AXIS I8016-LVE Network Video Intercom

設定の概要

  1. インターホン
  2. インターホンとAXIS A9801の組み合わせ
  3. インターホンとAXIS A9161の組み合わせ
  4. インターホンとリーダーおよびアクセスコントロールシステムの組み合わせ (AXIS A1001やAXIS A1601など)

製品の概要

  1. 呼び出しインジケーターアイコン
  2. カメラ
  3. 呼び出しボタン
  4. 赤外線イルミネーター
  5. スピーカー
  6. マイク
  7. I/Oコネクター
  8. コントロールボタン
  9. 音声コネクター
  10. ステータスLED
  11. SDカードスロット (microSD/microSDHC/microSDXC)
  12. ネットワークコネクター

はじめに

ネットワーク上の装置を検索する

Windows®でAxis装置を探してIPアドレスの割り当てを行う方法については、AXIS IP UtilityまたはAXIS Device Managerを使用してください。 いずれのアプリケーションも無料で、axis.com/supportからダウンロードできます。

IPアドレスの検索や割り当てを行う方法の詳細については、IPアドレスの割り当てと装置へのアクセス⽅法を参照してください。

ブラウザーサポート

以下のブラウザーで装置を使用できます。

ChromeTM

Firefox®

EdgeTM

Safari®

Windows®

推奨

推奨

macOS®

推奨

推奨

Linux®

推奨

推奨

その他のオペレーティングシステム

✓*

* iOS 15またはiPadOS 15でAXIS OS Webインターフェースを使用するには、[設定] > [Safari] > [詳細] > [Experimental Features] に移動し、[NSURLSession Websocket] を無効にします。

推奨ブラウザーの詳細については、AXIS OSポータルにアクセスしてください。

装置のWebページを開きます

  1. ブラウザーを開き、Axis装置のIPアドレスまたはホスト名を入力します。

    本製品のIPアドレスが不明な場合は、AXIS IP UtilityまたはAXIS Device Managerを使用して、ネットワーク上で装置を見つけます。

  2. ユーザー名とパスワードを入力します。 初めて装置にアクセスする場合は、rootパスワードを設定する必要があります。rootアカウントの新しいパスワードを設定するを参照してください。

ファームウェアが改ざんされてないことを確認する

  1. 装置に元のAxisファームウェアが搭載されていることを確認するか、またはセキュリティ攻撃が行われた後に装置を完全に制御するには、以下の手順に従います。
  2. 工場出荷時の設定にリセットします。工場出荷時の設定にリセットするを参照してください。

    リセットを行うと、セキュアブートによって装置の状態が保証されます。

  3. 装置を設定し、インストールします。

rootアカウントの新しいパスワードを設定する

デフォルトの管理者ユーザー名はrootです。 rootアカウントにはデフォルトのパスワードはありません。 パスワードは、装置に初めてログインしたときに設定します。

  1. パスワードを入力します。 安全なパスワードを設定する手順に従います。安全なパスワードを参照してください。

  2. パスワードを再入力して、スペルを確認します。

  3. [Add user (ユーザーの追加)] をクリックします。

重要

rootアカウントのパスワードを忘れた場合は、工場出荷時の設定にリセットする にアクセスし、説明に従って操作してください。

安全なパスワード

重要

Axis装置は、最初に設定されたパスワードをネットワーク上で平文で送信します。 最初のログイン後に装置を保護するために、安全で暗号化されたHTTPS接続を設定してからパスワードを変更してください。

装置のパスワードは主にデータおよびサービスを保護します。 Axis装置は、さまざまなタイプのインストールで使用される可能性があることから、パスワードポリシーを強制しません。

データを保護するために、次のことを強く推奨します。

  • 8文字以上のパスワードを使用する (できればパスワード生成プログラムで作成する)。

  • パスワードを公開しない。

  • 一定の期間ごとにパスワードを変更する (少なくとも年に1回)。

装置を構成する

このセクションでは、ハードウェアのインストールが完了した後に製品を起動して実行するために、インストーラーが行う必要のあるすべての重要な設定について説明しています。

ダイレクトSIP (P2P) を設定する

VoIP (Voice over IP) は、IPネットワーク上の音声通信とマルチメディア通信を可能にするテクノロジー群です。 詳細については、Voice over IP (VoIP)を参照してください。

この製品では、SIPプロトコルによってVoIPが有効になっています。 SIPの詳細については、セッション開始プロトコル (SIP)を参照してください。

SIPには2種類あります。 その1つがピアツーピアです。 同じIPネットワーク内の少数のユーザーエージェント間で通信が行われ、PBXサーバーが提供する追加機能が必要ない場合は、ピアツーピアを使用します。 設定する方法については、ピアツーピアSIP (P2PSIP)を参照してください。

  1. [System (システム)] > [SIP] > [SIP settings (SIP設定)] に移動し、[Enable SIP (SIPの有効化)] を選択します。

  2. 装置での着信呼び出しの受信を許可するには、[Allow incoming calls (着信呼び出しを許可)] を選択します。

  3. 注意

    着信呼び出しを許可すると、デバイスはネットワークに接続されたすべてのデバイスからの呼び出しを受け付けます。 公共のネットワークまたはインターネットから装置にアクセスできる場合は、着信の呼び出しを無効化することをお勧めします。

  4. [Call handling (呼び出しの処理)] をクリックします。

  5. [Calling timeout (呼び出しタイムアウト)] で、応答がない場合に呼び出しが終了するまでの秒数を設定します。

  6. 着信呼び出しを許可している場合は、[Incoming call timeout (着信呼び出しタイムアウト)] で着信呼び出しでタイムアウトするまでの秒数を設定します。

  7. [Ports (ポート)] をクリックします。

  8. [SIP port (SIPポート)] の番号と [TLS port (TLSポート)] の番号を入力します。

    • SIP port (SIPポート) – SIPセッション用。 このポートを経由する信号トラフィックは暗号化されません。 デフォルトポート番号は5060です。
    • TLS port (TLS ポート) – TLSで保護されたSIPセッションで使用します。 このポートを経由する信号トラフィックは、Transport Layer Security (TLS) を使用して暗号化されます。 デフォルトポート番号は5061です。
    • [RTP start port (RTP開始ポート)] – SIP呼び出しの最初のRTPメディアストリームで使用するポートを入力します。 メディア伝送用のデフォルトの開始ポートは4000です。一部のファイアウォールでは、特定のポート番号のポートを経由するRTPトラフィックをブロックする場合があります。 ポート番号は1024~65535の間で指定する必要があります。
  9. [NAT traversal (NATトラバーサル)] をクリックします。

  10. NATトラバーサルを有効にするためのプロトコルを選択します。

  11. NATトラバーサルは、装置がNATルーターまたはファイアウォール経由でネットワークに接続している場合に使用します。 詳細については、NATトラバーサルを参照してください。

  12. [Save (保存)] をクリックします。

サーバーを介してSIPを設定する (PBX)

VoIP (Voice over IP) は、IPネットワーク上の音声通信とマルチメディア通信を可能にするテクノロジー群です。 詳細については、Voice over IP (VoIP) を参照してください。

この装置では、SIPプロトコルによってVoIPが有効になっています。 SIPの詳細については、セッション開始プロトコル (SIP)を参照してください。

SIPには2種類あります。 1つはPBXサーバーです。 PBXサーバーは、IPネットワークの内外で無制限の数のユーザーエージェントの間で通信を行う必要がある場合に使用します。 PBXプロバイダーによっては、設定に機能が追加される場合があります。 詳細については、構内交換機 (PBX) を参照してください。

  1. PBXプロバイダーから以下の情報を入手してください。

    • User ID (ユーザーID)

    • Domain (ドメイン)

    • Password (パスワード)

    • Authentication ID (認証ID)

    • Caller ID (呼び出しID)

    • Registrar (レジストラ)

    • RTP start port (RTP開始ポート)

  2. [System > SIP > SIP accounts (システム > SIP > SIP アカウント)] に移動し、[+ Account (+ アカウント)] をクリックします。

  3. アカウントの [Name (名前)] を入力します。

  4. [Registered (登録済み)] を選択します。

  5. Transport mode (伝送モード)を選択します。

  6. PBXプロバイダーからのアカウント情報を追加します。

  7. [Save (保存)] をクリックします。

  8. ピアツーピアの場合と同じ方法でのSIPの設定については、ダイレクトSIP (P2P) を設定する を参照してください。 PBXプロバイダーのRTP開始ポートを使用します。

連絡先を作成する

この例では、連絡先リストで新しい連絡先を作成する方法について説明します。 開始する前に、[System (システム)] > [SIP] でSIPを有効にしてください。

新しい連絡先を作成する方法:

  1. [Contact list (連絡先リスト)] に移動します。

  2. [+ Add contact (+ 連絡先の追加)] をクリックします。

  3. 連絡先の姓名を入力します。

  4. 連絡先のSIPアドレスを入力します。

  5. SIPアドレスの詳細については、セッション開始プロトコル (SIP)を参照してください。

  6. 呼び出し元のSIPアカウントを選択します。

  7. 連絡先の [Availability (可用性)] を選択します。 連絡先が対応できないときに呼び出しが試行された場合、代替連絡先がない限り、呼び出しはキャンセルされます。

  8. 可用性オプションは、[System (システム)] > [Events (イベント)] > [スケジュール] で定義します。

  9. [Fallback (フォールバック)] で、[None (なし)] を選択します。

  10. フォールバックとは、元の連絡先が応答しない場合に転送される連絡先です。

  11. [Save (保存)] をクリックします。

呼び出しボタンの設定

デフォルトでは、呼び出しボタンはVMS (映像管理システム) 呼び出しを行うように設定されています。 この設定を維持する場合は、AxisインターホンをVMSに追加するだけです。

この例では、訪問者が呼び出しボタンを押したときに連絡先リストにある連絡先を呼び出すように、システムを設定する方法について説明します。

  1. Call button (呼び出しボタン)] に移動します。

  2. [Make calls in the video management system (VMS) (ビデオ管理システム (VMS) で呼び出しを行う)] をオフにします。

  3. [Recipients (送信先)] で、連絡先を選択します。

呼び出しボタンを無効にするには、[Enable call button (呼び出しボタンを有効にする)] をオフにします。

DTMFを使用して来訪時にドアのロックを解除する

訪問者がインターホンから呼び出しを行うと、応答者は自身のDual-Tone Multi-Frequency (DTMF) を使用して、ドアのロックを解除できます。 ドアコントローラーにより、ドアのロック/ロック解除を行います。

  • この例では、次の方法について説明します。
  • インターホンのDTMF信号を定義する

  • 次のようにインターホンを設定します。

    • ドアコントローラーにドアのロックを解除するように要求するか、または

    • 内部リレーを使用してドアのロックを解除します。

  • すべての設定はインターホンのWebページで行います。
  1. インターホンのDTMF信号を定義する
  2. [System > SIP > SIP accounts (システム > SIP > SIP アカウント)] に移動し、SIP アカウントを特定します。

  3. > Edit (編集) をクリックします。

  4. [DTMF (保存)] をクリックします。

  5. [+ DTMFシーケンス] をクリックします。

  6. [Sequence (シーケンス)] フィールドに「1」と入力します。

  7. [Description (説明)] フィールドに「ドアのロック解除」と入力します。

  8. [Save (保存)] をクリックします。

  1. 内部リレーを使用してドアのロックを解除するように、インターホンを設定する
  2. [Define the DTMF signal in the intercom (インターホンのDTMF信号を定義する)] の手順に従います。

  3. [System > Events > Rules (システム > イベント > ルール)] に移動し、ルールを追加します。

  4. [Name (名前)] フィールドに「DTMFドアのロック解除」と入力します。

  5. 条件リストの [Call (呼び出し)] で、[DTMF] を選択し、続いて [Unlock door (ドアのロック解除)] を選択します。

  6. アクションのリストから [I/O] で [Toggle I/O once (I/Oを一度切り替える)] を選択します。

  7. ポートのリストから、[Relay 1 (リレー1)] を選択します。

  8. 継続時間00:00:07 に変更します。この場合、ドアのロックが7秒間解除されます。

  9. [Save (保存)] をクリックします。

ナイトモードを使用して低光量下で赤外線照明からメリットを得る

日中、カメラは可視光を利用してカラー画像を提供します。 しかし、可視光線が薄くなると、色の画像は明るく鮮明になります。 この場合、ナイトモードに切り替えた場合、カメラは可視光と近赤外線の両方の光を使用して、代わりに明るい画像と詳細な白黒画像を提供します。 カメラが自動的にナイトモードに切り替わります。

  1. [Video > Image > Day and night (設定 > 画像 > デイナイト)] に移動し、[IR cut filter (IRカットフィルター)] が [Auto (自動)] に設定されていることを確認します。

  2. カメラがナイトモードに切り替わる光量レベルを設定するには、[Threshold (閾値)] スライダーを [Bright (明るい)] または [Dark (暗い)] の方に動かします。

詳細情報

Voice over IP (VoIP)

Voice over IP (VoIP) は、インターネットなどのIPネットワーク上の音声通信とマルチメディアセッションを可能にするテクノロジー群です。 従来の電話呼び出しでは、アナログ信号は公衆交換電話網 (PSTN) 経由のサーキット伝送を通じて送信されます。 VoIP呼び出しでは、アナログ信号がデジタル信号に変換され、ローカルIPネットワークまたはインターネットを経由してデータパケットで信号を送信することができます。

本製品では、セッション開始プロトコル (SIP) およびDTMF (デュアルトーン多重周波数) 信号伝達によってVoIPが有効になっています。

Example

Axisインターホンで呼び出しボタンを押すと、1つ以上の既定の送信先への呼び出しが開始されます。 送信先が応答すると、呼び出しが確立されます。 VoIPテクノロジーで音声と映像が転送されます。

セッション開始プロトコル (SIP)

セッション開始プロトコル (SIP) を使用して、VoIP呼び出しを設定、維持、および終了します。 2つ以上のグループ (SIPユーザーエージェント) の間で呼び出しを行うことができます。 SIP呼び出しは、SIP電話、ソフトフォン、SIP対応Axisデバイスなどを使用して行うことができます。

実際の音声またはビデオは、RTP (Real-time Transport Protocol) などのトランスポートプロトコルを使用して、SIPユーザーエージェントの間で交換されます。

ピアツーピア設定を使用するか、PBXを使用したネットワークを通じて、ローカルネットワークで呼び出しを行うことができます。

ピアツーピアSIP (P2PSIP)

最も基本的なタイプのSIP通信は、2つ以上のSIPユーザーエージェントの間で直接行われます。 これは、ピアツーピアSIP (P2PSIP) と呼ばれます。 ローカルネットワーク上で行われる場合、必要なのはユーザーエージェントのSIPアドレスだけです。 この場合、通常のSIPアドレスはsip:<local-ip>です。

Example
  1. ユーザーエージェントA - インターホン。 SIPアドレス: sip:192.168.1.101
  2. ユーザーエージェントB - SIPが有効な電話。 SIPアドレス: sip:192.168.1.100

ピアツーピアSIP設定を使用して、同じネットワーク上でSIP対応電話などを呼び出すように、Axisインターホンを設定することができます。

構内交換機 (PBX)

ローカルIPネットワークの外部でSIP呼び出しを行うときは、構内交換機 (PBX) をセンターハブとして機能させることができます。 PBXの主要コンポーネントはSIPサーバーです。これは、SIPプロキシーまたはレジストラとも呼ばれます。 PBXは従来の電話交換台のように動作します。クライアントの現在の状態を表示し、呼転送、ボイスメール、リダイレクトなどを行うことができます。

PBX SIPサーバーは、ローカルエンティティまたはオフサイトとして設定することができます。 イントラネットまたはサードパーティのプロバイダーによってホストすることができます。 ネットワーク間でSIP呼び出しを行うと、呼び出しは一連のPBXによって到達先のSIPアドレスの場所を照会し、ルーティングされます。

各SIPユーザーエージェントは、PBXに登録することで、正しい内線番号をダイヤすると該当のエージェントに到達できるようになります。 この場合、通常のSIPアドレスは、sip:<user>@<domain>またはsip:<user>@<registrar-ip>です。 SIPアドレスはそのIPアドレスから独立しており、PBXによって、PBXに登録されている限り装置はアクセス可能になります。

Example
  1. sip:mydoor@company.com
  2. sip:myspeaker@company.com
  3. PBX sip.company.com
  4. sip:office@company.com

Axisインターホンで呼び出しボタンを押すと、呼び出しが1つ以上のPBXを経由して、ローカルIPネットワークまたはインターネット上のSIPアドレスに転送されます。

イベントのルールを設定する

特定のイベントが発生したときに装置にアクションを実行させるように、ルールを作成することができます。 ルールは条件とアクションで構成されます。 条件を使用して、アクションをトリガーすることができます。 たとえば、装置は動きを検知したときに、録画を開始したり、電子メールを送信したりすることができ、装置が録画をしている間にオーバーレイテキストを表示することができます。

詳細については、ガイド「イベントのルールの使用開始」を参照してください。

NATトラバーサル

NAT (ネットワークアドレス変換) トラバーサルは、プライベートネットワーク (LAN) 上にあるAxisデバイスに、そのネットワークの外部からアクセスできるようにする場合に使用します。

ルーターが、NATトラバーサルとUPnP®に対応している必要があります。

NATトラバーサルプロトコルは個別に使用することも、ネットワーク環境に応じたさまざまな組み合わせで使用することもできます。

  • ICE - ICE (双方向接続性確立) プロトコルを使用することで、ピアデバイス間の通信を成功させるために最も効率のよいパスを見つけやすくなります。 STUNやTURNも有効にすると、さらにICEプロトコルで見つけやすくなります。

  • STUN - STUN (NATのためのセッショントラバーサルユーティリティ) は、AxisデバイスがNATまたはファイアウォールを経由して配置されているかどうかを特定し、経由している場合に、リモートホストへの接続のために割り当てるマッピングされたパブリックIPアドレスとポート番号を取得できるようにする、クライアント/サーバーネットワークプロトコルです。 IPアドレスなど、STUNサーバーアドレスを入力します。

  • TURN - TURN (NATに関するリレーを使用したトラバーサル) は、NATルーターまたはファイアウォールを経由するデバイスが、TCPやUDPを介して他のホストから着信データを受信できるようにするプロトコルです。 TURNサーバーアドレスとログイン情報を入力します。

アプリケーション

アプリケーションを使用することで、Axis装置をより活用できます。AXIS Camera Application Platform (ACAP) は、サードパーティによるAxis装置向けの分析アプリケーションやその他のアプリケーションの開発を可能にするオープンプラットフォームです。 アプリケーションとしては、装置にプリインストール済み、無料でダウンロード可能、またはライセンス料が必要なものがあります。 入手可能なアプリケーション、アプリケーションのダウンロード、試用版アプリケーション、およびライセンスの詳細については、axis.com/acapを参照してください。

Axisアプリケーションのユーザーマニュアルについては、help.axis.comを参照してください。

トラブルシューティング

工場出荷時の設定にリセットする

重要

工場出荷時の設定へのリセットは慎重に行ってください。 工場出荷時の設定へのリセットを行うと、IPアドレスを含むすべての設定が工場出荷時の値にリセットされます。

本製品を工場出荷時の設定にリセットするには、以下の手順を実行します。

  1. 本製品の電源を切ります。

  2. コントロールボタンを押した状態で電源を再接続します。製品の概要を参照してください。

  3. ステータスLEDがオレンジ色に点滅するまで、コントロールボタンを15~30秒間押し続けます。

  4. コントロールボタンを離します。 プロセスが完了すると、ステータスLEDが緑色に変わります。 これで本製品は工場出荷時の設定にリセットされました。 ネットワーク上に利用可能なDHCPサーバーがない場合、デフォルトのIPアドレスは192.168.0.90になります。

  5. インストールおよび管理ソフトウェアツールを使用して、IPアドレスの割り当て、パスワードの設定、装置へのアクセスを行います。

    axis.com/supportのサポートページに、インストールおよび管理ソフトウェアツールが用意されています。

装置のWebページを使用して、各種パラメーターを工場出荷時の設定に戻すこともできます。 [Maintenance (メンテナンス) > Factory default (工場出荷時の設定)] に移動し、[Default (デフォルト)] をクリックします。

現在のファームウェアバージョンの確認

ファームウェアは、ネットワーク装置の機能を決定するソフトウェアです。 問題のトラブルシューティングを行う際は、まず現在のファームウェアバージョンを確認することをお勧めします。 最新のファームウェアバージョンには、特定の問題の修正が含まれていることがあります。

現在のファームウェアを確認するには、以下の手順に従います。

  1. 装置インターフェース > [Status (ステータス)] に移動します。

  2. [Device info (装置情報)] でファームウェアバージョンを確認してください。

ファームウェアのアップグレード

重要

事前設定済みの設定とカスタム設定は、ファームウェアのアップグレード時に保存されます (その機能が新しいファームウェアで利用できる場合)。ただし、この動作をAxis Communications ABが保証しているわけではありません。

重要

アップグレードプロセス中は、装置を電源に接続したままにしてください。

Active (アクティブ)トラックから最新のファームウェアをダウンロードして装置をアップグレードすると、製品に最新機能が追加されます。 ファームウェアを更新する前に、ファームウェアとともに提供されるアップグレード手順とリリースノートを必ずお読みください。 最新ファームウェアおよびリリースノートについては、axis.com/support/firmwareを参照してください。

  1. ファームウェアファイルをコンピューターにダウンロードします。ファームウェアファイルはaxis.com/support/firmwareから無料で入手できます。

  2. 装置に管理者としてログインします。

  3. [Maintenance (メンテナンス) > Firmware upgrade (ファームウェアのアップグレード)] に移動し、[Upgrade (アップグレード)] をクリックします。

  4. アップグレードが完了すると、製品は自動的に再起動します。

技術的な問題、ヒント、解決策

このページで解決策が見つからない場合は、axis.com/supportのトラブルシューティングセクションに記載されている方法を試してみてください。

ファームウェアのアップグレードで問題が発生する

ファームウェアのアップグレード失敗

ファームウェアのアップグレードに失敗した場合、装置は以前のファームウェアを再度読み込みます。 最も一般的な理由は、間違ったファームウェアファイルがアップロードされた場合です。 装置に対応したファームウェアファイル名であることを確認し、再試行してください。

ファームウェアのアップグレード後に問題が発生する

ファームウェアのアップグレード後に問題が発生する場合は、[Maintenance (メンテナンス)] ページから、以前にインストールされたバージョンにロールバックします。

IPアドレスの設定で問題が発生する

装置が別のサブネット上にある

装置用のIPアドレスと、装置へのアクセスに使用するコンピューターのIPアドレスが異なるサブネットにある場合は、IPアドレスを設定することはできません。 ネットワーク管理者に連絡して、適切なIPアドレスを取得してください。

IPアドレスが別の装置で使用されている

Axis装置をネットワークから切断します。 pingコマンドを実行します (コマンドウィンドウまたはDOSウィンドウで、pingコマンドと装置のIPアドレスを入力します)。

  • もし、 「Reply from <IPアドレス>: bytes=32; time=10...」という応答を受取った場合は、ネットワーク上の別の装置でそのIPアドレスがすでに使われている可能性があります。 ネットワーク管理者から新しいIPアドレスを取得し、装置を再度インストールしてください。

  • もし、 「Request timed out」が表示された場合は、Axis装置でそのIPアドレスを使用できます。 この場合は、すべてのケーブル配線をチェックし、装置を再度インストールしてください。

同じサブネット上の別の装置とIPアドレスが競合している可能性がある

DHCPサーバーによって動的アドレスが設定される前は、Axis装置は静的IPアドレスを使用します。 つまり、デフォルトの静的IPアドレスが別の装置でも使用されていると、装置へのアクセスに問題が発生する可能性があります。

ブラウザーから装置にアクセスできない

ログインできない

HTTPSが有効なときは、正しいプロトコル (HTTPまたはHTTPS) を使用してログインしてください。ブラウザーのアドレスフィールドに、手動で「http」または「https」と入力する必要がある場合があります。

rootユーザーのパスワードを忘れた場合は、装置を工場出荷時の設定にリセットする必要があります。工場出荷時の設定にリセットするを参照してください。

DHCPによってIPアドレスが変更された

DHCPサーバーから取得したIPアドレスは動的なアドレスであり、変更されることがあります。 IPアドレスが変更された場合は、AXIS IP UtilityまたはAXIS Device Managerを使用して装置のネットワーク上の場所を特定してください。 装置のモデルまたはシリアル番号、あるいはDNS名 (設定されている場合) を使用して装置を識別します。

必要に応じて、静的IPアドレスを手動で割り当てることができます。 手順については、axis.com/supportを参照してください。

IEEE 802.1X使用時の証明書エラー

認証を正しく行うには、Axis装置の日付と時刻をNTPサーバーと同期させなければなりません。 [System (システム) > Date and time (日付と時刻)] に移動します。

装置にローカルにアクセスできるが、外部からアクセスできない

装置に外部からアクセスする場合は、以下のいずれかのWindows®向けアプリケーションを使用することをお勧めします。

  • AXIS Companion: 無料で使用でき、最小限の監視が必要な小規模システムに最適です。

  • AXIS Camera Station: 30日間の試用版を無料で使用でき、中小規模のシステムに最適です。

手順とダウンロードについては、axis.com/vmsを参照してください。

パフォーマンスに関する一般的な検討事項

システムを設定する際には、さまざまな設定や条件がシステムのパフォーマンスにどのように影響するかを検討することが重要です。 ある要因は必要な帯域幅の量 (ビットレート) に影響し、他の要因はフレームレートに影響し、帯域幅とフレームレートの両方に影響する事柄もあります。 CPUの負荷が最大に達した場合も、フレームレートに影響を及ぼします。

最も重要な検討事項には次のようなものがあります。

  • 画像解像度が高い、または圧縮レベルが低いと、画像のファイルサイズが増大し、結果的に帯域幅に影響を及ぼします。

  • 多数のクライアントによるMotion JPEGまたはユニキャストH.264のアクセスは、帯域幅に影響を及ぼします。

  • 様々なクライアントが様々な解像度や圧縮方式が異なるストリームを同時に閲覧すると、フレームレートと帯域幅の両方に影響を及ぼします。

    フレームレートを高く維持するために、できる限り同一ストリームを使用してください。 ストリームプロファイルを使用すると、ストリームの種類が同一であることを確認できます。

  • Motion JPEGおよびH.264のビデオストリームに同時にアクセスすると、フレームレートと帯域幅の両方に影響を及ぼします。

  • イベント設定を多用すると、製品のCPU負荷に影響が生じ、その結果、フレームレートに影響します。

  • 特に、Motion JPEGのストリーミングでは、HTTPSを使用するとフレームレートが低くなる場合があります。

  • 貧弱なインフラによるネットワークの使用率が高いと帯域幅に影響します。

  • パフォーマンスの低いクライアントコンピューターで閲覧するとパフォーマンスが低下し、フレームレートに影響します。

  • 複数のAXIS Camera Application Platform (ACAP) アプリケーションを同時に実行すると、フレームレートと全般的なパフォーマンスに影響する場合があります。

サポートに問い合わせる

axis.com/supportでサポートに問い合わせます。

機器の接続

PoE (12V) で電力を供給されるリレー

  1. リレーの状態を確認するには、[System > Accessories (システム > アクセサリー)] に移動し、リレーポートを検索します。

  2. [Normal state (通常)] に設定します:

    • でフェイルセキュアをロックします。

    • でフェイルセーフをロックします。

別の電源で電力を供給されるリレー

  1. リレーの状態を確認するには、[System > Accessories (システム > アクセサリー)] に移動し、リレーポートを検索します。

  2. [Normal state (通常)] に設定します:

    • でフェイルセキュアをロックします。

    • でフェイルセーフをロックします。

無電圧リレー

  1. リレーの状態を確認するには、[System > Accessories (システム > アクセサリー)] に移動し、リレーポートを検索します。

  2. [Normal state (通常)] に設定します:

    • でフェイルセキュアをロックします。

    • でフェイルセーフをロックします。

インターホンからのPoEで電力を供給される12 Vフェールセキュアロック

  1. リレーの状態を確認するには、[System > Accessories (システム > アクセサリー)] に移動し、リレーポートを検索します。

  2. [Normal state (通常)] に設定します:

    • でフェイルセキュアをロックします。

    • でフェイルセーフをロックします。

外部電源で電力を供給される12 Vフェールセキュアロック

  1. リレーの状態を確認するには、[System > Accessories (システム > アクセサリー)] に移動し、リレーポートを検索します。

  2. [Normal state (通常)] に設定します:

    • でフェイルセキュアをロックします。

    • でフェイルセーフをロックします。

仕様

フロントパネルインジケーターとコントロール

本製品を電源に接続すると、インジケーターアイコンとインジケータストリップが、数秒間点灯します。

呼び出しインジケーターアイコン

アイコン意味

発信が開始されると黄色に点灯します。

着信が開始されると黄色に点滅します。

通話中は青色に点灯します。

ドアが開いているときは緑色に点灯します。

LEDインジケーター

ステータスLED説明

正常動作の場合、緑色に点灯します。

SDカードスロット

注意
  • SDカード損傷の危険があります。 SDカードの挿入と取り外しの際には、鋭利な工具や金属性の物を使用したり、過剰な力をかけたりしないでください。 カードの挿入や取り外しは指で行ってください。
  • データ損失や録画データ破損の危険があります。 取り外しの前に、本製品のWebページでSDカードをマウント解除してください。 本製品の稼働中はSDカードを取り外さないでください。

本製品は、microSD/microSDHC/microSDXCカードに対応しています。

推奨するSDカードについては、axis.comを参照してください。

microSD、microSDHC、およびmicroSDXCロゴは、SD-3C LLCの商標です。microSD、microSDHC、microSDXCは、米国および/または他の国々におけるSD-3C, LLCの商標または登録商標です。

ボタン

コントロールボタン

コネクター

ネットワークコネクター

Power over Ethernet (PoE) 対応RJ45イーサネットコネクター

音声コネクター

音声入出力用4ピンターミナルブロック。

機能ピン備考
ライン入力1ライン入力 (モノラル)
GND2音声グランド
ライン出力3ライン出力 (モノラル)
GND4音声グランド

I/Oコネクター

I/Oコネクターに外部装置を接続し、動体検知、イベントトリガー、アラーム通知などと組み合わせて使用することができます。 I/Oコネクターは、0 V DC基準点と電力 (12 V DC出力) に加えて、以下のインターフェースを提供します。

デジタル入力 –
開回路と閉回路の切り替えが可能な装置 (PIRセンサー、ドア/窓の接触、ガラス破損検知器など) を接続するための入力です。
デジタル出力 –
リレーやLEDなどの外部装置を接続します。 接続された装置は、VAPIX®アプリケーションプログラミングインターフェースを通じたイベントまたは製品のWebページからアクティブにすることができます。
機能ピン備考仕様
0 V DC (-)10 V DC
12V DC2最大電流 = 400 mA
設定可能 (入力または出力)3-4デジタル入力 - 動作させるにはピン1に接続し、動作させない場合はフロート状態 (未接続) にします。0~30 V DC (最大)
デジタル出力 – 動作させるにはピン1に接続し、動作させない場合はフロート状態 (未接続) にします。 リレーなど、誘導負荷とともに使用する場合は、過渡電圧から保護するために、ダイオードを負荷と並列に接続する必要があります。0~30 V DC (最大)
コモン5最大電流/電圧 = 30 V外部電源で700 mA
NO (ノーマルオープン) / NC (ノーマルクローズ)6リレー装置の接続用。 リレーピンは電気的に他の回路から絶縁されています。最大電流/電圧 = 30 V外部電源で700 mA

安全情報

危険レベル

危険

回避しない場合、死亡または重傷につながる危険な状態を示します。

警告

回避しない場合、死亡または重傷につながるおそれのある危険な状態を示します。

注意

回避しない場合、軽傷または中程度の怪我につながるおそれのある危険な状態を示します。

注意

回避しない場合、器物の破損につながるおそれのある状態を示します。

その他のメッセージレベル

重要

製品を正しく機能させるために不可欠な重要情報を示します。

製品を最大限に活用するために役立つ有用な情報を示します。