリックします。

  5. [Local version (ローカルのバージョン)] が正しいことを確認し、[Publish (公開)] をクリックします。

    公開されるAXIS Optimizerのバージョンがすでに存在する場は、新しいバージョンに置き換えられます。

  6. 4.4より前のAXIS Optimizerバージョンがインストールされているクライアントマシンは、手動でアップグレードする必要があります。

自動アップグレードをオフにする

自動アップグレードをオフにするには、公開されたバージョンをリセットする必要があります。

  1. VMS管理サーバーマシンで、Management Clientを開きます。

  2. [Site Navigation > AXIS Optimizer > System Overview (サイトナビゲーション > AXIS Optimizer > システムオーバービュー)] に移動します。

  3. [System upgrade settings > Reset published version (システムアップグレードの設定 > 公開されたバージョンのリセット)] をクリックします。

詳細情報

  • AXIS Optimizerを使用しないSmart Clientは、インターネットに接続されていない場合でも、管理サーバーのWebページ (http://[serveradress]/installation/) で公開されたインストーラーファイルにアクセスできます。

  • AXIS Optimizerのインストールパッケージは、Milestoneのダウンロードマネージャーで利用できます。

  • 統合または相互接続されたシステムでは、それぞれの管理サーバーでAXIS Optimizerを公開する必要があります。

  • 新バージョンのAXIS Optimizerを公開した後、どのクライアントが公開されたバージョンに更新しているかを監視できます。 [System overview (システムの概要)] ページのマシンには、公開されたバージョンを実行しているときに緑色のチェック記号が表示されます。

  • VMS管理サーバーを実行するマシンでは、自動アップグレードはオフになります。

ユーザー権限

AXIS Optimizerには、特定のAXIS Optimizerユーザーの役割が含まれています。 AXIS Optimizerの機能や性能を使用するために必要なSmart Client権限をユーザーに簡単に与えることができるようにすることが目的です。

XProtect 2018 R3、またそれ以前を実行する場合、この役割はXProtect Corporateでのみ使用できます。

XProtect 2019 R1以降を実行する場合、この役割は以下のエディションのXProtectで使用できます:

  • Corporate

  • Expert

  • Professional+

  • Essential+

  • Express+

権限を手動で設定する場合は、この設定を使用することで、Smart ClientのオペレーターがAXIS Optimizerに含まれるすべての機能を使用できるようになります。

  • 管理サーバー: 読み取り (一部のバージョンでのみ利用可能)

  • ハードウェア: ドライバーコマンド

  • カメラ: AUXコマンド

さらに高度なユーザーの役割の処理については、オペレーターがアクセスできる機能をカスタマイズを参照してください。

装置設定へのアクセス

装置アシスタントについて

装置アシスタントを使用すると、VMS Management ClientですべてのAxis装置の設定に直接簡単にアクセスできるため、時間と労力を節約できます。 Milestone XProtect内ではAxis装置のWebページを簡単に見つけることができるため、様々な装置の設定を変更することができます。 装置にインストールされたアプリケーションを設定することもできます。

重要

装置アシスタントを使用するには、Axis装置がManagement Clientと同じネットワークに接続されている必要があります。

Axis装置の設定

  1. Management Clientで、[Site Navigation > AXIS Optimizer > Device assistant (サイトナビゲーション > AXIS Optimizer > 装置アシスタント)] に移動します。

  2. 装置を選択し、[Device settings (装置の設定)] に移動します。 装置のWebページが開きます。

  3. 必要な設定を行います。

Axis装置でのアプリケーションのインストール

  1. Management Clientで、[Site Navigation > AXIS Optimizer > Device assistant (サイトナビゲーション > AXIS Optimizer > 装置アシスタント)] に移動します。

  2. 装置を選択し、[Device settings (装置の設定)] に移動します。 装置のWebページが開きます。

  3. [Apps (アプリ)] に移動します。Apps (アプリ) の機能は、装置のファームウェアのバージョンによって異なります。 詳細については、ご利用の装置のヘルプを参照してください。

  4. 必要なアプリケーションをインストールします。

Axis装置でのアプリケーションの設定

  1. Management Clientで、[Site Navigation > AXIS Optimizer > Device assistant (サイトナビゲーション > AXIS Optimizer > 装置アシスタント)] に移動します。

  2. 装置を選択し、[Applications (アプリケーション)] に移動します。 装置にアプリケーションがインストールされている場合は、ここに表示されます。

  3. たとえば、AXIS Object Analyticsなど、該当するアプリケーションに移動します。

  4. ニーズに合わせてアプリケーションを設定します。

Axis装置でのアプリケーションの更新

  1. Management Clientで、[Site Navigation > AXIS Optimizer > Device assistant (サイトナビゲーション > AXIS Optimizer > 装置アシスタント)] に移動します。

  2. 装置を右クリックして [Show updates (更新の表示)] を選択します。 アプリケーションを更新できる場合は、適用可能な更新のリストが表示されます。

  3. 更新ファイルをダウンロードします。

  4. [How to update (更新方法)] をクリックし、手順に従います。

Axis装置の再起動

  1. Management Clientで、[Site Navigation > AXIS Optimizer > Device assistant (サイトナビゲーション > AXIS Optimizer > 装置アシスタント)] に移動します。

  2. 装置を右クリックして [Restart device (装置の再起動)] を選択します。

Axis装置のIPアドレスをコピーする

  1. Management Clientで、[Site Navigation > AXIS Optimizer > Device assistant (サイトナビゲーション > AXIS Optimizer > 装置アシスタント)] に移動します。

  2. 装置を右クリックし、[Copy device address (装置アドレスのコピー)] を選択します。

自動化の実行

Axis装置のアクションを作成

イベントサーバーのプラグインについて

AXIS Optimizerのイベントサーバープラグインを使用すると、Axis装置のカスタムアクションを作成することができます。 XProtectのルールエンジンとイベントサーバーのプラグインを使用すると、以下のようなことが可能になります:

イベントサーバーのプラグインは、次の2つの部分で構成されています:

  • イベントサーバーで実行される独立したプラグイン。 これにより、ルールエンジンに新しいアクションが追加されます。

  • 新しいアクションのプリセットを作成できる管理サーバーの [Axis actions (Axisアクション)] ページ。

Axis装置のカスタムアクションは次のとおりです: オペレーターコントロールの実行、レーダーのオン/オフ、ドアステーションコールの開始、カメラの乾燥 (SpeedDry/ワイパー)。

イベントサーバーのプラグインは、AXIS Optimizerに含まれています。 マルチPCのシステムでは、Management Clientマシンとイベントサーバーマシンの両方にAXIS Optimizerをインストールする必要があります。

イベントサーバープラグインのインストール

イベントサーバープラグインは、AXIS Optimizerのインストーラーに含まれているオプションのコンポーネントです。 ビデオ管理システム (VMS) イベントサーバーにのみインストールできます。 要件を満たしている場合、AXIS Optimizerインストーラーを実行すると、イベントサーバープラグインをインストールするオプションが表示されます。 イベントサーバープラグインは、Milestone XProtect 2018 R1以降で動作します。

VMSイベントサーバーは、AXIS Optimizerのインストール中およびアップグレード中に再起動が必要になる場合ががあります。 この場合は、その旨の通知が表示されます。

ワンクリックで複数のカメラを乾燥

イベントサーバープラグインを使用すると、カスタムルールを設定してオペレーターの作業をより簡素化することができます。 この例では、オーバーレイボタンをクリックして、特定のエリアのすべてのカメラを乾燥させる方法について説明します。

要件

  • AXIS Optimizerバージョン4.0以降が搭載されたイベントサーバーとManagement Client
  • AXIS Q86、Q87、Q61シリーズなど、SpeedDryまたはワイパーのいずれかに対応する1台以上のカメラ。
  1. ユーザー定義のイベントを追加する:

    1. [Site Navigation > Rules and Events (サイトナビゲーション > ルールとイベント)] に移動し、[User-defined Event (ユーザー定義のイベント)] を右クリックします。

    2. [Add User-defined Event (ユーザー定義のイベントを追加)] を選択し、名前を入力します。この例では「すべてのカメラを乾燥」します。

  2. 新しいルールを作成します:

    1. [Site Navigation > Rules and Events (サイトナビゲーション > ルールとイベント)] に移動し、[Rules (ルール)] を右クリックします。

    2. [Add Rule (ルールの追加)] を選択して名前を入力します。この例では「すべてのカメラを乾燥させるルール」を選択します。

    3. [Perform an action on <event> (<event> でアクションを実行する)] を選択します。

    4. [Edit the rule description (ルール説明の編集)] フィールドで、[event (イベント)] をクリックします。

    5. [Events > External Events > User-defined Events (イベント > 外部イベント > ユーザー定義のイベント)] に移動し、[Dry all cameras (すべてのカメラを乾燥)] を選択します。

    6. [Next (次へ)] を、[Step 3: Actions (ステップ3: アクション)] が表示されるまでクリックします。

    7. 次のアクションを選択します: [Axis: Dry <camera> (<camera>の乾燥)]。

    8. [Edit the rule description (ルール説明の編集)] フィールドで、[Axis: Dry camera (カメラの乾燥)] をクリックします。

    9. [Select Triggering Devices (トリガー装置の選択)] ウィンドウで、[Select devices (装置の選択)] を選択し、[OK] をクリックします。

    10. アクションをトリガーする装置を選択し、[OK] をクリックして、[Finish (完了)] をクリックします。

  3. Smart Clientで、ユーザー定義のイベントをマップまたはビデオビューのオーバーレイボタンとして追加します。

  4. オーバーレイボタンをクリックし、ルールが想定どおりに動作することを確認します。

ワンクリックで複数のカメラのオートフォーカスをオンにする

イベントサーバープラグインを使用すると、カスタムルールを設定してオペレーターの作業をより簡素化することができます。 この例では、ワンクリックですべてのカメラのオートフォーカスをオンにする方法について説明します。

要件

  • AXIS Optimizerバージョン4.1以降が搭載されたイベントサーバーとManagement Client
  • オートフォーカスに対応した1台以上のカメラ
  1. ユーザー定義のイベントを追加する:

    1. [Site Navigation > Rules and Events (サイトナビゲーション > ルールとイベント)] に移動し、[User-defined Event (ユーザー定義のイベント)] を右クリックします。

    2. [Add User-defined Event (ユーザー定義イベントの追加)] を選択します。この例では名前に「オートフォーカス」と入力します。

  2. 新しいルールを作成する手順:

    1. [Site Navigation > Rules and Events (サイトナビゲーション > ルールとイベント)] に移動し、[Rules (ルール)] を右クリックします。

    2. [Add Rule (ルールの追加)を選択します。この例では名前に「オートフォーカスの実行」と入力します。

    3. [Perform an action on <event> (<event> でアクションを実行する)] を選択します。

    4. [Edit the rule description (ルール説明の編集)] フィールドで、[event (イベント)] をクリックします。

    5. [Events > External Events > User-defined Events (イベント > 外部イベント > ユーザー定義のイベント)] に移動し、[Autofocus (オートフォーカス)] を選択します。 [OK] をクリックします。

    6. [Next (次へ)] を、[Step 3: Actions (ステップ3: アクション)] が表示されるまでクリックします。

    7. 次のアクションを選択します: [Axis: Run autofocus on <camera> (<camera> でオートフォーカスを実行する]。

    8. [Edit the rule description (ルール説明の編集)] フィールドで、[Axis: Run autofocus on camera (カメラでオートフォーカスを実行する]。

    9. [Select Triggering Devices (トリガー装置の選択)] ウィンドウで、[Select devices (装置の選択)] を選択し、[OK] をクリックします。

    10. アクションをトリガーする装置を選択して [OK] をクリックし、[Finish (完了)] をクリックします。

  3. Smart Clientで、ユーザー定義イベント「オートフォーカス」をマップまたはビデオビューのオーバーレイボタンとして追加します。

  4. オーバーレイボタンをクリックし、ルールが想定どおりに動作することを確認します。

ワンクリックで複数のストロボサイレンをトリガーする

イベントサーバープラグインを使用すると、カスタムルールを設定してオペレーターの作業をより簡素化することができます。 この例では、Smart Clientでワンクリックで複数のストロボサイレンを作動させる方法について説明します。

要件

  • AXIS Optimizerバージョン4.4以降が搭載されたイベントサーバーとManagement Client
  • 1つまたは複数のAxisストロボサイレン
  • Management Clientで有効になっているAxisストロボサイレンの出力1
  1. ユーザー定義のイベントを作成します。

    1. [Site Navigation > Rules and Events (サイトナビゲーション > ルールとイベント)] に移動し、[User-defined Event (ユーザー定義のイベント)] を右クリックします。

    2. [Add User-defined Event (ユーザー定義イベントの追加)] を選択し、名前 (「Trigger all strobe sirens」など) を入力します。

  2. 装置アシスタントで、ストロボサイレンプロファイルを作成します。

    1. [Site Navigation (サイトナビゲーション)] > [AXIS Optimizer] > [Device assistant (装置アシスタント)] に移動します。

    2. ストロボサイレンを選択します。 ストロボサイレンのWebページが開きます。

    3. [Profiles (プロファイル)] に移動し、[Add profile (プロファイルの追加)] をクリックします。

    4. Smart Clientで、オペレーターがストロボサイレンをトリガーしたときにストロボサイレンによって実行されるアクションを設定します。

    5. 他のストロボサイレンにも同じプロファイルを作成します。 すべての装置で同じプロファイル名を使用する必要があります。

  3. Axisアクションで、アクションプリセットを作成します。

    1. [Site Navigation (サイトナビゲーション)] > [Rules and Events (ルールとイベント)] > [Axis actions (Axisアクション)] に移動します。

    2. [Add new preset (新しいプリセットを追加)] をクリックします。

    3. [Select strobe siren (ストロボサイレンの選択)] に移動し、[Strobe siren (ストロボサイレン)] をクリックします。

    4. 使用するストロボサイレンを選択し、[OK] をクリックします。

      ストロボサイレンのプロファイルのリストが表示されます。

    5. 前の手順で作成したストロボサイレンプロファイルを選択します。 アクションプリセットは自動的に保存されます。

    6. F4 F5 を押して、サーバー設定を更新します。 これで、作成した新しいアクションプリセットの使用を開始できます。

  4. ルールを作成する:

    1. [Site Navigation > Rules and Events (サイトナビゲーション > ルールとイベント)] に移動し、[Rules (ルール)] を右クリックします。

    2. [Add Rule (ルールの追加)] を選択し、名前 (「Trigger all strobe sirens rule」など) を入力します。

    3. [Perform an action on <event> (<event> でアクションを実行する)] を選択します。

    4. [Edit the rule description (ルール説明の編集)] フィールドで、[event (イベント)] をクリックします。

    5. [Events (イベント)] > [External Events (外部イベント)] > [User-defined Events (ユーザー定義イベント)] に移動し、[Trigger all strobe sirens] を選択します。

    6. [Next (次へ)] を、[Step 3: Actions (ステップ3: アクション)] が表示されるまでクリックします。

    7. アクション [Axis: Run a profile on a strobe siren <preset> (ストロボサイレンでプロファイル <preset> を実行する)] を選択します。

    8. [Edit the rule description (ルール説明の編集)] フィールドで、[preset (プリセット)] をクリックします。

    9. 使用するプリセットを選択します。

    10. [Next (次へ)] をクリックし、[Finish (完了)] をクリックします。

  5. Smart Clientで、ユーザー定義のイベントをマップまたはビデオビューのオーバーレイボタンとして追加します。

  6. オーバーレイボタンをクリックし、ルールが想定どおりに動作することを確認します。

複数のカメラのプライバシーマスクを自動的にオフにする

イベントサーバープラグインを使用すると、特定のアクションを自動化できます。 この例では、分析機能を使用するイベントが発生した際に、複数のカメラのプライバシーマスクを自動的にオフにする方法について説明します。 この例では、本来ならば入ってはいけない場所に人間や車両が入り込むイベントを扱います。 ここでは、プライバシーマスクを自動的にオフにして、現状を把握できるようにします。

以下の作業を行います:

  1. AXIS Object Analytics (または任意の分析機能を搭載したアプリケーション) で 分析シナリオの設定

  2. 関連するカメラにオペレーターコントロールを追加する

  3. アクションプリセットの作成

  4. 分析イベントの発生時にプライバシーマスクをオフにするルールを作成する

  5. プライバシーマスクを再度オンにするルールを作成する

  6. ルールのテスト、すべてが想定どおりに動作することを確認します。

要件

  • AXIS Optimizerバージョン4.0以降が搭載されたイベントサーバーとManagement Client
  • ファームウェアバージョン7.40以降を搭載したカメラ
  • イベントを生成できるカメラ (この例では、AXIS Object Analyticsを搭載したカメラ)
分析シナリオの設定
  1. [Site Navigation > AXIS Optimizer > Device assistant (サイトナビゲーション > AXIS Optimizer > 装置アシスタント)] に移動し、使用する分析機能を搭載した装置を検索します。

  2. [Applications (アプリケーション)] をクリックし、アクションをトリガーする分析シナリオを作成します。

  3. [Devices > Cameras (装置 > カメラ)] に移動し、分析シナリオを作成したカメラを検索します。

  4. [Properties (プロパティ)] ウィンドウで、[Events > Add (イベント > 追加)] をクリックします。

  5. ドライバーイベントを選択します。この例では、「Object Analytics: Event test Rising (オブジェクト分析: イベントテスト上昇)」を選択し、[OK] をクリックします。

  6. [Add (追加)] を クリックし、ドライバーイベント 「オブジェクト分析: イベントテスト下降」を選択します。 続いて [OK] をクリックします。

  7. [Save (保存)] をクリックします。

関連するカメラにオペレーターコントロールを追加する
  1. [AXIS Optimizer > Operator controls (AXIS Optimizer > オペレーターコントロール)] に移動し、コントロールライブラリを開きます。

  2. [Configuration (設定)] ウィンドウで、該当するフォルダーを選択し、[Turn off privacy mask (プライバシーマスクをオフにする)] と [Turn on privacy mask (プライバシーマスクをオンにする)] の両方を有効にします。

アクションプリセットの作成
  1. [Rules and Events > Axis actions (ルールとイベント > Axisアクション)] に移動し、[Add new preset (新規プリセットの追加)] をクリックします。

  2. [Cameras (カメラ)] をクリックし、該当するカメラを選択します。 この例では: AXIS P1375とAXIS Q6075-Eを使用しています。 続いて、[Turn on privacy mask (プライバシーマスクをオンにする)] コントロールを選択します。

  3. [Add new preset > Cameras (新規プリセットの追加 > カメラ)] をクリックし、該当するカメラを選択します。 この例では: AXIS P1375とAXIS Q6075-Eを使用しています。 続いて、[Turn off privacy mask (プライバシーマスクをオフにする)] コントロールを選択します。

分析イベントの発生時にプライバシーマスクをオフにするルールを作成する
  1. [Site Navigation > Rules and Events (サイトナビゲーション > ルールとイベント)] に移動し、[Rules (ルール)] を右クリックします。

  2. [Add Rule (ルールの追加)] を選択して名前 (この例では「分析時にプライバシーマスクをオフにする」を入力します。

  3. [Perform an action on <event> (<event> でアクションを実行する)] を選択します。

  4. [Edit the rule description (ルール説明の編集)] フィールドで、[event (イベント)] をクリックします。 [Devices > Configurable Events (装置 > 設定可能なイベント)] に移動し、[Object Analytics: Event test Rising (オブジェクト分析: イベントテスト上昇)] を選択します。

  5. [Edit the rule description (ルール説明の編集)] フィールドで、装置を選択します (この例ではAXIS P1375)。

  6. [Next (次へ)] を、[Step 3: Actions (ステップ3: アクション)] が表示されるまでクリックします。

  7. アクション [Axis: Run operator control: <preset> (Axis: オペレーターコントロールの実行: <preset>)] を選択します。

  8. [Edit the rule description (ルール説明の編集)] フィールドで、[preset (プリセット)] をクリックします。 続いて、[Turn off privacy mask on 2 cameras (2台のカメラでプライバシーマスクをオフにする)] ターゲットを追加し、[OK] をクリックします。

  9. [Finish (完了)] をクリックします。

プライバシーマスクを再度オンにするルールを作成する
  1. [Add Rule (ルールの追加)] を選択して名前を入力します。この例では「分析の停止時にプライバシーマスクをオンにする」を選択します。

  2. [Perform an action on <event> (<event> でアクションを実行する)] を選択します。

  3. [Edit the rule description (ルール説明の編集)] セクションで、[event (イベント)] をクリックします。 [Devices > Configurable Events (装置 > 設定可能なイベント)] に移動し、[Object Analytics: Event test Failing (オブジェクト分析:イベントテストに失敗)を選択します。

  4. [Edit the rule description (ルール説明の編集)] セクションで、装置を選択します (この例ではAXIS P1375)。

  5. [Next (次へ)] を、[Step 3: Actions (ステップ3: アクション)] が表示されるまでクリックします。

  6. アクション [Axis: Run operator control: <preset> (Axis: オペレーターコントロールの実行: <preset>)] を選択します。

  7. [Edit the rule description (ルール説明の編集)] セクションで、[preset (プリセット)] をクリックします。 続いて、[Turn on privacy mask on 2 cameras (2台のカメラでプライバシーマスクをオンにする)] ターゲットを追加し、[OK] をクリックします。

  8. [Finish (完了)] をクリックします。

ルールのテスト
  1. [AXIS Optimizer > Device assistant (AXIS Optimizer > 装置アシスタント)] に移動し、自動化の作成に使用した分析機能を使用して装置を検索します。 この例では、AXIS P1375を使用しています。

  2. 該当するシナリオを開き、[Test alarm (アラームのテスト)] をクリックします。

カメラが動きを検知したときにストロボサイレンが作動するようにする

イベントサーバープラグインを使用すると、アクションを自動化するためのカスタムルールを設定できます。 この例では、カメラによって動きが検知されたときに自動的にストロボサイレンを作動させる方法について説明します。

要件

  • AXIS Optimizerバージョン4.4以降が搭載されたイベントサーバーとManagement Client
  • 1つまたは複数のAxisストロボサイレン
  • XProtect 2022 R2より古いバージョンの場合、Axisアクションは停止アクションとして使用できません。 旧バージョンでは、ストロボサイレンの実行と停止用に2つの別々のルールを作成する必要があります。
  1. ストロボサイレンのプロファイルを作成する:

    1. [Site Navigation (サイトナビゲーション)] > [AXIS Optimizer] > [Device assistant (装置アシスタント)] に移動します。

    2. [Axis output devices (Axis出力装置)] に移動し、ストロボサイレンを選択します。 ストロボサイレンのWebページが開きます。

    3. [Profiles (プロファイル)] に移動し、[Add profile (プロファイルの追加)] をクリックします。

    4. すべてのサイレンに同じプロファイル名を選択してください。

    5. 動きが検知されたときにストロボサイレンが実行するアクションを設定します。

  2. 開始/停止用のアクションプリセットを作成します。

    1. [Site Navigation (サイトナビゲーション)] > [Rules and Events (ルールとイベント)] > [Axis actions (Axisアクション)] に移動します。

    2. 開始プリセットを作成するには、[Strobe siren (ストロボサイレン)] に移動し、[Add new preset (新しいプリセットの追加)] をクリックします。

    3. [Select strobe siren (ストロボサイレンの選択)] に移動し、[Strobe siren (ストロボサイレン)] をクリックします。

    4. リストから1つ以上のストロボサイレンを選択します。

    5. リストから先ほど作成したサイレンプロファイルを選択します。 アクションプリセットは自動的に保存されます。

    6. 停止プリセットを作成するには、[Add new preset (新しいプリセットの追加)] をクリックします。

    7. [Select strobe siren (ストロボサイレンの選択)] に移動し、[Strobe siren (ストロボサイレン)] をクリックします。

    8. 開始プリセットに選択したものと同じストロボサイレンをリストから選択します。

    9. [Select action (アクションの選択)] に移動し、[Stop (停止)] を選択します。

    10. 開始アクション用に作成したものと同じサイレンプロファイルを選択します。 アクションプリセットは自動的に保存されます。

    11. [click to refresh (クリックして更新)] をクリックするか、F5 を押して、サーバー設定を更新します。

  3. ルールを作成する:

    1. [Site Navigation (サイトナビゲーション)] > [Rules and Events (ルールとイベント)] > [Rules (ルール)] に移動します。

    2. [Rules (ルール)] を右クリックし、[Add Rule (ルールの追加)] を選択して、名前を入力します。

    3. [Edit the rule description (ルール説明の編集)] で、[event (イベント)] をクリックします。

    4. [Devices (装置)] > [Predefined Events (既定イベント)] に移動し、[Motion Started (動き開始)] を選択します。

    5. [Edit the rule description (ルール説明の編集)] で、[devices/recording_server/management_server (装置/録画サーバー/管理サーバー)] をクリックします。

    6. ストロボサイレンをトリガーするカメラを選択します。

    7. [Next (次へ)] を、[Step 3: Actions (ステップ3: アクション)] が表示されるまでクリックします。

    8. アクション [Axis: Start or stop a profile on a strobe siren: <preset> (Axis: オペレーターコントロールの実行: <preset>)] を選択します。

    9. [Edit the rule description (ルール説明の編集)] で、[preset (プリセット)] をクリックします。

    10. 先ほど作成した開始プリセットを選択します。

    11. [Next (次へ)] をクリックし、[Perform stop action on <event> (<event> で停止アクションを実行する)] を選択します。

    12. [Next (次へ)] をクリックし、[Axis: Start or stop a profile on strobe siren: <event> (Axis: <event> でストロボサイレンのプロファイルを開始または停止する)] を選択します。

    13. [Edit the rule description (ルール説明の編集)] で、[preset (プリセット)] をクリックします。

    14. 先ほど作成した停止プリセットを選択します。

    15. [Finish (完了)] を選択します。

  4. カメラで動きを検知したときにストロボサイレンが正しく動作することをテストします。

カメラが動きを検知したときに、スピーカーまたはスピーカーゾーンで音声クリップを再生する

イベントサーバープラグインにより、アクションを自動化するためのカスタムルール、いわゆるアクションプリセットを設定できます。 この例では、カメラが動きを検知したときに、音声クリップを音声スピーカーまたはスピーカーゾーンで自動的に再生する方法を示します。

要件

  • AXIS Optimizerバージョン4.6以降が搭載されたイベントサーバーとManagement Client
  • 1台または複数のAxis専用スピーカーまたはスピーカー内蔵のAxis装置
  • スピーカーゾーンで音声クリップを再生するには、正しく設定されたAXIS Audio Manager Edge音声システムが必要です。 詳細については、AXIS Audio Manager Edgeモードでのスピーカーとゾーンの設定を参照してください。
  1. 音声クリップをアップロードするには:

    1. スピーカーにアップロードする音声クリップをデフォルトのフォルダーC:\Users\Public\Documents\AXIS Optimizer for Milestone XProtect - Audio Clips\に配置します。

    2. Management Clientで、[Site Navigation (サイトナビゲーション)] > [AXIS Optimizer] > [Speaker manager (スピーカーマネージャー)] に移動し、リストからスピーカー、装置グループ、またはスピーカーゾーンを選択します。

    3. AXIS Audio Manager Edgeモードをオンにする方法の詳細については、AXIS Audio Manager Edgeモードへのアクセスを参照してください。

    4. [Audio clips (音声クリップ)] に移動し、アップロードする音声クリップの前にある [+] をクリックします。

    5. AXIS Audio Manager Edgeモードでない場合は、音声クリップを再生する各スピーカーについて、手順1.2〜1.3を繰り返します。 各スピーカーには必ず同じ音声ファイルをアップロードしてください。

  2. スピーカーまたはスピーカーゾーンで音声クリップを再生するためのアクションプリセットを作成するには:

    1. [Site Navigation (サイトナビゲーション)] > [Rules and Events (ルールとイベント)] > [Axis actions (Axisアクション)] に移動します。

    2. プリセットを作成するには、[Audio clips (音声クリップ)] に移動し、[Add new preset (新しいプリセットの追加)] をクリックします。

    3. AXIS Audio Manager Edgeモードである場合は、[Select playback destination (再生先の選択)] に移動します。

      AXIS Audio Manager Edgeモードでない場合は、[Select speaker (スピーカーの選択)] に移動します。

    4. スピーカーまたはスピーカーゾーンを選択します。

    5. リストから、手順1でアップロードした音声クリップを選択します。アクションプリセットが自動的に保存されます。

    6. [click to refresh (クリックして更新)] をクリックするか、F5キーを押してサーバー設定を更新します。

  3. ルールを作成するには:

    1. [Site Navigation (サイトナビゲーション)] > [Rules and Events (ルールとイベント)] > [Rules (ルール)] に移動します。

    2. [Rules (ルール)] を右クリックし、[Add Rule (ルールの追加)] を選択して、名前を入力します。

    3. [Edit the rule description (ルール説明の編集)] で、[event (イベント)] をクリックします。

    4. [Devices (装置)] > [Predefined Events (既定イベント)] に移動し、[Motion Started (動き開始)] を選択します。

    5. [Edit the rule description (ルール説明の編集)] で、[devices/recording_server/management_server (装置/録画サーバー/管理サーバー)] をクリックします。

    6. アクションプリセットまたは音声クリップをトリガーするカメラを選択します。

    7. [Next (次へ)] を、[Step 3: Actions (ステップ3: アクション)] が表示されるまでクリックします。

    8. アクション [Axis: Play audio clip: <preset> (Axis: 音声クリップの再生: <preset>)] を選択します。

    9. [Edit the rule description (ルール説明の編集)] で、[preset (プリセット)] をクリックします。

    10. 前の手順で作成したプリセットを選択します。

    11. [Finish (完了)] を選択します。

  4. カメラで動きが検知されたときに音声クリップが正しく再生されるかをテストします。

ルールのトラブルシューティング

ルールが機能しない場合は、まずイベントサーバーのメッセージを確認し、イベントサービスが実行されていることを確認してください。

イベントサーバーでは、AXIS Optimizerのログを確認することもできます。 Management ClientまたはSmart Clientが利用可能な場合は、それらを使用してログを有効にし、保存します。

ナンバープレートリストを一元管理

ナンバープレートリストについて

AXIS Optimizerのリストマネージャーを使用すると、すべてのカメラのナンバープレートリストを一元管理することができます。 Milestone XProtectから直接、許可リスト、ブロックリスト、カスタムリストを作成および管理できます。 このシステムでは、リストの組み合わせに対応しています。 システム内のすべてのカメラに適用されるグローバルリストと、特定のカメラに適用されるローカルリストを持つことができます。

駐車場の入退出を自動化する場合や、特定のナンバープレートの登録時にアラームを発生させる場合などで、リストの一元管理は便利です。

リストを作成および編集するには、管理者である必要があります。 他の役割に読み取り権限と編集権限を与える方法については、リスト権限の設定 のセクションを参照してください。

リストの作成

要件

  • Milestone XProtect 2019 R2以降
  • カメラでAXIS License Plate Verifier 1.8以降が実行されている
  • カスタムリストを作成するには、AXIS License Plate Verifier 2.0以降が必要です。
  1. Management Clientで、[Site Navigation > AXIS Optimizer > License plate lists (サイトナビゲーション > AXIS Optimizer > ナンバープレートリスト)] に移動します。

  2. サイトを追加し、サイトの名前を入力します。

  3. 許可リスト、ブロックリスト、カスタムリストの送信先のカメラを選択します。

  4. (オプション) 許可リスト、ブロックリスト、カスタムリストを表示および編集できるユーザーの役割を追加します。

  5. 許可リスト、ブロックリスト、カスタムリストにナンバープレートを追加します。

    既存のナンバープレートリストをインポートすることもできます。

    リストのステータスが [Synchronized (同期済み)] になった場合、選択したカメラにプッシュされます。

リスト権限の設定

許可リスト、ブロックリスト、カスタムリストを編集できるユーザーの役割を設定できます。 たとえば、管理者がリストを設定している場合に、オペレーターが日々のニーズに応じて訪問者を追加できるようにする場合などに有効です。

Management Clientで

  • CorporateおよびExpertシステムでは、リストを表示および編集する権限はすべて、リストごとに個別に選択できます。

    1. [Site Navigation (サイトナビゲーション)] > [AXIS Optimizer] > [License plate lists (ナンバープレートリスト)] に移動します。

    2. 編集するサイトを選択します。

    3. [Permissions (権限)] > [User roles (ユーザーの役割)] に移動し、ユーザーの役割を選択します。

  • その他のシステムについては、役割設定の定義でナンバープレートリストの役割設定の定義に関するヘルプを参照してください。 これらのシステムでは、すべてのリストの権限を同時に管理する必要があります。

リストの編集

Management Clientで

  1. [Site Navigation (サイトナビゲーション)] > [AXIS Optimizer] > [License plate lists (ナンバープレートリスト)] に移動します。

  2. 編集するサイトを選択します。

  3. 必要に応じて、[Cameras (カメラ)]、[Permissions (権限)]、または [License plates (ナンバープレート)] を更新します。

    リストのステータスが [Synchronized (同期済み)] になると、選択したカメラに変更が反映されたことになります。

Smart Clientで

  1. [AXIS Optimizer license plate search (AXIS Optimizerナンバープレート検索)] タブに移動し、[License plate lists (ナンバープレートリスト)] をクリックします。

    タブが表示されない場合は、[Settings > Axis search options (設定 > Axis検索オプション)] に移動し、[Show license plate search tab (ナンバープレート検索タブの表示)] を選択します。

  2. 編集するサイトを選択します。

  3. 許可リスト、ブロックリスト、カスタムリストにナンバープレートを追加します。

    既存のナンバープレートリストをインポートすることもできます。

    リストのステータスが [Synchronized (同期済み)] になった場合、選択したカメラにプッシュされます。

リストのインポート

リストは、さまざまなテキスト形式、またはCSV形式でインポートできます。

  • 使用できるテキスト形式: 各ラインにナンバープレート1つ

  • 使用できるCSV形式:

    • 各ラインにナンバープレート1つ

    • 2つのフィールド: ナンバープレートと日付

    • 3つのフィールド: ナンバープレート、所有者、コメント

    • 4つのフィールド: ナンバープレート、所有者、コメント、「Active (アクティブ)」または「Inactive (非アクティブ)」の文字列。 (リストをエクスポートするときと同じ形式です。)

Management Clientで

  1. [Site Navigation (サイトナビゲーション)] > [AXIS Optimizer] > [License plate lists (ナンバープレートリスト)] に移動します。

  2. 編集するサイトを選択します。

  3. [Allowed (許可)]、[Blocked (ブロック)]、または [Custom (カスタム)] に移動します。

  4. をクリックし、[Import to allow list (許可リストにインポート)]、[Import to block list (ブロックリストにインポート)]、または [Import to custom list (カスタムリストにインポート)] を選択します。

Smart Clientで

  1. [AXIS Optimizer license plate search (AXIS Optimizerナンバープレート検索)] タブに移動し、[License plate lists (ナンバープレートリスト)] をクリックします。

    タブが表示されない場合は、[Settings > Axis search options (設定 > Axis検索オプション)] に移動し、[Show license plate search tab (ナンバープレート検索タブの表示)] を選択します。

  2. 編集するサイトを選択します。

  3. [Allowed (許可)]、[Blocked (ブロック)]、または [Custom (カスタム)] に移動します。

  4. をクリックし、[Import to allow list (許可リストにインポート)]、[Import to block list (ブロックリストにインポート)]、または [Import to custom list (カスタムリストにインポート)] を選択します。

リストのエクスポート

Management Clientで

  1. [Site Navigation (サイトナビゲーション)] > [AXIS Optimizer] > [License plate lists (ナンバープレートリスト)] に移動します。

  2. 編集するサイトを選択します。

  3. [Allowed (許可)]、[Blocked (ブロック)]、または [Custom (カスタム)] に移動します。

  4. をクリックし、[Export allow list (許可リストをエクスポート)]、[Export block list (ブロックリストをエクスポート)]、または [Export custom list (カスタムリストをエクスポート)] を選択します。

    エクスポートされたリストは、4つのフィールドを含むCSV形式で表示されます。 ナンバープレート、所有者、コメント、「Active (アクティブ)」または「Inactive (非アクティブ)」のステータス。

Smart Clientで

  1. [AXIS Optimizer license plate search (AXIS Optimizerナンバープレート検索)] タブに移動し、[License plate lists (ナンバープレートリスト)] をクリックします。

    タブが表示されない場合は、[Settings > Axis search options (設定 > Axis検索オプション)] に移動し、[Show license plate search tab (ナンバープレート検索タブの表示)] を選択します。

  2. 編集するサイトを選択します。

  3. [Allowed (許可)]、[Blocked (ブロック)]、または [Custom (カスタム)] に移動します。

  4. をクリックし、[Export allow list (許可リストをエクスポート)]、[Export block list (ブロックリストをエクスポート)]、または [Export custom list (カスタムリストをエクスポート)] を選択します。

    エクスポートされたリストは、4つのフィールドを含むCSV形式で表示されます。 ナンバープレート、所有者、コメント、「Active (アクティブ)」または「Inactive (非アクティブ)」のステータス。

リストの詳細について

  • 複数のサイトを作成できます。

  • 各サイトは、AXIS License Plate Verifierがインストールされている1台以上のカメラに関連付けられます。

  • 各サイトは、1つ以上のMilestone XProtectユーザーの役割に関連付けられます。 ユーザーの役割は、誰がナンバープレートリストの読み取りと編集の権限を持つかを定義します。

  • すべてのリストは、Milestoneデータベースに保存されます。

  • カメラをサイトに追加すると、カメラの既存のナンバープレートが上書きされます。

  • 同じカメラが複数のサイトに存在する場合、すべてのサイトの合計がカメラに表示されます。

  • 複数のリストに同じナンバープレートがある場合、「ブロック」の優先度が最も高くなり、「許可」は中程度、カスタムは最も低くなります。

  • ナンバープレートごとに、車両の所有者に関する情報を追加することができます。 ただし、この情報はカメラとは同期されません。

ライブイベントへの対応

装置コントロールの使用

オペレーターコントロールについて

オペレーターコントロールを使用すると、Smart Clientから直接、Axisカメラの特定の機能にアクセスできます。 どの機能を利用できるかは、システム内にあるカメラとそのカメラに搭載されている機能によって異なります。 インストール済みのオペレーターコントロールに加えて、カスタムコントロールを作成できます。 また、オペレーターがアクセスできるコントロールを設定できます。

オペレーターコントロールの例を以下に示します:

  • ワイパーのオン/オフ

  • ヒーターのオン/オフ

  • IRのオン/オフ

  • フォーカスリコール

  • WDRのオン/オフ

  • 電子動体ブレ補正 (EIS) のオン/オフ

  • プライバシーマスクのオン/オフ。

カメラ固有のオペレーターコントロールについては、データシートを参照してください。

オペレーターコントロールにアクセスする

要件

  • Milestone XProtect CorporateまたはExpert 2019 R3以降
  • ファームウェアバージョン7.10、または7.40以降のAxis装置。 (バージョン7.20および7.30はオペレーターコントロールに対応していません)
  1. Smart Clientで、[Live (ライブ)] をクリックし、Axisカメラに移動します。

  2. をクリックし、使用する機能を選択します。

PTZカメラのフォーカスエリアの保存

フォーカスリコール機能を使用すると、フォーカスエリアを保存し、PTZカメラがそのエリアに移動した際に自動的に戻るようにすることができます。 この機能は、カメラがフォーカスを合わせるのが難しい低光量の条件下で特に有効です。

  1. Smart Clientで、フォーカスが合うエリアにカメラを移動します。

  2. フォーカスエリアを設定する場合は、良好な光条件が要求されます。

  3. カメラのフォーカスを調節します。

  4. [Add Focus Recall Zone (フォーカスリコールゾーンの追加)] を選択します。

その後、カメラをパンまたはチルトして、あるエリアにビューを移すと、そのビューのプリセットフォーカスが自動的に呼び出されます。 ズームインまたはズームアウトしても、カメラは同じフォーカス位置を維持します。

ゾーンの設定が正しくない場合は、[Remove Focus Recall Zone (フォーカスリコールゾーンの削除)] を選択します。

カメラのオートフォーカス

オートフォーカス機能を搭載したカメラは、ビューを変更しても画像のフォーカスが対象範囲に合うように、レンズを機械的・自動的に調整することができます。

PTZカメラのオートフォーカス

  1. Smart Clientで、カメラビューを選択します。

  2. をクリックして、[Set Focus > AF (フォーカスのセット > AF)] に移動します。

    [Focus Control (フォーカスコントロール)] を使用すると、フォーカスポイントを近づけたり遠ざけたりすることができます:

    • 大きなステップの場合は、大きなバーをクリックします。

    • 小さなステップの場合は、小さなバーをクリックします。

オートフォーカス固定ボックスと固定ドームカメラ

  1. Smart Clientで、カメラビューを選択します。

  2. をクリックし、[Autofocus (オートフォーカス)] に移動します。

スピードドライ、またはワイパーをオンにする

スピードドライ機能により、雨が降った時にドームの水滴を振り落とすことができます。 ドームが高速で振動させることで、水の表面張力を崩して水滴をふるい落とします。 この機能により、雨天時でも鮮明な映像が得られます。

スピードドライ機能をオンにするには

  1. Smart Clientで、カメラビューを選択します。

  2. をクリックして、[PTZ > Speed Dry (PTZ > スピードドライ)] に移動します。

重要

スピードドライ機能は、AXIS Q61シリーズのカメラでのみご利用いただけます。

ワイパー機能をオンにする

Axisのポジショニングカメラのレンズに付着した余分な水や雨を除去するワイパーです。

  1. Smart Clientで、カメラビューを選択します。

  2. をクリックします。

重要

ワイパー機能は、AXIS Q86シリーズのカメラでのみ使用できます。

スポット温度の測定

システムに温度アラームカメラが搭載されている場合は、カメラビューで直接温度を測定できます。

  1. Smart Clientで、関連するカメラビュー (たとえば、AXIS Q2901-E Temperature Alarm Cameraを使用しているビュー) を開きます。

  2. をクリックして、[Measure Spot Temperature (スポット温度の測定)] を選択します。

  3. ビュー内の任意のエリアをクリックすると、現在の温度が表示されます。

デジタルズームを使用した場合、温度測定が正しく行われない場合があります。

自動的にズームインし、動く物体を追跡します

オートトラッキングについて

オートトラッキングを使用すると、カメラが車両や人物などの動く物体に自動的にズームインし、物体を追跡します。 物体を手動で選択することも、トリガーエリアを設定して、カメラに動く物体を検知させることもできます。 物体を追跡していないとき、カメラは5秒後にホームポジションに戻ります。

  • Management Clientでトリガーエリアを設定します。

  • Smart Clientに、以下の情報が表示されます。

    • 赤の四角形: 追跡対象の物体

    • 黄色のゾーン: トリガーエリア

    • 青いゾーン: 動いていない、または静止していないと認識される物体

オートトラッキングの設定

要件

  • Milestone XProtect CorporateまたはExpert 2017 R3以降 (Cコードライセンスが必要)
  • Autotracking 2をサポートする1台以上のAxisのカメラ (AXIS Q6075 PTZ Dome Network Cameraなど)
  • Management Clientとイベントでメタデータを有効にすると、メタデータストリームが有効になります。
  1. Management Clientで、[Autotracking 2.0 (オートトラッキング2.0)] に対応したカメラをレコーディングサーバーに追加します。

  2. カメラとメタデータ装置が有効になっていることを確認します。

  3. カメラのメタデータ1を選択し、[Settings (設定)] をクリックします。

  4. [Metadata stream > Event data (メタデータストリーム > イベントデータ)] に移動し、[Yes (はい)] を選択します。

  5. [Save (保存)] をクリックします。

  6. Autotracking 2アプリケーションが起動したことを確認します。

    1. Management Clientで、AXIS Camera Assistantに移動し、カメラを選択します。

    2. [Settings > Apps > axis-ptz-autotracking (設定 > アプリ > axis-ptz-オートトラッキング)] に移動します。 アプリケーションがオフになっている場合は、起動します。

  7. ゾーン (プロファイル) の設定:

    1. Management Clientで、AXIS Camera Assistantに移動し、カメラを選択します。

    2. [Settings > Profiles (設定 > プロファイル)] を選択します。

    3. [+] をクリックします。

    4. 名前を入力し、プロファイルのプリセットポジションを選択して、[Done (完了)] をクリックします。

      黄色の四角形として トリガーエリアが表示されます。

    5. トリガーエリアを移動するには、エリア内をクリックしてドラッグします。 トリガーエリアのサイズや形状を変更するには、アンカーポイントをクリックしてドラッグします。

オートトラッキングのオン/オフ
  1. Smart Clientで、をクリックします。

  2. [Turn on autotracking (オートトラッキングをオンにする)] または [Turn off autotracking (オートトラッキングをオフにする)] を選択します。

手動でオートトラッキングを開始する

マウスでカーソルを物体の上、または近くに置くと、オーバーレイが塗りつぶされます。 物体をマウスポインターで右クリックすると、その物体がターゲットとして設定され、カメラがターゲットとなる物体の追跡を開始します。 物体を追跡できない場合、カメラは5秒後にリセットされます。

カスタムオペレーターコントロールの作成

  1. Management Clientで、[Site Navigation > AXIS Optimizer > Operator controls (サイトナビゲーション > AXIS Optimizer > オペレーターコントロール)] に移動します。

  2. 装置または装置のグループを選択します。

  3. [Add new control (新規コントロールの追加)] をクリックします。

  4. Name (名前)Description (説明) を入力します。

  5. 管理者権限を持つユーザーだけがオペレーターコントロールを使用できる場合は、[Administrator (管理者)] を選択します。

  6. 特定のコントロールのVAPIX URLを追加します。

    例: オペレーターコントロールにデフォッグを追加するには、次のURLを入力します: /axis-cgi/param.cgi?action=update&imageSource.IO.Sensor.Defog=on.

  7. Smart Clientに移動し、オペレーターのコントロールが想定どおりに機能するかをテストします。

オペレーターコントロールへのアクセスを設定する

Smart Clientのオペレーターがアクセスできるオペレーターコントロールを設定できます。

  1. Management Clientで、[Site Navigation > AXIS Optimizer > Operator controls (サイトナビゲーション > AXIS Optimizer > オペレーターコントロール)] に移動します。

  2. 装置または装置のグループを選択します。

  3. Smart Clientでオペレーターが利用するオペレーターコントロールを選択します。

スピーカーを介したやり取り

スピーカーマネージャーについて

スピーカーマネージャーにより、Axisの音声製品をVMSに統合し、Axis装置の全機能を利用できるようになります。

  • カメラに関連するスピーカーにアクセスする

    カメラをスピーカーまたはスピーカーのグループに接続すると、ライブビューからスピーカーにアクセスすることができます。 スピーカーを手動で検索する必要はありません。

  • スピーカーグループに音声を送信する

    ワンクリックで多くのスピーカーに音声を送信します。 システムですでに定義されているグループを使用します。

  • 音声クリップの管理

    ローカルに音声クリップライブラリを設定し、ワンクリックでスピーカーに音声クリップをアップロードできます。

  • スピーカーを使用した迅速なアクション

    アラーム管理機能から離れることなく、アラームに迅速に対応できます。

  • 複数のスピーカー間で音声を同期する

    音声システムをバックグラウンドミュージックに使用する場合、スピーカーマネージャーを使用して、スピーカー間の音声を同期するゾーンを設定できます。

AXIS Audio Manager Edgeモード

AXIS Audio Manager Edgeモードは、AXIS Audio Manager Edge音声システムでスピーカーマネージャーの全機能を使用できるようにするモードです。 AXIS Audio Manager Edgeモードでは、ライブや録画済みのアナウンスに広告やバックグラウンドミュージックを入れることができます。 このモードは、毎週のコンテンツのスケジュールや設定にも簡単に使用できます。

AXIS Audio Manager Edgeモードでは、カメラの内蔵音声出力やその他の互換性のない音声装置は使用できません。

AXIS Audio Manager Edgeモードへのアクセス

Management Clientでは、スピーカーマネージャーでAXIS Audio Manager Edgeモードをオンにすることができます。

  1. [Site Navigation (サイトナビゲーション)] > [AXIS Optimizer] > [Speaker manager (スピーカーマネージャー)] に移動します。

  2. [AXIS Audio Manager Edge mode (AXIS Audio Manager Edgeモード)] をオンにします。

AXIS Audio Manager Edgeの詳細については、AXIS Audio Manger Edgeユーザーマニュアルを参照してください。

AXIS Audio Manager Edgeモードは、いつでもオン/オフを切り替えることができます。 モードを切り替えても、設定は保持されます。

AXIS Audio Manager EdgeのWebビューで行った変更についてはすべて、サイトリストを更新する必要があります。

  • [Site Navigation > AXIS Optimizer > Speaker manager (サイトナビゲーション > AXIS Optimizer > スピーカーマネージャー)] に移動し、 を選択します。

スピーカーの設定

はじめに

Axisスピーカーの使用を開始するか、AXIS Audio Manager Edgeモードでスピーカーを設定するには、まず、必要なモードに基づいてシステムを設定します。

AXIS Audio Manager Edgeモードでのスピーカーとゾーンの設定

AXIS Audio Manager Edgeモードが正常に動作するには、サイトリーダー、ページングソース用の中間装置、未割り当てのスピーカーのみをMilestone XProtectに追加する必要があります。

  1. 音声クリップを再生してライブで話す場合は、まずゾーンのページングをオンにする必要があります。
  2. Management Clientで、[Site Navigation > Devices > Speakers (サイトナビゲーション > 装置 > スピーカー)] に移動し、装置グループを追加したり、装置グループに対してスピーカーを追加・削除したりします。

  3. [Site Navigation (サイトナビゲーション)] > [AXIS Optimizer] > [Speaker manager (スピーカーマネージャー)] に移動し、AXIS Audio Manager Edge mode (AXIS Audio Manager Edgeモード) がオンになっていることを確認します。

    次に、スピーカーマネージャーがMilestone XProtectシステム内のすべてのスピーカーを検索し、Smart Clientで使用できるすべてのAXIS Audio Manager Edgeサイトとゾーンを表示します。

  4. サイトリストで、ページングオフのゾーンを選択します。

  5. [Turn on paging for the zone. (ゾーンのページングをオンにする)] を選択します。

設定が失敗した場合は、AXIS Audio Manager Edgeの設定を確認して再試行してください。

AXIS Audio Manager Edgeモードを使用しないスピーカーの設定
  1. Management Clientで、[Site Navigation > Devices > Speakers (サイトナビゲーション > 装置 > スピーカー)] に移動し、装置グループを追加したり、装置グループに対してスピーカーを追加・削除したりします。

  2. [Site Navigation (サイトナビゲーション)] > [AXIS Optimizer] > [Speaker manager (スピーカーマネージャー)] に移動し、をクリックします。

    1. [Manage Side Panel (サイドパネルの管理)] ウィンドウで、Smart Clientに表示するスピーカーを選択します。

    2. [Add (追加)] をクリックし、[OK] をクリックします。

      [Visible (表示)] パネルのスピーカーがSmart Clientに表示されるようになり、スピーカーにアクセスできるすべてのユーザーが表示されます。

  3. スピーカーを削除するには、以下の手順に従います。

    1. [Site Navigation (サイトナビゲーション)] > [AXIS Optimizer] > [Speaker manager (スピーカーマネージャー)] に移動し、をクリックします。

    2. [Manage Side Panel (サイドパネルの管理)] ウィンドウで、削除するスピーカーを選択します。

    3. [Remove (削除)] をクリックし、[OK] をクリックします。

カメラをスピーカーまたは装置グループに関連付ける

特定のスピーカー、装置グループ、ゾーンをSmart Clientのカメラビューで直接使用するために、それらをカメラに関連付けることができます。

  1. Management Clientで、[Site Navigation (サイトナビゲーション)] > [AXIS Optimizer] > [Speaker manager (スピーカーマネージャー)] に移動し、スピーカー、装置グループ、またはゾーンを選択します。

  2. [Associated camera(s) (関連付けられたカメラ)] ウィンドウで、[+] をクリックして、スピーカー、装置グループ、またはゾーンを関連付けるカメラを選択します。

  3. カメラがスピーカー、装置グループ、またはゾーンに関連付けられると、Smart Clientのカメラビューのツールバーにが表示されます。
スピーカーへの音声クリップのアップロード

Smart Clientからスピーカー、装置グループ、またはゾーンで音声クリップを再生するには、まず、Management Clientで音声クリップをスピーカーにアップロードする必要があります。

  1. スピーカーにアップロードする音声クリップをデフォルトのフォルダーC:\Users\Public\Documents\AXIS Optimizer for Milestone XProtect - Audio Clips\に配置します。

  2. Management Clientで、[Site Navigation (サイトナビゲーション)] > [AXIS Optimizer] > [Speaker manager (スピーカーマネージャー)] に移動し、スピーカー、装置グループ、またはゾーンを選択します。

  3. [Audio clips (音声クリップ)] に移動し、スピーカーにアップロードするクリップの前にある [+] をクリックします。

音量の変更

スピーカーの音量を変更するには、以下の手順に従います。

  1. AXIS Audio Manager Edgeを使用している場合は、以下の手順に従います。

    1. Management Clientで、[Site Navigation > Speaker manager (サイトナビゲーション > スピーカーマネージャー)] に移動し、[AXIS Audio Manager Edge mode (AXIS Audio Manager Edgeモード)] がオンになっていることを確認します。

    2. サイトを選択します。

    3. AXIS Audio Manager Edgeを使用して、装置のサウンド設定を管理します。

      AXIS Audio Manager Edgeで装置の音量を変更する方法については、AXIS Audio Manager Edgeユーザーマニュアルを参照してください。

  2. それ以外の場合:

    1. Management Clientで、[Site Navigation (サイトナビゲーション)] > [Speaker manager (スピーカーマネージャー)] に移動し、スピーカー、装置グループ、またはゾーンを選択します。

    2. [Volume (音量)] に移動し、必要な音量に調整します。

スピーカーでの音声の再生

  1. Smart Clientで、[Live (ライブ)] > [MIP" plug-ins (MIPプラグイン)] > [Axis speaker control (Axisスピーカーコントロール)] に移動し、ドロップダウンリストでスピーカー、装置グループ、またはゾーンを選択します。

  2. マイクからスピーカーに音声が送信されるようにする:

    1. を押しながら話します。

      マイクレベルメーターに音声アクティビティが表示されていることを確認します。

  3. スピーカーで音声クリップを再生する:

    1. [Media clip (メディアクリップ)] に移動し、ドロップダウンリストから音声クリップを選択します。

    2. 選択したスピーカーで音声クリップの再生を開始するには、再生をクリックします。

カメラビューでスピーカーから音声を再生する

  1. Smart Clientで、カメラビューに移動します。

  2. スピーカー、装置グループ、ゾーンへの関連付けがある場合、ツールバーにが表示されます。

  3. をクリックして、[Axis speaker control (Axisのスピーカーコントロール)] ウィンドウを開きます。

  4. マイクからスピーカーに音声が送信されるようにする:

    1. を押しながら話します。

      マイクレベルメーターに音声アクティビティが表示されていることを確認します。

  5. スピーカーで音声クリップを再生する:

    1. [Media clip (メディアクリップ)] に移動し、ドロップダウンリストから音声クリップを選択します。

    2. 選択したスピーカーで音声クリップの再生を開始するには、再生をクリックします。

訪問者の管理

Door Station (ドアステーション) プラグインについて

Axisネットワークドアステーションとインターホンは、通信、ビデオ監視、リモートエントリーコントロールを1つの装置にまとめたものです。 AXIS Optimizerを使用すると、AxisドアステーションとMilestone XProtectを簡単に設定および使用できるようになります。 たとえば、呼び出しに応答し、ドアのロックを解除できます。

ドアステーションの設定

通常、ドアロックはドアステーションの最初のリレーに接続する必要があります。 AXIS Optimizerは、[Usage (使用率)] 情報をもとに、どの出力ポートを使用するかを決定します。 [Usage = Door (使用 = ドア)] の最初のポート (デフォルトではRELAY1) を使用します。

要件

  • Milestone XProtect 2017 R3以降
  • Axisドアステーションまたはインターホン
  • 呼び出しを受け取るPCにインストールされたマイク
  • Smart Clientの稼働と運用
  1. 呼び出しを受信し、そこからドアを制御する各クライアントに、最新バージョンのAXIS Optimizerをインストールします。

  2. Management Clientにログインします。

  3. Axisドアステーションを録画サーバーに追加します。

  4. Management Clientで、必要なすべての装置を有効にします。 Smart Clientで呼び出しを受けるには、以下が必要です。

    • カメラ1

    • マイクロフォン

    • スピーカー

    • メタデータ

    • 入力1

    • 入力2 (ポート2のドアステーションにセキュリティリレーが接続されている場合はオプションとなります)

    • ドアに接続された出力。 ドアに接続されている出力が分かっている場合は、その出力を選択します。 すべての出力を選択しない場合。

  5. [Site Navigation > Devices > Input (サイトナビゲーション > 装置 > 入力)] に移動し、再インストールするドアステーションの [Input 1 (入力1)] を選択します。

  6. [Events (イベント)] をクリックし、Add... (追加...)] をクリックします。

  7. [Input Falling event (入力下降イベント) を選択し、有効な入力に追加します。

  8. [Input Rising event (入力上昇イベント)] についても同様の手順を繰り返します。

  9. Input 2 (入力2) を有効にしている場合は、手順6~8を繰り返してInput 2 (入力2) も確認します。

  10. [Save (保存)] をクリックします。

  11. 特定の役割に対する権限の設定については、ドアステーションの権限の設定を参照してください。

  12. Make a test call (テスト呼び出しを行う)

ドアステーションの権限の設定

呼び出しを処理するには、まず権限を有効にする必要があります。

Smart Clientが2019 R1以前のバージョンである場合は、呼び出しを受けてドアを制御するAdministrator (管理者) 権限が必要です。

  1. [Site Navigation (サイトナビゲーション)] > [Security (セキュリティ)] > [Roles (役割)] に移動します。

  2. 役割を選択します。

  3. [Overall Security (全般的なセキュリティ)] に移動します。

  4. 各セキュリティグループに必要な権限が設定されていることを確認します。

    1. Smart Clientの2019 R1より前のバージョンを使用している場合は、[Management Server (管理サーバー)] に移動し、[Read (読み取り)] を選択します。

    2. [Hardware (ハードウェア)] に移動し、[Driver commands (ドライバーコマンド)] を選択します。

  5. システムレベルで権限を設定するには、[Overall Security (全体的なセキュリティ)] に移動します。

    装置レベルで権限を設定するには、[Device (装置)] に移動します。

  6. 各セキュリティグループの権限を選択します。

    1. [Cameras (カメラ)] に移動し、 [Read (読み取り)] と [View live (ライブの表示)] を選択します。

    2. [Microphones (マイク)] に移動し、 [Read (読み取り)] と [Listen (聞く)] を選択します。

    3. [Overall Security (全般的なセキュリティ)] で [Speakers (スピーカー)] に移動し、 [Read (読み取り)] と [Speak (話す)] を選択します。

      [Device (装置)] で [Speech (スピーチ)] に移動し、 [Speak (話す)] を選択します。

    4. [Metadata (メタデータ)] に移動し、 [Live (ライブ)] を選択します。

    5. [Input (入力)] に移動し、 [Read (読み取り)] を選択します。

    6. [Output (出力)] に移動し、 [Activate (アクティブ化)] を選択します。

特定のドアステーションからの呼び出しを処理するオペレーターを制御する権限を割り当てるには、

  1. 特定のドアステーションの [Input device 1 (入力装置1)] に対して [Read (読み取り)] 権限を選択します。

  2. 他のすべての役割に対してこの権限をクリアします。 権限がないユーザーは呼び出しを受信できません。

呼び出し履歴を表示するには、追加の権限が必要です。

  1. システムレベルで権限を設定するには、[Overall Security (全体的なセキュリティ)] に移動します。

    装置レベルで権限を設定するには、[Device (装置)] に移動します。

  2. 各セキュリティグループの次の権限を選択します。

    1. [Cameras (カメラ)] に移動し、 [Playback (再生)] と [Read sequences (シーケンスの読み取り)] を選択します。

    2. [Microphones (マイク)] に移動し、 [Playback (再生)] と [Read sequences (シーケンスの読み取り)] を選択します。

    3. [Speakers (スピーカー)] に移動し、 [Listen (聞く)]、[Playback (再生)]、および [Read sequences (シーケンスの読み取り)] を選択します。

Make a test call (テスト呼び出しを行う)

  1. Smart Clientで、[Settings (設定)] > [Axis door station options (Axisドアステーションのオプション)] に移動します。

  2. [Test call (呼び出しのテスト)] をクリックします。

  3. ドアステーションを選択し、[Make call (呼び出し)] をクリックします。

ライブビューからドアステーションを制御する

各ドアステーションとインターホンビューで、をクリックして、装置を簡単にコントロールします。

方法について手順コメント

ロックを解除する

[] > [Access (アクセス)]、または [Extended access (拡張アクセス)] をクリックします。

ロックが解除された場合、[Access (アクセス)] または [Extended access (拡張アクセス)] をクリックできません。

ドアのロック/ロック解除状態を確認する

をクリックして、メニュー最下部にあるステータスを確認します。

-

ドアステーション前にいる人と話す

> Start call (呼び出し開始)] をクリックします。

呼び出しウィンドウが開き、ドアステーションとの双方向通信が開始します。

前日に呼び出しした人物を特定する

> [Call history (呼び出し履歴)] をクリックします。

現在のドアステーションで行われた呼び出しリストが表示されます。

ライブビューからの呼び出しに応答する

訪問者がドアステーションの呼び出しボタンを押すと、動作中の各Smart Clientに呼び出しウィンドウが表示されます。 呼び出しウィンドウは、ウィンドウのサイズを変更すると、コリドールビューやランドスケープビューなど、適切なカメラビューが自動的に選択されます。

方法について手順コメント

呼び出しに応答する

[Accept (同意)] をクリックします

ドアステーションの近くにいる人物とオペレーター間の双方向の音声チャンネルが開きます。

ビジー状態のため、他のオペレーターを呼び出しする

[X] をクリックしてウィンドウを閉じる

呼び出しを却下すると、別のオペレーターが別のクライアントで呼び出しを受けることができます

ドアステーションやインターホンは、誰かが電話に出るまで鳴り続け、点滅します。 誰も応答しない場合、呼び出し履歴のステータスがmissed (不在着信) となります。

映像による確認をした上でドアを開けたため、相手と話す必要がないため、呼び出しに応答しません

不要な訪問者と話したくないので呼び出しを拒否します

[Decline (拒否)] をクリックします。

呼び出しを拒否すると、他のクライアントで通話ウィンドウが自動的に閉じられます。 他のオペレーターは呼び出しを実行できません。

ドアステーションまたはインターホンが鳴動・点滅を停止し、呼び出しウィンドウが閉じます。 呼び出し履歴のステータスは応答済みとなります。

ドアを開ける

[Access (アクセス)] をクリックします。

ドアステーションロックが7秒間開きます。ドアが開いたままにする時間を設定するには、以下の手順に従います。

  1. Smart Clientで、[Settings (設定)] > [Axis door station options (Axisドアステーションのオプション)] > [Door access (ドアアクセス)] に移動します。

  2. [Access time (アクセス時間)] を変更します。

オペレーターからドアステーションへの音声を一時的に停止します。

[Mute (ミュート)] をクリックします。

-

呼び出しを終了します。

[Hang up (通話終了)] をクリックします

デフォルトの自動終了設定では、通話を拒否するか通話を終了すると、呼び出しウィンドウが閉じます。

デフォルトの呼び出しウィンドウの動作を変更するには、以下の手順に従います。

  1. Smart Clientで、[Settings (設定)] > [Axis door station options (Axisドアステーションのオプション)] > [Call (呼び出し)] に移動します。

  2. [Auto-close window (ウィンドウの自動クローズ)] をクリアします。

呼び出しウィンドウに複数のカメラを表示する

呼び出しウィンドウに最大3台のカメラを同時に表示できます。 同じ呼び出しウィンドウ内で、ドアステーションまたはインターホンのビデオストリームと他の2つのカメラのビデオストリームを表示することができます。 たとえば、配達員と納品ドア周辺を同時に確認する必要がある場合などに便利です。

呼び出しウィンドウで複数のカメラを設定するには、以下の手順に従います。

  1. Smart Clientで、[Settings > Axis door station options > Multiple cameras (設定 > Axisドアステーションのオプション > 複数カメラ)] に移動します。

  2. ドアステーションまたはインターホンの呼び出し時に、呼び出しウィンドウに表示するカメラを選択します。

  3. [Camera layout (カメラのレイアウト)] ウィンドウを閉じます。

呼び出し履歴の表示

呼び出し履歴では、応答された呼び出し、不在呼び出し、ドアのロック解除を表示できます。 通話内容を選択し、対応する再生ビデオがある場合は、これを表示することができます。

  1. Smart Clientで、ドアステーションまたはインターホンのビューに移動します。

  2. > [Call history (呼び出し履歴)] をクリックします。

呼び出し履歴は39件、アクセスログは1,000件に制限されます。 頻繁に通話をミュートにした場合、呼び出しの件数が少なくなる場合があります。

ドアのロック解除を登録するには、Axisドアステーションまたはインターホンの保持時間 (日数) を設定する必要があります。

  1. Management Clientで、[Tools (ツール)] > [Options (オプション)] > [Alarm and Events (アラームとイベント)] > [Event retention (イベントの保持)] に移動します。
  2. Output Activated (出力の有効化)Output Deactivated (出力の無効化) の時間を設定します。

アクティブな呼び出しがない場合にマイクをオフにする

Axisドアステーションやインターホンに呼び出しが入ってこない場合は、マイクをオフにできます。 アクティブな呼び出しがある場合は、マイクがオンになります。

マイクをオフにするには、管理者権限が必要です。

  1. Smart Clientで、[Settings (設定)] > [Axis door station options (Axisドアステーションのオプション)] に移動します。

  2. [Turn off door station microphone when no active call (アクティブな呼び出しがない場合に、ドアステーションのマイクをオフにする)] を選択します。

ドアが強制的に開けられた場合にアラームを受け取る

ドアにセキュリティリレー (入力2) がある場合、Smart Clientの呼び出しウィンドウのドアオーバーレイに、ドアが開いた時間や閉じられた時間が表示されます。 つまり、ドアをロックした状態で誰かがドアを強制的に開けた場合、アラームを受信することができます。

アラームを受信するには、少なくとも1つのSmart Clientが実行されている必要があります。

アラームを設定するには、以下の手順に従います。

  1. Smart Clientで、[Settings > Axis door station options > Administrator options (設定 > Axisドアステーションのオプション > 管理者オプション)] に移動します。

  2. [Trigger an alarm when a door has been forced open (ドアが強制的に開けられた際にアラームをトリガーする)] を選択します。

ドアが長時間開いたままの場合にアラームを受け取る

ドアにセキュリティリレー (入力2) がある場合、Smart Clientの呼び出しウィンドウのドアオーバーレイに、ドアが開いた時間や閉じられた時間が表示されます。 誰かがドアを開け、ドアが長時間開いたままになっている場合に、アラームを受け取ることができます。

アラームを受信するには、少なくとも1つのSmart Clientが実行されている必要があります。

アラームを設定するには、以下の手順に従います。

  1. Smart Clientで、[Settings > Axis door station options > Administrator options (設定 > Axisドアステーションのオプション > 管理者オプション)] に移動します。

  2. [Trigger an alarm when a door has been open longer than (s) (ドアが (秒) 以上開いている場合にアラームをトリガーする)] を選択します。

  3. アラームが鳴るまでにドアが開けた状態にできる時間を入力します。

クライアントに呼び出しの応答を防ぐ

クライアントの設定をすることで、呼び出しを受信できないようにします。 誰かが呼び出しを行った場合でも、特定のクライアントで呼び出しウィンドウが開きません。

  1. Smart Clientで、[Settings (設定)] > [Axis door station options (Axisドアステーションのオプション)] > [Call (呼び出し)] に移動します。

  2. Receive calls on this client (このクライアントで呼び出しを受信する)] をオフにします。

音声の視覚化

マイクビューについて

Smart Clientに1つ以上のマイクビューを追加して、システム内の音声を視覚化することができます。 これにより、ライブビューと再生の両方で音声を監視できます。 Axis装置に内蔵された音声検知機能により、音声レベルが特定のレベルを超えたときにそれがわかります。 一般的な使用事例は次のとおりです。

要件

  • マイクビューには、Milestone Xprotect Smart Client 2020 R2以降が必要です。

VMSをマイクビュー向けに設定する

  1. 検知レベルを設定する:

    1. Management Clientで、[Site Navigation > AXIS Optimizer > Device assistant (サイトナビゲーション > AXIS Optimizer > 装置アシスタント)] に移動し、装置を選択します。

    2. [Detectors (検知)] の設定を開きます。 これらの設定を開く方法は、装置のファームウェアのバージョンによって異なります。

    3. [Audio detection (音声検知)] に移動し、[Input 1 sound level (入力1のサウンドレベル)] をニーズに合わせて変更します。

  2. イベントをカメラからMilestone XProtectに取得する:

    1. Management Clientで、[Site Navigation > Devices > Microphones (サイトナビゲーション > 装置 > マイク)] に移動します。

    2. マイクをクリックし、[Events (イベント)] をクリックします。

    3. [Audio Falling (音声下降)] および [Audio Rising (音声上昇)] イベントを追加します。

  3. 次のように、検知された音声に関するメタデータをシステムが保持する時間を設定します。

    1. [Tools > Options > Alarm and Events > Device events (ツール > オプション > アラームとイベント > 装置イベント)] に移動します。

    2. [Audio Falling (音声下降)] を見つけ、保存期間を設定します。

    3. [Audio Raising (音声上昇)] を見つけ、保存期間を設定します。

  4. 音声の録音を設定していることを確認します。 音声を常に録音することも、音声上昇または音声下降イベントに基づいて録音ルールを作成することもできます。

  5. マイクビューで使用するマイクごとに、上記の手順を繰り返します。

  6. Smart Clientで、[Settings > Timeline > Additional data (設定 > タイムライン > その他のデータ)] に移動し、[Show (表示)] を選択します。

Smart Clientへのマイクビューの追加

  1. Smart Clientを開き、[Setup (設定)] をクリックします。

  2. [Views (ビュー)] に移動します。

  3. [Create new view (新しいビューの作成)] をクリックし、形式を選択します。

  4. [System Overview > AXIS Optimizer (システムの概要 > AXIS Optimizer)] に移動します。

  5. [Microphone view (マイクビュー)] をクリックし、ビューにドラッグします。

  6. マイクを選択します。

  7. [Setup (設定)] をクリックします。

マイクビューの使用

  • ライブビュー

    • 音声レベルは棒グラフとして表示され、右側に現在のレベル、左側に動く最大60秒の音声履歴が表示されます。

    • ビューをクリックして、マイクからの音声を聞きます。

    • 各マイクビューにはヘッドフォンアイコンがあります。 このアイコンをクリックすると、ビュー自体を選択せずに各ビューからの音声をミュートまたはミュート解除できます。 これにより、複数のマイクを同時に聞くことができます。

  • 再生

    • マイクに利用可能な検知された音声があると、アイコンがハイライト表示されます。

    • 黄色のバーは、装置に設定した検知レベルに従って音声が検知されたことを示します。

    • ビューをクリックして、マイクからの音声を聞きます。

    • 各マイクビューにはヘッドフォンアイコンがあります。 このアイコンをクリックすると、ビュー自体を選択せずに各ビューからの音声をミュートまたはミュート解除できます。 これにより、複数のマイクを同時に聞くことができます。

複数のマイクを同時に聞く

マイクビューを使用すると、ライブビューと再生の両方で複数のマイクを同時に聞くことができます。

  1. VMSをマイクビュー向けに設定する

  2. Smart Clientを開き、[Setup (設定)] をクリックします。

  3. [Views (ビュー)] に移動します。

  4. [Create new view (新しいビューの作成)] をクリックし、分割ビューを選択します。

  5. [System Overview > AXIS Optimizer (システムの概要 > AXIS Optimizer)] に移動します。

  6. 聞きたいマイクごとに、以下の操作を行います。

    1. [Microphone view (マイクビュー)] をクリックし、ビューにドラッグします。

    2. マイクを選択します。

  7. [Setup (設定)] をクリックします。

  8. マイクごとに、各マイクビューのヘッドフォンアイコンをクリックして、マイクをミュートするかミュート解除するかを決定します。 これで、ミュート解除されたすべてのマイクを同時に聞くことができます。

音声によるインシデントの検知

トイレなど、カメラの設置が許可されていないエリアからのアクションを監視したいことがあります。 マイクビューでは、インシデントが発生したとき、つまり音声レベルが検知レベルを超えたときにすぐにわかります。

  1. VMSをマイクビュー向けに設定する. 監視する装置とエリアに関連する検知レベルを忘れずに設定してください。

  2. マイクビューを装置と共にSmart Clientのライブビューに追加します。Smart Clientへのマイクビューの追加を参照してください。

発生後にインシデントを調査する

インシデントが発生した後、再生タイムラインでマイクで音声が検知された期間をすばやく特定できます。

  1. VMSをマイクビュー向けに設定する.

  2. Smart Clientで再生するには、関連する装置が含まれる1つ以上のマイクビューを追加します。Smart Clientへのマイクビューの追加を参照してください。

AXIS Optimizerでは、一元検索でAxis装置に向けた3つの検索カテゴリを利用できます:

Smart Clientに別のナンバープレート検索タブを追加することもできます。ナンバープレート検索タブを参照してください。

ファームウェア9.50、またはそれ以上を搭載したAxisカメラは、カメラの視野内で現在移動しているすべての物体を説明するメタデータを生成します。 Milestone XProtectは、このデータを対応するビデオおよび音声と共に保存できます。 AXIS Optimizerの分析検索機能を使用すると、このデータを解析・検索できます。 フォレンジック検索を使用して、シーンでのすべての活動の概要を把握したり、関心のある特定のオブジェクトやイベントをすばやく検索することができます。

  1. カメラのファームウェアが最新バージョンであることを確認してください。

  2. Milestone XProtectのシステムが正しいバージョンであることを確認してください。

    • Corporate 2019 R3以降、またはExpert 2019 R3以降

    • Professional+ 2022 R3以降、またはExpress+ 2022 R3以降

  3. カメラの時刻はNTPで同期されている必要があります。

  4. 物体タイプ (車両バイクバス自動車トラック) でフィルターするには:

    1. AXIS Object Analyticsに対応しているAxis装置を使用します。プロダクトセレクターでAnalyticsフィルターを参照します。

    2. [System (システム)] > [Analytics metadata (Analyticsメタデータ)] に移動し、カメラのWebページで [Analytics Scene Description (Analyticsシーン説明)] を有効にします。

  5. Vehicle (車両) の色でフィルターするには:

    1. AXIS Object Analyticsに対応しているAxis装置を使用します。プロダクトセレクターでAnalyticsフィルターを参照します。

    2. ARTPEC-8またはCV25を搭載したAxis装置を使用します。プロダクトセレクターでシステムオンチップフィルターを参照します。

  1. Management Clientで、メタデータ装置がカメラで有効になっているかを確認します。

  2. [Site Navigation > Devices > Metadata (サイトナビゲーション > 装置 > メタデータ)] に移動します。

  3. 装置を選択し、[Record (録画)] をクリックします。 [Recording (録画)] が有効になっていることを確認します。

    デフォルトでは、Milestone XProtectがシーン内の動きを検知した場合にのみ、メタデータが記録されます。 物体の動きを見逃さないために、動きの閾値を環境に合わせて調整することをお勧めします。

  4. [Settings (設定)] をクリックし、[Analytics data (分析データ)] が有効になっていることを確認します。

  5. Smart Clientのライブビューを開き、オブジェクトの上に境界ボックスが表示され、ボックスが正しく表示されることを確認します。

    時計がNTP時間に適応するまでには、しばらく時間を要する場合があります。

  6. ビデオとメタデータの記録には、少なくとも15分の待機が発生します。 その後、検索を開始できます。検索の実行を参照してください。

この検索機能を使用するには、Management Clientで設定する必要があります。 これを行う方法については、フォレンジック検索の設定を参照してください。

  1. Smart Clientで、[Search (検索)] に移動します。

  2. 時間の間隔と1台または複数のカメラを選択します。

  3. [Search for > Forensic search > New search (検索 > フォレンジック検索 > 新規検索)] をクリックします。 検索結果ごとに、オブジェクトとオブジェクトの移動経路がサムネイルで表示されます。

    • サムネイルには、物体が最も見やすかったときのビデオフレームが表示されます。

    • 緑色の点は、カメラが最初に物体を検出した場所を示しています。

    • 赤色の点は、カメラが最後に物体を検出した場所を示しています。

    • 検索結果の完全なビデオシーケンスを表示するには、その結果を選択し、プレビューパネルの [Play forward (再生)] をクリックします。

    • グラフィカルオーバーレイを非表示にする場合は、[Bounding boxes (境界ボックス)] に移動し、[Hide (非表示)] を選択します。

    • AXIS Object AnalyticsやAXIS Loitering Guardなど、カメラで実行される分析アプリケーションも、ビデオにオーバーレイを書き込む場合があります。 これらのオーバーレイを削除するには、アプリケーションのWeb設定ページに移動してください。

  4. 検索結果の数を絞り込むには、検索フィルターを選択します。

    さまざまなフィルターの使用方法の詳細については、検索の微調整を参照してください。

  5. 詳しく調査をする検索結果を選択します。 たとえば、ブックマークを付ける、または高品質なPDFレポートの作成

検索の微調整

検索結果の絞り込みには、1つ以上の検索フィルターを使用できます。

  • [Region of interest (関心領域)]

    特定のエリア内で移動した物体を検索します。

  • [Object direction (物体の向き)]

    シーン内の特定のルート (たとえば、左側や下部) に沿って移動した物体を検索します。

  • [Object type (物体タイプ)]

    特定のタイプの物体を検索します: 人、車両、バイク、バス、車、トラック。

  • 車両の色

    選択した色の車両を検索します。

  • [Time-of-day (時刻)]

    1日の特定の時間帯で検知された物体を検索します。 このフィルターは、数日間に渡って検索を実行し、各日の特定の時間帯、たとえば午後の時間帯のオブジェクトに特化して調査する場合に有効です。

  • Minimum time in scene (s) (シーン内の最小時間 (秒))

    検出・追跡したオブジェクトを検索する最小限の秒数です。 このフィルターは、たとえば遠くのオブジェクトや偽のオブジェクト (照明効果) など、関心の対象外となるオブジェクトをフィルタリングします。 デフォルト値は1秒です。フィルターを設定しない場合、継続時間が1秒未満のオブジェクトは除外されます。

  • Swaying objects (% of image) (揺らめいている物体 (%で指定))

    たとえば、旗や木が風に吹かれて動くなど、制約のある領域でのみ動くオブジェクトを除外することができます。 デフォルト値は5-100%です。 つまり、フィルターを設定しない場合、画像領域の5%を超えて移動しなかった物体は除外されます。

制限事項

  • 検索結果の正しいビデオ映像を取得するには、時刻の同期を正しくとることが重要です。

  • フォレンジック検索プラグインで解析されたデータには、シーンの視点が考慮されません。 つまり、物体のサイズと速度は、物体がカメラにどれだけ近いかによって異なります。

  • 豪雨や豪雪などの気象条件により、検知精度が低下する場合があります。

  • 低光量のシーンで物体のコントラストが良好であれば、分析はより正確になります。

  • 状況によっては、1つの物体で複数の結果が生成される場合があります。 たとえば、物体が別の物体によって一時的に隠されて追跡が失われた場合です。

  • XProtectのバージョンにより、オーバーレイが異なる場合があります。 例: ビデオプレビューのオーバーレイにはXProtect 2020 R3が、オーバーレイの色にはXProtect 2020 R2が必要です。

  • 180度回転したビデオストリームに対してフォレンジック検索を実行するには、次の条件を満たしている必要があります。

    • カメラでファームウェア10.6以降を使用する、または

    • 録画サーバーでDevice Pack 11.0以降を使用する

  • 適切な色検知を行うには、カメラのホワイトバランス設定が正確であることが必要です

AXIS Optimizerをカメラにインストールされた特定のアプリケーションと組み合わせて使用すると、車両に関する証拠ビデオを検索、識別、共有することができます。 車両検索は、以下のアプリケーションによるナンバープレートデータに対応しています:

使用できる検索フィルターは、カメラにインストールされているアプリケーションによって異なります。詳細については、検索の微調整を参照してください

要件

  • Milestone XProtectシステム:
    • CorporateまたはExpert 2019 R3以降

    • Professional+またはExpress+ 2022 R3以降

  • NTPと時刻同期されたカメラ
  • 車両検索についてに記載されているアプリケーションの1つ
  1. Management Clientで、選択したアプリケーションを実行するカメラを追加します。

  2. 必要なすべての装置を有効にします。 AXISライセンスプレート検証ツールを使用するには、カメラ1とメタデータ1が必要です。

  3. メタデータの設定:

    1. [Site Navigation > Recording Server (サイトナビゲーション > 録画サーバー)] に移動し、装置を検索します。

    2. メタデータ1を選択し、[Settings (設定)] をクリックします。

    3. [Metadata stream > Event data (メタデータストリーム > イベントデータ)] に移動し、[Yes (はい)] を選択します。

  4. [Record settings (録画の設定)] タブに移動し、録画がメタデータに対して有効になっていることを確認します。

  5. [Save (保存)] をクリックします。

  6. 標準的なユーザーで動作するようにアプリケーションを設定する:

    1. 特定のカメラとユーザーに対して、読み取りと再生の権限を追加します。

    2. 特定のカメラとユーザーのメタデータに読み取りと再生の権限を追加します。

車両の検索

  1. Smart Clientで、[Search (検索)] に移動します。

  2. 時間の間隔と1台または複数のカメラを選択します。

  3. [Search for > Vehicle search > New search (検索 > 車両の検索 > 新規検索) をクリックします。

  4. 検索結果の数を絞り込むには、検索フィルターを選択します。

    さまざまなフィルターの詳細については、検索の微調整を参照してください。

  5. 詳しく調査をする検索結果を選択します。 たとえば、ブックマークを付ける、または高品質なPDFレポートの作成

検索の微調整

検索結果の絞り込みには、1つ以上の検索フィルターを使用できます。 アプリケーションによって、さまざまなフィルターオプションが利用できます。

  • [License plate (ナンバープレート)]

    特定のナンバープレート番号を検索します。

    アプリケーション: AXIS License Plate Verifier、VaxALPR On Camera、TraFFic CaMMRa、またはVaxALPR On Camera MMC。

  • Country (国名)

    特定の国の車両を検索します。

    アプリケーション: VaxALPR On Camera、TraFFic CaMMRa、またはVaxALPR On Camera MMC。

  • Direction (方向)

    特定の方向に移動する車両を検索します。

    アプリケーション: VaxALPR On Camera、TraFFic CaMMRa、またはVaxALPR On Camera MMC。

  • Type of vehicle (車両の種類)

    特定のタイプの車両を検索します。

    アプリケーション: TraFFic CaMMRaまたはVaxALPR On Camera MMC。

  • Brand (ブランド)

    特定のメーカーの車両を検索します。

    アプリケーション: TraFFic CaMMRaまたはVaxALPR On Camera MMC。

  • Model (モデル)

    車両の検索

    アプリケーション: TraFFic CaMMRaまたはVaxALPR On Camera MMC。

  • Color (カラー)

    特定の色の車両を検索します。

    アプリケーション: TraFFic CaMMRaまたはVaxALPR On Camera MMC。

AXIS Optimizerでは、ゾーン速度検索を使用して、カメラのビュー内の所定のゾーンに入ったときに検出された速度違反車両を検索することができます。 ゾーン速度検索は、AXIS Speed monitorアプリケーションと連携し、カメラのライブビューでレーダー検知ゾーン内の車両の速度を視覚化します。 AXIS Zone speed searchを使用すると、特定のフィルターを設定して検索を絞り込み、調査中にビデオ証拠をエクスポートして共有できます。

要件

  • Milestone XProtectシステム:
    • CorporateまたはExpert 2019 R3以降

    • Professional+またはExpress+ 2022 R3以降

  • NTPと時刻同期されたカメラ
  1. Management Clientで、選択したアプリケーションを実行するカメラを追加します。

  2. 必要なすべての装置を有効にします。 AXIS Zone速度検索を使用するには、カメラ1とメタデータ1が必要です。

  3. メタデータを設定するには:

    1. [Site Navigation > Recording Server (サイトナビゲーション > 録画サーバー)] に移動し、装置を検索します。

    2. メタデータ1を選択し、[Settings (設定)] をクリックします。

    3. [Metadata stream > Event data (メタデータストリーム > イベントデータ)] に移動し、[Yes (はい)] を選択します。

  4. [Record settings (録画の設定)] タブに移動し、録画がメタデータに対して有効になっていることを確認します。

  5. [Save (保存)] をクリックします。

  6. 標準的なユーザーで動作するようにアプリケーションを設定:

    1. 特定のカメラとユーザーに対して、読み取りと再生の権限を追加します。

    2. 特定のカメラとユーザーのメタデータに読み取りと再生の権限を追加します。

ゾーン速度イベントの検索

  1. Smart Clientで、[Search (検索)] に移動します。

  2. 時間の間隔と1台または複数のカメラを選択します。

  3. [Search for > Zone speed search > New search (検索対象 > ゾーン速度検索 > 新規検索)] をクリックします。

  4. 検索結果の数を絞り込むには、検索フィルターを選択します。

    さまざまなフィルターの詳細については、検索の微調整を参照してください。

  5. 詳しく調査をする検索結果を選択します。 たとえば、ブックマークを付ける、または高品質なPDFレポートの作成

速度違反イベントの検索結果を絞り込むには、1つ以上の検索フィルターを使用できます。

  • Max speed (最高速度)

    イベント期間中にゾーン内の任意の物体の最大速度をフィルタリングします。 最高速度の下限と上限の両方を設定できます。

  • Object type (物体タイプ)

    [Vehicle (車両)] を選択すると、ゾーン内の最速の物体が車両として分類される速度違反イベントのみが表示されます。

  • Zone name (ゾーン名)

    名前でゾーンを検索およびフィルターします。

AXIS Optimizerを特定のアプリケーションと組み合わせて用すると、コンテナに関する証拠映像を検索、特定、共有することができます。 コンテナ検索は、以下アプリケーションからのデータをサポートしています:

要件

  • Milestone XProtectシステム:
    • CorporateまたはExpert 2019 R3以降

    • Professional+またはExpress+ 2022 R3以降

  • NTPと時刻同期されたカメラ
  • アプリケーションがコンテナ検索についてに表示されます。
  1. Management Clientで、選択したアプリケーションを実行するカメラを追加します。

  2. 必要なすべての装置を有効にします。

  3. メタデータの設定:

    1. [Site Navigation > Recording Server (サイトナビゲーション > 録画サーバー)] に移動し、装置を検索します。

    2. メタデータ1を選択し、[Settings (設定)] をクリックします。

    3. [Metadata stream > Event data (メタデータストリーム > イベントデータ)] に移動し、[Yes (はい)] を選択します。

  4. [Record settings (録画の設定)] タブに移動し、録画がメタデータに対して有効になっていることを確認します。

  5. [Save (保存)] をクリックします。

  6. 標準的なユーザーで動作するようにアプリケーションを設定する:

    1. 特定のカメラとユーザーに対して、読み取りと再生の権限を追加します。

    2. 特定のカメラとユーザーのメタデータに読み取りと再生の権限を追加します。

コンテナの検索

  1. Smart Clientで、[Search (検索)] に移動します。

  2. 時間の間隔と1台または複数のカメラを選択します。

  3. [Search for > Container search > New search (検索 > コンテナ検索 > 新規検索) をクリックします。

  4. 検索結果の数を絞り込むには、検索フィルターを選択します。

    さまざまなフィルターの詳細については、検索の微調整を参照してください。

  5. 詳しく調査をする検索結果を選択します。 たとえば、ブックマークを付ける、または高品質なPDFレポートの作成

検索の微調整

検索結果の絞り込みには、1つ以上の検索フィルターを使用できます。 すべてのフィルターオプションは、アプリケーションのVaxOCRコンテナーから取得されます。

  • Container code (コンテナーコード)

    特定のコンテナーコードを検索します。

  • Owner (所有者)

    特定の所有者に属するコンテナを検索します。

  • Owner code (所有者コード)

    特定の所有者に属するコンテナを検索します。

  • Size (サイズ)

    特定のサイズのコンテナを検索します。

  • Size code (サイズコード)

  • City or country (都市または国)

  • Validation (検証)

高品質なPDFレポートの作成

検索結果に基づいてレポートを作成します。 この機能を使用すると、結果に高解像度の画像を含めることができます。

  1. Smart Clientで、検索を実行します。

  2. レポートに含める検索結果を選択します。

  3. > [Create high quality PDF report (高画質のPDFレポートの作成)] をクリックします。

  4. (オプション) [Report name (レポート名)]、[Report destination (レポートの送信先)]、[Notes (備考)] を入力します。

  5. 検索結果ごとに、レポートに含めるフレームを選択します。 画像を拡大するには、ダブルクリックします。

  6. [Create (作成)] をクリックします。 レポートの準備が完了すると、通知が届きます。

ナンバープレート検索タブ

ナンバープレート検索タブについて

Smart Clientに別のナンバープレート検索タブを追加できます。 これはたとえば、ご利用のシステムに一元検索がない場合に便利です。 これは、車両検索でナンバープレートを検索する場合と同じ検索です。

開始する前に

  • Milestone XProtect 2018 R3以降が必要です。

  • Milestone Device Pack 10.1以降が必要です。

  • カメラの時刻はNTPで同期されている必要があります。

  • 車両検索について に記載されているアプリケーションの1つを使用します。

ナンバープレート検索タブの設定

  1. Management Clientで、選択したアプリケーションを実行するカメラを追加します。

  2. 必要なすべての装置を有効にします。 AXISライセンスプレート検証ツールを使用するには、カメラ1とメタデータ1が必要です。

  3. メタデータの設定:

    1. [Site Navigation > Recording Server (サイトナビゲーション > 録画サーバー)] に移動し、装置を検索します。

    2. メタデータ1を選択し、[Settings (設定)] をクリックします。

    3. [Metadata stream > Event data (メタデータストリーム > イベントデータ)] に移動し、[Yes (はい)] を選択します。

  4. [Record settings (録画の設定)] タブに移動し、録画がメタデータに対して有効になっていることを確認します。

  5. [Save (保存)] をクリックします。

  6. 標準的なユーザーで動作するようにアプリケーションを設定する:

    1. 特定のカメラとユーザーに対して、読み取りと再生の権限を追加します。

    2. 特定のカメラとユーザーのメタデータに読み取りと再生の権限を追加します。

ナンバープレートの検索

  1. Smart Clientで、[AXIS Optimizer license plate search (AXIS Optimizerナンバープレート検索)] タブに移動します。

    タブが表示されない場合は、[Settings > Axis search options (設定 > Axis検索オプション)] に移動し、[Show license plate search tab (ナンバープレート検索タブの表示)] を選択します。

  2. [Configure devices (装置の設定)] をクリックし、該当するカメラを選択して、[Close (閉じる)] をクリックします。

  3. ナンバープレートとTime interval (時間間隔) を入力して、検索結果をフィルターします。

    検索結果には5,000件を超える結果は表示されません。

    • 選択した2つの日付を [Time interval (カスタム時間間隔)] に入力して、検索結果をフィルターします。

ナンバープレートのライブ検索

  1. Smart Clientで、[AXIS Optimizer license plate search (AXIS Optimizerナンバープレート検索)] タブに移動します。

    タブが表示されない場合は、[Settings > Axis search options (設定 > Axis検索オプション)] に移動し、[Show license plate search tab (ナンバープレート検索タブの表示)] を選択します。

  2. [Configure devices (装置の設定)] をクリックし、該当するカメラを選択して、[Close (閉じる)] をクリックします。

  3. ナンバープレートを入力し、[Time interval (時間間隔)] > [Live (ライブ)] を選択して、検索結果をフィルターします。

    ナンバープレートがカメラで検知されると、リストにライブで表示されます。

    検索結果には5,000件を超える結果は表示されません。

ナンバープレート検索をPDFレポートとしてエクスポートする

この機能を使用して、関心のある検索結果を高画質の画像付きPDFレポートとしてまとめます。

  1. [Export... (エクスポート...)] をクリックします。

  2. [PDF...] を選択します。

  3. (オプション) [Report name (レポート名)]、[Report destination (レポートの送信先)]、[Notes (備考)] を入力します。

  4. 検索結果ごとに、レポートに含めるフレームを選択します。 画像を拡大するには、その画像をダブルクリックします。

  5. [Create (作成)] をクリックします。 レポートの準備が完了すると、通知が届きます。

ナンバープレート検索をCSVレポートとしてエクスポートする

この機能を使用して、大量の検索結果をCSVレポートとしてまとめます。

  1. [Export... (エクスポート...)] をクリックします。

  2. [CSV...] を選択します。

  3. エクスポートするファイルの保存先を選択します。

ビデオのデワープ (歪み補正)

デワープ (歪み補正) 機能について

歪み補正は、広角レンズまたは魚眼レンズによって引き起こされた幾何学的歪み画像のパースペクティブを平坦化し、補正します。 MilestoneのAxisの歪み補正は、Axisの360°各種パノラマカメラで使用することができます。 歪み補正は、カメラ、Smart Clientで直接行います。

歪み補正の詳細:

  • クライアントサイドの歪み補正を使用すると、ライブ映像でも録画映像でもスムーズな歪み補正が可能になります。

  • ビューに戻ると、自動的に最新の歪み補正のポジションに移動します。

  • ビデオをエクスポートする場合は、歪み補正が含まれます。

  • ホームポジションの保存については、次を参照してください。ホームポジションの設定

  • オペレーターが歪み補正ビューの制御と編集を許可されている場合は、次を参照してください。オペレーターによるデワープ (歪み補正) ビューの制御と編集を可能にする

デワープ (歪み補正) ビューの作成

ストリームの歪み補正を最適化するには、Management Clientの [Camera 1 (カメラ1)] の [Video stream 1 (ビデオストリーム1)] で使用可能な最大解像度を選択します。 詳細については、パフォーマンスとトラブルシューティングを参照してください。

  1. Smart Clientを開き、[Setup (設定)] をクリックします。

  2. [Views (ビュー)] に移動します。

  3. [Create new view (新しいビューの作成)] をクリックし、形式を選択します。

  4. [System Overview > AXIS Optimizer (システムの概要 > AXIS Optimizer)] に移動します。

  5. [Dewarping view (歪み補正ビュー)] をクリックし、ビューにドラッグします。

  6. カメラとカメラの現在の取り付け位置を選択します。

  7. [Setup (設定)] をクリックします。

  8. 新しい歪み補正ビューに移動し、をクリックします。

  9. [Set view type (ビュータイプの設定)] をクリックし、オプションを1つ選択します。 カメラの取り付け方法に応じて、[Quad (4分割)]、[Normal (通常)]、[Normal with overview (通常と概要)]、または [Panorama (パノラマ)] を選択できます。

100 % DPIの使用を推奨します。 解像度が100%以外の場合、2番目のディスプレイのAxisの歪み補正が完全に表示されない場合があります。

他のDPI設定を使用した場合、歪み補正ウィンドウが一部しか表示されない場合があります。 この問題を解決するには、次の外部記事の手順に従ってください:

マルチセンサーパノラマカメラ用のデワープ (歪み補正) ビューの作成

AXIS P3807-PVE Network CameraやAXIS Q3819-PVE Panoramic Cameraなど、マルチセンサーパノラマカメラで歪み補正ビューを使用することができます。

  • クライアント側のスティッチング。 カメラがキャプチャーモードのクライアント歪み補正に設定されている場合、AXIS Optimizerは4つの画像を1つのシームレなスパノラマにスティッチングします (AXIS P3807-PVEのみ)。

  • 水平位置の調整。 パノラマの水平位置を調整することができます。 これは、カメラが地面に対して傾いており、地平線が湾曲している場合に役立ちます。 これにより、バーチャルなPTZコントロールもさらに直感的に操作できるようになります。

  • PTZコントロール。 PTZカメラのような映像の拡大や移動が可能になります。

要件

  • XProtect Corporate、Expert、Professional+、Express+、Essential+でSmart Client 2017 R3以降を動作させている。
  • 以下のいずれかのユーザー権限を持つユーザーであること:
    • Optimizerの役割

    • ハードウェア > ドライバーコマンド = 許可

  • Axisマルチセンサーパノラマカメラ
  1. 該当する場合は、装置の初期設定時に、キャプチャーモードを [Client Dewarp (クライアントの歪み補正)] に設定します。

  2. Smart Clientを開き、[Setup (設定)] をクリックします。

  3. [Views (ビュー)] に移動します。

  4. [Create new view (新しいビューの作成)] をクリックし、形式を選択します。

  5. [System Overview > AXIS Optimizer (システムの概要 > AXIS Optimizer)] に移動します。

  6. [Dewarping view (歪み補正ビュー)] をクリックし、ビューにドラッグします。

  7. マルチセンサーパノラマカメラを選択します。

    マルチセンサーパノラマカメラを初めて歪み補正ビューに追加すると、ビューの上に水平線キャリブレーションウィンドウが表示されます。

  8. 矢印をクリックすると、赤い線が地平線に揃うようになります。

  9. [Done (完了)] をクリックして設定を保存し、キャリブレーションモードを終了します。

ホームポジションの設定

  1. Smart Clientで、歪み補正ビューを開きます。

  2. ホームポジションとして保存する位置に移動します。

  3. をクリックし、[Set home position (ホームポジションの設定)] を実行します。

オペレーターによるデワープ (歪み補正) ビューの制御と編集を可能にする

オペレーターが歪み補正ビューを制御・編集できるかどうかを設定できます。詳細は、オペレーターがアクセスできる機能をカスタマイズ を参照してください。

パフォーマンスとトラブルシューティング

パフォーマンスに関する一般的な検討事項

  • Axisのビデオの歪み補正は可能な限りGPUで行いますが、ビデオの歪み補正によってCPUに負荷がかかります。

  • 多くの歪み補正ビューでフレームレートの低下を防ぐには、次の点に考慮してください:

    • カメラの解像度。 カメラの解像度が2880x2880の高解像度の場合、1920x1920と比較して高い処理能力が必要となります。

    • カメラのフレームレート。 高フレームレートが必要ない場合は、低フレームレートに変更することで、歪み補正ビューなどでのちらつきを防ぐことができます。

    • モニターの解像度。 高解像度モニター (4Kなど) では、映像の表示に多くのリソースが必要となります。 高解像度が不要な場合は、モニターの解像度を低くすることで、より多くの歪み補正ビューをちらつきなしで実行できるようになります。

ダイナミック解像度

  • ビデオストリームは、ビデオの質を低下させることなく、可能なかぎり自動的にダウンスケールされます。 これにより、歪み補正ビューのパフォーマンスが向上します。

  • オーバービューからのズームイン時に明滅が発生する場合は、ダイナミック解像度をオフにすると解消される場合があります。

  • ダイナミック解像度のオン/オフを切り替えるには、以下の手順に従います。 Smart Clientで、[Settings > Axis dewarping options > Rendering options (設定 > Axis歪み補正オプション > レンダリングオプション)] に移動し、[Dynamic resolution (ダイナミック解像度)] を選択またはクリアします。

  • Dynamic resolution (ダイナミック解像度) はデフォルトで有効になっています。

互換性レンダリング

  • 歪み補正された画像に黒い画像などの視覚的エラーがある場合、またはパフォーマンスが想定よりも悪いと思われる場合は、互換性レンダリングを有効にしてください。 互換性レンダリングの弊害として、ビュー間の遷移や再生時のスクラビングでちらつきが発生する場合があります。

  • 互換性レンダリングのオン/オフを切り替えるには、以下の手順に従います。 Smart Clientを開き、[Settings > Axis dewarping options > Rendering options (設定 > Axis歪み補正オプション > レンダリングオプション)] に移動し、Use compatibility rendering (互換性レンダリングの使用)] を選択またはクリアします。

  • [Use compatibility rendering (互換性レンダリングの使用)] は、デフォルトでは無効になっています。

想定される動作

Intel Core i7 8700、NVIDIA Gefore 1050 GTX、3台の1920x1080モニターで構成されるリファレンスシステムで、次のことが可能です。

  • 1920x1920の解像度で25fpsの7つの歪み補正ビューをフレーム低下なしで実行可能、また

  • 解像度2880x2880、25fpsで4つの歪み補正ビューを実行

3台のディスプレイのうち1台が1920x1080ではなく4Kの解像度で動作している場合、次の動作が期待できます:

  • 1920x1920の解像度で25fpsの5つの歪み補正ビューをフレーム低下なしで実行可能、また

  • 解像度2880x2880、25fpsで3つの歪み補正ビューを実行。 各モニターで歪み補正ビューを1個表示。

リニアなフレームレートと解像度のスケール。 30fpsの歪み補正ビューを5個実行できるコンピューターでは、フレームレートを15fpsに下げると10個のビューを実行できます。

装着式の統合

AXIS Optimizer Body Worn Extensionについて

AXIS Optimizer Body Worn Extensionは、現場カメラのユーザーがビデオを録画し、タグ付けし、オフィスないの調査員と共有できるため、調査員はMilestone XProtectを使用して証拠ビデオを検索・管理することができます。 このサービスにより、Axisの装着式システムとMilestone XProtectとの接続・転送を安全に実施できます。 AXIS Body Worn Extensionは、録画サーバーにインストールして使用する、無料のスタンドアロンサービスです。

対応しているバージョンは次のとおりです:

  • Milestone XProtect® 2020 R1 Corporate以降のバージョン
  • Milestone XProtect® 2020 R1 Professional+以降のバージョン
  • Milestone XProtect® 2020 R1 Expert または新しいバージョン

最新の XProtect ホットフィックスおよび累積パッチインストーラーを必ず使用してください。

詳細情報

  • サービス本体のダウンロードや、統合ガイド、ソリューションノートについては、axis.com にアクセスしてください。

  • ユーザーマニュアルは、次のページで参照できます: axis.help.com

セキュリティコントロールとシステム管理

オペレーターがアクセスできる機能をカスタマイズ

役割の設定について

Smart ClientのオペレーターがアクセスできるAXIS Optimizerの機能を設定できます。 また、オペレーターのサブ機能の一部をオン/オフにすることができます。 この機能の [Role settings (役割の設定)] は、デフォルトではオフになっています。 そのため、デフォルトではユーザーがMilestone XProtectで必要な装置の権限が付与されている限り、AXIS OptimizerのSmart Clientのすべての機能にアクセスできます。

役割設定の定義

[Role settings (役割の設定)] をオンにします。

  1. Management Clientで、[Site Navigation > Security > AXIS Optimizer Security (サイトナビゲーション > セキュリティ > AXIS Optimizerのセキュリティ)] に移動します。

  2. [Enable Role settings (役割の設定を有効にする)] を選択します。

  3. Management Clientを再起動します。

Role settings (役割設定) を定義する:

  1. Management Clientで、[Site Navigation > Security > Roles (サイトナビゲーション > セキュリティ > 役割)] に移動します。

  2. 役割を選択し、[Overall security (全体的なセキュリティ)] に移動します。

  3. [AXIS Optimizer Security (AXIS Optimizerのセキュリティ)] をクリックします。

  4. 役割がアクセスできる機能、アクセスできない機能を選択します。

    • Full control (フルコントロール)
      オペレーターの役割に、すべてのAXIS Optimizerへのフルアクセス権を割り当てます。

    • Edit (not applicable) (編集 (適用なし))
      AXIS Optimizerの役割設定に適用されないMilestone XProtectの機能です。

    • Access AXIS Optimizer in Management Client (Management ClientでのAXIS Optimizerへのアクセス)
      オペレーターの役割で、Management Client内のすべてのAXIS Optimizerの管理機能を使用することができます。

    • Manage AXIS Optimizer security (AXIS Optimizerのセキュリティの管理)
      オペレーターの役割は、[Site Navigation > Security > AXIS Optimizer Security (サイトナビゲーション > セキュリティ > AXIS Optimizerのセキュリティ)] で変更できます。

    • Dynamic camera operator controls (ダイナミックカメラオペレーターコントロール)
      オペレーターの役割で、システムが装置上で見つけた検出したプリインストールされた機能にアクセスできます。

    • Remote focus operator control (リモートフォーカスオペレーターコントロール)
      オペレーターの役割で、固定ドームカメラにリモートフォーカスを設定できます。

    • PTZ operator controls (PTZオペレーターコントロール)
      オペレーターの役割で、次のオペレーターPTZ コントロールにアクセスできます: フォーカスコントロール、PTZプリセット、Autotracking 2用オペレーターコントロール、ウォッシャー、SpeedDry/ワイパーボタン。

    • Temperature spot measurement control (温度スポット測定コントロール)
      オペレーターの役割で、AXIS Q2901-Eのスポット温度を測定できます。

    • Speaker operator control (スピーカーオペレーターコントロール)
      オペレーターの役割で、Smart Clientのすべてのスピーカーマネージャー機能にアクセスできます。

    • Access visitor management (訪問者の管理)
      オペレーターは、訪問者管理に関するあらゆるものにアクセスでき、たとえば、呼び出しに応答したり、ライブビューでドアを開けたりすることができます。

    • Access call history (呼び出し履歴へのアクセス)
      オペレーターの役割で、ドアステーションの呼び出し履歴にアクセスすることができます。 この設定を使用するには、Access visitor management (訪問者管理へのアクセス)を許可する必要があります。

    • Extended search functions (拡張検索機能)
      [Deny (拒否)] を選択すると、Smart Clientの [AXIS License Plate Verifier] タブは非表示になります。 また、一元検索では車両とコンテナの検索を使用できません。

    • Control dewarping view (歪み補正ビューの制御)
      オペレーター役割で、歪み補正ビュー内を移動することができます。

    • Edit a dewarping view’s home position (歪み補正ビューのホームポジションの編集)
      オペレーターの役割で、カメラのホームポジションを編集することができます。

    • Web page (Webページ)
      オペレーターの役割で、Webブラウザーを使用してビューを作成できます。

    • ナンバープレートリストの管理
      オペレーターの役割で、ナンバープレートリストを表示および編集できます。

  5. [Save (保存)] をクリックします。

  6. システムで実行中のすべてのSmart Clientを再起動します。

役割の設定をオフにする

  1. Management Clientで、[Site Navigation > Security > AXIS Optimizer Security (サイトナビゲーション > セキュリティ > AXIS Optimizerのセキュリティ)] に移動します。

  2. [Enable Role settings (役割の設定を有効にする)] をオフにします。

  3. Management Clientを再起動します。

  4. システムで実行中のすべてのSmart Clientを再起動します。

装置の管理

AXIS Device Manager Extendについて

AXIS Optimizerでは、AXIS Device Manager Extendを使用して、複数のサイトの装置を管理することができます。 録画サーバーにサイトコントローラーを設定することで、AXIS Device Manager ExtendはMilestone XProtectシステム内の装置に接続できます。 単一のユーザーインターフェースから、複数の装置やサイトの保証情報の確認やファームウェアのアップグレードを簡単に行うことができます。

AXIS Device Manager Extendの詳細については、ユーザーマニュアルを参照してください。

要件

  • まず、[MyAxis account (MyAxisアカウント)] にログインします。
  • 録画サーバーはインターネットにアクセスできる必要があります。
  • ファームウェアバージョン6.50を実行している装置のみでサポートされます。 サポートされている装置については、FAQを参照してください。

サイトコントローラーのインストール

サイトコントローラーは、AXIS Device Manager ExtendがMilestone XProtectシステム内のローカル装置との通信を可能にするオンプレミス型管理サービスです。

Milestone XProtectでAXIS Device Manager Extendを使用するには、サイトコントローラーとデスクトップクライアントをインストールする必要があります。 サイトコントローラーとデスクトップクライアントの両方が、AXIS Device Manager Extendインストーラーに含まれています。

  1. AXIS Device Manager Extend インストーラーをダウンロードします。

    サイトコントローラーは、Milestone XProtect録画サーバーにインストールする必要があります。

  2. 録画サーバー上でインストーラーを実行し、サイトコントローラーのインストールのみを選択します。

オープンネットワークポートやその他の要件の詳細については、Axis Device Manager Extendユーザーマニュアルを参照してください。

サイトコントローラーの申し立てと装置の同期

  1. Management Clientを開きます。

  2. [Site Navigation > AXIS Optimizer > System Overview (サイトナビゲーション > AXIS Optimizer > システムオーバービュー)] に移動します。

  3. を選択して、MyAxisにログインします。

  4. 申し立てる準備が整っているサイトコントローラーがインストールされている録画サーバータイルをクリックします。

  5. サイドバーで、組織を新規作成するか、以前に作成した組織を選択します。

  6. サイトコントローラーをクリックして申し立てをします。

  7. ページが再読み込みされるまで待ち、[Synchronize (同期)] をクリックします。

    録画サーバー上のすべてのAxis装置がサイトコントローラーに追加され、選択した組織に属します。

  8. AXIS Device Manager Extendは、Milestone XProtectのAxisハードウェアにアクセスできる必要があります。 サポートされている装置の詳細については、サイトコントローラーに装置を追加する際のトラブルシューティングを参照してください。

  9. 録画サーバーに新しい装置を追加したり、装置名を変更したりする場合は、手順7を再度実行して、変更内容をAXIS Device Manager Extendシステムと同期します。

  10. AXIS Device Manager Extendに追加する装置を持つすべての録画サーバーについて、手順4~7を繰り返します。

サイトコントローラーのステータス

システムオーバービューの各録画サーバーでは、サイトコントローラーがインストール済みか申し立て済みかを確認できます。

  • – 録画サーバーでサイトコントローラーが検知されませんでした。 サイトコントローラーがインストールされていない場合は、サイトコントローラーを録画サーバーにダウンロードしてインストールします。サイトコントローラーのインストールを参照してください。

  • – サイトコントローラーがインストール済みですが、申し立てされていません。 組織を新規作成するか、以前に作成した組織を選択することで、サイトコントローラーを申し立てます。サイトコントローラーの申し立てと装置の同期を参照してください。

  • – サイトコントローラーが申し立てされ、Milestone XProtect装置とAXIS Device Manager Extendの同期に使用できます。

AXIS Device Manager Extendを使って装置を設定する

装置がサイトコントローラーに同期されると、AXIS Device Manager Extendで装置を設定できます。 これは、インターネットに接続されている任意のPCから行うことができます。

リモート接続も使用して装置を管理する場合は、各サイトコントローラーでリモートアクセスをオンにする必要があります。

  1. AXIS Device Manager Extendデスクトップアプリケーションをインストールして開きます。

  2. サイトコントローラーの申し立てに使用した組織を選択します。

  3. 同期された装置は、Milestone XProtect録画サーバーと同じ名前のサイトで見つけることができます。

サイトコントローラーに装置を追加する際のトラブルシューティング

サイトコントローラーに装置を追加する際に問題が発生した場合は、以下の手順を実行してください。

  • AXIS Optimizerは、Milestone XProtectから有効なハードウェアのみを追加します。

  • Milestone XProtectでハードウェアとの接続が切れていないか確認します。

  • 装置にファームウェア6.50以上がインストールされている必要があります。

  • 装置がダイジェスト認証に設定されていることを確認します。 デフォルトでは、AXIS Device Managementはベーシック認証に対応していません。

  • AXIS Device Manager Extendアプリケーションから装置を直接追加します。

  • AXIS Device Manager Extendからログを収集して、Axisのサポートにお問い合わせください。

    1. AXIS Device Manager Extendアプリケーションで、カメラがインストールされている録画サーバー上の特定のサイトに移動します。

    2. [Settings (設定)] に移動し、[Download sitelog (サイトログのダウンロード)] をクリックします。

さらに支援が必要ですか?

FAQ

質問

回答

クライアントPCがインターネット接続できない場合、AXIS Optimizerをどのように更新すればよいですか?

新しいバージョンをVMS管理サーバーに公開します。詳細:システムを自動的にアップグレードする

AXIS Optimizer 4.0にアップグレードする前に設定をバックアップする必要がありますか?

いいえ、バックアップする必要はありません。 バージョン4.0へのアップグレードでは何も変更されません。

AXIS Optimizerを搭載しているクライアントPCが30台以上ある場合、1台ずつアップグレードする必要がありますか?

クライアントを個別にアップグレードできます。

ローカルのAXIS Optimizerバージョンをシステムに公開して、アップグレードを自動的にプッシュすることもできます。システムを自動的にアップグレードするを参照してください。

AXIS Optimizer内の各プラグインは、個別に有効化/無効化できますか?

できません。ですが、これらを積極的に使っていない場合はリソースを消費することはありません。

AXIS Optimizerはどのポートを使用していますか?

ポート80と443です。このどちらもaxis.comとの通信に必要であり、システムが新しいリリースの情報を取得し、更新をダウンロードできるようになります。

トラブルシューティング

技術的な問題がある場合は、デバッグログをオンにして問題を再現し、Axisサポートにログを提供してください。

デバッグログをオンにする方法:

  1. Smart Clientで、[Settings > Axis general options (設定 > Axisの一般的なオプション)] に移動し、[Turn on debug logging (デバッグログをオンにする)] を選択します。

クライアントがサポートしているAXIS Optimizerの機能を確認する方法:

  1. Smart Clientで、[Settings > Axis general options (設定 > Axisの一般的なオプション)] に移動し、[Show compatibility info (互換性情報の表示)] を選択します。

サポートに問い合わせる

axis.com/supportでサポートに問い合わせます。

ヒント

Smart ClientビューでのWebページの追加

AXIS Optimizerは、HTMLページだけでなく、ほとんどのWebページをSmart Clientで直接表示することができます。 このWebビューは、最新のブラウザーエンジンを搭載しているため、ほとんどのWebページとの互換性があります。 Smart ClientからAXIS Body Worn Managerにアクセスする場合や、ライブビューの横にAXIS Store Reporterのダッシュボードを表示したい場合などに便利です。

  1. Smart Clientで、[Setup (設定)] をクリックします。

  2. [Views (ビュー)] に移動します。

  3. 新しいビューを作成するか、既存のビューを選択します。

  4. [System Overview > AXIS Optimizer (システムの概要 > AXIS Optimizer)] に移動します。

  5. [Web view (ウェブビュー)] をクリックし、ビューにドラッグします。

  6. アドレスを入力し、[OK] をクリックします。

  7. [Setup (設定)] をクリックします。