ExCam XF Q1645 Explosion-Protected Network Camera

はじめに

レンズの選択

カメラには複数のレンズオプションがあります。 監視の要件に応じてレンズを選択できます。 レンズの種類によって光感度と視野に関する機能が異なります。 レンズオプションについては製品のデータシートを参照してください。

被写界深度とセンサーのサイズ

被写界深度は、レンズの開口、イメージセンサーのサイズ、シーンまでの距離に応じて異なります。 F値が小さいほどセンサーは大きくなり、被写界深度は浅くなります。 本製品はセンサーのサイズが大きいため、被写界深度は通常の監視カメラに比べて浅くなります。 周囲が暗いと、センサーに十分な光を取り込めるように絞りを開くため、被写界深度は浅くなります。

詳細については、axis.com/learning/web-articles/lenses-for-network-video-camerasを参照してください。

フォーカスと光感度

フォーカスポイントはレンズの開口 (F値) の影響を受けます。 F値が低いほど、イメージセンサーに到達する光の量は多くなります。 開口が小さいほど被写界深度は深くなり、不要な絶対フォーカスポイントを起こす恐れがあります。 低光量の状態で開口を最大限に大きくすると、被写界深度は浅くなり、画像はフォーカスが合っていないように見える場合があります。

F値によって異なる開口の例

撮影シーンの寸法、解像度、焦点距離を考慮したカメラと対象物との距離を計算するには、axis.com/tools/lens-calculatorに移動してレンズカリキュレーターツールを使用してください。

ネットワーク上の装置を検索する

Windows®でAxis装置を探してIPアドレスの割り当てを行う方法については、AXIS IP UtilityまたはAXIS Device Managerを使用してください。 いずれのアプリケーションも無料で、axis.com/supportからダウンロードできます。

IPアドレスの検索や割り当てを行う方法の詳細については、IPアドレスの割り当てと装置へのアクセス⽅法を参照してください。

ブラウザーサポート

以下のブラウザーで装置を使用できます。

ChromeTM

Firefox®

EdgeTM

Safari®

Windows®

推奨

推奨

macOS®

推奨

推奨

Linux®

推奨

推奨

その他のオペレーティングシステム

✓*

* iOS 15またはiPadOS 15でAXIS OS Webインターフェースを使用するには、[設定] > [Safari] > [詳細] > [Experimental Features] に移動し、[NSURLSession Websocket] を無効にします。

推奨ブラウザーの詳細については、AXIS OSポータルにアクセスしてください。

装置のWebページを開きます

  1. ブラウザーを開き、Axis装置のIPアドレスまたはホスト名を入力します。

    本製品のIPアドレスが不明な場合は、AXIS IP UtilityまたはAXIS Device Managerを使用して、ネットワーク上で装置を見つけます。

  2. ユーザー名とパスワードを入力します。 初めて装置にアクセスする場合は、rootパスワードを設定する必要があります。rootアカウントの新しいパスワードを設定するを参照してください。

rootアカウントの新しいパスワードを設定する

デフォルトの管理者ユーザー名はrootです。 rootアカウントにはデフォルトのパスワードはありません。 パスワードは、装置に初めてログインしたときに設定します。

  1. パスワードを入力します。 安全なパスワードを設定する手順に従います。安全なパスワードを参照してください。

  2. パスワードを再入力して、スペルを確認します。

  3. [Add user (ユーザーの追加)] をクリックします。

重要

rootアカウントのパスワードを忘れた場合は、工場出荷時の設定にリセットする にアクセスし、説明に従って操作してください。

安全なパスワード

重要

Axis装置は、最初に設定されたパスワードをネットワーク上で平文で送信します。 最初のログイン後に装置を保護するために、安全で暗号化されたHTTPS接続を設定してからパスワードを変更してください。

装置のパスワードは主にデータおよびサービスを保護します。 Axis装置は、さまざまなタイプのインストールで使用される可能性があることから、パスワードポリシーを強制しません。

データを保護するために、次のことを強く推奨します。

  • 8文字以上のパスワードを使用する (できればパスワード生成プログラムで作成する)。

  • パスワードを公開しない。

  • 一定の期間ごとにパスワードを変更する (少なくとも年に1回)。

Webページの概要

このビデオでは、装置インターフェースの概要を説明します。

Axis装置のwebインターフェース

装置を構成する

画像を調整する

このセクションでは、装置の設定について説明します。 特定の機能の詳細については、詳細情報を参照してください。

ズームとフォーカスを調整する

  1. ズームの調整方法:
  2. [Video > Installation (ビデオ > インストール)] に移動し、ズームスライダーを調整します。

  1. フォーカスの調整方法:
  2. をクリックして、オートフォーカスエリアを表示します。

  3. 画像のフォーカスを合わせる部分が収まるように、オートフォーカスエリアを調整します。

    オートフォーカスエリアを選択しない場合、シーン全体にフォーカスが合わせられます。 静的な物体にフォーカスを合わせることをお勧めします。

  4. [Autofocus (オートフォーカス)] をクリックします。

  5. フォーカスを微調整するには、フォーカススライダーを調整します。

低光量下で動きによる画像のブレを減らす

  • 低光量の条件下で画像のブレを少なくするために、[Video (ビデオ) > Image (画像) > Exposure (露出)] で次の1つ以上の設定を調整することができます。
  • [Blur-noise trade-off (ブレとノイズのトレードオフ)] スライダーを [Low motion blur (動きによる画像のブレが少ない)] 方向に動かします。

  • ゲインを大きくすると、画像のノイズが多くなります。

  • [Max shutter (最大シャッター)] を短い時間に設定し、[Max gain (最大ゲイン)] をより高い値に設定します。

  • それでも動きによる画像のブレに問題がある場合は、
  • シーン内の光源レベルを上げます。

  • 物体が横向きではなく、カメラの方へ移動するか、カメラから離れるように移動するようにカメラを取り付けます。

ナイトモードを使用して低光量下で赤外線照明からメリットを得る

日中、カメラは可視光を利用してカラー画像を提供します。 しかし、可視光線が薄くなると、色の画像は明るく鮮明になります。 この場合、ナイトモードに切り替えた場合、カメラは可視光と近赤外線の両方の光を使用して、代わりに明るい画像と詳細な白黒画像を提供します。 カメラが自動的にナイトモードに切り替わります。

  1. [Video > Image > Day and night (設定 > 画像 > デイナイト)] に移動し、[IR cut filter (IRカットフィルター)] が [Auto (自動)] に設定されていることを確認します。

  2. カメラがナイトモードに切り替わる光量レベルを設定するには、[Threshold (閾値)] スライダーを [Bright (明るい)] または [Dark (暗い)] の方に動かします。

露出モードを選択する

監視カメラのシーンに合わせて画質を向上させるには、露出モードを使用します。 露出モードでは、開口、シャッター、ゲインを制御できます。 [Video (ビデオ) > Image (画像) > Exposure (露出)] に移動し、以下の露出モードから選択します。

  • ほとんどの用途では、[Automatic (自動)] 露出を選択します。

  • 蛍光灯など、特定の人工照明がある環境では、[Flicker-free (ちらつき防止)] を選択します。

    電源周波数と同じ周波数を選択します。

  • 蛍光灯照明がある夜間の屋外や太陽光が射す日中の屋外など、特定の人工照明や明るい光がある環境では、[Flicker-reduced (ちらつき低減)] を選択します。

    電源周波数と同じ周波数を選択します。

  • 現在の露出設定を固定するには、[Hold current (現在の状態で固定)] を選択します。

最大限に詳細な画像を撮影する

重要

最大限に詳細な画像を撮影すると、ビットレートが増加し、フレームレートが低下する場合があります。

  • 解像度が最大のキャプチャーモードを選択したことを確認してください。

  • [Video (ビデオ) > Stream (ストリーム) > General (一般)] に移動し、圧縮率を可能な限り低く設定します。

  • ライブビュー画像の下で をクリックし、[Video format (ビデオ形式)] で [MJPEG] を選択します。

  • [Video (ビデオ)] > [Stream (ストリーム)] > [H.264およびH.265エンコード方式] > [Zipstream] に移動し、[Off (オフ)] を選択します。

揺れる映像を電子動体ブレ補正 (EIS) によって安定させる

電子動体ブレ補正 (EIS) は、風が当たる場所や車が往来する場所など、露出した場所に本製品が設置されており、本製品が振動する環境で使用することができます。

EISを使用すると、画像がより滑らかになり、安定し、ブレにくくなります。 また、圧縮された画像のファイルサイズが削減され、ビデオストリームのビットレートも低くなります。

EISがオンのときは、画像がわずかにクリッピングされ、最大解像度が低くなります。

  1. [Video (ビデオ)] > [Installation (インストール)] > [Image correction (画像補正)] に移動します。

  2. [Electronic image stabilization (EIS) (電子動体ブレ補正 (EIS))] をオンにします。

たる型歪曲の補正

バレル歪曲 (たる型歪曲) とは、フレームの端に近づくにつれて、直線の曲がりが現れる現象です。 広い視野では、多くの場合、画像内にバレル歪曲 (たる型歪曲) が発生します。 たる型歪曲の補正では、この歪曲が補正されます。

たる型歪曲の補正は、画像の解像度と視野に影響します。

  1. [Video > Installation > Image correction (ビデオ > インストール > 画像補正)] に移動します。

  2. [Barrel distortion correction (BDC) (たる型歪曲の補正 (BDC))] をオンにします。

  3. スライダーを使用して、画像を改善します。

細長いエリアを監視する

階段、廊下、道路またはトンネルなどの細長いエリアにおける視野をすべてよりよく活用するためには、Corridor Formatを使用します。

  1. 装置によって、カメラまたはカメラの3軸レンズの向きを90°または270°回転します。

  2. 装置がビューの自動回転を行わない場合は、[Video (ビデオ) > Installation (インストール)] に移動します。

  3. 視野を90°または270°回転させます。

詳細については、axis.com/axis-corridor-formatをご覧ください。

ピクセル解像度の確認

画像の定義された部分に、たとえば人物の顔を認識するのに十分なピクセルが含まれていることを確認するには、ピクセルカウンターを使用します。

  1. [Video > Image (ビデオ > 画像)] に移動し、 をクリックします。

  2. [Pixel counter (ピクセルカウンター)]の をクリックします。

  3. カメラのライブビューで、顔が表示されることが予想される位置など、対象範囲の四角形のサイズおよび位置を調整します。

    四角形の各辺 (XとY) のピクセル数が表示され、値がニーズを満たすのに十分かどうかを決定することができます。

交通監視用の画像を最適化する

交通監視に最適な画像を得るには、AXIS Traffic Wizardをトラフィックオーバービューシーンプロファイルと組み合わせて使用します。

  1. [Settings > Apps (設定 > アプリ)] > [AXIS Traffic Wizard] に移動します。

  2. アプリケーションが実行されていない場合は、起動します。

  3. アプリケーションを設定するには、[Open (開く)] をクリックします。

  4. 単位 (メートルまたはヤード) を選択します。

  5. 道路の距離、カメラの高さ、車両の距離、最高速度の値を入力します。

  6. 画像の暗い部分と明るい部分の両方が見えるようにするには、WDRをオンにします。

  7. 光条件に応じて、低光量のゲインのレベルを設定します。

  8. 外部赤外線照明を使用できる場合は、[Supplemental IR illumination (補助IR照明)] チェックボックスをオンにします。

  9. [Save (保存)] をクリックします。

  10. [System (システム)] > [Orientation (向き)] の順に移動します。

  11. [Scene profile (シーンプロファイル)] の [Traffic overview (トラフィックオーバービュー)] を選択します。

  12. [Done (完了)] をクリックします。

逆光の強いシーンを処理する

ダイナミックレンジとは、画像内の明るさのレベルの差のことです。 最も暗い部分と最も明るい部分の差がかなり大きい場合があります。 その場合、暗い部分か明るい部分の画像だけが見えることがよくあります。 ワイドダイナミックレンジ (WDR) を使用すると、画像の暗い部分と明るい部分の両方が見えるようになります。

WDRを使用していない画像。
WDRを使用している画像。
  • WDRを使用すると、画像にノイズが発生することがあります。
  • WDRは、一部のキャプチャーモードでは使用できない場合があります。
  1. [Settings > Image > Wide dynamic range (設定 > 画像 > ワイドダイナミックレンジ)] に移動します。

  2. [WDR (ワイドダイナミックレンジ)] をオンにします。

  3. [Local contrast (ローカルコントラスト)] スライダーを使用して、WDRの量を調整します。

  4. それでも問題が発生する場合は、[Exposure (露出)] に移動して [Exposure zone (露出エリア)] を調整し、対象範囲をカバーします。

WDRとその使用方法の詳細については、axis.com/web-articles/wdrをご覧ください。

プライバシーマスクで画像の一部を非表示にする

1つ以上のプライバシーマスクを作成して、画像の一部を隠すことができます。

  1. [Video (ビデオ) > Privacy masks (プライバシーマスク)] に移動します。

  2. をクリックします。

  3. 新しいマスクをクリックし、名前を入力します。

  4. 必要に応じて、プライバシーマスクのサイズと位置を調整します。

  5. すべてのプライバシーマスクの色を変更するには、[プライバシーマスク] を展開して色を選択します。

プライバシーマスクも参照してください

画像に街路名とコンパス方位を追加する

すべてのビデオストリームと録画に、街路名とコンパス方位が表示されます。

  1. [Apps] (アプリ) に移動します。

  2. [Axis-orientationaid] を選択します。

  3. [Open] (開く) をクリックします。

  4. ストリートの名前を追加するには、[Add text (テキストの追加)] をクリックし、そのストリートに合うようにテキストを変更します。

  5. コンパスを追加するには、[Add compass (コンパスを追加する)] をクリックし、画像に合わせてコンパスを変更します。

レンズを交換する

  1. 全ての録画を停止し、本製品の電源を切ります。

  2. レンズのケーブルを外して標準レンズを取り外します。

  3. 新しいレンズを取り付けてレンズケーブルを接続します。

  4. 電源に再接続します。

  5. 本製品のWebページにログインして [Image (画像)] タブに移動してから、取り付けた [P-Iris lens (Pアイリスレンズ)] を選択します。

  6. DCアイリスレンズの場合は、[Generic DC iris (汎用DCアイリス)] オプションを選択してください。

  7. 変更を反映するには、デバイスを再起動する必要があります。 [System > Maintenance (システム > メンテナンス)] に移動して、[Restart (再起動)] をクリックします。

  8. フォーカスとズームを調整します。

ビデオを表示する、録画する

このセクションでは、装置の設定について説明します。 ストリーミングとストレージの動作の詳細については、ストリーミングとストレージを参照してください。

帯域幅とストレージ容量を削減する

重要

帯域幅を削減すると、画像の詳細が失われる場合があります。

  1. [Video (ビデオ) > Stream (ストリーム)] に移動します。

  2. ライブビューで、 をクリックします。

  3. [Video format (ビデオ形式)H.264] を選択します。

  4. [Video (ビデオ) > Stream (ストリーム) > General (一般)] に移動し、[Compression (圧縮率)] を上げます。

  5. Video (ビデオ) > Stream (ストリーム) > H.264 and H.265 encoding (H.264 /H.265 エンコード) に移動し、以下の1つ以上の操作を行います。

    • 使用する [Zipstream] レベルを選択する。

    • [Dynamic FPS (ダイナミックFPS)] をオンにする。

    • [Dynamic GOP (ダイナミックGOP)] をオンにし、GOP 長を高い [Upper limit (上限)] に設定する。

ネットワークストレージを設定する

  1. ネットワーク上に録画を保存するには、以下のようにネットワークストレージを設定する必要があります。
  2. [System > Storage (システム > ストレージ)] に移動します。

  3. [Network storage (ネットワークストレージ)] で [Add network storage (ネットワークストレージを追加)] をクリックします。

  4. ホストサーバーのIPアドレスを入力します。

  5. [Network Share (ネットワーク共有)] で、ホストサーバー上の共有場所の名前を入力します。

  6. ユーザー名とパスワードを入力します。

  7. SMBバージョンを選択するか、[Auto (自動)] のままにします。

  8. 一時的な接続の問題が発生し場合や、共有がまだ設定されていない場合に接続が失敗した場合は、[Add share even if connection fails (接続テストの失敗時でも共有を追加する)] をオンにします。

  9. [[Add (追加)]] をクリックします。

ビデオを録画して見る

  1. カメラから直接ビデオを録画する
  2. [Video (ビデオ) > Image (画像)] に移動します。

  3. 録画を開始するには、をクリックします。

    ストレージを設定していない場合は、[Set up (設定)] をクリックします。 ネットワークストレージの設定手順については、次を参照してください: ネットワークストレージを設定する

  4. 録画を停止するには、もう一度 をクリックします。

  1. ビデオを見る
  2. [Recordings (録画)] に移動します。

  3. リスト内で録画のをクリックします。

イベントのルールを設定する

特定のイベントが発生したときに装置にアクションを実行させるように、ルールを作成することができます。 ルールは条件とアクションで構成されます。 条件を使用して、アクションをトリガーすることができます。 たとえば、装置は動きを検知したときに、録画を開始したり、電子メールを送信したりすることができ、装置が録画をしている間にオーバーレイテキストを表示することができます。

詳細については、ガイド「イベントのルールの使用開始」を参照してください。

アクションをトリガーする

  1. [System > Events (システム > イベント)] に移動し、ルールを追加します。 このルールでは、装置が特定のアクションを実行するタイミングを定義します。 ルールは、スケジュールや繰り返しとして設定することも、手動でトリガーするように設定することもできます。

  2. [Name (名前)] に入力します。

  3. アクションをトリガーするために満たす必要がある [Condition (条件)] を選択します。 ルールに複数の条件を指定した場合は、すべての条件が満たされたときにアクションがトリガーされます。

  4. 条件が満たされたときに装置が実行する [Action (アクション)] を選択します。

アクティブなルールを変更する場合は、ルールを再度オンにして変更内容を有効にする必要があります。

装置が物体を検知したときにビデオストリームにテキストオーバーレイを表示する

この例では、装置が物体を検知したときに「動体検知」というテキストを表示する方法を示します。

  1. アプリケーションが実行されていない場合は、起動します。

  2. ニーズに合わせてアプリケーションを設定していることを確認します。

  1. オーバーレイテキストの追加:
  2. [Video (ビデオ) > Overlays (オーバーレイ)] に移動します。

  3. [Overlays (オーバーレイ)] で [Text (テキスト)] を選択し、 をクリックします。

  4. テキストフィールドに「#D」と入力します。

  5. テキストのサイズと外観を選択します。

  6. テキストオーバーレイを配置するには、をクリックしてオプションを選択します。

  1. ルールを作成する:
  2. [System (システム) > Events (イベント)] に移動し、ルールを追加します。

  3. ルールの名前を入力します。

  4. アクションのリストで [Overlay text (オーバーレイテキスト)] で、[Use overlay text (オーバーレイテキストを使用する)] を選択します。

  5. ビデオチャンネルを選択します。

  6. [Text (テキスト)] に「動体検知」と入力します。

  7. 期間を設定します。

  8. [Save (保存)] をクリックします。

カメラが物体を検知したときにビデオを録画する

この例では、カメラが物体を検知する5秒前にSDカードへの録画を開始し、1分後に停止するようにカメラを設定する方法を示します。

  1. アプリケーションが実行されていない場合は、起動します。

  2. ニーズに合わせてアプリケーションを設定していることを確認します。

  1. ルールを作成する:
  2. [System (システム) > Events (イベント)] に移動し、ルールを追加します。

  3. ルールの名前を入力します。

  4. アクションのリストで、[Recordings (録画)] の [Record video while the rule is active (ルールがアクティブである間、ビデオを録画する)] を選択します。

  5. ストレージオプションのリストで、[SD_DISK] を選択します。

  6. カメラとストリームプロファイルを選択します。

  7. プリトリガー時間を 5秒に設定します。

  8. ポストバッファ時間を [1 minute(1分)] に設定します。

  9. [Save (保存)] をクリックします。

カメラが音量の大きいノイズを検知したときにビデオを録画する

この例では、カメラが音量の大きいノイズを検知する5秒前にSDカードへの録画を開始し、2分後に停止するようにカメラを設定する方法を示します。

以下の手順では、マイクが音声入力に接続されている必要があります。

  1. 音声をオンにする:
  2. 音声を含めるようにストリームプロファイルを設定します (録画に音声を追加する参照)。

  1. 音声検知をオンにする:
  2. [System (システム) > Detectors (検知) > Audio detection (音声検知)] に移動します。

  3. 必要に応じて、音声レベルを調整します。

  1. ルールを作成する:
  2. [System (システム) > Events (イベント)] に移動し、ルールを追加します。

  3. ルールの名前を入力します。

  4. 条件のリストで、[Audio (音声)] の [Audio Detection (音声検知)] を選択します。

  5. アクションのリストで、[Recordings (録画)] の [Record video (ビデオを録画する)] を選択します。

  6. ストレージオプションのリストで、[SD_DISK] を選択します。

  7. 音声がオンになっている場合のストリームプロファイルを選択します。

  8. プリトリガー時間を 5秒に設定します。

  9. ポストバッファ時間を 2分に設定します。

  10. [Save (保存)] をクリックします。

カメラが衝撃を検知したときにビデオを録画する

衝撃検知機能を利用すると、カメラで振動または衝撃によるいたずらを検知することができます。 衝撃感度 (0~100に設定可能) に応じて、環境または物体に起因する振動でアクションをトリガーすることができます。このシナリオでは、就労時間外にカメラに投石されたときに、そのイベントのビデオクリップを受け取ることができます。

  1. 衝撃検知をオンにする:
  2. [System > Detectors > Shock detection (システム > 検知 > 衝撃検知)] に移動します。

  3. 衝撃検知をオンにし、衝撃感度の値を設定します。

  4. ルールの作成:
  5. [System > Events > Rules (システム > イベント > ルール)] に移動し、ルールを追加します。

  6. [name for the rule(ルールの名前)] を入力します。

  7. 条件のリストで、[Device status (装置のステータス)] の [Shock detected (衝撃検知)] を選択します。

  8. [+] をクリックして、2つ目の条件を追加します。

  9. 条件のリストで、[Scheduled and recurring (スケジュールおよび繰り返し)] の [Scheduled event (スケジュール型イベント)] を選択します。

  10. スケジュールのリストで、[After hours (就労時間外)] を選択します。

  11. アクションのリストで、[Recordings (録画)] の [Record video while the rule is active (ルールがアクティブである間、ビデオを録画する)] を選択します。

  12. 録画を保存する場所を選択します。

  13. [Camera (カメラ)] を選択します。

  14. プリトリガー時間を5秒に設定します。

  15. ポストバッファ時間を60秒に設定します。

  16. [Save (保存)] をクリックします。

レンズにスプレーを吹き付けられた場合に自動的に電子メールを送信する

  1. いたずら検知をアクティブにする:
  2. [System > Detectors > Camera tampering (システム > 検知 > カメラに対するいたずら)] に移動します。

  3. [Trigger after (トリガーする時間)]の期間を設定します。 この値は、電子メールが送信される前に経過する必要がある時間を示します。

  4. Trigger on dark images (暗い画像でトリガー) をオンにすると、レンズにスプレーが吹き付けられたり、覆われたり、フォーカスがぼやけた場合に検知します。

  5. メール送信先を追加する:
  6. [System > Events > Recipients (システム > イベント > 送信先)] に移動し、送信先を追加します。

  7. 送信先の名前を入力します。

  8. [Email (電子メール)] を選択します。

  9. 電子メールの送信先のメールアドレスを入力します。

  10. カメラには独自のメールサーバーがないため、電子メールを送信するには別のメールサーバーにログインする必要があります。 メールプロバイダーに従って、残りの情報を入力します。

  11. テストメールを送信するには、[Test (テスト)] をクリックします。

  12. [Save (保存)] をクリックします。

  13. ルールを作成する:
  14. [System > Events > Rules (システム > イベント > ルール)] に移動し、ルールを追加します。

  15. ルールの名前を入力します。

  16. 条件のリストで、[Video (ビデオ)]の[Tampering (いたずら)]を選択します。

  17. [Notifications (通知)] のアクションのリストで、[Send notification to email (電子メールに通知を送る)] を選択し、リストから送信先を選択します。

  18. 電子メールの件名とメッセージを入力します。

  19. [Save (保存)] をクリックします。

音声

録画に音声を追加する

  1. [Video > Stream > Audio (ビデオ > ストリーム> 音声)] に移動し、音声を対象に含めます。

  2. 装置に複数の入力ソースがある場合は、ソースで適切な ソースを選択します。

  3. [Audio > Device settings (音声 > 装置の設定)] に移動し、適切な入力ソースをオンにします。

  4. 入力ソースを変更する場合は、[Apply changes (変更を適用する)] をクリックします。

  5. 録画に使用するストリームプロファイルを編集します:

    1. [System (システム) > Stream profiles (ストリームプロファイル)] に移動し、ストリームプロファイルを選択します。

    2. Include audio (音声を含める) を選択してオンにします。

    3. [Save (保存)] をクリックします。

詳細情報

長距離接続

  • 本製品は、メディアコンバータを経由した光ファイバーケーブルの設置に対応しています。 光ファイバーケーブルを設置すると、次のようなメリットが得られます。
  • 長距離接続

  • 高速

  • 長寿命

  • 大容量のデータ送信

  • 電磁干渉耐性

光ファイバーケーブル設置の詳細については、axis.com/technologies/fiber-opticsを参照してください。

メディアコンバータの設置方法の詳細については、本製品のインストールガイドを参照してください。

キャプチャーモード

キャプチャーモードは、カメラが画像をキャプチャーする方法を定義するプリセット設定です。 キャプチャーモードの設定は、カメラの視野とアスペクト比に影響する場合があります。 また、シャッタースピードにも影響するため、ひいては光の感度にも影響します。

低解像度のキャプチャーモードは、オリジナルの解像度からサンプリングする場合もあれば、オリジナルから切り出す場合もあり、その場合は視野も影響を受けることになります。

画像は、2種類のキャプチャーモードで視野とアスペクト比をどのように変えることができるかを示しています。

どのキャプチャーモードを選択するかは、特定の監視設定でのフレームレートと解像度の要件によって異なります。 ご利用いただけるキャプチャーモードの仕様については、axis.comで製品のデータシートを参照してください。

リモートフォーカス/ズーム

リモートフォーカス/ズーム機能を使用すると、コンピューターからカメラのフォーカスとズームを調整することができます。 カメラの設置場所に行かなくても、シーンのフォーカス、画角、解像度を最適化できる便利な方法です。

ビューエリア

ビューエリアは、全体画像から一部をクリッピングした画像です。 全体画像の代わりにビューエリアをストリーミングおよび保存することで、必要な帯域幅とストレージ容量を最小限に抑えることができます。 ビューエリアに対してPTZを有効にすると、そのビューエリア内でパン/チルト/ズームを行うことができます。 ビューエリアを使用すると、空など全体画像の一部を削除することができます。

ビューエリアを設定するときは、ビデオストリームの解像度をビューエリアのサイズ以下のサイズにすることをお勧めします。 ビデオストリームの解像度をビューエリアのサイズより大きいサイズに設定すると、センサーがキャプチャーした後にビデオがデジタルで拡大されるため、画像情報の追加なしでも必要な帯域幅が増えます。

プライバシーマスク

プライバシーマスクは、監視領域の一部をユーザーに非表示にするユーザー定義のエリアです。 ビデオストリームで、プライバシーマスクは塗りつぶされたブロックとして表示されます。

プライバシーマスクは、すべてのスナップショット、録画されたビデオ、ライブストリームに表示されます。

VAPIX®アプリケーションプログラミングインターフェース (API) を使用して、プライバシーマスクを無効にすることができます。

重要

複数のプライバシーマスクを使用すると、製品のパフォーマンスに影響する場合があります。

重要

プライバシーマスクを作成する前に、ズームとフォーカスを設定します。

オーバーレイ

オーバーレイは、ビデオストリームに重ねて表示されます。 オーバーレイは、タイムスタンプなどの録画時の補足情報や、製品のインストール時および設定時の補足情報を表示するために使用します。 テキストまたは画像を追加できます。

ストリーミングとストレージ

ビデオ圧縮形式

使用する圧縮方式は、表示要件とネットワークのプロパティに基づいて決定します。 以下から選択を行うことができます。

Motion JPEG

Motion JPEGまたはMJPEGは、個々のJPEG画像の連続で構成されたデジタルビデオシーケンスです。 これらの画像は、十分なレートで表示、更新されることで、連続的に更新される動きを表示するストリームが作成されます。 人間の目に動画として認識されるためには、1秒間に16以上の画像を表示するフレームレートが必要になります。 フルモーションビデオは、1秒間に30フレーム (NTSC) または25フレーム (PAL) で動画と認識されます。

Motion JPEGストリームは、かなりの帯域幅を消費しますが、画質に優れ、ストリームに含まれるすべての画像にアクセスできます。

H.264またはMPEG-4 Part 10/AVC

H.264はライセンスされた技術です。 このAxis製品には、H.264閲覧用のクライアントライセンスが1つ添付されています。 ライセンスされていないクライアントのコピーをインストールすることは禁止されています。 ライセンスを追加購入するには、Axisの販売代理店までお問い合わせください。

H.264を使用すると、画質を損なうことなく、デジタル映像ファイルのサイズを削減でき、Motion JPEG形式の場合と比較すると80%以上、従来のMPEG形式と比較すると50%以上を削減できます。 そのため、ビデオファイルに必要なネットワーク帯域幅やストレージ容量が少なくなります。 また、別の見方をすれば、より優れた映像品質が同じビットレートで得られることになります。

画像、ストリーム、およびストリームプロファイルの設定の互いの関係

[Image (画像)] タブには、製品からのすべてのビデオストリームに影響を与えるカメラ設定が含まれています。 このタブで変更した内容は、すべてのビデオストリームと録画にすぐに反映されます。

[Stream (ストリーム)] タブには、ビデオストリームの設定が含まれています。 解像度やフレームレートなどを指定せずに、製品からのビデオストリームを要求している場合は、これらの設定が使用されます。 [Stream (ストリーム)] タブで設定を変更すると、実行中のストリームには影響しませんが、新しいストリームを開始したときに有効になります。

[Stream profiles (ストリームプロファイル)] の設定は、[Stream (ストリーム)] タブの設定よりも優先されます。 特定のストリームプロファイルを持つストリームを要求すると、ストリームにそのプロファイルの設定が含まれます。 ストリームプロファイルを指定せずにストリームを要求した場合、または製品に存在しないストリームプロファイルを要求した場合、ストリームには [Stream (ストリーム) タブの設定が含まれます。

ビットレート制御

ビットレート制御で、ビデオストリームの帯域幅の使用量を管理することができます。

Variable bitrate (VBR) (可変ビットレート )
可変ビットレートでは、シーン内の動きのレベルに基づいて帯域幅の使用量が変化します。 シーン内の動きが多いほど、多くの帯域幅が必要です。 ビットレートが変動する場合は、一定の画質が保証されますが、ストレージのマージンを確認する必要があります。

Maximum bitrate (MBR) (最大ビットレート))
最大ビットレートでは、目標ビットレートを設定してシステムのビットレートを制限することができます。 瞬間的なビットレートが指定したビットレート以下に保たれていると、画質またはフレームレートが低下することがあります。 画質とフレームレートのどちらを優先するかを選択することができます。 目標ビットレートは、予期されるビットレートよりも高い値に設定することをお勧めします。 これにより、シーン内で活動レベルが高い場合にマージンを確保します。

  1. 目標ビットレート

Average bitrate (ABR) (平均ビットレート)
平均ビットレートでは、より長い時間スケールにわたってビットレートが自動的に調整されます。 これにより、指定した目標を達成し、使用可能なストレージに基づいて最高画質のビデオを得ることができます。 動きの多いシーンでは、静的なシーンと比べてビットレートが高くなります。 平均ビットレートオプションを使用すると、多くのアクティビティがあるシーンで画質が向上する可能性が高くなります。 指定した目標ビットレートに合わせて画質が調整されると、指定した期間 (保存期間)、ビデオストリームを保存するために必要な総ストレージ容量を定義できます。 次のいずれかの方法で、平均ビットレートの設定を指定します。

  • 必要なストレージの概算を計算するには、目標ビットレートと保存期間を設定します。

  • 使用可能なストレージと必要な保存期間に基づいて平均ビットレートを計算するには、目標ビットレートカリキュレーターを使用します。

    1. 目標ビットレート
    2. 実際の平均ビットレート
  • 平均ビットレートオプションの中で、最大ビットレートをオンにし、目標ビットレートを指定することもできます。
    1. 目標ビットレート
    2. 実際の平均ビットレート

アプリケーション

AXIS Camera Application Platform (ACAP) は、サードパーティによるAxis製品向けの分析アプリケーションやその他のアプリケーションの開発を可能にするオープンプラットフォームです。 入手可能なアプリケーション、アプリケーションのダウンロード、試用版アプリケーション、およびライセンスの詳細については、axis.com/applicationsを参照してください。

Axisアプリケーションのユーザーマニュアルについては、help.axis.comを参照してください。

  • 2つ以上のアプリケーションを同時に実行しないことをお勧めします。
  • また、内蔵の動体検知機能を有効にしている場合は、アプリケーションを実行しないでください。
アプリケーションをダウンロードしてインストールする方法
装置でアプリケーションのライセンスコードをアクティブ化する方法

トラブルシューティング

工場出荷時の設定にリセットする

重要

工場出荷時の設定へのリセットは慎重に行ってください。 工場出荷時の設定へのリセットを行うと、IPアドレスを含むすべての設定が工場出荷時の値にリセットされます。

本製品を工場出荷時の設定にリセットするには、以下の手順に従います。

  1. 本製品の電源を切ります。

  2. コントロールボタンを押した状態で電源を再接続します。製品の概要を参照してください。

  3. ステータスLEDがオレンジ色に点滅するまで、コントロールボタンを15~30秒間押し続けます。

  4. コントロールボタンを離します。 プロセスが完了すると、ステータスLEDが緑色に変わります。 これで本製品は工場出荷時の設定にリセットされました。 ネットワーク上に利用可能なDHCPサーバーがない場合、デフォルトのIPアドレスは192.168.0.90になります。

  5. インストールおよび管理ソフトウェアツールを使用して、IPアドレスの割り当て、パスワードの設定、装置へのアクセスを行います。

    axis.com/supportのサポートページに、インストールおよび管理ソフトウェアツールが用意されています。

装置のWebページを使用して、各種パラメーターを工場出荷時の設定に戻すこともできます。 [Maintenance (メンテナンス) > Factory default (工場出荷時の設定)] に移動し、[Default (デフォルト)] をクリックします。

現在のファームウェアバージョンの確認

ファームウェアは、ネットワーク装置の機能を決定するソフトウェアです。 問題のトラブルシューティングを行う際は、まず現在のファームウェアバージョンを確認することをお勧めします。 最新のファームウェアバージョンには、特定の問題の修正が含まれていることがあります。

現在のファームウェアを確認するには、以下の手順に従います。

  1. 装置インターフェース > [Status (ステータス)] に移動します。

  2. [Device info (装置情報)] でファームウェアバージョンを確認してください。

ファームウェアのアップグレード

重要

事前設定済みの設定とカスタム設定は、ファームウェアのアップグレード時に保存されます (その機能が新しいファームウェアで利用できる場合)。ただし、この動作をAxis Communications ABが保証しているわけではありません。

重要

アップグレードプロセス中は、装置を電源に接続したままにしてください。

Active (アクティブ)トラックから最新のファームウェアをダウンロードして装置をアップグレードすると、製品に最新機能が追加されます。 ファームウェアを更新する前に、ファームウェアとともに提供されるアップグレード手順とリリースノートを必ずお読みください。 最新ファームウェアおよびリリースノートについては、axis.com/support/firmwareを参照してください。

  1. ファームウェアファイルをコンピューターにダウンロードします。ファームウェアファイルはaxis.com/support/firmwareから無料で入手できます。

  2. 装置に管理者としてログインします。

  3. [Maintenance (メンテナンス) > Firmware upgrade (ファームウェアのアップグレード)] に移動し、[Upgrade (アップグレード)] をクリックします。

  4. アップグレードが完了すると、製品は自動的に再起動します。

AXIS Device Managerを使用すると、複数の装置を同時にアップグレードできます。 詳細については、axis.com/products/axis-device-managerをご覧ください。

技術的な問題、ヒント、解決策

このページで解決策が見つからない場合は、axis.com/supportのトラブルシューティングセクションに記載されている方法を試してみてください。

ファームウェアのアップグレードで問題が発生する

ファームウェアのアップグレード失敗

ファームウェアのアップグレードに失敗した場合、装置は以前のファームウェアを再度読み込みます。 最も一般的な理由は、間違ったファームウェアファイルがアップロードされた場合です。 装置に対応したファームウェアファイル名であることを確認し、再試行してください。

ファームウェアのアップグレード後に問題が発生する

ファームウェアのアップグレード後に問題が発生する場合は、[Maintenance (メンテナンス)] ページから、以前にインストールされたバージョンにロールバックします。

IPアドレスの設定で問題が発生する

装置が別のサブネット上にある

装置用のIPアドレスと、装置へのアクセスに使用するコンピューターのIPアドレスが異なるサブネットにある場合は、IPアドレスを設定することはできません。 ネットワーク管理者に連絡して、適切なIPアドレスを取得してください。

IPアドレスが別の装置で使用されている

Axis装置をネットワークから切断します。 pingコマンドを実行します (コマンドウィンドウまたはDOSウィンドウで、pingコマンドと装置のIPアドレスを入力します)。

  • もし、 「Reply from <IPアドレス>: bytes=32; time=10...」という応答を受取った場合は、ネットワーク上の別の装置でそのIPアドレスがすでに使われている可能性があります。 ネットワーク管理者から新しいIPアドレスを取得し、装置を再度インストールしてください。

  • もし、 「Request timed out」が表示された場合は、Axis装置でそのIPアドレスを使用できます。 この場合は、すべてのケーブル配線をチェックし、装置を再度インストールしてください。

同じサブネット上の別の装置とIPアドレスが競合している可能性がある

DHCPサーバーによって動的アドレスが設定される前は、Axis装置は静的IPアドレスを使用します。 つまり、デフォルトの静的IPアドレスが別の装置でも使用されていると、装置へのアクセスに問題が発生する可能性があります。

ブラウザーから装置にアクセスできない

ログインできない

HTTPSが有効なときは、正しいプロトコル (HTTPまたはHTTPS) を使用してログインしてください。ブラウザーのアドレスフィールドに、手動で「http」または「https」と入力する必要がある場合があります。

rootユーザーのパスワードを忘れた場合は、装置を工場出荷時の設定にリセットする必要があります。工場出荷時の設定にリセットするを参照してください。

DHCPによってIPアドレスが変更された

DHCPサーバーから取得したIPアドレスは動的なアドレスであり、変更されることがあります。 IPアドレスが変更された場合は、AXIS IP UtilityまたはAXIS Device Managerを使用して装置のネットワーク上の場所を特定してください。 装置のモデルまたはシリアル番号、あるいはDNS名 (設定されている場合) を使用して装置を識別します。

必要に応じて、静的IPアドレスを手動で割り当てることができます。 手順については、axis.com/supportを参照してください。

IEEE 802.1X使用時の証明書エラー

認証を正しく行うには、Axis装置の日付と時刻をNTPサーバーと同期させなければなりません。 [System (システム) > Date and time (日付と時刻)] に移動します。

装置にローカルにアクセスできるが、外部からアクセスできない

装置に外部からアクセスする場合は、以下のいずれかのWindows®向けアプリケーションを使用することをお勧めします。

  • AXIS Companion: 無料で使用でき、最小限の監視が必要な小規模システムに最適です。

  • AXIS Camera Station: 30日間の試用版を無料で使用でき、中小規模のシステムに最適です。

手順とダウンロードについては、axis.com/vmsを参照してください。

ストリーミングの問題

ローカルクライアントしかマルチキャストH.264にアクセスできない

ルーターがマルチキャストをサポートしているかどうか、またはクライアントと装置の間のルーター設定を行う必要があるかどうかを確認してください。 TTL (Time To Live) 値を上げる必要がある場合もあります。

H.264のマルチキャスト画像がクライアントで表示されない

Axis装置で使用されたマルチキャストアドレスが有効かどうか、ネットワーク管理者に確認してください。

ファイアウォールが表示を妨げていないかどうか、ネットワーク管理者に確認してください。

H.264画像のレンダリング品質が悪い

グラフィックカードで最新の装置ドライバーが使用されていることを確認してください。 最新のドライバーは、通常、メーカーのWebサイトからダウンロードできます。

彩度がH.264とMotion JPEGで異なる

グラフィックアダプターの設定を変更します。 詳細については、グラフィックカードのマニュアルページに移動してください。

フレームレートが予期したレートより低い

  • パフォーマンスに関する一般的な検討事項を参照してください。

  • クライアントコンピュータで実行されているアプリケーションの数を減らします。

  • 同時閲覧者の数を制限します。

  • 使用可能な帯域幅が十分かどうか、ネットワーク管理者に確認します。

  • 画像の解像度を下げます。

  • 装置のWebページにログインし、フレームレートを優先するキャプチャーモードを設定します。 フレームレートを優先するようにキャプチャーモードを変更すると、使用する装置と利用可能なキャプチャーモードによっては、最大解像度が低下することがあります。

  • Axis装置の電源周波数 (60/50Hz) によって、最大フレーム/秒は異なります。

パフォーマンスに関する一般的な検討事項

システムを設定する際には、さまざまな設定や条件がシステムのパフォーマンスにどのように影響するかを検討することが重要です。 ある要因は必要な帯域幅の量 (ビットレート) に影響し、他の要因はフレームレートに影響し、帯域幅とフレームレートの両方に影響する事柄もあります。 CPUの負荷が最大に達した場合も、フレームレートに影響を及ぼします。

最も重要な検討事項には次のようなものがあります。

  • 画像解像度が高い、または圧縮レベルが低いと、画像のファイルサイズが増大し、結果的に帯域幅に影響を及ぼします。

  • GUIで画像を回転させると、製品のCPU負荷が増加します。

  • 多数のクライアントによるMotion JPEGまたはユニキャストH.264のアクセスは、帯域幅に影響を及ぼします。

  • 様々なクライアントが様々な解像度や圧縮方式が異なるストリームを同時に閲覧すると、フレームレートと帯域幅の両方に影響を及ぼします。

    フレームレートを高く維持するために、できる限り同一ストリームを使用してください。 ストリームプロファイルを使用すると、ストリームの種類が同一であることを確認できます。

  • Motion JPEGおよびH.264のビデオストリームに同時にアクセスすると、フレームレートと帯域幅の両方に影響を及ぼします。

  • イベント設定を多用すると、製品のCPU負荷に影響が生じ、その結果、フレームレートに影響します。

  • 特に、Motion JPEGのストリーミングでは、HTTPSを使用するとフレームレートが低くなる場合があります。

  • 貧弱なインフラによるネットワークの使用率が高いと帯域幅に影響します。

  • パフォーマンスの低いクライアントコンピューターで閲覧するとパフォーマンスが低下し、フレームレートに影響します。

  • 複数のAXIS Camera Application Platform (ACAP) アプリケーションを同時に実行すると、フレームレートと全般的なパフォーマンスに影響する場合があります。

仕様

製品の概要

  1. ステータスLED表示灯
  2. レンズ
  3. ネットワークコネクター (PoE)
  4. コントロールボタン (1)
  5. 機能ボタン (2)
  6. microSDカードスロット
  7. 音声入力
  8. 音声出力
  9. I/Oコネクター
  10. アイリスコネクター
  11. 電源コネクター
  12. 電源LEDインジケーター
  13. ネットワークLEDインジケーター
  14. RS485/RS422コネクター

LEDインジケーター

  • ステータスLEDは、正常動作時に消灯させることができます。 設定するには、[Settings > System > Plain config (設定 > システム > プレイン設定)] の順に移動します。
  • ステータスLEDは、イベントの発生時に点滅させることができます。
ステータスLED説明

正常動作の場合、緑色に点灯します。

オレンジ

起動時に点灯します。 設定の復元時に点滅します。

ネットワークLEDは、ネットワークトラフィックがあるときに点滅しないように無効にすることができます。 設定するには、[Settings > System > Plain config (設定 > システム > プレイン設定)] の順に移動します。

ネットワークLED説明

100Mbit/sネットワークに接続している場合、点灯します。 ネットワークパケットを送受信した場合、点滅します。

オレンジ

10Mbit/sネットワークに接続している場合、点灯します。 ネットワークパケットを送受信した場合、点滅します。

消灯ネットワーク接続なし。

電源LEDは、正常動作時に消灯させることができます。 設定するには、[Settings > System > Plain config (設定 > システム > プレイン設定)] の順に移動します。

電源LED説明
正常動作。
オレンジファームウェアアップグレード中は緑とオレンジで交互に点滅します。

フォーカスアシスタント用ステータスLEDの動作

オプションのPアイリス、DCアイリスレンズ、または手動アイリスの各種レンズでのみ有効です。

フォーカスアシスタントが有効のとき、ステータスLEDが点滅します。

説明
画像がピンぼけしています。
レンズを調整してください。
オレンジ画像が近すぎてピンぼけしています。
レンズの微調整を行う必要があります。
画像のピントが合っています。

フォーカスアシスタントのブザー信号

オプションのPアイリス、DCアイリスレンズ、または手動アイリスレンズでのみ有効です。

ブザーレンズ
短い間隔最適に調節されています
中程度の間隔もう少しで最適になります
長い間隔適切に調節されていません

水平化アシスタントのステータスLEDの動作とブザー信号

カメラの水平位置の調整に使用する機能ボタンの詳細については、ボタンを参照してください。

ブザーカメラの位置
緑: 点灯連続音水平
緑: 点滅高速なブザー音ほぼ水平
オレンジ: 点滅中程度の速さのブザー音水平ではない
赤: 点滅低速なブザー音かなり傾いている

SDカードスロット

注意
  • SDカード損傷の危険があります。 SDカードの挿入と取り外しの際には、鋭利な工具や金属性の物を使用したり、過剰な力をかけたりしないでください。 カードの挿入や取り外しは指で行ってください。
  • データ損失や録画データ破損の危険があります。 本製品の稼働中はSDカードを取り外さないでください。 取り外しの前に、製品のWebページからSDカードをマウント解除してください。

本製品は、microSD/microSDHC/microSDXCカードに対応しています。

推奨するSDカードについては、axis.comを参照してください。

microSD、microSDHC、およびmicroSDXCロゴは、SD-3C LLCの商標です。microSD、microSDHC、microSDXCは、米国および/または他の国々におけるSD-3C, LLCの商標または登録商標です。

ボタン

コントロールボタン

機能ボタン

フォーカスアシスタントはオプションのPアイリスレンズ、DCアイリスレンズ、または手動アイリスレンズでのみ有効です。

機能ボタンを使用して、以下の機能を有効にします。

レベルアシスタント –
カメラを水平にするのに役立つ機能です。 レベルアシスタントを起動するには、ボタンを約3秒間押し続けます。 もう一度押すと、レベルアシスタントが停止します。 ステータスLEDとブザー信号を使用して、カメラの水平化を行います。を参照してください。 カメラが水平になると、ブザーが連続音になります。
フォーカスアシスタント –
この機能はフォーカスアシスタントを有効にするために使用します。 フォーカスアシスタントを有効にするには、ボタンを押してすぐに離します。 もう一度押すと、フォーカスアシスタントが停止します。 詳細については、インストールガイドを参照してください。

コネクター

ネットワークコネクター

Power over Ethernet (PoE) 対応RJ45イーサネットコネクター

音声コネクター

  • 音声入力 - モノラルマイクロフォンまたはラインインモノラル信号用 (左チャンネルはステレオ信号で使用) 3.5 mm入力。

  • 音声出力 - 3.5 mm音声 (ラインレベル) 出力 (パブリックアドレス (PA) システムまたはアンプ内蔵アクティブスピーカーに接続可能)。 音声出力には、ステレオコネクターを使用する必要があります。

音声入力

1 チップ2 リング3 スリーブ

バランス型マイクロフォン (ファントム電源あり、なし) またはライン、「ホット」信号

バランス型マイクロフォン (ファントム電源あり、なし) またはライン、「コールド」信号

グランド

音声出力

1 チップ2 リング3 スリーブ

チャンネル1、アンバランス型ライン、モノラル

チャンネル1、アンバランス型ライン、モノラル

グランド

デフォルトでは内蔵マイクロフォンが使用され、外部マイクロフォンを接続すると、外部マイクロフォンが使用されます。 マイク入力にプラグを差し込むと、内蔵マイクロフォンを無効にできます。

I/Oコネクター

I/Oコネクターに外部装置を接続し、動体検知、イベントトリガー、アラーム通知などと組み合わせて使用することができます。 I/Oコネクターは、0 V DC基準点と電力 (12 V DC出力) に加えて、以下のインターフェースを提供します。

デジタル入力 –
開回路と閉回路の切り替えが可能な装置 (PIRセンサー、ドア/窓の接触、ガラス破損検知器など) を接続するための入力です。
デジタル出力 –
リレーやLEDなどの外部装置を接続します。 接続された装置は、VAPIX®アプリケーションプログラミングインターフェースを通じたイベントまたは製品のWebページからアクティブにすることができます。

6ピンターミナルブロック

機能ピン備考仕様
DCアース10 V DC
DC出力2補助装置の電源供給に使用できます。
注: このピンは、電源出力としてのみ使用できます。
12 V DC
最大負荷 = 50 mA
設定可能 (入力または出力)3–6デジタル入力 – 動作させるにはピン1に接続し、動作させない場合はフロート状態 (未接続) のままにします。0~30 V DC (最大)
デジタル出力 – アクティブ時はピン1 (DCグランド) に内部で接続し、非アクティブ時はフロート状態 (未接続) になります。 リレーなどの誘導負荷とともに使用する場合は、過渡電圧から保護するために、負荷と並列にダイオードを接続します。0~30 V DC (最大)、オープンドレイン、100 mA
Example
  1. DCグランド
  2. DC出力 12 V、最大50 mA
  3. I/O (入力として設定)
  4. I/O (出力として設定)
  5. 設定可能I/O
  6. 設定可能I/O

電源コネクター

DC電源入力用2ピンターミナルブロック。 定格出力が100 W以下または5 A以下の安全特別低電圧 (SELV) に準拠した有限電源 (LPS) を使用してください。

RS485/RS422コネクター

パン/チルト装置など補助装置の制御に使用する、RS485/RS422シリアルインターフェース用の2ピンターミナルブロック×2。

シリアルポートの設定により、次のモードをサポート可能。

  • 2ワイヤーRS485半二重

  • 4ワイヤーRS485全二重

  • 2ワイヤーRS422単方向

  • 4ワイヤーRS422全二重ポイントツーポイント通信

機能ピン備考
RS485BまたはRS485/422 RX(B)1すべてのモードのRXペア (2ワイヤーRS485のRX/TXペア)
RS485A5BまたはRS485/422 RX(A)2
RS485/RS422 TX(B)3RS422および4ワイヤーRS485のTXペア
RS485/RS422 TX(A)4
重要

ケーブルの最大長は30 mです。