AXIS Q1715 Block Camera

設置

製品のインストールビデオ。

はじめに

ネットワーク上の装置を検索する

Windows®でAxis装置を探してIPアドレスの割り当てを行う方法については、AXIS IP UtilityまたはAXIS Device Managerを使用してください。 いずれのアプリケーションも無料で、axis.com/supportからダウンロードできます。

IPアドレスの検索や割り当てを行う方法の詳細については、IPアドレスの割り当てと装置へのアクセス⽅法を参照してください。

ブラウザーサポート

以下のブラウザーで装置を使用できます。

ChromeTM

Firefox®

EdgeTM

Safari®

Windows®

推奨

推奨

macOS®

推奨

推奨

Linux®

推奨

推奨

その他のオペレーティングシステム

✓*

* iOS 15またはiPadOS 15でAXIS OS Webインターフェースを使用するには、[設定] > [Safari] > [詳細] > [Experimental Features] に移動し、[NSURLSession Websocket] を無効にします。

推奨ブラウザーの詳細については、AXIS OSポータルにアクセスしてください。

装置のWebページを開きます

  1. ブラウザーを開き、Axis装置のIPアドレスまたはホスト名を入力します。

    本製品のIPアドレスが不明な場合は、AXIS IP UtilityまたはAXIS Device Managerを使用して、ネットワーク上で装置を見つけます。

  2. ユーザー名とパスワードを入力します。 初めて装置にアクセスする場合は、rootパスワードを設定する必要があります。rootアカウントの新しいパスワードを設定するを参照してください。

ファームウェアが改ざんされてないことを確認する

  1. 装置に元のAxisファームウェアが搭載されていることを確認するか、またはセキュリティ攻撃が行われた後に装置を完全に制御するには、以下の手順に従います。
  2. 工場出荷時の設定にリセットします。工場出荷時の設定にリセットするを参照してください。

    リセットを行うと、セキュアブートによって装置の状態が保証されます。

  3. 装置を設定し、インストールします。

rootアカウントの新しいパスワードを設定する

デフォルトの管理者ユーザー名はrootです。 rootアカウントにはデフォルトのパスワードはありません。 パスワードは、装置に初めてログインしたときに設定します。

  1. パスワードを入力します。 安全なパスワードを設定する手順に従います。安全なパスワードを参照してください。

  2. パスワードを再入力して、スペルを確認します。

  3. [Add user (ユーザーの追加)] をクリックします。

重要

rootアカウントのパスワードを忘れた場合は、工場出荷時の設定にリセットする にアクセスし、説明に従って操作してください。

安全なパスワード

重要

Axis装置は、最初に設定されたパスワードをネットワーク上で平文で送信します。 最初のログイン後に装置を保護するために、安全で暗号化されたHTTPS接続を設定してからパスワードを変更してください。

装置のパスワードは主にデータおよびサービスを保護します。 Axis装置は、さまざまなタイプのインストールで使用される可能性があることから、パスワードポリシーを強制しません。

データを保護するために、次のことを強く推奨します。

  • 8文字以上のパスワードを使用する (できればパスワード生成プログラムで作成する)。

  • パスワードを公開しない。

  • 一定の期間ごとにパスワードを変更する (少なくとも年に1回)。

Webページの概要

このビデオでは、装置インターフェースの概要を説明します。

Axis装置のwebインターフェース

装置を構成する

画像を調整する

このセクションでは、装置の設定について説明します。 特定の機能の詳細については、詳細情報を参照してください。

カメラを水平にする

  1. 参照エリアまたは物体との関係で表示を調整するには、レベルグリッドとカメラの機械的な調整を組み合わせて使用します。
  2. [Video > Image > (ビデオ > 画像 >)] に移動し、 をクリックします。

  3. をクリックすると、レベルグリッドが表示されます。

  4. 参照エリアまたは物体の位置がレベルグリッドと揃うまで、カメラを機械的に調整します。

フォーカスを調整する

  • 本製品には以下の3つのフォーカスモードがあります。
  • Auto (オート): 画像全体に基づいて自動的にフォーカスが調整されます。

  • Area (エリア): 画像の選択したエリアに基づいて、自動的にフォーカスが調整されます。

  • Manual (手動): 固定距離でフォーカスを手動で設定します。

  1. オートフォーカスをオフにし、フォーカスを手動で調整するには、次のように操作します。
  2. ライブビューウィンドウで、[Zoom (ズーム)] スライダーが表示されている場合は、[Zoom (ズーム)] をクリックし、[Focus (フォーカス)] を選択します。

  3. をクリックし、スライダーを使用してフォーカスを設定します。

シーンプロファイルの選択

シーンプロファイルは、カラーレベル、輝度、シャープネス、コントラスト、ローカルコントラストを含む事前に定義されている画像設定のセットです。 シーンプロファイルは、ある特定のシナリオ設定を迅速に行う目的で製品に事前設定されています。例えば、監視の用途に最適化されたForensic (フォレンジック)などがこれに含まれます。 使用可能な各設定については、を参照してください。

カメラの初期設定を行う際にシーンプロファイルを選択できます。 シーンプロファイルは、後から選択や変更することもできます。

  1. [Video > Image > Appearance (ビデオ > 画像 > 外観)] に移動します。

  2. [Scene profile (シーンプロファイル)] に移動し、プロファイルを選択します。

低遅延モードで画像処理時間を短縮する

低遅延モードをオンにすることで、ライブストリームの画像処理時間を最適化できます。 ライブストリームの遅延が最小限に短縮されます。

  1. [System > Plain config (システム > プレイン設定)] に移動します。

  2. ドロップダウンリストから [ImageSource (画像ソース)] を選択します。

  3. [ImageSource/I0/Sensor > Low latency mode (画像ソース/I0/センサー > 低遅延モード)] に移動し、[On (オン)] を選択します。

  4. [Save (保存)] をクリックします。

露出モードを選択する

監視カメラのシーンに合わせて画質を向上させるには、露出モードを使用します。 露出モードでは、開口、シャッター、ゲインを制御できます。 [Video (ビデオ) > Image (画像) > Exposure (露出)] に移動し、以下の露出モードから選択します。

  • ほとんどの用途では、[Automatic (自動)] 露出を選択します。

  • 蛍光灯など、特定の人工照明がある環境では、[Flicker-free (ちらつき防止)] を選択します。

    電源周波数と同じ周波数を選択します。

  • 蛍光灯照明がある夜間の屋外や太陽光が射す日中の屋外など、特定の人工照明や明るい光がある環境では、[Flicker-reduced (ちらつき低減)] を選択します。

    電源周波数と同じ周波数を選択します。

  • 現在の露出設定を固定するには、[Hold current (現在の状態で固定)] を選択します。

低照度環境でノイズを減らす

低照度の条件下でノイズを少なくするために、以下のうち1つ以上の設定ができます。

  • ノイズと動きによる画像のブレの間のトレードオフを調整します。 [Settings > Image > Exposure (設定 > 画像 > 露出)] に移動し、[Blur-noise trade-off (ブレとノイズのトレードオフ)] スライダーを [Low noise (低ノイズ)] の方に動かします。

  • [露出モード] を [自動] に設定します。

  • 最大シャッター値が高いと、動きによる画像のブレが生じる場合があります。

  • シャッター速度を遅くするには、最大シャッターをできるだけ大きな値に設定します。

  • 最大ゲインを下げると、画像が暗くなる場合があります。

  • 最大ゲインをより低い値に設定します。

  • 可能であれば、開口部を開きます。

逆光の強いシーンを処理する

ダイナミックレンジとは、画像内の明るさのレベルの差のことです。 最も暗い部分と最も明るい部分の差がかなり大きい場合があります。 その場合、暗い部分か明るい部分の画像だけが見えることがよくあります。 ワイドダイナミックレンジ (WDR) を使用すると、画像の暗い部分と明るい部分の両方が見えるようになります。

WDRを使用していない画像。
WDRを使用している画像。
  • WDRを使用すると、画像にノイズが発生することがあります。
  • WDRは、一部のキャプチャーモードでは使用できない場合があります。
  1. [Settings > Image > Wide dynamic range (設定 > 画像 > ワイドダイナミックレンジ)] に移動します。

  2. [WDR (ワイドダイナミックレンジ)] をオンにします。

  3. [Local contrast (ローカルコントラスト)] スライダーを使用して、WDRの量を調整します。

  4. [Tone mapping (トーンマッピング)] スライダーを使用して、WDRの量を調整します。

  5. それでも問題が発生する場合は、[Exposure (露出)] に移動して [Exposure zone (露出エリア)] を調整し、対象範囲をカバーします。

WDRとその使用方法の詳細については、axis.com/web-articles/wdrをご覧ください。

揺れる映像を電子動体ブレ補正 (EIS) によって安定させる

電子動体ブレ補正 (EIS) は、風が当たる場所や車が往来する場所など、露出した場所に本製品が設置されており、本製品が振動する環境で使用することができます。

EISを使用すると、画像がより滑らかになり、安定し、ブレにくくなります。 また、圧縮された画像のファイルサイズが削減され、ビデオストリームのビットレートも低くなります。

EISがオンのときは、画像がわずかにクリッピングされ、最大解像度が低くなります。

  1. [Video (ビデオ)] > [Installation (インストール)] > [Image correction (画像補正)] に移動します。

  2. [Electronic image stabilization (EIS) (電子動体ブレ補正 (EIS))] をオンにします。

細長いエリアを監視する

階段、廊下、道路またはトンネルなどの細長いエリアにおける視野をすべてよりよく活用するためには、Corridor Formatを使用します。

  1. 装置によって、カメラまたはカメラの3軸レンズの向きを90°または270°回転します。

  2. 装置がビューの自動回転を行わない場合は、[Video (ビデオ) > Installation (インストール)] に移動します。

  3. 視野を90°または270°回転させます。

詳細については、axis.com/axis-corridor-formatをご覧ください。

ピクセル解像度の確認

画像の定義された部分に、たとえば人物の顔を認識するのに十分なピクセルが含まれていることを確認するには、ピクセルカウンターを使用します。

  1. [Video > Image (ビデオ > 画像)] に移動し、 をクリックします。

  2. [Pixel counter (ピクセルカウンター)]の をクリックします。

  3. カメラのライブビューで、顔が表示されることが予想される位置など、対象範囲の四角形のサイズおよび位置を調整します。

    四角形の各辺 (XとY) のピクセル数が表示され、値がニーズを満たすのに十分かどうかを決定することができます。

プライバシーマスクで画像の一部を非表示にする

1つ以上のプライバシーマスクを作成して、画像の一部を隠すことができます。

  1. [Video (ビデオ) > Privacy masks (プライバシーマスク)] に移動します。

  2. をクリックします。

  3. 新しいマスクをクリックし、名前を入力します。

  4. 必要に応じて、プライバシーマスクのサイズと位置を調整します。

  5. すべてのプライバシーマスクの色を変更するには、[Privacy masks (プライバシーマスク)] をクリックし、色を選択します。

プライバシーマスクも参照してください

画像オーバーレイを表示する

ビデオストリームのオーバーレイとして画像を追加することができます。

  1. [Video (ビデオ)] > [Overlays (オーバーレイ)] に移動します。

  2. [Image (画像)] を選択し、をクリックします。

  3. [Images (画像)] タブに移動します。

  4. 画像をドラッグアンドドロップします。

  5. [Upload (アップロード)] をクリックします。

  6. [Manage overlay (オーバーレイの管理)] タブに移動します。

  7. 画像と位置を選択します。 ライブビューのオーバーレイ画像をドラッグして位置を変更することもできます。

カメラビューを調整する (PTZ)

パン/チルト/ズームのさまざまな設定の詳細については、パン、チルト、ズーム (PTZ)を参照してください。

ズーム動作を制限する

シーン内にカメラがズームインできないようにしたい部分がある場合は、最大ズームレベルを制限することができます。 たとえば、監視する予定の駐車場に近い場所にあるアパートの居住者のプライバシーを保護する必要がある場合です。

最大ズームレベルを制限するには:

  1. をクリックし、[ Legacy device interface (従来の装置インターフェース)]を選択します。

  2. [ Settings > PTZ > Limits (設定 > PTZ (パン/チルト/ズーム) > 制限) ]に移動し、必要に応じて制限を設定します。

プリセットポジションを含むガードツアーを作成する

ガードツアーを使用して、さまざまなプリセットポジションからのビデオストリームを、設定した時間中、あらかじめ決められた順序またはランダムな順序で表示することができます。

  1. [PTZ > legacy device interface (PTZ > 従来の装置インターフェース)] に移動します。

  2. 従来の装置インターフェースで、[PTZ > Guard tours (PTZ > ガードツアー)] に移動します。

  3. [+] をクリックします。

  4. ガードツアーのプロパティを編集するには、 をクリックします。

  5. ガードツアーの名前を入力し、各ツアー間で一時停止する長さを分単位で指定します。

  6. ガードツアーがランダムな順番でプリセットポジションに移動するように指定するには、[シャッフル] をオンにします。

  7. [完了] をクリックします。

  8. [追加] をクリックして、ガードツアーに追加するプリセットポジションを指定します。

  9. [Done (完了)] をクリックして、ガードツアーの設定を終了します。

  10. ガードツアーのスケジュールを設定するには、[System > Events (システム > イベント)] に移動します。

ビデオを表示する、録画する

このセクションでは、装置の設定について説明します。 ストリーミングとストレージの動作の詳細については、ストリーミングとストレージを参照してください。

帯域幅とストレージ容量を削減する

重要

帯域幅を削減すると、画像の詳細が失われる場合があります。

  1. [Video (ビデオ) > Stream (ストリーム)] に移動します。

  2. ライブビューで、 をクリックします。

  3. [Video format (ビデオ形式)H.264] を選択します。

  4. [Video (ビデオ) > Stream (ストリーム) > General (一般)] に移動し、[Compression (圧縮率)] を上げます。

  5. Video (ビデオ) > Stream (ストリーム) > H.264 and H.265 encoding (H.264 /H.265 エンコード) に移動し、以下の1つ以上の操作を行います。

    • 使用する [Zipstream] レベルを選択する。

    • [Zipstream] 設定はH.264とH.265の両方で使用されます。

    • [Dynamic FPS (ダイナミックFPS)] をオンにする。

    • [Dynamic GOP (ダイナミックGOP)] をオンにし、GOP 長を高い [Upper limit (上限)] に設定する。

ほとんどのWebブラウザーはH.265のデコードに対応していないため、装置はWebインターフェースでH.265をサポートしていません。 その代わり、H.265デコーディングに対応したビデオ管理システムやアプリケーションを使用できます。

ネットワークストレージを設定する

  1. ネットワーク上に録画を保存するには、以下のようにネットワークストレージを設定する必要があります。
  2. [System > Storage (システム > ストレージ)] に移動します。

  3. [Network storage (ネットワークストレージ)] で [Add network storage (ネットワークストレージを追加)] をクリックします。

  4. ホストサーバーのIPアドレスを入力します。

  5. [Network Share (ネットワーク共有)] で、ホストサーバー上の共有場所の名前を入力します。

  6. ユーザー名とパスワードを入力します。

  7. SMBバージョンを選択するか、[Auto (自動)] のままにします。

  8. 一時的な接続の問題が発生し場合や、共有がまだ設定されていない場合に接続が失敗した場合は、[Add share even if connection fails (接続テストの失敗時でも共有を追加する)] をオンにします。

  9. [[Add (追加)]] をクリックします。

ビデオを録画して見る

  1. カメラから直接ビデオを録画する
  2. [Video (ビデオ) > Image (画像)] に移動します。

  3. 録画を開始するには、をクリックします。

    ストレージを設定していない場合は、[Set up (設定)] をクリックします。 ネットワークストレージの設定手順については、次を参照してください: ネットワークストレージを設定する

  4. 録画を停止するには、もう一度 をクリックします。

  1. ビデオを見る
  2. [Recordings (録画)] に移動します。

  3. リスト内で録画のをクリックします。

イベントのルールを設定する

特定のイベントが発生したときに装置にアクションを実行させるように、ルールを作成することができます。 ルールは条件とアクションで構成されます。 条件を使用して、アクションをトリガーすることができます。 たとえば、装置は動きを検知したときに、録画を開始したり、電子メールを送信したりすることができ、装置が録画をしている間にオーバーレイテキストを表示することができます。

詳細については、ガイド「イベントのルールの使用開始」を参照してください。

アクションをトリガーする

  1. [System > Events (システム > イベント)] に移動し、ルールを追加します。 このルールでは、装置が特定のアクションを実行するタイミングを定義します。 ルールは、スケジュールや繰り返しとして設定することも、手動でトリガーするように設定することもできます。

  2. [Name (名前)] に入力します。

  3. アクションをトリガーするために満たす必要がある [Condition (条件)] を選択します。 ルールに複数の条件を指定した場合は、すべての条件が満たされたときにアクションがトリガーされます。

  4. 条件が満たされたときに装置が実行する [Action (アクション)] を選択します。

アクティブなルールを変更する場合は、ルールを再度オンにして変更内容を有効にする必要があります。

カメラが物体を検知したときにビデオを録画する

この例では、カメラが物体を検知したときにSDカードへの録画を開始するようにカメラを設定する方法について説明します。 録画には、検知開始前の5秒と検知終了後の1分の映像が含まれます。

開始する前に:

  • SDカードが装着されていることを確認します。

  1. アプリケーションが実行されていない場合は、起動します。

  2. ニーズに合わせてアプリケーションを設定していることを確認します。

  1. ルールを作成する:
  2. [System > Events (システム > イベント)] に移動し、ルールを追加します。

  3. ルールの名前を入力します。

  4. アクションのリストで、[Recordings (録画)] の [Record video while the rule is active (ルールがアクティブである間、ビデオを録画する)] を選択します。

  5. ストレージオプションのリストで、[SD_DISK] を選択します。

  6. カメラとストリームプロファイルを選択します。

  7. プリトリガー時間を 5秒に設定します。

  8. ポストバッファ時間を [1 minute(1分)] に設定します。

  9. [Save (保存)] をクリックします。

装置が物体を検知したときにビデオストリームにテキストオーバーレイを表示する

この例では、装置が物体を検知したときに「動体検知」というテキストを表示する方法を示します。

  1. アプリケーションが実行されていない場合は、起動します。

  2. ニーズに合わせてアプリケーションを設定していることを確認します。

  1. オーバーレイテキストの追加:
  2. [Video (ビデオ) > Overlays (オーバーレイ)] に移動します。

  3. [Overlays (オーバーレイ)] で [Text (テキスト)] を選択し、 をクリックします。

  4. テキストフィールドに「#D」と入力します。

  5. テキストのサイズと外観を選択します。

  6. テキストオーバーレイを配置するには、をクリックしてオプションを選択します。

  1. ルールを作成する:
  2. [System > Events (システム > イベント)] に移動し、ルールを追加します。

  3. ルールの名前を入力します。

  4. アクションのリストで [Overlay text (オーバーレイテキスト)] で、[Use overlay text (オーバーレイテキストを使用する)] を選択します。

  5. ビデオチャンネルを選択します。

  6. [Text (テキスト)] に「動体検知」と入力します。

  7. 期間を設定します。

  8. [Save (保存)] をクリックします。

カメラが音量の大きいノイズを検知したときにビデオを録画する

この例では、カメラが音量の大きいノイズを検知する5秒前にSDカードへの録画を開始し、2分後に停止するようにカメラを設定する方法を示します。

以下の手順では、マイクが音声入力に接続されている必要があります。

  1. 音声をオンにする:
  2. 音声を含めるようにストリームプロファイルを設定します (録画に音声を追加する参照)。

  1. 音声検知をオンにする:
  2. [System (システム) > Detectors (検知) > Audio detection (音声検知)] に移動します。

  3. 必要に応じて、音声レベルを調整します。

  1. ルールを作成する:
  2. [System > Events (システム > イベント)] に移動し、ルールを追加します。

  3. ルールの名前を入力します。

  4. 条件のリストで、[Audio (音声)] の [Audio Detection (音声検知)] を選択します。

  5. アクションのリストで、[Recordings (録画)] の [Record video (ビデオを録画する)] を選択します。

  6. ストレージオプションのリストで、[SD_DISK] を選択します。

  7. 音声がオンになっている場合のストリームプロファイルを選択します。

  8. プリトリガー時間を 5秒に設定します。

  9. ポストバッファ時間を 2分に設定します。

  10. [Save (保存)] をクリックします。

ゲートキーパーで特定のエリアに自動的にズームインする

この例では、ゲートキーパーの機能を使用して、ゲートを通過する車のナンバープレートにカメラを自動的にズームインする方法について説明します。 車が通過すると、カメラはズームアウトしてホームポジションに戻ります。

  1. プリセットポジションの作成:
  2. [PTZ(パン/チルト/ズーム) > Preset Positions (プリセットポジション)] に移動します。

  3. ゲートの入口を含むホームポジションを作成します。

  4. ナンバープレートが現れる位置と想定される画像中のエリアをカバーできるように、ズームインプリセットポジションを作成します。

  1. ルールを作成する:
  2. [System > Events (システム > イベント)] に移動し、ルールを追加します。

  3. ルールの名前を “Gatekeeper” に設定します。

  4. アクションのリストで、[Preset positions (プリセットポジション)]の[ Go to preset position (プリセットポジションに移動する)]を選択します。

  5. [Video channel (ビデオチャンネル)] を選択します。

  6. [Preset position (プリセットポジション)] を選択します。

  7. ホームポジションに戻るまでカメラを待機させるには、[Home timeout (ホーム復帰タイムアウト)] を選択し、時間を設定します。

  8. [Save (保存)] をクリックします。

カメラが衝撃を検知したときにビデオを録画する

衝撃検知機能を利用すると、カメラで振動または衝撃によるいたずらを検知することができます。 衝撃感度 (0~100に設定可能) に応じて、環境または物体に起因する振動でアクションをトリガーすることができます。このシナリオでは、営業時間外にカメラに投石されたときに、そのイベントのビデオクリップを受け取ることができます。

  1. 衝撃検知をオンにする:
  2. [System > Detectors > Shock detection (システム > 検知 > 衝撃検知)] に移動します。

  3. 衝撃検知をオンにし、衝撃感度の値を設定します。

  4. ルールを作成する:
  5. [System > Events > Rules (システム > イベント > ルール)] に移動し、ルールを追加します。

  6. [name for the rule(ルールの名前)] を入力します。

  7. 条件のリストで、[Device status (装置のステータス)] の [Shock detected (衝撃検知)] を選択します。

  8. [+] をクリックして、2つ目の条件を追加します。

  9. 条件のリストで、[Scheduled and recurring (スケジュールおよび繰り返し)] の [Scheduled event (スケジュール型イベント)] を選択します。

  10. スケジュールのリストで、[After hours (営業時間外)] を選択します。

  11. アクションのリストで、[Recordings (録画)] の [Record video while the rule is active (ルールがアクティブである間、ビデオを録画する)] を選択します。

  12. 録画を保存する場所を選択します。

  13. [Camera (カメラ)] を選択します。

  14. プリトリガー時間を5秒に設定します。

  15. ポストバッファ時間を60秒に設定します。

  16. [Save (保存)] をクリックします。

侵入アラームの設定

開始する前に

  • 侵入アラームスイッチをカメラのI/Oコネクターのピン1 (アース) とピン3 (デジタルI/O) に接続します。

入力ポートの設定

  1. [System > Accessories > I/O ports (システム > アクセサリー > I/Oポート)] に移動します。

  2. [Port 1 (ポート1)] の場合:

    1. [Input (入力)] を選択します。

    2. [Circuit closed (閉回路)] を選択します。

  3. 送信先を追加する:
  4. [System > Events > Recipients (システム > イベント > 送信先)] に移動し、[Add recipient (送信先の追加)] をクリックします。

  5. 送信先の名前を入力します。

  6. [Email (電子メール)] を選択します。

  7. 電子メールの送信先のメールアドレスを入力します。

  8. カメラには独自のメールサーバーがないため、電子メールを送信するには別のメールサーバーにログインする必要があります。 メールプロバイダーに従って、残りの情報を入力します。

  9. テストメールを送信するには、[Test (テスト)] をクリックします。

  10. [Save (保存)] をクリックします。

  11. ルールを作成する
  12. [System > Events > Rules (システム > イベント > ルール)] に移動し、ルールを追加します。

  13. ルールの名前を入力します。

  14. [I/O] 下にある条件の一覧で、[Digital input (デジタル入力)] を選択し ます。

  15. ポートのリストから [Port 1 (ポート1)] を選択し ます。

  16. アクションのリストで、[Notifications (通知)] の下の [Send notification to email (電子メールに通知を送信する)] を選択します。

  17. リストから送信先を選択するか、[Recipients (送信先)] を選択して新しい送信先を作成します。

    新しい送信先を作成するには、 をクリックします。 既存の送信先をコピーするには、 をクリックします。

  18. メールの件名とメッセージを入力します。

  19. [Save (保存)] をクリックします。

入力信号でいたずらを検知する

この例では、入力信号が切断された場合やショートした場合に電子メールを送信する方法について説明します。 I/Oコネクターの詳細については、I/Oコネクターを参照してください。

  1. [System (システム) > Accessories (アクセサリー)] に移動し、該当するポートで [Supervised (状態監視)] をオンにします。

  1. メール送信先を追加する:
  2. [System > Events > Recipients (システム > イベント > 送信先)] に移動し、送信先を追加します。

  3. 送信先の名前を入力します。

  4. [Email (電子メール)] を選択します。

  5. 電子メールの送信先のメールアドレスを入力します。

  6. カメラには独自のメールサーバーがないため、電子メールを送信するには別のメールサーバーにログインする必要があります。 メールプロバイダーに従って、残りの情報を入力します。

  7. テストメールを送信するには、[Test (テスト)] をクリックします。

  8. [Save (保存)] をクリックします。

  1. ルールを作成する:
  2. [System > Events > Rules (システム > イベント > ルール)] に移動し、ルールを追加します。

  3. ルールの名前を入力します。

  4. [I/O (入力/出力)] の条件のリストで、[Supervised input tampering is active (いたずら状態監視入力を有効化する)] を選択します。

  5. 該当するポートを選択します。

  6. [Notifications (通知)] のアクションのリストで、[Send notification to email (電子メールに通知を送る)] を選択し、リストから送信先を選択します。

  7. 電子メールの件名とメッセージを入力します。

  8. [Save (保存)] をクリックします。

レンズにスプレーを吹き付けられた場合に自動的に電子メールを送信する

  1. いたずら検知をアクティブにする:
  2. [System > Detectors > Camera tampering (システム > 検知 > カメラに対するいたずら)] に移動します。

  3. [Trigger after (トリガーする時間)]の期間を設定します。 この値は、電子メールが送信される前に経過する必要がある時間を示します。

  4. Trigger on dark images (暗い画像でトリガー) をオンにすると、レンズにスプレーが吹き付けられたり、覆われたり、フォーカスがぼやけた場合に検知します。

  5. メール送信先を追加する:
  6. [System > Events > Recipients (システム > イベント > 送信先)] に移動し、送信先を追加します。

  7. 送信先の名前を入力します。

  8. [Email (電子メール)] を選択します。

  9. 電子メールの送信先のメールアドレスを入力します。

  10. カメラには独自のメールサーバーがないため、電子メールを送信するには別のメールサーバーにログインする必要があります。 メールプロバイダーに従って、残りの情報を入力します。

  11. テストメールを送信するには、[Test (テスト)] をクリックします。

  12. [Save (保存)] をクリックします。

  13. ルールを作成する:
  14. [System > Events > Rules (システム > イベント > ルール)] に移動し、ルールを追加します。

  15. ルールの名前を入力します。

  16. 条件のリストで、[Video (ビデオ)]の[Tampering (いたずら)]を選択します。

  17. [Notifications (通知)] のアクションのリストで、[Send notification to email (電子メールに通知を送る)] を選択し、リストから送信先を選択します。

  18. 電子メールの件名とメッセージを入力します。

  19. [Save (保存)] をクリックします。

音声

録画に音声を追加する

  1. [Video > Stream > Audio (ビデオ > ストリーム> 音声)] に移動し、音声を対象に含めます。

  2. 装置に複数の入力ソースがある場合は、ソースで適切な ソースを選択します。

  3. [Audio > Device settings (音声 > 装置の設定)] に移動し、適切な入力ソースをオンにします。

  4. 入力ソースを変更する場合は、[Apply changes (変更を適用する)] をクリックします。

  5. 録画に使用するストリームプロファイルを編集します:

    1. [System (システム) > Stream profiles (ストリームプロファイル)] に移動し、ストリームプロファイルを選択します。

    2. Include audio (音声を含める) を選択してオンにします。

    3. [Save (保存)] をクリックします。

ネットワークスピーカーに接続する

ネットワークスピーカーペアリングを使用すると、対応するAxisネットワークスピーカーを、カメラに直接接続されているかのように使用できます。 ペアリングされると、スピーカーは音声出力装置として機能し、カメラを通して音声クリップを再生したり、音声を送信したりできます。

重要

この機能をビデオ管理ソフトウェア (VMS) と共に使用するには、まずカメラをネットワークスピーカーとペアリングしてから、カメラをVMSに追加する必要があります。

  1. カメラをネットワークスピーカーとペアリングする
  2. [System > Accessories > Network speaker pairing (システム > アクセサリー > ネットワークスピーカーペアリング)] に移動します。

  3. ネットワークスピーカーのIPアドレス、ユーザー名とパスワードを入力します。

  4. [Connect (接続)] をクリックします。 確認メッセージが表示されます。

清掃の推奨事項

注意

ガソリン、ベンジン、アセトンなどの強力な洗剤は絶対に使用しないでください。

  1. 圧縮空気を使用すると、装置からほこりやごみを取り除くことができます。

  2. 必要に応じて、ぬるま湯に浸した柔らかい布でレンズを清掃します。

水滴が乾いて跡が残ることがありますので、直射日光があたる、または高温になる場所では清掃しないでください。

詳細情報

キャプチャーモード

どのキャプチャーモードを選択するかは、特定の監視設定でのフレームレートと解像度の要件によって異なります。 利用できるキャプチャーモードの仕様については、axis.comで製品のデータシートを参照してください。

プライバシーマスク

プライバシーマスクは、監視領域の一部を隠すユーザー定義のエリアです。 ビデオストリームで、プライバシーマスクは塗りつぶされたブロックまたはモザイク模様として表示されます。

プライバシーマスクは、すべてのスナップショット、録画されたビデオ、ライブストリームに表示されます。

VAPIX®アプリケーションプログラミングインターフェース (API) を使用して、プライバシーマスクを非表示にすることができます。

重要

複数のプライバシーマスクを使用すると、製品のパフォーマンスに影響する場合があります。

複数のプライバシーマスクを作成できます。 マスクの最大数は、すべてのマスクを組み合わせたときの複雑さに依存します。 各マスクのアンカーポイントが増えると、作成できるマスクの数は少なくなります。 各マスクには3~10個のアンカーポイントを設定できます。

HDMIでビデオストリームを表示している場合、製品を再起動するとプライバシーマスクは消えます。 再度プライバシーマスクを表示するには、ビデオストリームを再始動します。

オーバーレイ

画像オーバーレイやテキストオーバーレイは、HDMIを使用して伝送するビデオストリームには表示されません。

オーバーレイは、ビデオストリームに重ねて表示されます。 オーバーレイは、タイムスタンプなどの録画時の補足情報や、製品のインストール時および設定時の補足情報を表示するために使用します。 テキストまたは画像を追加できます。

パン、チルト、ズーム (PTZ)

プリセットポジション

プリセットポジションとは、あらかじめ設定したカメラの視野であり、カメラビューを特定の位置にすばやく移動するために使用します。

プリセットポジションは、以下の値で構成できます。

  • ズーム位置

  • フォーカス位置 (自動または手動)

  • 絞り位置 (自動または手動)

プリセットポジションに移動する方法:

  • ライブビューウィンドウのドロップダウンリストから

  • イベントシステムのアクションとして

  • イベントシステムのトリガーとして

  • ガードツアーの設定時

ガードツアー

ガードツアーを使用して、さまざまなプリセットポジションからのビデオストリームを、設定した時間中、あらかじめ決められた順序またはランダムな順序で表示することができます。 ガードツアーを開始すると、映像を視聴しているクライアント (Webブラウザー) が存在しなくなっても、停止されるまで動作が継続されます。

ストリーミングとストレージ

ビデオ圧縮形式

使用する圧縮方式は、表示要件とネットワークのプロパティに基づいて決定します。 以下から選択を行うことができます。

Motion JPEG

Motion JPEGまたはMJPEGは、個々のJPEG画像の連続で構成されたデジタルビデオシーケンスです。 これらの画像は、十分なレートで表示、更新されることで、連続的に更新される動きを表示するストリームが作成されます。 人間の目に動画として認識されるためには、1秒間に16以上の画像を表示するフレームレートが必要になります。 フルモーションビデオは、1秒間に30フレーム (NTSC) または25フレーム (PAL) で動画と認識されます。

Motion JPEGストリームは、かなりの帯域幅を消費しますが、画質に優れ、ストリームに含まれるすべての画像にアクセスできます。

H.264またはMPEG-4 Part 10/AVC

H.264はライセンスされた技術です。 このAxis製品には、H.264閲覧用のクライアントライセンスが1つ添付されています。 ライセンスされていないクライアントのコピーをインストールすることは禁止されています。 ライセンスを追加購入するには、Axisの販売代理店までお問い合わせください。

H.264を使用すると、画質を損なうことなく、デジタル映像ファイルのサイズを削減でき、Motion JPEG形式の場合と比較すると80%以上、従来のMPEG形式と比較すると50%以上を削減できます。 そのため、ビデオファイルに必要なネットワーク帯域幅やストレージ容量が少なくなります。 また、別の見方をすれば、より優れた映像品質が同じビットレートで得られることになります。

H.265またはMPEG-H Part 2/HEVC

H.265を使用すると、画質を損なうことなくデジタルビデオファイルのサイズを削減でき、H.264に比べて25%以上縮小することができます。

  • H.265はライセンスされた技術です。 このAxis製品には、H.265閲覧用のクライアントライセンスが1つ添付されています。 ライセンスされていないクライアントのコピーをインストールすることは禁止されています。 ライセンスを追加購入するには、Axisの販売代理店までお問い合わせください。
  • ほとんどのWebブラウザーはH.265のデコードに対応していないため、カメラはWebインターフェースでH.265をサポートしていません。 その代わり、H.265のデコーディングに対応した映像管理システムやアプリケーションを使用できます。

画像、ストリーム、およびストリームプロファイルの設定の互いの関係

[Image (画像)] タブには、製品からのすべてのビデオストリームに影響を与えるカメラ設定が含まれています。 このタブで変更した内容は、すべてのビデオストリームと録画にすぐに反映されます。

[Stream (ストリーム)] タブには、ビデオストリームの設定が含まれています。 解像度やフレームレートなどを指定せずに、製品からのビデオストリームを要求している場合は、これらの設定が使用されます。 [Stream (ストリーム)] タブで設定を変更すると、実行中のストリームには影響しませんが、新しいストリームを開始したときに有効になります。

[Stream profiles (ストリームプロファイル)] の設定は、[Stream (ストリーム)] タブの設定よりも優先されます。 特定のストリームプロファイルを持つストリームを要求すると、ストリームにそのプロファイルの設定が含まれます。 ストリームプロファイルを指定せずにストリームを要求した場合、または製品に存在しないストリームプロファイルを要求した場合、ストリームには [Stream (ストリーム) タブの設定が含まれます。

ビットレート制御

ビットレート制御で、ビデオストリームの帯域幅の使用量を管理することができます。

Variable bitrate (VBR) (可変ビットレート )
可変ビットレートでは、シーン内の動きのレベルに基づいて帯域幅の使用量が変化します。 シーン内の動きが多いほど、多くの帯域幅が必要です。 ビットレートが変動する場合は、一定の画質が保証されますが、ストレージのマージンを確認する必要があります。

Maximum bitrate (MBR) (最大ビットレート))
最大ビットレートでは、目標ビットレートを設定してシステムのビットレートを制限することができます。 瞬間的なビットレートが指定したビットレート以下に保たれていると、画質またはフレームレートが低下することがあります。 画質とフレームレートのどちらを優先するかを選択することができます。 目標ビットレートは、予期されるビットレートよりも高い値に設定することをお勧めします。 これにより、シーン内で活動レベルが高い場合にマージンを確保します。

  1. 目標ビットレート

Average bitrate (ABR) (平均ビットレート)
平均ビットレートでは、より長い時間スケールにわたってビットレートが自動的に調整されます。 これにより、指定した目標を達成し、使用可能なストレージに基づいて最高画質のビデオを得ることができます。 動きの多いシーンでは、静的なシーンと比べてビットレートが高くなります。 平均ビットレートオプションを使用すると、多くのアクティビティがあるシーンで画質が向上する可能性が高くなります。 指定した目標ビットレートに合わせて画質が調整されると、指定した期間 (保存期間)、ビデオストリームを保存するために必要な総ストレージ容量を定義できます。 次のいずれかの方法で、平均ビットレートの設定を指定します。

  • 必要なストレージの概算を計算するには、目標ビットレートと保存期間を設定します。

  • 使用可能なストレージと必要な保存期間に基づいて平均ビットレートを計算するには、目標ビットレートカリキュレーターを使用します。

    1. 目標ビットレート
    2. 実際の平均ビットレート
  • 平均ビットレートオプションの中で、最大ビットレートをオンにし、目標ビットレートを指定することもできます。
    1. 目標ビットレート
    2. 実際の平均ビットレート

アプリケーション

アプリケーションを使用することで、Axis装置をより活用できます。AXIS Camera Application Platform (ACAP) は、サードパーティによるAxis装置向けの分析アプリケーションやその他のアプリケーションの開発を可能にするオープンプラットフォームです。 アプリケーションとしては、装置にプリインストール済み、無料でダウンロード可能、またはライセンス料が必要なものがあります。 入手可能なアプリケーション、アプリケーションのダウンロード、試用版アプリケーション、およびライセンスの詳細については、axis.com/acapを参照してください。

Axisアプリケーションのユーザーマニュアルについては、help.axis.comを参照してください。

アプリケーションをダウンロードしてインストールする方法
装置でアプリケーションのライセンスコードをアクティブ化する方法

AXIS Object Analytics

AXIS Object Analyticsは、カメラにあらかじめ組み込まれている分析アプリケーションです。 AXIS Object Analyticsは、シーン内で動く物体を検知し、人や車両などとして分類します。 さまざまなタイプの物体にアラームを送信するようにアプリケーションを設定できます。 アプリケーションの動作の詳細については、ユーザーマニュアルを参照してください。

セキュリティ

TPMモジュール

TPM (トラステッドプラットフォームモジュール) は、不正アクセスから情報を保護するための暗号化機能を提供するコンポーネントです。 常に有効になっていて、変更できる設定はありません。

トラブルシューティング

工場出荷時の設定にリセットする

重要

工場出荷時の設定へのリセットは慎重に行ってください。 工場出荷時の設定へのリセットを行うと、IPアドレスを含むすべての設定が工場出荷時の値にリセットされます。

本製品を工場出荷時の設定にリセットするには、以下の手順を実行します。

  1. 本製品の電源を切ります。

  2. コントロールボタンを押した状態で電源を再接続します。製品の概要を参照してください。

  3. ステータスLEDがオレンジ色に点滅するまで、コントロールボタンを15~30秒間押し続けます。

  4. コントロールボタンを離します。 プロセスが完了すると、ステータスLEDが緑色に変わります。 これで本製品は工場出荷時の設定にリセットされました。 ネットワーク上に利用可能なDHCPサーバーがない場合、デフォルトのIPアドレスは192.168.0.90になります。

  5. インストールおよび管理ソフトウェアツールを使用して、IPアドレスの割り当て、パスワードの設定、装置へのアクセスを行います。

    axis.com/supportのサポートページに、インストールおよび管理ソフトウェアツールが用意されています。

装置のWebページを使用して、各種パラメーターを工場出荷時の設定に戻すこともできます。 [Maintenance (メンテナンス) > Factory default (工場出荷時の設定)] に移動し、[Default (デフォルト)] をクリックします。

ファームウェアオプション

Axisは、アクティブトラックまたは長期サポート (LTS) トラックのどちらかに従って、製品のファームウェア管理を提供します。 アクティブトラックでは、最新の製品機能すべてに常時アクセスできますが、LTSトラックの場合、バグフィックスやセキュリティ更新に重点を置いた定期的リリースが提供される固定プラットフォームを使用します。

最新の機能にアクセスする場合や、Axisのエンドツーエンドシステム製品を使用する場合は、アクティブトラックのファームウェアを使用することをお勧めします。 最新のアクティブトラックに対して継続的な検証が行われないサードパーティの統合を使用する場合は、LTSトラックをお勧めします。 LTSにより、大きな機能的な変更や既存の統合に影響を与えることなく、サイバーセキュリティを維持することができます。 Axis製品のファームウェア戦略の詳細については、axis.com/support/firmwareを参照してください。

現在のファームウェアバージョンの確認

ファームウェアは、ネットワーク装置の機能を決定するソフトウェアです。 問題のトラブルシューティングを行う際は、まず現在のファームウェアバージョンを確認することをお勧めします。 最新のファームウェアバージョンには、特定の問題の修正が含まれていることがあります。

現在のファームウェアを確認するには、以下の手順に従います。

  1. 装置インターフェース > [Status (ステータス)] に移動します。

  2. [Device info (装置情報)] でファームウェアバージョンを確認してください。

ファームウェアのアップグレード

重要

事前設定済みの設定とカスタム設定は、ファームウェアのアップグレード時に保存されます (その機能が新しいファームウェアで利用できる場合)。ただし、この動作をAxis Communications ABが保証しているわけではありません。

重要

アップグレードプロセス中は、装置を電源に接続したままにしてください。

Active (アクティブ)トラックから最新のファームウェアをダウンロードして装置をアップグレードすると、製品に最新機能が追加されます。 ファームウェアを更新する前に、ファームウェアとともに提供されるアップグレード手順とリリースノートを必ずお読みください。 最新ファームウェアおよびリリースノートについては、axis.com/support/firmwareを参照してください。

  1. ファームウェアファイルをコンピューターにダウンロードします。ファームウェアファイルはaxis.com/support/firmwareから無料で入手できます。

  2. 装置に管理者としてログインします。

  3. [Maintenance (メンテナンス) > Firmware upgrade (ファームウェアのアップグレード)] に移動し、[Upgrade (アップグレード)] をクリックします。

  4. アップグレードが完了すると、製品は自動的に再起動します。

AXIS Device Managerを使用すると、複数の装置を同時にアップグレードできます。 詳細については、axis.com/products/axis-device-managerをご覧ください。

技術的な問題、ヒント、解決策

このページで解決策が見つからない場合は、axis.com/supportのトラブルシューティングセクションに記載されている方法を試してみてください。

ファームウェアのアップグレードで問題が発生する

ファームウェアのアップグレード失敗

ファームウェアのアップグレードに失敗した場合、装置は以前のファームウェアを再度読み込みます。 最も一般的な理由は、間違ったファームウェアファイルがアップロードされた場合です。 装置に対応したファームウェアファイル名であることを確認し、再試行してください。

ファームウェアのアップグレード後に問題が発生する

ファームウェアのアップグレード後に問題が発生する場合は、[Maintenance (メンテナンス)] ページから、以前にインストールされたバージョンにロールバックします。

IPアドレスの設定で問題が発生する

装置が別のサブネット上にある

装置用のIPアドレスと、装置へのアクセスに使用するコンピューターのIPアドレスが異なるサブネットにある場合は、IPアドレスを設定することはできません。 ネットワーク管理者に連絡して、適切なIPアドレスを取得してください。

IPアドレスが別の装置で使用されている

Axis装置をネットワークから切断します。 pingコマンドを実行します (コマンドウィンドウまたはDOSウィンドウで、pingコマンドと装置のIPアドレスを入力します)。

  • もし、 「Reply from <IPアドレス>: bytes=32; time=10...」という応答を受取った場合は、ネットワーク上の別の装置でそのIPアドレスがすでに使われている可能性があります。 ネットワーク管理者から新しいIPアドレスを取得し、装置を再度インストールしてください。

  • もし、 「Request timed out」が表示された場合は、Axis装置でそのIPアドレスを使用できます。 この場合は、すべてのケーブル配線をチェックし、装置を再度インストールしてください。

同じサブネット上の別の装置とIPアドレスが競合している可能性がある

DHCPサーバーによって動的アドレスが設定される前は、Axis装置は静的IPアドレスを使用します。 つまり、デフォルトの静的IPアドレスが別の装置でも使用されていると、装置へのアクセスに問題が発生する可能性があります。

ブラウザーから装置にアクセスできない

ログインできない

HTTPSが有効なときは、正しいプロトコル (HTTPまたはHTTPS) を使用してログインしてください。ブラウザーのアドレスフィールドに、手動で「http」または「https」と入力する必要がある場合があります。

rootユーザーのパスワードを忘れた場合は、装置を工場出荷時の設定にリセットする必要があります。工場出荷時の設定にリセットするを参照してください。

DHCPによってIPアドレスが変更された

DHCPサーバーから取得したIPアドレスは動的なアドレスであり、変更されることがあります。 IPアドレスが変更された場合は、AXIS IP UtilityまたはAXIS Device Managerを使用して装置のネットワーク上の場所を特定してください。 装置のモデルまたはシリアル番号、あるいはDNS名 (設定されている場合) を使用して装置を識別します。

必要に応じて、静的IPアドレスを手動で割り当てることができます。 手順については、axis.com/supportを参照してください。

IEEE 802.1X使用時の証明書エラー

認証を正しく行うには、Axis装置の日付と時刻をNTPサーバーと同期させなければなりません。 [System (システム) > Date and time (日付と時刻)] に移動します。

装置にローカルにアクセスできるが、外部からアクセスできない

装置に外部からアクセスする場合は、以下のいずれかのWindows®向けアプリケーションを使用することをお勧めします。

  • AXIS Companion: 無料で使用でき、最小限の監視が必要な小規模システムに最適です。

  • AXIS Camera Station: 30日間の試用版を無料で使用でき、中小規模のシステムに最適です。

手順とダウンロードについては、axis.com/vmsを参照してください。

ストリーミングの問題

ローカルクライアントしかマルチキャストH.264にアクセスできない

ルーターがマルチキャストをサポートしているかどうか、またはクライアントと装置の間のルーター設定を行う必要があるかどうかを確認してください。 TTL (Time To Live) 値を上げる必要がある場合もあります。

H.264のマルチキャスト画像がクライアントで表示されない

Axis装置で使用されたマルチキャストアドレスが有効かどうか、ネットワーク管理者に確認してください。

ファイアウォールが表示を妨げていないかどうか、ネットワーク管理者に確認してください。

H.264画像のレンダリング品質が悪い

グラフィックカードで最新の装置ドライバーが使用されていることを確認してください。 最新のドライバーは、通常、メーカーのWebサイトからダウンロードできます。

彩度がH.264とMotion JPEGで異なる

グラフィックアダプターの設定を変更します。 詳細については、グラフィックカードのマニュアルページに移動してください。

フレームレートが予期したレートより低い

  • パフォーマンスに関する一般的な検討事項を参照してください。

  • クライアントコンピューターで実行されているアプリケーションの数を減らします。

  • 同時閲覧者の数を制限します。

  • 使用可能な帯域幅が十分かどうか、ネットワーク管理者に確認します。

  • 画像の解像度を下げます。

ライブビューでH.265エンコード方式を選択できない

WebブラウザーではH.265のデコーディングをサポートしていません。 H.265のデコーディングに対応した映像管理システムまたはアプリケーションを使用してください。

パフォーマンスに関する一般的な検討事項

システムを設定する際には、さまざまな設定や条件がシステムのパフォーマンスにどのように影響するかを検討することが重要です。 ある要因は必要な帯域幅の量 (ビットレート) に影響し、他の要因はフレームレートに影響し、帯域幅とフレームレートの両方に影響する事柄もあります。 CPUの負荷が最大に達した場合も、フレームレートに影響を及ぼします。

最も重要な検討事項には次のようなものがあります。

  • 画像解像度が高い、または圧縮レベルが低いと、画像のファイルサイズが増大し、結果的に帯域幅に影響を及ぼします。

  • GUIで画像を回転させると、本製品のCPU負荷が増加することがあります。

  • 多数のクライアントによるMotion JPEGまたはユニキャストH.264のアクセスは、帯域幅に影響を及ぼします。

  • 多数のクライアントによるMotion JPEGまたはユニキャストH.265のアクセスは、帯域幅に影響を及ぼします。

  • 様々なクライアントが様々な解像度や圧縮方式が異なるストリームを同時に閲覧すると、フレームレートと帯域幅の両方に影響を及ぼします。

    フレームレートを高く維持するために、できる限り同一ストリームを使用してください。 ストリームプロファイルを使用すると、ストリームの種類が同一であることを確認できます。

  • Motion JPEGおよびH.264のビデオストリームに同時にアクセスすると、フレームレートと帯域幅の両方に影響を及ぼします。

  • Motion JPEGおよびH.265のビデオストリームに同時にアクセスすると、フレームレートと帯域幅の両方に影響を及ぼします。

  • イベント設定を多用すると、製品のCPU負荷に影響が生じ、その結果、フレームレートに影響します。

  • 特に、Motion JPEGのストリーミングでは、HTTPSを使用するとフレームレートが低くなる場合があります。

  • 貧弱なインフラによるネットワークの使用率が高いと帯域幅に影響します。

  • パフォーマンスの低いクライアントコンピューターで閲覧するとパフォーマンスが低下し、フレームレートに影響します。

  • 複数のAXIS Camera Application Platform (ACAP) アプリケーションを同時に実行すると、フレームレートと全般的なパフォーマンスに影響する場合があります。

サポートに問い合わせる

axis.com/supportでサポートに問い合わせます。

仕様

製品の概要

  1. セキュリティロックスロット
  2. microSDカードスロット
  3. HDMIコネクター
  4. コントロールボタン
  5. SDIコネクター
  6. RS-485/422コネクター
  7. PoEクラススイッチ
  8. 音声入力 (アナログ/デジタル)
  9. ネットワークコネクター (PoE)
  10. 電源コネクター (DC)
  11. I/Oコネクター
  12. I2Cコネクター (カメラハウジング通信コネクター)
  13. ステータスLED

LEDインジケーター

ステータスLED説明
消灯

接続時と正常動作時

起動後正常に動作する場合、10秒間、緑色に点灯します。

オレンジ

起動時に点灯します。 ファームウェアのアップグレード時と工場出荷時設定へのリセット時に点滅します。

オレンジ/赤

ネットワーク接続が利用できないか、失われた場合は、オレンジ色/赤色で点滅します。

SDカードスロット

注意
  • SDカード損傷の危険があります。 SDカードの挿入と取り外しの際には、鋭利な工具や金属性の物を使用したり、過剰な力をかけたりしないでください。 カードの挿入や取り外しは指で行ってください。
  • データ損失や録画データ破損の危険があります。 取り外しの前に、本製品のWebページでSDカードをマウント解除してください。 本製品の稼働中はSDカードを取り外さないでください。

本製品は、microSD/microSDHC/microSDXCカードに対応しています。

推奨するSDカードについては、axis.comを参照してください。

microSD、microSDHC、およびmicroSDXCロゴは、SD-3C LLCの商標です。microSD、microSDHC、microSDXCは、米国および/または他の国々におけるSD-3C, LLCの商標または登録商標です。

ボタン

コントロールボタン

PoEクラススイッチ

スイッチを使用して、装置で使用するPoEクラスを選択します。 カメラを対応する屋外用ハウジングに取り付ける場合は、PoE Class 3を選択します。

重要

PoE Class 3を使用すると、HDMIとSDIはオフになります。

コネクター

BNCコネクタ

BNCコネクタは、SDIを使用するブロードキャスト装置の接続に使用します。 75Ω同軸SDIケーブルを接続します。

注意

コネクタは、気温が上昇する場所での正常動作時に熱くなることがあります。

HDMIコネクター

ディスプレイやパブリックビューモニターへの接続には、HDMITMコネクターを使用します。

ネットワークコネクター

Power over Ethernet (PoE) 対応RJ45イーサネットコネクター

音声コネクター

  • 音声入力 - モノラルマイクロフォンまたはラインインモノラル信号用 (左チャンネルはステレオ信号で使用) 3.5 mm入力。

音声入力

1 チップ2 リング3 スリーブ

I/Oコネクター

I/Oコネクターに外部装置を接続し、動体検知、イベントトリガー、アラーム通知などと組み合わせて使用することができます。 I/Oコネクターは、0 V DC基準点と電力 (12 V DC出力) に加えて、以下のインターフェースを提供します。

デジタル入力 –
開回路と閉回路の切り替えが可能な装置 (PIRセンサー、ドア/窓の接触、ガラス破損検知器など) を接続するための入力です。
デジタル出力 –
リレーやLEDなどの外部装置を接続します。 接続された装置は、VAPIX®アプリケーションプログラミングインターフェースを通じたイベントまたは製品のWebページからアクティブにすることができます。

6ピンターミナルブロック

機能ピン備考仕様
DCアース10 V DC
DC出力2補助装置の電源供給に使用できます。
注: このピンは、電源出力としてのみ使用できます。
12 V DC
最大負荷 = 50 mA
設定可能 (入力または出力)3–6デジタル入力 – 動作させるにはピン1に接続し、動作させない場合はフロート状態 (未接続) のままにします。0~30 V DC (最大)
デジタル出力 – アクティブ時はピン1 (DCアース) に内部で接続し、非アクティブ時はフロート状態 (未接続) になります。 リレーなどの誘導負荷とともに使用する場合は、過渡電圧から保護するために、負荷と並列にダイオードを接続します。0~30 V DC (最大)、オープンドレイン、100 mA
Example
  1. DCアース
  2. DC出力 12 V、最大50 mA
  3. I/O (入力として設定)
  4. I/O (出力として設定)
  5. 設定可能I/O
  6. 設定可能I/O

電源コネクター

DC電源入力用2ピンターミナルブロック。 定格出力が100 W以下または5 A以下の安全特別低電圧 (SELV) に準拠した制限電源 (LPS) を使用してください。

RS485/RS422コネクター

パン/チルト装置など補助装置の制御に使用する、RS485/RS422シリアルインターフェース用の2ピンターミナルブロック×2。

シリアルポートの設定により、次のモードをサポート可能。

  • 2ワイヤーRS485半二重

  • 4ワイヤーRS485全二重

  • 2ワイヤーRS422単方向

  • 4ワイヤーRS422全二重ポイントツーポイント通信

機能ピン備考
RS485/RS422 TX(B)1RS422および4ワイヤーRS485のTXペア
RS485/RS422 TX(A)2
RS485BまたはRS485/422 RX(B)3すべてのモードのRXペア (2ワイヤーRS485のRX/TXペア)
RS485AまたはRS485/422 RX(A)4
重要

ケーブルの最大長は30 mです。

PTZドライバー

APTP

これは、このドライバーでサポートされるモデルの一覧です。 物理的な設置方法は、Axis製品とPTZユニットによって異なります。

重要

Axis製品とPTZユニットがサポートするシリアル通信を確認してください。

  • RS485 2ワイヤーインターフェース搭載のサポートされるモデル:
  • AXIS T99A Positioning Unitシリーズ。

    対応するAxis製品については、axis.comを参照してください。

他のモデルはサポートされている可能性がありますが、Axisでは検証されていません。

技術情報

PTZドライバーのデフォルトの機能:

ドライバーAPTP
バージョン1.1.0

デフォルトのシリアル設定:

ポートモードRS485
ボーレート115200
データビット8
ストップビット1
パリティなし

このPTZドライバーでサポートされるデフォルトの機能:

PTZユニットによっては、他の機能がいくつか備わっている場合があります。

動作絶対動作相対動作連続動作
パンありありあり
チルトありありあり

接続

装置のRS485/RS422ピン割り当てについては、RS485/RS422コネクターを参照してください。

シリアルポートの設定を変更するには、装置インターフェースの [System > Plain config > Serial (システム > プレイン設定 > シリアル)] に移動します。

Pelco

これは、このドライバーでサポートされるモデルの一覧です。 物理的な設置方法は、Axis製品とPTZユニットによって異なります。

重要

Axis製品とPTZユニットがサポートするシリアル通信を確認してください。

  • サポートされるモデル:
  • Pelco DD5-C

  • Pelco Esprit ES30C/ES31C

  • Pelco LRD41C21

  • Pelco LRD41C22

  • Pelco Spectra III

  • Pelco Spectra IV

  • Pelco Spectra Mini

  • Videotec DTRX3/PTH310P

  • Videotec ULISSE

  • PTK AMB

  • YP3040

他のモデルはサポートされている可能性がありますが、Axisでは検証されていません。

技術情報

PTZドライバーのデフォルトの機能:

ドライバーPelco
バージョン4.17

デフォルトのシリアル設定:

ポートモードRS485
ボーレート2400
データビット8
ストップビット1
パリティなし

このPTZドライバーでサポートされるデフォルトの機能:

PTZユニットによっては、他の機能がいくつか備わっている場合があります。

動作絶対動作相対動作連続動作
パンなしありあり
チルトなしありあり
ズームなしありあり
フォーカスなしありあり
アイリスなしありあり
オートアイリスあり
オートフォーカスあり
IRカットフィルターなし
逆光あり
OSDメニューあり

接続

装置のRS485/RS422ピン割り当てについては、RS485/RS422コネクターを参照してください。

シリアルポートの設定を変更するには、装置インターフェースの [System > Plain config > Serial (システム > プレイン設定 > シリアル)] に移動します。

Visca

これは、このドライバーでサポートされるモデルの一覧です。 物理的な設置方法は、Axis製品とPTZユニットによって異なります。

重要

Axis製品とPTZユニットがサポートするシリアル通信を確認してください。

  • RS422 4ワイヤーインターフェース搭載のサポートされるモデル:
  • Sony EVI-D70/D70P

  • WISKA DCP-27 (PTヘッド)

  • RS232インターフェース搭載のサポートされるモデル (外部RS422-4ワイヤー/RS232コンバータが必要な場合があります):
  • Axis EVI-D30/D31

  • Sony EVI-G20/G21

  • Sony EVI-D30/D31

  • Sony EVI-D100/D100P

  • Sony EVI-D70/D70P

他のモデルはサポートされている可能性がありますが、Axisでは検証されていません。

技術情報

PTZドライバーのデフォルトの機能:

ドライバーVisca/EVI
バージョン4.11

デフォルトのシリアル設定:

ポートモードRS422
ボーレート9600
データビット8
ストップビット1
パリティなし

このPTZドライバーでサポートされるデフォルトの機能:

PTZユニットによっては、他の機能がいくつか備わっている場合があります。

動作絶対動作相対動作連続動作
パンありありあり
チルトありありあり
ズームありありあり
フォーカスありありあり
アイリスありありなし
オートアイリスあり
オートフォーカスあり
IRカットフィルターあり
逆光あり
OSDメニューなし

接続

装置のRS485/RS422ピン割り当てについては、RS485/RS422コネクターを参照してください。

シリアルポートの設定を変更するには、装置インターフェースの [System > Plain config > Serial (システム > プレイン設定 > シリアル)] に移動します。