AXIS D2110-VE Security Radar

ソリューションの概要

  1. C1310-Eホーンスピーカー
  2. ドアコントローラー
  3. D2110-VE Security Radar
  4. 固定ドームカメラ
  5. PTZカメラ
  6. 監視センター

レーダープロファイル

レーダープロファイルを使用するには、装置でファームウェアバージョン10.11以降が実行されている必要があります。axis.comにアクセスして、ファームウェアを更新してください。

ユーザーマニュアルは、レーダーを目的に応じて使用するのに役立つように用意されています。AXIS D2110-VE Security Radarには、次の2つのプロファイルがあります。

  • エリア監視プロファイル55 km/h未満の速度で移動する大小両方の物体を追跡するために使用します。

  • 道路監視プロファイル。最大105km/hの速度で走行する車両を追跡するために使用します。

このユーザーマニュアルで、エリア監視プロファイルまたは道路監視プロファイルに分類されていない情報は、両方のプロファイルに共通であり、どちらのプロファイルを使用するかに関係なく参照できます。

製品の取り付け場所

  • レーダーは、障害物のない領域の監視を目的としています。 壁、フェンス、樹木、大きな茂みなどの固体が対象範囲にあると、その背後に死角 (レーダー陰) が生じます。

  • レーダーを安定したポールに取り付けるか、壁面上で他の物体や設置された装置がない場所に取り付けます。 レーダーの左右1 m以内にある物体は、電波を反射するため、レーダーのパフォーマンスに影響します。

  • 視野内の金属の物体は、レーダーの分類機能に影響する反射を引き起こします。

  • 4台以上のレーダーが互いに向き合わないようにしてください。

  • 4台以上のレーダーが互いに近距離に取り付けられている場合、互いに干渉し合うことがあります。 他のAXIS D2110-VE Security Radarの干渉を避けるには、複数のレーダーを設置を参照してください。

複数のレーダーを設置

電波が検知領域を超えて進み、350 m離れた他のレーダーに干渉する可能性があります。

  1. レーダー
  2. 検知領域
  3. 共存領域

3台以上のレーダーが接近した状態での干渉を避けるために、[Settings (設定)] > [Radar (レーダー) > [General (全般)] に移動し、[Coexistence (共存)] で [Number of neighboring radars (隣接するレーダーの数)] を [2] に設定します。

3台以上の隣接するレーダーが共存領域内にある場合、パフォーマンスが低下します。 検知範囲が短くなり、レーダーによって物体が正しく分類されず、誤報が発せられ、レーダーによる干渉が生じます。

これらの問題の可能性と重大度は、同じ共存エリア内のレーダーの数とともに増加します。 また、環境によって異なり、フェンス、建物、または隣接するレーダーの方向にも左右されます。

設置において3つ以上のレーダー配列が重要である場合は、エリア設置例を参照してください。

カバー範囲

AXIS D2110-VEの水平方向のカバー範囲は180°です。 検知範囲は、人間の場合は5,600 m2、車両の場合は11,300 m2に相当します。

レーダーが3.5〜4 mの高さに取り付けられている場合、最適なカバー範囲が適用されます。 取り付け高さは、レーダーの下の死角のサイズに影響します。

エリア監視プロファイル

エリア監視プロファイルは、最大55 km/hで移動する物体に最適です。 このプロファイルを使用すると、物体が人間、車両、不明のいずれであるかを検知できます。 これらの物体のいずれかが検知されたときにイベントをトリガーするようにルールを設定できます。 車両のみを追跡する場合は、道路監視プロファイルを使用する必要があります。

エリア設置例

境界線をカバーする

仮想フェンスを作成するには、複数のレーダーを並べて配置します。100 mの間隔で配置することをお勧めします。

建物の周囲の現場をカバーする

建物の周囲のエリアをカバーするには、ビルの壁に外側に向けてレーダーを配置します。 レーダーは互いに近くに設置できますが、干渉し合わないことが必要です。

建物の方向に内側に向けて4台以上のレーダーを配置すると、レーダーは互いに電波を送信するため、パフォーマンスが低下します。

エリアのカバー

広いオープンエリアをカバーするには、2つのポールマウントを使用して2台のレーダーを背中合わせに配置します。

2台のレーダーがこのように近くに取り付けられている場合、それらは同じ共存ゾーン内にあります。

1台のレーダーからのPoE出力を使用して2番目のレーダーに電力を供給することができますが、この方法で3番目のレーダーを接続することはできません。

レーダーが60 Wミッドスパンから給電されている場合、レーダーのPoE出力が有効になります。

エリア検知範囲

検知範囲は、物体を追跡してアラームをトリガーできる距離です。 検知範囲は、近距離検知限界 (デバイスにどれだけ近づいて検知できるか) から遠距離検知限界 (デバイスからどれだけ離れて検知できるか) までの間で測定されます。

エリア監視プロファイルは人間の検知用に最適化されていますが、最大55 km/hで走行する車両やその他の物体を+/- 2 km/hの速度精度で追跡するためにも使用できます。

最適な高さに設置した場合、検知範囲は次のとおりです。

  • 人間の検知時は3〜60 m

  • 車両の検知時は3〜85 m

  • レーダーを別の高さに設置する場合は、レーダーのキャリブレーションを行うときに製品のWebページに実際の取り付け位置の高さを入力します。
  • 検知範囲はシーンの影響を受けます。
  • 検知範囲は近隣のレーダーによって影響されます。
  • 検知範囲は物体の種類によって異なります。
  • 検知範囲は、以下の条件下で測定されました。
  • 範囲は地面に沿って計測されています。

  • 物体は、身長170 cmの人物でした。

  • この人物はレーダーの前をまっすぐ歩いていました。

  • これらの値は、人物が検知ゾーンに入ると計測されます。

  • レーダー感度は [Medium (中)] に設定されています。

取り付け位置の高さ0° 傾き10° 傾き20° 傾き

2.5 m

3.0~60 m

非推奨非推奨

3.5 m

3.0~60 m

非推奨非推奨

4.5 m

4.0~60 m

非推奨非推奨

5.5 m

7.5~60 m

非推奨非推奨

6.5 m

7.5~60 m

5.5~60 m

非推奨

8 m

非推奨

9~60 m

7.5~30 m

10 m

非推奨

15~60 m

9~35 m

12 m

非推奨

23~60 m

13~38 m

14 m

非推奨

27~60 m

17~35 m

16 m

非推奨非推奨

25~50 m

エリア監視の使用事例

スイミングプールのエリアをカバーする

ある公共のプールで営業時間外に数件の侵入事件がありました。 このビジネスに特有のプライバシー上の理由で、オーナーはビデオ監視装置を設置できません。 そこで、レーダーを設置し、Area monitoring profile (エリア監視プロファイル) に設定することにしました。 レーダーは建物に取り付けられて、プール全体とその周辺のほとんどのエリアをカバーします。20:00の営業終了から06:00の営業開始までの間に人間が検知されると、スピーカーから警告が発せられるようになっています。

建物の周囲の現場をカバーする

化学工場では、レーダーを使用して機密性の高い建物の周囲をカバーすることで、システムに追加のセキュリティ層を設けています。 セキュリティシステムには、すでにカメラ、サーマルカメラ、ドアコントローラーが含まれていました。 レーダーにより、カメラが侵入者を追跡し、ズームインして、行動を録画するイベントがトリガーされるようにできました。 サーマルカメラにリンクされた点滅ビーコンがトリガーされて点滅するため、侵入者はそのエリアが保護されていることを認識します。 また、ドアコントローラーにより、建物への立ち入りを制限できます。 さらに、レーダーにより、侵入者が機密性の高い建物に達するかなり前に、防衛システムが機能するようにできます。

広いオープンエリアをカバーする

小さなショッピングセンターの屋外駐車場では、営業時間外に車両の侵入が増えています。 この駐車場では交代制で1人の警備員がいます。夜間に警備を強化する必要があると感じていますが、警備員を増員することでコストを増やしたくはありません。 そこで、駐車エリア全体をカバーするように、2台のセキュリティレーダーを背中合わせに設置し、Area monitoring profile (エリア監視プロファイル) に設定することにしました。 レーダーは、勤務中の警備員に疑わしい行動を警告して、現場を調査できるように設定しています。 また、レーダーによってトリガーされるホーンスピーカーを設置して、盗難を阻止するためのアラートが再生されるようにすることもできます。

道路監視プロファイル

Road monitoring profile (道路監視プロファイル)は、市街地、立ち入り禁止区域、郊外の道路を最大105 km/hで走行する車両を追跡するために最適です。 このモードは、人間やその他の種類の物体の検知には使用しないでください。 車両以外の物体を追跡するには、レーダーでエリア監視プロファイルを使用してください。

道路設置例

サイド取り付け

道路に沿って走行する車両を監視するには、レーダーを道路の脇に取り付けることができます。 レーダーの横方向のカバー距離は10 mです。

センター取り付け

この取り付けオプションでは、安定した位置が必要です。 レーダーは、道路の真ん中のポールや道路の上の橋に取り付けることができます。 レーダーの両側の横方向のカバー距離は10 mです。 レーダーは、センターに取り付けられた場合、横方向のより広い距離をカバーします。

レーダーは、Road monitoring profile (道路監視プロファイル) に設定する場合、3 m8 mの高さに取り付けることをお勧めします。

道路検知範囲

検知範囲は、物体を追跡してアラームをトリガーできる距離です。 検知範囲は、近距離検知限界 (デバイスにどれだけ近づいて検知できるか) から遠距離検知限界 (デバイスからどれだけ離れて検知できるか) までの間で測定されます。

このプロファイルは、車両の検知用に最適化されており、最大105 km /hで走行する車両を+/- 2 km/hの速度精度で監視するために使用されます。

最適な高さに設置した場合、検知範囲は次のとおりです。

  • 60 km/hで走行する車両の場合は25〜70 m

  • 105 km/hで走行する車両の場合は30〜60 m

同じ共存ゾーン内のレーダーの最大数が2台を超える場合、検知限界は約10% (近距離) および20% (遠距離) 低下すると見込まれます。

道路監視の使用事例

低速ゾーンでの車両の規制

2つの倉庫の間に長い道路がある工業団地では、60 km/hの制限速度を強制するのに役立つレーダーを設置しました。Road monitoring profile (道路監視プロファイル) に設定した場合、レーダーは、検知ゾーン内の車両がその制限速度を超えたことを検知できます。 その後、ドライバーと管理者に電子メール通知を送信するイベントをトリガーします。 このリマインダーは、速度制限の遵守を強化するのに役立ちます。

閉鎖された道路を走行する迷惑車両

古い採石場への細い道路は閉鎖されましたが、この道路を走行する車両が報告されるため、当局はセキュリティレーダーを設置し、Road monitoring profile (道路監視プロファイル) に設定しました。 レーダーは道路に沿って取り付けられ、道路の全幅をカバーします。 車両が対象範囲に入ると、点滅するビーコンがトリガーされ、ドライバーに道路を離れるように警告します。 また、セキュリティチームにメッセージを送信して、必要に応じてユニットを派遣できるようにします。

道路での認識のスピードアップ

小さな町を通る道路で、スピード違反が何件かありました。70 km/hの制限速度を適用するために、交通管制部は、道路を横断する橋にセキュリティレーダーを設置し、Road monitoring profile (道路監視プロファイル) に設定しました。 これにより、車両の走行速度を検知し、交通管制部から交通規制のため道路にユニットを派遣するタイミングを監視できるようになりました。

人間と車両の安全確保

ある学校の職員は、対処するべき2つの安全上の問題を特定しました。 学校の授業時間帯に敷地内に立ち入る不審者、規制時速20 kmのスクールゾーンに違反する車両です。 レーダーをポールに取り付け、歩道の脇に設置しました。エリア監視プロファイルを選択して、55 km/h未満で移動する人間と車両の両方をレーダーが追跡できるようにしました。 これにより職員は、授業時間帯に出入りする人を追跡できるだけでなく、スクールゾーンを規定速度を超えて走行する車両があった場合にスピーカーをトリガーして歩行者に警告することもできます。

はじめに

ネットワーク上の装置を検索する

Windows®でAxis装置を探してIPアドレスの割り当てを行う方法については、AXIS IP UtilityまたはAXIS Device Managerを使用してください。 いずれのアプリケーションも無料で、axis.com/supportからダウンロードできます。

IPアドレスの検索や割り当てを行う方法の詳細については、IPアドレスの割り当てと装置へのアクセス⽅法を参照してください。

ブラウザーサポート

以下のブラウザーで装置を使用できます。

ChromeTM

Firefox®

EdgeTM

Safari®

Windows®

推奨

推奨

macOS®

推奨

推奨

Linux®

推奨

推奨

その他のオペレーティングシステム

✓*

* iOS 15またはiPadOS 15でAXIS OS Webインターフェースを使用するには、[設定] > [Safari] > [詳細] > [Experimental Features] に移動し、[NSURLSession Websocket] を無効にします。

装置のWebページを開きます

  1. ブラウザーを開き、Axis装置のIPアドレスまたはホスト名を入力します。

    本製品のIPアドレスが不明な場合は、AXIS IP UtilityまたはAXIS Device Managerを使用して、ネットワーク上で装置を見つけます。

  2. ユーザー名とパスワードを入力します。 初めて装置にアクセスする場合は、rootパスワードを設定する必要があります。rootアカウントの新しいパスワードを設定するを参照してください。

rootアカウントの新しいパスワードを設定する

デフォルトの管理者ユーザー名はrootです。 rootアカウントにはデフォルトのパスワードはありません。 パスワードは、装置に初めてログインしたときに設定します。

  1. パスワードを入力します。 安全なパスワードを設定する手順に従います。安全なパスワードを参照してください。

  2. パスワードを再入力して、スペルを確認します。

  3. [Add user (ユーザーの追加)] をクリックします。

重要

rootアカウントのパスワードを忘れた場合は、工場出荷時の設定にリセットする にアクセスし、説明に従って操作してください。

安全なパスワード

重要

Axis装置は、最初に設定されたパスワードをネットワーク上で平文で送信します。 最初のログイン後に装置を保護するために、安全で暗号化されたHTTPS接続を設定してからパスワードを変更してください。

装置のパスワードは主にデータおよびサービスを保護します。 Axis装置は、さまざまなタイプのインストールで使用される可能性があることから、パスワードポリシーを強制しません。

データを保護するために、次のことを強く推奨します。

  • 8文字以上のパスワードを使用する (できればパスワード生成プログラムで作成する)。

  • パスワードを公開しない。

  • 一定の期間ごとにパスワードを変更する (少なくとも年に1回)。

Webページの概要

  1. ライブビューコントロールバー
  2. ライブビュー
  3. 製品名
  4. ユーザー情報、カラーテーマ、およびヘルプ
  5. ビデオコントロールバー
  6. 設定トグル
  1. 設定タブ

装置を構成する

レーダーキャリブレーションを行う

本レーダーは取り付け後すぐにご利用いただけます。 デフォルトのライブビューにはレーダーの検知範囲と検知した動きが表示され、検知ゾーンやルールをすぐに追加できます。

レーダーが地上3.5 mに設置されている場合は、他に何もする必要はありません。 レーダーが別の高さに取り付けられている場合は、レーダーのキャリブレーションを行って、取り付けの高さを補正する必要があります。

物体が動いている場所を見やすくするために、平面図や航空写真など、レーダーがカバーしている範囲を示す参照マップをアップロードすることができます。

  • 画像の要件は以下のとおりです。
  • サポートされるファイル形式は、jpegとpngです。

  • 画像はレーダーでトリミングすることができます。

  • 画像はレーダーで ±35° 回転できます。

  • キャリブレーション中にレーダーの到達範囲の形状が画像に合わせて移動するため、向きは重要ではありません。

参照マップをアップロードした後、実際のレーダーの検知範囲が参照マップの位置、方向、縮尺と合うように、参照マップのキャリブレーションを行う必要があります。

Webインターフェースで、参照マップ内をクリックしてキャリブレーションを行います。 サイトへの物理的なアクセスは必要ありません。

レーダーを校正するには

  1. レーダーの設定を行うには、[Settings (設定)] > [Radar (レーダー)] > [Calibration (キャリブレーション)] に移動し、[Start (開始)] をクリックして、ステップバイステップガイドの手順に従います。

検知ゾーンについて

動きを検知する場所を決定するために、複数のゾーンを追加できます。 さまざまなゾーンを使用して、さまざまなアクションをトリガーすることができます。

  • ゾーンには次の2種類があります。
  • [include zone (対象範囲)] は、動く物体によってルールがトリガーされるエリアです。 デフォルトの対象範囲はレーダーによってカバーされるエリア全体です。

  • [exclude zone (除外範囲)] は、動く物体が無視されるエリアです。 対象範囲内に不要なアラームが何度もトリガーされる範囲がある場合に、除外範囲を使用します。

望ましくない反射を除去する

金属屋根、フェンス、車両、レンガの壁など、レーダーを反射する材質は、レーダーのパフォーマンスを低下させる可能性があります。 これらの材質は、見かけ上の検知のもととなる反射を生じさせることがあり、このような見かけ上の検知は真の検知と見分けるのが難しいことがあります。

  1. 実際の検知
  2. 反射の検知
  1. 望ましくない検知を避けるには、除外範囲を設定します。

対象範囲の追加

  1. [Settings > RMD zones (設定 > RMDゾーン)] に移動し、 をクリックします。

  2. [Include zone (対象範囲)] を選択します。

  3. を選択して、範囲の設定を変更します。 詳細については、本製品に内蔵されているヘルプを参照してください。

  4. 対象範囲の形状を変更します (検知ゾーンを変更するを参照)。

対象範囲の変更

対象範囲を変更するには、を選択します。

  • 対象範囲でトリガー条件となる速度範囲を設定するには、以下の手順に従います。

    • [Trigger between (トリガー範囲)] で、スライダーの両方のハンドルをドラッグして、速度範囲を設定します。 設定した速度範囲内で物体が移動し始めると、装置がトリガーされます。

      • 設定した速度範囲外で物体が移動し始めると装置がトリガーされるように設定する場合は、[Invert (反転)] をクリックします。

  • 変更が対象範囲にどのように影響するかを確認するには、以下の手順に従います。

    • [Test alarm (アラームのテスト)] をクリックします。

除外範囲の追加

  1. [Settings > RMD zones (設定 > RMDゾーン)] に移動し、 をクリックします。

  2. [Exclude zone (除外範囲)] を選択します。

  3. 除外範囲の形状を変更します (検知ゾーンを変更するを参照)。

検知ゾーンを変更する

  • 参照マップの目的の部分が覆われるように、マウスを使用してゾーンを移動し、形状を設定します。
  • 新しい角を追加するには、ゾーンの境界線をクリックします。 角を目的の位置にドラッグします。

  • 角を削除するには、その角を右クリックします。

  • 角を移動するには、その角をクリックし、新しい位置にドラッグします。

  • ゾーンを移動するには、そのゾーンの内側にポインターを置き、ゾーンを新しい位置にドラッグします。

混線検知の追加

  1. [Settings > RMD zones (設定 > RMDゾーン)] の をクリックします。

  2. [Crossline detection (混線検知)] を選択します。

  3. ラインの変更:

    • ラインを移動するには、クリック&ドラッグします。

    • ポイントを移動するには、クリック&ドラッグします。

    • ポイントを追加するには、ラインをクリックします。

    • ポイントを削除するには、ポイントを右クリックします。

  4. 検知の方向を変更したり、他の設定を編集するには、をクリックします。

詳細については、本製品に内蔵されているヘルプを参照してください。

ビデオを表示する、録画する

このセクションでは、装置の設定について説明します。 ストリーミングとストレージの動作の詳細については、を参照してください。

帯域幅とストレージ容量を削減する

重要

帯域幅を削減すると、画像の詳細が失われる場合があります。

  1. [Video (ビデオ) > Stream (ストリーム)] に移動します。

  2. ライブビューで、 をクリックします。

  3. [Video format (ビデオ形式)H.264] を選択します。

  4. [Video (ビデオ) > Stream (ストリーム) > General (一般)] に移動し、[Compression (圧縮率)] を上げます。

  5. Video (ビデオ) > Stream (ストリーム) > H.264 and H.265 encoding (H.264 /H.265 エンコード) に移動し、以下の1つ以上の操作を行います。

    • 使用する [Zipstream] レベルを選択する。

    • [Dynamic FPS (ダイナミックFPS)] をオンにする。

    • [Dynamic GOP (ダイナミックGOP)] をオンにし、GOP 長を高い [Upper limit (上限)] に設定する。

ネットワークストレージを設定する

  1. ネットワーク上に録画を保存するには、以下のようにネットワークストレージを設定する必要があります。
  2. [System > Storage (システム > ストレージ)] に移動します。

  3. [Network storage (ネットワークストレージ)] で [Add network storage (ネットワークストレージを追加)] をクリックします。

  4. ホストサーバーのIPアドレスを入力します。

  5. [Network Share (ネットワーク共有)] で、ホストサーバー上の共有場所の名前を入力します。

  6. ユーザー名とパスワードを入力します。

  7. SMBバージョンを選択するか、[Auto (自動)] のままにします。

  8. 一時的な接続の問題が発生し場合や、共有がまだ設定されていない場合に接続が失敗した場合は、[Add share even if connection fails (接続テストの失敗時でも共有を追加する)] をオンにします。

  9. [[Add (追加)]] をクリックします。

ビデオを録画して見る

  1. カメラから直接ビデオを録画する
  2. [Video (ビデオ) > Image (画像)] に移動します。

  3. 録画を開始するには、をクリックします。

    ストレージを設定していない場合は、[Set up (設定)] をクリックします。 ネットワークストレージの設定手順については、次を参照してください: ネットワークストレージを設定する

  4. 録画を停止するには、もう一度 をクリックします。

  1. ビデオを見る
  2. [Recordings (録画)] に移動します。

  3. リスト内で録画のをクリックします。

イベントのルールを設定する

詳細については、ガイド「イベントのルールの使用開始」を参照してください。

アクションをトリガーする

  1. [System > Events (システム > イベント)] に移動し、ルールを追加します。 このルールでは、装置が特定のアクションを実行するタイミングを定義します。 ルールは、スケジュールや繰り返しとして設定することも、手動でトリガーするように設定することもできます。

  2. [Name (名前)] に入力します。

  3. アクションをトリガーするために満たす必要がある [Condition (条件)] を選択します。 ルールに複数の条件を指定した場合は、すべての条件が満たされたときにアクションがトリガーされます。

  4. 条件が満たされたときに装置が実行する [Action (アクション)] を選択します。

アクティブなルールを変更する場合は、ルールを再度オンにして変更内容を有効にする必要があります。

誰かがハウジングを開いた場合にアラームをトリガーする

この例では、誰かがハウジングを開いた場合にアラームをトリガーする方法について説明します。

  1. 送信先を追加する:
  2. [System (システム)] > [Events (イベント)] > [Recipients (送信先)] に移動し、[Add recipient (送信先の追加)] をクリックします。

  3. 送信先の名前を入力します。

  4. [Email (電子メール)] を選択します。

  5. 電子メールの送信先のメールアドレスを入力します。

  6. カメラには独自のメールサーバーがないため、電子メールを送信するには別のメールサーバーにログインする必要があります。 メールプロバイダーに従って、残りの情報を入力します。

  7. テストメールを送信するには、[Test (テスト)] をクリックします。

  8. [Save (保存)] をクリックします。

  9. ルールを作成する:
  10. [System > Events > Rules (システム > イベント > ルール)] に移動し、ルールを追加します。

  11. ルールの名前を入力します。

  12. 条件のリストで、[Casing open (ケーシング開放)] を選択します。

  13. アクションのリストで、[Send notification to email (電子メールに通知を送信する)] を選択します。

  14. リストから送信先を選択します。

  15. 電子メールの件名とメッセージを入力します。

  16. [Save (保存)] をクリックします。

使用説明書。

動きが検知されたときにレーダーデータを録画する方法

この例では、レーダーが動きを検知する5秒前にSDカードへの録画を開始し、1分後に停止するようにレーダーを設定する方法を示します。

録画には動く物体の軌道を含む参照マップが示されます。

  1. ルールの作成:
  2. [Settings > System > Events (設定 > システム > イベント)] に移動し、ルールを追加します。

  3. ルールの名前を入力します。

  4. 条件のリストから、[Radar motion (レーダーの動き)] の下にある対象範囲を選択します。 対象範囲を設定する方法については、対象範囲の追加を参照してください。

  5. アクションのリストから、[Record video (ビデオを録画する)] を選択します。

  6. プリバッファを5秒に設定します。

  7. ポストバッファを60秒に設定します。

  8. ストレージオプションのリストから、[SD card (SDカード)] を選択します。

  9. [Save (保存)] をクリックします。

動きが検知されたときにカメラからビデオを録画する方法

この例では、レーダーが動作を検知する5秒前にカメラがSDカードへの録画を開始し、1分後に停止するようにレーダーとカメラを設定する方法について説明します。

  1. 装置の接続:
  2. レーダーのI/O出力からカメラのI/O入力にケーブルを接続します。

  3. レーダーのI/Oポートの設定:
  4. [Settings > System > I/O ports (設定 > システム > I/Oポート)] に移動し、I/Oポートを出力として設定して、通常状態を選択します。

  5. レーダーでのルールの作成:
  6. [Settings > System > Events (設定 > システム > イベント)] に移動し、ルールを追加します。

  7. ルールの名前を入力します。

  8. 条件のリストから、[Radar motion (レーダーの動き)] の下にある対象範囲を選択します。 対象範囲を設定する方法については、対象範囲の追加を参照してください。

  9. アクションのリストから、[Toggle I/O while the rule is active (ルールがアクティブである間、I/Oを切り替える)] を選択し、カメラに接続されているポートを選択します。

  10. [Save (保存)] をクリックします。

  11. カメラのI/Oポートの設定:
  12. [Settings > System > I/O ports (設定 > システム > I/Oポート)] に移動し、I/Oポートを入力として設定して、標準状態を選択します。

  13. カメラでのルールの作成:
  14. [Settings > System > Events (設定 > システム > イベント)] に移動し、ルールを追加します。

  15. ルールの名前を入力します。

  16. 条件のリストから [Digital Input (デジタル入力)] を選択し、ルールをトリガーするポートを選択します。

  17. アクションのリストから、[Record video (ビデオを録画する)] を選択します。

  18. 既存のストリームプロファイルを選択するか、新しいプロファイルを作成します。

  19. プリバッファを5秒に設定します。

  20. ポストバッファを60秒に設定します。

  21. ストレージオプションのリストから、[SD card (SDカード)] を選択します。

  22. [Save (保存)] をクリックします。

動きが検知されたときに照明を点灯する方法

侵入者が検知ゾーンに入ったときに照明を点灯すると、抑止効果があり、侵入を録画するビジュアルカメラの画質も向上します。

この例では、レーダーが動作を検知したときにイルミネーターが点灯し、1分後に消灯するようにレーダーとイルミネーターを設定する方法について説明します。

  1. デバイスの接続:
  2. レーダーのリレーポートを介して、イルミネーターケーブルの1本を電源に接続します。 別のケーブルで電源とイルミネーターの間を直接接続します。

  3. レーダーのリレーポートの設定:
  4. [Settings > System > I/O ports (設定 > システム > I/Oポート)] に移動し、通常状態として [Open circuit (開回路)] を選択します。

  5. レーダーでのルールの作成:
  6. [Settings > System > Events (設定 > システム > イベント)] に移動し、ルールを追加します。

  7. ルールの名前を入力します。

  8. トリガーのリストから、[Radar motion (レーダーの動き)] の下にある対象範囲を選択します。 対象範囲を設定する方法については、対象範囲の追加を参照してください。

  9. 条件のリストから [Toggle I/O once (I/Oを1度切り替える)] を選択し、リレーポートを選択します。

  10. [Active (アクティブ)] を選択します。

  11. [Duration (継続時間)] を設定します。

  12. [Save (保存)] をクリックします。

レーダーでPTZカメラを制御する方法

レーダーからの物体の位置に関する情報を使用して、PTZカメラで物体を追跡することができます。

  • これを行うには、以下の2つの方法があります。
  • 内蔵の [Radar autotracking (レーダーオートトラッキング)] を使用します。 このオプションは、1台のPTZカメラと1台のレーダーを非常に近くに取り付けているときに使用します。 このオプションでは、レーダーがカメラを直接制御するエッジツーエッジソリューションを構築します。

    1. [Settings > System > Radar autotracking (設定 > システム > レーダーオートトラッキング)] に移動します。

    2. PTZカメラのIPアドレス、ユーザー名、パスワードを入力します。

    3. [Connect (接続)] をクリックし、指示に従います。

  • カメラはレーダーの真上または真下に設置する必要があります。

    このアプリケーションでは、レーダーの対象範囲は使用しません。 除外範囲を除いて、レーダーの検知範囲全体を使用して動きを検知します。

  • 複数のカメラを複数のレーダーと共に使用するには、Windows®アプリケーションであるAXIS Radar Autotracking for PTZを使用してください。AXIS Radar Autotracking for PTZをaxis.comからダウンロードし、アプリケーションの指示に従って、VMSサーバー (またはカメラとレーダーの両方にアクセスできる別のコンピューター) にインストールします。

    これは、以下のようなさまざまな設定に対応できるサーバーベースのソリューションです。

    • 1台のレーダーで複数のPTZカメラを制御する。

    • 複数のレーダーで1つのPTZカメラを制御する。

    • 複数のレーダーで複数のPTZカメラを制御する。

    • 同じエリアをカバーする異なる位置に取り付けられているときに、1つのレーダーで1つのPTZカメラを制御する。

誤報を最小限に抑える方法

誤報が多すぎるときは、特定の種類の動きや物体をフィルター処理するか、対象範囲を変更する、あるいは検知感度を調節してください。 環境で最適な設定をテストして特定してください。

  • 検知感度を調節する:

    [Settings > Radar > Detection (設定 > レーダー > 検知)] に移動して、現在より低い [Detection sensitivity (検知感度)] を選択します。 これにより誤報のリスクは減りますが、特定の動きがレーダーによって検知されないことがあります。 感度の設定はすべてのゾーンに影響します。

    • Low (低): この感度は、エリア内に金属物体や大型車両が多いときに使用します。 レーダーが物体を追跡および分類するには、より長い時間がかかります。 この感度では、特に高速で動く物体の検知範囲が狭くなります。

    • High (高): この感度は、レーダーの前に金属物体のない広い場所があるときに使用します。 この感度では、人間の検知範囲が広くなります。

  • 対象範囲と除外範囲の変更:

    対象範囲に金属製の壁などの硬い表面が含まれている場合、1つの物体に対して複数の検知が行われるような反射が生じることがあります。 その場合は、対象範囲を変更するか (検知ゾーンを変更するを参照)、表面の背後にあるものすべてをマスクする除外範囲を追加します (除外範囲の追加を参照)。

  • 動きのフィルター処理:

    [Settings > Radar > Detection (設定 > レーダー > 検知)] に移動し、[Ignore swaying objects (揺らめいている物体を無視)] を選択します。 この設定では、到達範囲内の木や旗竿などによる誤報が最小限に抑えられます。

  • 時間のフィルター処理:

    [Settings > RMD zones (設定 > RMDゾーン)] に移動し、ゾーンを選択してその設定を変更します。

    [Short-lived object (一時的な物体)] を有効にし、レーダーが物体の追跡を開始してからアラームをトリガーできるまでの遅延時間を設定します。 タイマーは、物体が対象範囲に入ったときではなく、レーダーが最初に物体を検知したときに開始されます。

  • 物体のタイプのフィルター処理:

    レーダーは、物体が生じさせるレーダーエコーによって物体を分類します。 物体のタイプが特定できない場合は、[Unknown (不明)] と分類されます。

    [Settings > RMD zones (設定 > RMDゾーン)] に移動し、ゾーンを選択してその設定を変更します。

    特定の物体のタイプでトリガーされないようにするには、フィルターを有効にし、このゾーンでイベントをトリガーする物体のタイプの選択を解除します。

インストールの検証

レーダーの設置を検証する

このテストは、現在の状況下での設置の検証に役立ちます。 設置の日常のパフォーマンスは、シーンの変化の影響を受ける可能性があります。

レーダーは設置後すぐに使用する準備ができていますが、使用を開始する前に検証を行することをお勧めします。 これにより、設置に関する問題を特定したり、シーン内の物体 (樹木や反射面など) を管理したりできるため、レーダーの精度を高めることができます。

検証を試みる前に、まずレーダーキャリブレーションを行うを行います。

次の場合は毎回、検証を行うことをお勧めします。

  • シーン内に除外する物体 (植物や金属の表面など) がある。

  • レーダーをPTZカメラとペアリングし、Radar autotracking (レーダー自動追跡) を設定した。

  • レーダーの取り付け高を変更した。

レーダーの検証

誤った検知が行えたかを確認してください

  1. レーダーの含まれるゾーンが人間の活動から明らかかを確認してください。

  2. レーダーが付属のRMD (Radar Motion Detection) ゾーン内の静止した物体を検知していないか、数分間待ちます。

  3. 不要な検知がない場合は、手順4をスキップできます。

  4. 不要な検出がある場合は、特定の種類の動きやオブジェクトを除外する方法、カバー範囲を変更する方法、または検出感度を調整する方法について、「誤報を最小限に抑える方法」を参照してください。

レーダーが正面から近づくと、正しい記号と移動方向を確認してください

  1. [radar’s web interface (レーダーのWebインターフェース)] に移動し、[record the session (セッションの録画)] を選択します。 これを行うのに役立つ情報は、ビデオを録画して見るを参照してください。

  2. レーダーの前で60 m (197 ft) を開始し、レーダーに向かって直接歩きます。

  3. レーダーのWebインターフェースでセッションを確認してください。 検知されると、人間の分類の記号が表示されます。

  4. レーダーのWebインターフェースが正しい移動方向を示していることを確認してください。

レーダーが交差した場合の正しい記号と移動方向を確認してください

  1. [radar’s web interface (レーダーのWebインターフェース)] に移動し、[record the session (セッションの録画)] を選択します。 これを行うのに役立つ情報は、ビデオを録画して見るを参照してください。

  2. レーダーから60 m (197 ft) 離れた場所から始め、レーダーを横切って直進します。

  3. レーダーのWebインターフェースに人間の分類の記号が表示されています。

  4. レーダーのWebインターフェースが正しい移動方向を示していることを確認してください。

検証からデータを記録するのに役立つ、以下のような表を作成します。

テスト合格/失敗コメント
1. エリアがはっきりしている場合は、不要な検知が行えないかを確認してください
2a。 レーダーが正面から近づくと、対象が「人間」の正しい記号で検知されていることを確認してください
2b。 レーダーが正面から近づくと、移動の方向が正しいかを確認してください
3a。 レーダーが交差すると、物体が「人間」の正しい記号で検知されていることを確認してください
3b。 レーダーが交差すると、移動の方向が正しいかを確認してください

検証を完了する

検証の最初の部分が正常に完了したら、次のテストを実行して検証プロセスを完了する必要があります。

  1. レーダーが設定され、手順に従ったかを確認してください。

  2. さらに検証を行う場合は、レーダーキャリブレーションを行う

  3. レーダー対象ゾーンを設定して、適切な物体が検知されるとトリガーします。 デフォルトでは、プリバッファは 2秒に設定されますが、必要に応じてWebインターフェースでこれを変更できます。

  4. レーダーを設定して、適切な物体が検知される 動きが検知されたときにレーダーデータを録画する方法

  5. 試用期間を 1時間に設定すると、安全に席を離れ、監視エリアを歩き回り、席に戻る時間を超えないようにします。試用期間 は、設定した時間だけレーダーのライブビュー内の追跡を維持し、検証を完了すると無効にすることができます。

  6. レーダーの範囲の境界線に沿って歩き、、システムのトレイルが歩いたルートと一致していることを確認します。

  7. 検証の結果に満足できない場合は、参照マップを再キャリブレーションし、検証を繰り返す必要があります。

トラブルシューティング

工場出荷時の設定にリセットする

重要

工場出荷時の設定へのリセットは慎重に行ってください。 工場出荷時の設定へのリセットを行うと、IPアドレスを含むすべての設定が工場出荷時の値にリセットされます。

本製品を工場出荷時の設定にリセットするには、以下の手順を実行します。

  1. 本製品の電源を切ります。

  2. コントロールボタンを押した状態で電源を再接続します。製品の概要を参照してください。

  3. ステータスLEDがオレンジ色に点滅するまで、コントロールボタンを15~30秒間押し続けます。

  4. コントロールボタンを離します。 プロセスが完了すると、ステータスLEDが緑色に変わります。 これで本製品は工場出荷時の設定にリセットされました。 ネットワーク上に利用可能なDHCPサーバーがない場合、デフォルトのIPアドレスは192.168.0.90になります。

  5. インストールおよび管理ソフトウェアツールを使用して、IPアドレスの割り当て、パスワードの設定、装置へのアクセスを行います。

    axis.com/supportのサポートページに、インストールおよび管理ソフトウェアツールが用意されています。

装置のWebページを使用して、各種パラメーターを工場出荷時の設定に戻すこともできます。 [Maintenance (メンテナンス) > Factory default (工場出荷時の設定)] に移動し、[Default (デフォルト)] をクリックします。

現在のファームウェアバージョンの確認

ファームウェアは、ネットワーク装置の機能を決定するソフトウェアです。 問題のトラブルシューティングを行う際は、まず現在のファームウェアバージョンを確認することをお勧めします。 最新のファームウェアバージョンには、特定の問題の修正が含まれていることがあります。

現在のファームウェアを確認するには、以下の手順に従います。

  1. 装置インターフェース > [Status (ステータス)] に移動します。

  2. [Device info (装置情報)] でファームウェアバージョンを確認してください。

ファームウェアのアップグレード

重要

事前設定済みの設定とカスタム設定は、ファームウェアのアップグレード時に保存されます (その機能が新しいファームウェアで利用できる場合)。ただし、この動作をAxis Communications ABが保証しているわけではありません。

重要

アップグレードプロセス中は、装置を電源に接続したままにしてください。

Active (アクティブ)トラックから最新のファームウェアをダウンロードして装置をアップグレードすると、製品に最新機能が追加されます。 ファームウェアを更新する前に、ファームウェアとともに提供されるアップグレード手順とリリースノートを必ずお読みください。 最新ファームウェアおよびリリースノートについては、axis.com/support/firmwareを参照してください。

  1. ファームウェアファイルをコンピューターにダウンロードします。ファームウェアファイルはaxis.com/support/firmwareから無料で入手できます。

  2. 装置に管理者としてログインします。

  3. [Maintenance (メンテナンス) > Firmware upgrade (ファームウェアのアップグレード)] に移動し、[Upgrade (アップグレード)] をクリックします。

  4. アップグレードが完了すると、製品は自動的に再起動します。

技術的な問題、ヒント、解決策

このページで解決策が見つからない場合は、axis.com/supportのトラブルシューティングセクションに記載されている方法を試してみてください。

ファームウェアのアップグレードで問題が発生する

ファームウェアのアップグレード失敗

ファームウェアのアップグレードに失敗した場合、装置は以前のファームウェアを再度読み込みます。 最も一般的な理由は、間違ったファームウェアファイルがアップロードされた場合です。 装置に対応したファームウェアファイル名であることを確認し、再試行してください。

ファームウェアのアップグレード後に問題が発生する

ファームウェアのアップグレード後に問題が発生する場合は、[Maintenance (メンテナンス)] ページから、以前にインストールされたバージョンにロールバックします。

IPアドレスの設定で問題が発生する

装置が別のサブネット上にある

装置用のIPアドレスと、装置へのアクセスに使用するコンピューターのIPアドレスが異なるサブネットにある場合は、IPアドレスを設定することはできません。 ネットワーク管理者に連絡して、適切なIPアドレスを取得してください。

IPアドレスが別の装置で使用されている

Axis装置をネットワークから切断します。 pingコマンドを実行します (コマンドウィンドウまたはDOSウィンドウで、pingコマンドと装置のIPアドレスを入力します)。

  • もし、 「Reply from <IPアドレス>: bytes=32; time=10...」という応答を受取った場合は、ネットワーク上の別の装置でそのIPアドレスがすでに使われている可能性があります。 ネットワーク管理者から新しいIPアドレスを取得し、装置を再度インストールしてください。

  • もし、 「Request timed out」が表示された場合は、Axis装置でそのIPアドレスを使用できます。 この場合は、すべてのケーブル配線をチェックし、装置を再度インストールしてください。

同じサブネット上の別の装置とIPアドレスが競合している可能性がある

DHCPサーバーによって動的アドレスが設定される前は、Axis装置は静的IPアドレスを使用します。 つまり、デフォルトの静的IPアドレスが別の装置でも使用されていると、装置へのアクセスに問題が発生する可能性があります。

ブラウザーから装置にアクセスできない

ログインできない

HTTPSが有効なときは、正しいプロトコル (HTTPまたはHTTPS) を使用してログインしてください。ブラウザーのアドレスフィールドに、手動で「http」または「https」と入力する必要がある場合があります。

rootユーザーのパスワードを忘れた場合は、装置を工場出荷時の設定にリセットする必要があります。工場出荷時の設定にリセットするを参照してください。

DHCPによってIPアドレスが変更された

DHCPサーバーから取得したIPアドレスは動的なアドレスであり、変更されることがあります。 IPアドレスが変更された場合は、AXIS IP UtilityまたはAXIS Device Managerを使用して装置のネットワーク上の場所を特定してください。 装置のモデルまたはシリアル番号、あるいはDNS名 (設定されている場合) を使用して装置を識別します。

必要に応じて、静的IPアドレスを手動で割り当てることができます。 手順については、axis.com/supportを参照してください。

IEEE 802.1X使用時の証明書エラー

認証を正しく行うには、Axis装置の日付と時刻をNTPサーバーと同期させなければなりません。 [System (システム) > Date and time (日付と時刻)] に移動します。

装置にローカルにアクセスできるが、外部からアクセスできない

装置に外部からアクセスする場合は、以下のいずれかのWindows®向けアプリケーションを使用することをお勧めします。

  • AXIS Companion: 無料で使用でき、最小限の監視が必要な小規模システムに最適です。

  • AXIS Camera Station: 30日間の試用版を無料で使用でき、中小規模のシステムに最適です。

手順とダウンロードについては、axis.com/vmsを参照してください。

パフォーマンスに関する一般的な検討事項

最も重要な検討事項には次のようなものがあります。

  • 貧弱なインフラによるネットワークの使用率が高いと帯域幅に影響します。

清掃の推奨事項

装置に油しみがあったり、汚れがひどい場合は、マイルドで無溶媒の中性石鹸または洗剤を使用して清掃することができます。

注意

ガソリン、ベンジン、アセトンなどの強力な洗剤は絶対に使用しないでください。

  1. 圧縮空気を使用すると、装置からほこりやごみを取り除くことができます。

  2. マイルドな洗剤とぬるま湯に浸した柔らかい布で装置を清掃します。

  3. 乾いた布で慎重に拭きます。

水滴が乾いて跡が残ることがありますので、直射日光があたる、または高温になる場所では清掃しないでください。

仕様

製品の概要

  1. コントロールボタン
  2. ネットワークLED
  3. ステータスLED
  4. 電源LED
  5. PoE出力 LED
  6. microSDカードスロット
  7. 電源コネクター (DC)
  8. I/Oコネクター
  9. 接点コネクター
  10. アース端子ネジ
  11. ネットワークコネクター (PoE入力)
  12. ネットワークコネクター (PoE出力)
  13. 侵入アラームセンサー

技術仕様については、仕様を参照してください。

LEDインジケーター

ステータスLED説明

正常動作の場合、緑色に点灯します。

ネットワークLED説明

100Mbit/sネットワークに接続している場合、点灯します。 ネットワークパケットを送受信した場合、点滅します。

オレンジ

10Mbit/sネットワークに接続している場合、点灯します。 ネットワークパケットを送受信した場合、点滅します。

消灯ネットワーク接続なし。
電源LED説明
正常動作。
PoE出力 LED説明
消灯PoE出力がオフになっています
PoE出力がオンになっています

SDカードスロット

推奨するSDカードについては、axis.comを参照してください。

microSD、microSDHC、およびmicroSDXCロゴは、SD-3C LLCの商標です。microSD、microSDHC、microSDXCは、米国および/または他の国々におけるSD-3C, LLCの商標または登録商標です。

ボタン

コントロールボタン

  • コントロールボタンの位置については、製品の概要を参照してください。
  • コントロールボタンは、以下の用途で使用します。
  • 製品を工場出荷時の設定にリセットする。工場出荷時の設定にリセットするを参照してください。

  • AXIS Video Hosting Systemサービスに接続する。を参照してください。 接続するには、ステータスLEDが緑色に点滅するまで、ボタンを押し続けます (約3秒間)。

コネクター

ネットワークコネクター

Power over Ethernet Plus (PoE+) 対応RJ45イーサネットコネクター

注意

装置の損傷の危険があります。 PoEとDCの両方を使用して装置の電源を入れないでください。

ネットワークコネクター (PoE出力)

Power over Ethernet IEEE 802.3at type 2、最大30 W

このコネクターを使用して、別のPoE装置 (カメラ、警報スピーカー、2番目のセキュリティレーダーなど) に電力を供給します。

PoE出力は、レーダーが60 Wミッドスパン (Power over Ethernet IEEE 802.3 bt、type 3) によって給電されている場合に有効になります。

レーダーが30 WミッドスパンまたはDC電源によって給電されている場合、PoE出力は無効になっています。

イーサネットケーブルの最大長は、PoE出力とPoE入力を組み合わせた合計の100 mです。 PoEエクステンダーを使用して、延長することができます。

I/Oコネクター

I/Oコネクターに外部装置を接続し、イベントトリガーやアラーム通知などと組み合わせて使用することができます。 I/Oコネクターは、0 V DC基準点と電力 (DC出力) に加えて、以下のインターフェースを提供します。

デジタル入力 –
開回路と閉回路の切り替えが可能な装置 (PIRセンサー、ドア/窓の接触、ガラス破損検知器など) を接続するための入力です。
デジタル出力 –
リレーやLEDなどの外部装置を接続します。 接続された装置は、VAPIX®アプリケーションプログラミングインターフェースを通じたイベントまたは製品のWebページからアクティブにすることができます。

6ピンターミナルブロック

機能ピン備考仕様
DCアース10 V DC
DC出力2補助装置の電源供給に使用できます。
注: このピンは、電源出力としてのみ使用できます。
12 V DC
最大負荷 = 50 mA
設定可能 (入力または出力)3–6デジタル入力 – 動作させるにはピン1に接続し、動作させない場合はフロート状態 (未接続) のままにします。0~30 V DC (最大)
デジタル出力 – アクティブ時はピン1 (DCアース) に内部で接続し、非アクティブ時はフロート状態 (未接続) になります。 リレーなどの誘導負荷とともに使用する場合は、過渡電圧から保護するために、負荷と並列にダイオードを接続します。0~30 V DC (最大)、オープンドレイン、100 mA
Example
  1. DCアース
  2. DC出力 12 V、最大50 mA
  3. I/O (入力として設定)
  4. I/O (出力として設定)
  5. 設定可能I/O
  6. 設定可能I/O

電源コネクター

DC電源入力用2ピンターミナルブロック。 定格出力が100 W以下または5 A以下の安全特別低電圧 (SELV) に準拠した制限電源 (LPS) を使用してください。

注意

装置の損傷の危険があります。 PoEとDCの両方を使用して装置の電源を入れないでください。

リレーコネクター

注意

接点コネクターには単心線を使用してください。

機能仕様
タイプNO (ノーマルオープン)
定格

24 V DC/5 A

他の回路からの定格絶縁2.5 kV